私はダイハツのミラの平成7年のAT車にのっています。私のミラ号。オートマなのにエンストみたいに、Dで発信しようとすると止まってしまうんですよ。良く冬場とかエンジン温めないで発信しようとするとなるように・・暖かくなってきたこのごろも、最近は止まります。やっぱり夏でもエンジンって、掛けておいたほうがいいのでしょうか?それとも、どこか悪いのかな?当時は新車で購入したので、結構今でも、まめにオイルとか、その他の交換は定期的にしているのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

定常走行では問題がない物(有っても顕著ではない)として以下に解説をします。



Dレンジにシフトしたときに止まるのであれば、アイドルコントロール関係の異常が考えられます。該当車種では、エンジン負荷に応じたアイドルコントロールを行っており、N・Pレンジから他のポジションにシフトすると、回転が落ち込まないように、自動的にアイドル回転数の補正を行うようになっています。この機能は他にエアコン動作時、電気負荷(ヘッドランプなど)を使用したときにも動作します。

Dレンジにシフトしてあり、アクセルを踏み込んだとたんに止まるのであれば、燃料系統のトラブルでしょう。キャブ仕様とインジェクション仕様とで異なりますが、キャブレター仕様ではキャブレター内にスラッジやガムがたまり燃料を供給する通路が細くなってしまうと、このような症状を示します。ある程度整備に関する知識とスキルをお持ちでしたら、市販のキャブクリーナなどでキャブレターの清掃をすると改善する場合がかなりあります。インジェクション仕様ではスロットルポジションセンサーやエンジン温度センサー・吸気圧センサーなどのトラブルでこのような状態になる場合があります。こちらの場合はかなりの専門知識が必要になるので、専門家の手に委ねる事をお勧めします。

定常走行中も息つきなどの症状がある場合は点火系統も含めた点検が必要です。

ご使用中の車種がインジェクション仕様で、ご自身で修理をしたいのであれば、車検証の形式、原動機形式、年式、型式指定、類別をお知らせくだされば、自己診断(インジェクション仕様車では、エンジン制御用のコンピューターにシステムの診断をする機能がついています)の方法と正常な状態の基準値を知らせします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました。
>Dレンジにシフトしてあり、アクセルを踏み込んだとたんに止まる・
この現象です。自分では修理できないので、ディーラーに持って行こうと思います。

お礼日時:2001/05/18 16:16

ダイハツのEFI車はその症状が結構多く、対策が出ているはずです。

ディーラーにもっていってください。
すでに、その対策が施されていた場合、他の原因が考えられます。
ディーラーの方ではお客から症状が言われない限り
施さないかもしれません。
症状が出ない車もあるらしいので。
EFIじゃない場合は全然関係ない話です。
そうでしたら、すいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダイハツ車・・そうなんですか。一度ディーラーに持っていってみようと
思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/18 16:12

オートマでのエンストは本当に困りますよね。

またとても危険ですし。
Dで発進する時に停まってしまうとのことですが、これはエンジンが温まった状態
で、Dに入れた瞬間に起こるのでしょうか。もしそうであれば、エンジンの回転数
(アイドリング)が低く、Dにすると駆動のための力がかかるのでエンジンがそれ
に耐えられず、エンストしてしまいます。これは走行中でも、信号等で止まった時
に同じように発生してしまいます。
原因としては、エアクリーナーの詰まりや、空気をガソリンと混合させる部分(通
路)の汚れ・詰まり、またその部分のセンサーの異常が考えられます。どのような
場合に発生するかを購入店や修理工場の人に言って、点検されて下さい。
ちなみに、ガソリンスタンドの人は、ごく一部の人以外はあまりよく車の事を知ら
ず、とにかく何かを交換させたがるので、注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>ちなみに、ガソリンスタンドの人は、ごく一部の人以外はあまりよく車の事を知>らず、とにかく何かを交換させたがるので、注意してください
そうですね。いつも取り替えたばかりなのにガソリンスタンドでオイル交換進められたとき???と思いました。今度ディーラーに行ってそうだんします。
なんかATだからそんなことない!!って言われたら恥ずかしいな~と思っていたので・・でも、結構あるんだね。同じ現象

お礼日時:2001/05/18 16:23

そうですね、ガスが濃いと起こりうる現象かな


エアクリーナーがつまり気味だと単純に空気が少なくなりますからね
え?それってエンジンかけ始めに多くありません??
普通に水温計が上がってきてもそうなりますか???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。今度ディーラーにきちんと見てもらおうと思っています。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/18 16:20

こんばんわnoname#62498です


私はH3の日産のセレナに乗っていますが
Marutamaさんと同じようなことが何度か起こっています

信号待ちしていて発進する時や、駐車しようとして
低速になってる時などにエンストします

エンジンも温まっているし、何故だろうと思っていたのですが
ガソスタの店員に聞いた所、バッテリーの不足や、オイル、
エアクリーナーなどを点検した方が良いって言われ
バッテリー交換、オイル交換、エアクリーナー交換した所
エンストしなくなりました

新車で購入されたなら、ディーラーさんに聞いてみたらどうでしょう?

参考にならなくてごめんなさい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。私はオートマというものはエンストしない・・という概念があって・・でもみなさんも経験していらしゃるんですね。今度ディーラーも持っていきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/18 16:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイハツ ミラL700Vのエアバッグについて

平成11年式のミラL700Vに乗っております

ステアリング交換をしたいと思って色々検索してパーツを探しているのですが

このミラL700Vのステアリングは、エアバッグ対応しているものでしょうか?

助手席には、エアバッグはおそらくありません

ステアリングボスを探しているのですが、エアバッグ車だと少しお値段が高く、エアバッグ対応ではないのではかなり安かったので。。。

ちなみに、メーター内にエアバッグの警告灯??というかはつきません。

Aベストアンサー

>エアバッグ対応しているものでしょうか?
対応しているとかしていないと言う問題ではないです。
付いている物は、メーカーから全ての部品が取り付けて有ります。
付いていない物は、何も付いていません。

エアバッグが付いているかいないかはハンドルの真ん中を見ればわかります。
「SRS」と言うロゴがあれば付いています。
見ても分からないなら、ディーラーにでも行って効いて下さい。

Qフェアレディz32、下り坂道でオートマ「2」でエンスト

フェアレディz32、平成4年式、2シータ、ターボでオートマです。
下り坂で「2(セカンド)」エンジンブレーキで下った時、突然のエンストとなりました。
急にステアリングが重くなり、エンストがわかったので、ブレーキを踏んで停止させました。停止後すぐエンジンはかかって、そのまま走行できました。
その時そういうことが2度ありました。(5分ぐらいの走行の間にです)
それ以来、下り坂は経験していません。
z32にはこういう特性があるのでしょうか?
どういう不具合が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

いくつかの原因が考えられます。

「エアフロメーターの不良」
吸入空気を測定するセンサーの、汚れなどによる誤動作。
対策:エアフロセンサーをパーツクリーナーなどで
洗浄してテストする。

「スロットルボディの不良」
アクセル全閉時における、アイドル用バイパス吸気の不良。
対策:スロットルの内部を洗浄、およびバキュームホースの
キズ・割れ・外れの有無の点検。

「スロットル・センサーの不良」
アイドル・パーシャル・全開、を検知するセンサーの不良。
対策:配線コネクターの接触不良の点検。

「ATFの容量の不足、または過剰」
ATFオイルの量の過不足による、エンジン抵抗の増大。
対策:容量の確認、または劣化しているなら交換。

「フューエルラインのパーコレーション」
燃料供給ラインがエンジン熱によって、部分的な蒸発が
発生して、一時的にガソリンが燃焼に回らなくなる。
対策:エンジンの異常加熱の原因を取り除く。
燃料供給圧力の測定し、圧力不足ならば燃料フィルターの、
目詰まり、または燃料ポンプの吐出能力の劣化。

「点火プラグの劣化」
汚れすぎによる着火不全。
対策:点火プラグの洗浄、または新品に交換。

>z32にはこういう特性があるのでしょうか?

完調なエンジンならば、このようなことはありません。

いくつかの原因が考えられます。

「エアフロメーターの不良」
吸入空気を測定するセンサーの、汚れなどによる誤動作。
対策:エアフロセンサーをパーツクリーナーなどで
洗浄してテストする。

「スロットルボディの不良」
アクセル全閉時における、アイドル用バイパス吸気の不良。
対策:スロットルの内部を洗浄、およびバキュームホースの
キズ・割れ・外れの有無の点検。

「スロットル・センサーの不良」
アイドル・パーシャル・全開、を検知するセンサーの不良。
対策:配線コネクターの接触...続きを読む

Q直噴エンジンのトラブル ついにエンストしてしまいました

先日、直噴エンジン(トヨタD4)のトラブル(アイドリングの不安定、ノッキング)について質問した者です。
原因はエンジン内部にカーボンがたまっている事です。
エンジン内部を洗浄する添加剤とインジェクション用のクリーナーを試してみました。しばらくは調子が良かったのですが、先日また調子が悪くなり交差点で信号待ちをしている時に4度ほどエンストしてしまいました。なんとか運転してディラーまで持っていきました。連休明けに修理する予定なのですがどのように修理するかはまだ決まっていません。
今考えられる修理方法としては、吸気口廻りとヘッドをばらして手作業でカーボンを取り除く方法、コンピューターのロムを書き換えてアクセルをオフにした時、燃料を薄くしないようにする。(燃費が悪くなるがエンストはしなくなる)が考えられます。現在走行距離は13万キロですディラーにも走行距離の長い直噴エンジンのデータがあまりないらしく大変困っています。良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

この前回答した者です。かなり頑固なカーボンですね。
しばらく調子が良かったと言う事は効果が有ったと言えるでしょう。
この場合は反復洗浄をするのも良いと思います。

直噴エンジンのカーボン発生メカニズムは、ピストンやライナーに燃料液が衝突することにより未燃焼燃料が高温でススになり発生します。

この為、直噴エンジンのインジェクターは噴射から点火までの短期間に気化させるため、高圧噴射で燃料粒子径を微細化し噴射を広く分散させ、かつピストンに衝突しないよう噴射慣性力を抑えています。

しかしこの設計上の理想状態は長く続かづ、インジェクターの汚れにより噴射バランスが崩れススが発生し始めます。やがてそれが蓄積してエンジンの調子が悪くなります。

こうしてみると直噴エンジンは新車の時から、洗浄性の高いハイオクガソリンを使用し、或いは定期的に洗浄の添加剤を用いる事で、インジェクターのコンディションを保つようにすることが効果的と言えます。

なお質問者さんのD-4エンジンですが、暖機時に発生して冷間時にはその症状は出ないのではないですか?
もしそうならスロットルバルブのバタフライ付近を徹底的に清掃してみて下さい。
カーボンでバタフライが閉じていない場合があります。
また、ロムの書き換えでアイドリング時の燃調を変えるのは初期のD-4では効果的です。

この前回答した者です。かなり頑固なカーボンですね。
しばらく調子が良かったと言う事は効果が有ったと言えるでしょう。
この場合は反復洗浄をするのも良いと思います。

直噴エンジンのカーボン発生メカニズムは、ピストンやライナーに燃料液が衝突することにより未燃焼燃料が高温でススになり発生します。

この為、直噴エンジンのインジェクターは噴射から点火までの短期間に気化させるため、高圧噴射で燃料粒子径を微細化し噴射を広く分散させ、かつピストンに衝突しないよう噴射慣性力を抑えています...続きを読む

Q車を止めようとするとエンジンが振るえる

最近、車が停止直前にエンジンが振るえる現象がでてきました。どなたかこんな経験ありませんか。ディーラーへ出す前に情報として知りたいので教えてください。

Aベストアンサー

エンジンマウントがへたってくると、エンジン停止の直前にブルブル震えることがあります。
エンジンマウントはゴムでできているため、劣化してしまうと硬くなり、柔軟性をなくしてしまうため、振動を吸収しきれなくなるのです。

いずれにしても、ディーラーでメカニックの人に、実際の現象を体験させてあげてください。
口頭だけでは、「現象が出ない(わからない)=異常なし」と判断されてしまいますので。

いかがでしょう?

Q交通違反で、スピード違反とか駐車違反とか、一時停止違反とか、わりと知ら

交通違反で、スピード違反とか駐車違反とか、一時停止違反とか、わりと知られている違反ではなく「こんなことでキップ、または注意処分」みたいなことを経験されましたらご回答をお願いします。 私は、ナンバープレートの電球が切れていて注意、制限速度40kmを45kmで注意、T字路で右からきた車に迷惑をかけまいと加速したら、その車はパトカーで、「どうしてそんなに急いでるの?」などが最近のできごとです。
警察への苦情ではなく、『みんなで、こういうこともあるので気を%

Aベストアンサー

交通違反の多くは運転手の過失ですが、明らかな速度超過は故意の場合があり反省すべきですから、取り締まりを受けても納得出来るものです。
しかし、今でも納得出来ない違反に「歩行者通行妨害」で違反を取られた事例です。
既に35~36年前の事ですが、地方都市の繁華街で一方通行路を法定速度の範囲内で走行中に横断歩道に女性(オバサン)が横断しようと渡り始めました。
その先には、白バイに跨がった交通機動隊員が一方通行の逆向きでこちらを見てました。
当然、横断歩道手前の停止線で停まりましたが、女性は何を思ったのか引き返してしまったので他の横断者もいないので横断歩道を通過したら白バイの警察官に呼び止められました。
そして、歩行者通行妨害をしたと言うのです。
それに対し引き返したから通過したと弁明したのですが、とりあえず免許証を拝見しますと言うので提示したら、すかさず青キップを取り出して記入し始めました。
これには納得が出来ずに警察官と押し問答が続きましたが、出張先の約束の時間があったので免許証を返してもらう為に認めざる得ない状況でした。
その後も納得が出来ないので、管轄の警察署に出向き状況を説明しましたが、認めた違反は覆す事は難しいと言われ反則金の納付も拒みましたが、納付しないと裁判になるとの通知を受けて仕方なしに納付しました。
違反点数2点、反則金6千円は当時は信号無視と同じ扱いでした。
この違反点数と反則金が納得出来ないのではなく、白バイ機動隊員のあからさまな点数稼ぎが納得出来ないのです。
警察のノルマ制度は交通冤罪をも生み出してると思います。

交通違反の多くは運転手の過失ですが、明らかな速度超過は故意の場合があり反省すべきですから、取り締まりを受けても納得出来るものです。
しかし、今でも納得出来ない違反に「歩行者通行妨害」で違反を取られた事例です。
既に35~36年前の事ですが、地方都市の繁華街で一方通行路を法定速度の範囲内で走行中に横断歩道に女性(オバサン)が横断しようと渡り始めました。
その先には、白バイに跨がった交通機動隊員が一方通行の逆向きでこちらを見てました。
当然、横断歩道手前の停止線で停まりましたが、女...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報