ちょっと変わったマニアな作品が集結

宮沢賢治の有名な詩「雨にも負けず」に「・・日照りの時は涙を流し、寒さの夏はおろおろ歩き・・」のフレーズがあります。寒さの夏とはやませによる東北地方の冷夏のことですが、実際どの程度の気温になり現在でも発生するのでしょうか?
【質問理由】
西日本在住で毎夏殺人的な暑さに苦しんでいます。日本に夏を寒いと感じる場所が本当にあるのかな?という素朴な疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

NO3です。


蛇足です。
最近の冷害では1993年があるようです。
そのときの盛岡市の8月の気温は

平均気温20.5
最高気温25.3
最低気温16.7

です。
もう20年も前の記録にはなりますが、
現代でもたまーには寒い夏があるようです。

ついでに今年の盛岡の8月気温です。
平均26.1
最高32.0
最低21.9
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答有難うございます。
>そのときの盛岡市の8月の気温は平均気温20.5・・・

西日本だと5月末OR10月始めくらいの気温ですね。実感として寒いと感じるのもうなずけます。

お礼日時:2012/09/22 21:35

調べてみました。


ネット上でサムサノナツと入れたら記録的冷害が1931年と1934年にあったようです。
(賢治は1933年に他界されております。)
記録上花巻市では1934年まではさかのぼって調べられなかったので
気象庁のデータベースから岩手盛岡市の1934年8月の気温を調べました。

平均気温 20.8
最高気温 25.3
最低気温 16.9

です。
今日の私の住んでいるところが最高気温24.8℃ 最低気温20.4ですが、
今日涼しかったなあと思います。
サムサノナツは寒いまでいかなくても、たぶん相当涼しかったと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/09/23 05:35

夏なんだから寒いと感じるわけないでしょう。

問題なのは農作物への影響です。夏は暑くなければ農作物はまともに育たない。植物がきちんと育つだけの暑さにならないということから飢饉になることを恐れて、その怖さを「寒い」と表現しているんです。農村の人間なら迷いなくこの詩をそう読むでしょう。
実際、2003年の冷夏は東北地方で7月にたった2.9℃低下しただけで、国産野菜が大打撃を受け、中国野菜が店頭に並ぶきっかけになりました。この年の平均気温の低下は1.2℃にすぎなかったようですが、農業技術が上がった現在でさえ、わずかそれだけ下がっただけで農作物は大打撃を受けます。農業技術の未熟だった宮澤賢治の時代にはほんのわずかの気温低下がどれほどの影響があるかわかりそうなものです。
宮澤賢治は農業指導の仕事をしていた人ですから、農家が何に苦しむのかがよくわかっており、その農家に寄り添う心情を書き留めたのがこの詩だと解釈されます。
私には、あなたのこの質問は、農家の苦労を顧ない不謹慎なものと感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/09/23 05:36

宮沢賢治の生まれ育った岩手県は、江戸時代は盛岡藩で、天候不順が頻発し、不作・凶作が多く、全国300藩の中でダントツに百姓一揆が多かった地方だったということを知ってください。

毎年、夏が寒かったわけでもない。もしそうなら江戸時代の北海道のように初めから稲作などしません。平年並みの気象条件ならそこそこ収穫があるからこそ、人が住めたし、稲作を営んでいたんです。しかし岩手県は全国でもっとも気象が不安定な地方で、日照りが続いて雨が降らなかった年や夏でも全然暑くならないといった異常気象の頻度が多かったということなのです。お願いですから、他人事のように考えず、自分が岩手県の農民になったつもりで考えてください。農業は気象が全てです。しかし明治時代に気象庁も天気予報も存在しない。今年の気象はどんな具合だろうか。最悪の場合は1年かけて全く収穫がないのです。1年の労働の成果が0の年もあったのです。それがどんなことを意味するのか考えてみてください。

現代は地球温暖化の時代です。宮沢賢治の時代とは気温が違う。日本は世界一の食糧輸入国だ。人々は飢えを知らず、貪欲に飽食を貪っている。そんな現代人にどう説明すれば良いのか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/09/23 05:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雨にも負けず・・・の解釈について

宮沢賢治の「雨にもまけず・・・」の詩についてです

「さむさのなつはオロオロあるき」とはどういう意味でしょうか?
日照りのときは涙を流し、冷夏で不作の時はおろオロオロうろたえる、ということでしょうか?
ご存知の方教えてください

Aベストアンサー

それで良いと思います。

他の解釈をする人もいるようですが、主流はおっしゃるとおりでしょう。
夏の冷害が起こると、飢饉が発生しました。

当時、気候やその他の影響もあったのでしょうが、もともと稲作は寒い地方より暖かい地方に適しています。
なので北国では冷害を受けやすかったのでしょう。

参考URL:http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/qa/alt/altqa050101.html

Q宮沢賢治の「雨にもまけず」について

最近小学生に質問され、うまく説明できなくて質問しました。

宮沢賢治の「雨にもまけず」の後半、

ほめられもせず
くにもされず
そういうものに
わたしはなりたい

という部分の、「くにもされず」ってどういう意味ですか。
つまり「くにもされない」ということばを、わかりやすく言い直すと、どういうふうになるのかということですが…。
「くにもされない」人はとはどのような人のことをいうのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「くにもされず」はやはり「周りの人の邪魔にならない」「足を引っ張らない」という意味でしょう。

そこの意味を考えることも大事ですが
「ほめられもせず」と対で捉えてこそ、この詩を理解することになるのではないかと思います。

プラスでもなくマイナスでもない。空気のような負担をかけない存在というのが賢治の目指したところだと考えます。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Q人からデクノボーと呼ばれたい心理とは?(宮沢賢治)

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩についての質問です。
この詩は「そういうものになりたい」自分、つまり理想の自分として、
 ミンナニデクノボートヨバレ
 ホメラレモセズ
とあります。

詩の前半を見ると看病したり、稲を負ったり、訴訟をやめろと言ったり、いろいろと活躍する自分が出てきますが、どうして最終的にデクノボーと呼ばれたいのでしょうか?
デクは「木偶」で木の人形で、役に立たないものの例えだと思います。

丈夫な体を持ちたいとか、清貧な暮しをしたいという願いはわかりますが、「ホメラレモセズ」を理想とするのはどういう心理なのでしょうか?
それとも単なる謙遜なのでしょうか?
本当は世の中の役に立ちたいという心理が裏にあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追記
「真言宗の漱石の者ですが…」でなく
「真言宗の僧籍の者ですが…」です(汗)

 さて、宮澤賢治と常不軽菩薩についてここのHPを参照されてはどうでしょう
『日蓮宗 現代宗教研究所』「所報第36号:118頁~ 研究ノート 法華経と宮沢賢治の『春と修羅』(三)」
http://www.genshu.gr.jp/DPJ/syoho/syoho36/s36_118.htm

 ちなみに宮澤家は代々、熱心な浄土真宗の家系でしたが、賢治は『漢和対照妙法蓮華経』との出会い、さらに「国柱会」に入信し法華経信者となりました。もともと仏教に深い関心を持っていた賢治ですが、浄土真宗と日蓮系法華信仰は相容れない部分があるので、家族とも信仰面で軋轢があったようです。

「国柱会」は田中智学を開祖とする日蓮法華系在家仏教教団で、石原莞爾も入信していました。
国柱会HP
http://www.kokuchukai.or.jp/index.htm

 なお、立松和平は『「宮沢賢治」の生き方に学ぶ』(サンマーク出版)で“復刻された『雨ニモマケズ』に、最後の「二尊四菩薩(※)」が削除されているものがあるが、ここまで書かれてはじめてこの詩が完成するものであり、宗教色があるからといって削除するのは改竄ではないか”といった旨を述べています。

※二尊四菩薩…日蓮が感得した十界曼荼羅の中央部分に書かれる「南無妙法蓮華経」の両脇に位置する「多宝如来」と「釈迦牟尼仏」の二尊と、「無辺行菩薩」「上行菩薩」「浄行菩薩」「安立行菩薩」の四菩薩のこと。『雨ニモマケズ』の最後には

  南無無邊行菩薩
  南無上行菩薩
 南無多寶如來
南無妙法蓮華経
 南無釋迦牟尼佛
  南無浄行菩薩
  南無安立行菩薩

と書かれている。

参考URL:http://www.genshu.gr.jp/DPJ/syoho/syoho36/s36_118.htm

追記
「真言宗の漱石の者ですが…」でなく
「真言宗の僧籍の者ですが…」です(汗)

 さて、宮澤賢治と常不軽菩薩についてここのHPを参照されてはどうでしょう
『日蓮宗 現代宗教研究所』「所報第36号:118頁~ 研究ノート 法華経と宮沢賢治の『春と修羅』(三)」
http://www.genshu.gr.jp/DPJ/syoho/syoho36/s36_118.htm

 ちなみに宮澤家は代々、熱心な浄土真宗の家系でしたが、賢治は『漢和対照妙法蓮華経』との出会い、さらに「国柱会」に入信し法華経信者となりました。もともと仏教に深い関心を...続きを読む

Qスタック(車)って何ですか?

車がスタックするっていいますが、どのような状態になるのでしょうか? 九州在住で雪が少ない為、よく理解できません。
辞書にもないし、パソコン関連の言葉としての説明は見つけたのですが。

Aベストアンサー

雪やぬかるみにタイヤを取られて動けなくなる状態。
と理解しています。

Q宮澤賢治の「一日ニ玄米四合ト」は食いすぎじゃないか

以前から引っ掛かっているのですが、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」で始まる有名な詩の「一日ニ玄米四合ト」の部分ですが、玄米四合は約600g。調べて見ると、約2100kcalにもなります。これで、成人の所要エネルギー量を超えてしまいます。確かに、これに続く「味噌ト少シノ野菜」の内容にもよりますが、実際には、他におかずのあることもあるでしょう。いずれにせよ、詩全体の清貧に生きるというイメージに比べ、ちょっと食いすぎでは、と思ってしまうのです。四合は、どう考えても腹いっぱい食うイメージであり、控えめには思えません。宮澤賢治は大食漢だった?これをどう解釈すべきかについて、御教示ください。

Aベストアンサー

ANo.#1 6dou_rinn さんも書かれていますが少ないでしょうね?

仕事量によっては、貧弱すぎるかもです。今は農作業といえど専業
農家になればなるほど機械化されていますが兼業や家庭菜園の作業
で使うエネルギーは相当なものです。

まして、宮沢賢治の時代に、機械なんてないですよ。あって道具て
いどです。痩せ細っていたと思いますよ!山に住んでいますが、昔
畑を鍬で起こすときには1日、1升飯(1.8リットル)を食べて
もおなかが空いて堪らなかったように先人はおっしゃってます。

Q有機的という言葉の意味を教えてください。

「多くのものが集まり、それが一つのものを創り、その各部分が互いに影響を及ぼし合っているさま」

という風に辞書の意味を自分なりに解釈してみましたが、結局意味が理解できませんでした。

【本の情報を有機的にどんどん引き出す】という文章で、この言葉の意味を聞きました。

例文と意味を平易に教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「有機体」というのは、「生き物」のことですよね。
「有機的」という言葉は、生き物である御自分の体のひとつとつの部分、手とか足とか脳とか心臓とかの関係を考えてみれば理解しやすいのではないでしょうか?

手、脳、心臓は一応は別の部分ですけれど、手は実は脳が命令を出してくれるからこそ動くのですよね。また、心臓が働いてくれているおかげで手や脳に血を通わせることができます。さらに手を使って作業をすることによって脳を鍛えることができると言われてますね。
そんな風に、一見ばらばらなもの、部分部分が実は深く関連し合っていることによって、一人の人間の身体という全体が成り立っている、そのような「部分」と「全体」の関係を「有機的」というのだ、と私は理解しております。

「本の情報を有機的にどんどん引き出す」という文章は、種々の情報をあっち向いたりこっち向いたりするようなばらばらなものではなく、ちゃんと一つ方向性をもった「全体」を形作ることのできるように引き出してゆく集めてゆく、というような意味でしょうか?

個別の情報を集約してそこから「有機的」な形を見出すのは、結局は人の能力によります。馬鹿な人間がいくら沢山の個別情報を集めても、その関連性(有機性)に気付ず、その人の頭の中ではいつまでも情報はばらばらなまま、ということはよくありますから。
なんだかうまく説明できていませんね。ごめんなさい。

「有機体」というのは、「生き物」のことですよね。
「有機的」という言葉は、生き物である御自分の体のひとつとつの部分、手とか足とか脳とか心臓とかの関係を考えてみれば理解しやすいのではないでしょうか?

手、脳、心臓は一応は別の部分ですけれど、手は実は脳が命令を出してくれるからこそ動くのですよね。また、心臓が働いてくれているおかげで手や脳に血を通わせることができます。さらに手を使って作業をすることによって脳を鍛えることができると言われてますね。
そんな風に、一見ばらばらなもの...続きを読む


人気Q&Aランキング