ちょっと変わったマニアな作品が集結

私はよく韓国の奇跡は日本のおかげだろ感謝しろと
ネトウヨから侮辱を受けます。

ですが日本の高度成長はアメリカのおかげでしょう。
アメリカが技術をつぎこみ、円も大幅な通貨安。
こんなにボーナスをもらってるのに誰もアメリカに感謝しません。

日本は勤勉だから高度成長できた。
日本人は技術力に優れるから高度成長できた。
ネトウヨは日本の力を誇示するバカばっかりです。
本当はアメリカのおかげなのにアメリカに感謝しません。

ところが韓国のこととなるとなぜか横暴になるのです。
韓国の奇跡をバカにする日本人は
高度成長など威張れないのではないでしょうか。
詳しい人の歴史観を聞いてみたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

んー、私は戦後史にそんなに詳しくないのですが、親の話などを聞くと、日本の高度経済成長はある意味韓国(朝鮮半島)のおかげというのはありますね。


そもそも日本が戦後のどん底から抜け出すキッカケになったのは朝鮮戦争勃発によるいわゆる「朝鮮特需」によります。それが世間でいうところの「神武景気」になったわけです。確か「はだしのゲン」にも朝鮮特需で景気がいいみたいな話が出てきたはずです。ゲンが結局戦争で金儲けか、腹立つのうみたいなことをいっていたような(ウロ覚え)。

まあ確かに戦後復興はアメリカのお陰といえばお陰だとはいえると思います。ただ、戦後の親米国家でここまで復興したのは旧西ドイツと日本が筆頭といえるのですから、それはやっぱり戦後の人たちが頑張ったからだと思いますよ。親に塾や家庭教師をつけてもらって東大に入ったら、それは親の支援のお陰ではあるとは思いますが、やっぱり本人が頑張らないと合格はしないわけですからね。

アメリカへの感謝が足りないのがご不満のようですが、日本は世界でも指折りの親米国家であり、日本人にいちばん親しみを感じる国はどこかと聞けばたぶん一位はアメリカだと思います。反米テロとか日本では考えられないでしょ。

韓国の経済成長については知識を持ち合わせていませんが、ソウルオリンピックのあたりから国内政治が安定してきたのが大きかったのではないかと思います。私が子供の頃はソウルは戒厳令が敷かれていて、韓国って「怖い国」ってイメージが強かったです。日本の経済力の恩恵は受けたでしょうが、日本人が韓国に投資したから復興したというわけではないと思います。ただ、日本以上の格差社会で政界と経済界の癒着がものすごく、中国以上の同族経営社会なので、まだ日本の方がマシなんじゃないかなーとは思います。韓流アイドルが日本に進出するのも、「韓国内で活動しても搾取されるばかりでカネにならない」という切羽詰った事情があるそうですからね。あと、ウォンの不安定さで判断すればまだ発展途上国レベルなのかなーという気はします。通貨がもっと安定しないとね。

この回答への補足

だめだ。ここはレベルが高すぎる。
ネトウヨ相手にしてた方が楽だとよく分かった¥¥¥

また遊びに来るかもしれないから
その時はまた相手にしてくれ。皆には世話になった。

補足日時:2012/09/23 19:21
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アメリカへの感謝が足りないってのは皮肉です。
韓国を馬鹿にするなってのが質問内容。

発展途上国レベルなんて言うなよorz_
ちょっとダメージを受けました。

お礼日時:2012/09/23 01:52

 そも前提が異なるのだから、比較しようがありませんね。

アメリカが日本に投資したのは、日本をソビエトや中国に対する反共防波堤の位置付けだったからであり、そのためのアメリカンスタイルを経済的な実験モデルとして日本に適用した、との考え方ができます。
 GHQによる一連の「戦後改革」も寄生地主制の撤廃、傾斜生産方式、シャウプ税制やドッジプランはそれまでアメリカが国内で成功したものの、このモデルを他にも転用できるかとの不安もあり、その絶好の実験材料が日本だった。
 もちろんこれらを進める過程でも「逆コース」は明確であり、それは旧日本陸軍の解体および廃止から一転して警察予備隊、保安隊のそして自衛隊の創設へとつながっていきます。その背景には、当初は従業員に組合活動を認めるなどの姿勢から、アメリカ国内でのレッド・パージを日本国内にも適用するなどの政治性もあります。
 1945年8月15日以前とそれ以後ではアメリカの日本に対するスタンスも異なります。前者では敵国だったものが、以後では「価値観としての“アメリカ”に対するより大きな敵としての社会主義」をどうしても食い止めなければならないとの半ば病的な過剰反応がそうさせたともいえます。
 因みに1945.8.15以後、直ちにアメリカの目線は日本列島の向こう側へと向けられ、実際にそこではほどなくして武力衝突を始めます。いわゆる朝鮮戦争は後方支援基地としての日本に時ならぬ特需を同時にもたらしもします。ここまでは歴史の事実です。
 そして一応の休戦状態が現在まで継続し、その間の38度線から南を政治的に統治した殆どの時期はガリガリの反共主義と軍事独裁政権でした。これも事実です。軍事独裁との点では38度線の向こう側とさして代わり映えしません。別にバカにするとのことではないのですが、それでも韓国は中国と並んで違法コピーが横行しているとの点を問われても仕方ないと考えるのは不自然でしょうか。
 現在の世界を席巻しているといっても液晶技術のオリジナルも元々は日本発のものであり、ベースからの開発とはいえないでしょう。かつてフランスを訪れた総理大臣が「トランジスタの商人」と揶揄されたり、VHSで世界標準規格を作ったのも日本の技術です。そうした知的財産とも呼ぶべきものが韓国には少しばかり足りないのではなかろうかとの印象が僕にはあります。別に差別意識を持っているわけではありませんが、ナショナリズムや軍事的色彩の強い政権には国の別を問わず抵抗感があります。同じことは私の母国である日本に対してもいえます。アメリカとても例外ではありません、世界最大の軍事大国ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前提ってそんなに難しく考えなくていいです。
アメリカの日本への出した援助が、
そのまま韓国に流れて来ているだけという話です。

それぞれ援助があったから奇跡的な発展があった。
日本と同じことが韓国にもできたんです。
だから日本と韓国は同格なんです。

でも、これもやんわりと否定されてるのかなあ。

お礼日時:2012/09/23 02:06

日本の高度成長ってのは、国家を経済だけで測定しようするときの表現ですよ。



1800年代、江戸は世界一の巨大都市で、資源循環型の高度な都市でもありました。
そして、そこに住む江戸の日本人は文字が読めて、社会ルールを守って暮らす極めて民度の高い国でした。

軍備が不要になった戦後の日本で、これだけ高い民度の国民が経済復興に集中したのですから、経済でも世界のトップに躍り出るのが当たり前で、奇跡でも何でもありませんよ。

一方、1800年代の朝鮮をみてみましょう。国民の10%ぐらいしか文字が読めず、ソウルの建物は平屋の掘立小屋ばかり、世界でも最貧国、20世紀のビアフラやコンゴと同程度の国だったのです。
その国が、ひとりあたりGDPの比較で日本の半額ぐらいまでに成長したのですから、これこそが奇跡の経済発展です。
識字率が低く、世界の最貧国だったKoreaが20世紀後半になって急に一変して、一気に中進国にまで発展したその原因がなにかを良く考えてみる必要がありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

政治カテの人って歴史とかも好きなんですね。
ネトウヨも政治や歴史を学べば教養がつくのに。

ご回答ははぐらかされた感じがしますが、
ネトウヨと同じことを言いたいのは分かります。
ただ、大人の対応ができてますね。感心しました。

お礼日時:2012/09/22 22:01

あぁ…


僕はネトウヨとよばれる種類の人間ではないと自負しておりますが、日本の高度経済成長はやはり日本国民の総力戦でした。

「アメリカのおかげ」とおっしゃいますが、具体的にはどのような事案を検討された結果、そのように主張されるのでしょうか?

そもそも韓国と日本では高度経済成長が依存した「お客さん」に大きな違いがあります。というのも、日本の人口は、戦後の団塊世代をふまえて急速に伸びてゆきます。そして高度経済成長時代において、購買意欲旺盛な人々が大量に出現します。ですから、高度経済成長時代に日本の製品を買った人々って、実は日本人なんです。つまり内需に依存した健全な経済成長だったんです。

しかし韓国は違いますよね?人口のパイが少ないので、有力企業を中心とした対外貿易を基礎とする外需依存なんです。ですから赤字国債をたくさん抱えても日本は現在まで一応デフォルト(債務不履行)を宣言していませんが、対する韓国経済は1997年の株価大暴落を受け、同年IMFの管理下に入るなど(スタンド・バイ協定)すでに一度破綻しています。

韓国の奇跡も何も…とりあえず国として残ることができるよう、ピンチを助けてくれたIMFそしてその加盟国。および同機関に多額を出資する日本に対して感謝することから始めるのが常識なんだと思いますが…ありていに申し上げれば韓国という国が現在も世界地図に掲載されるのは、IMF加盟国のおかげなんです…「日本はアメリカのおかげで」という前に、国家存亡の本当のピンチを経験した韓国こそが「××のおかげ」と謙虚に事態を把握するべきだと思います。もちろん「××」に入るのは、日本ではなくIMF加盟国ということです。

たしかに質問者様がご指摘なさっている「日本の技術力」が経済成長の最大要因ではないですよね。内需拡大が文字通りできるだけの人口増加が一番の決め手でした。ですから日本人の総力戦ともいえますし、アメリカ云々といった理解では、日本の高度経済成長を正確に理解できませんよ。
ついでに申し上げれば、質問者様がご指摘の「円安」についてですが、プラザ合意以降暫時「円高」に振れてゆきながらも、その数年後に日本はバブル経済に突入します。

通貨や貨幣の価値以前に、どれだけ堅調に売れるモノを作れたのか?また国自体がどの程度の経済規模を有していたのか?を念頭に為替を理解しないと、円高により日本が失墜したといった、間違った認識を吸収してしまいますから、以降はお気を付けいただいた方が賢明かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにあなたはネトウヨの定義から外れてます。
逆に知能が有りすぎて私ではついていけない¥¥¥

ただね、ここの採点者は学校の先生ではなく私なんですよ。
回答者より劣る人が採点する。おかしいといえばお菓子ですよね。

>具体的にはどのような事案を検討された結果
質問文に書いてあります。No1の人も言ってます。

韓国の奇跡を通貨危機の後と勘違いしているようですけど
通貨危機以前の話です。ソウル五輪まで。
それ以降は質問の対象ではありません。

私にはこれが精一杯の抵抗です¥¥¥

お礼日時:2012/09/22 21:56

日本の高度成長には色々な原因があり


一つではありません。

その一つに、米国の経済援助があったことは
確かです。殆どの経済学者はこれを認めています。
ただ、米国の援助は、あくまで米国の都合に
よるものです。
つまり、日本を中国、ソ連などの社会主義国に
対する防波堤として利用するためです。
しかも、日本に多大の被害を及ぼしたのも
米国です。
壊しておいて、援助する、というのは米国
得意のパターンでもあります。
そういう訳で、感謝する言われはありません。

日本の学者は米国の援助が貢献したことを
ちゃんと認めていますが、韓国はこれを認めません。
これが一番大きな違いですね。
次の違いは、併合は韓国から頼んできたのだ、
という事実です。
これも韓国は認めません。

日本は都合の悪いことも、ちゃんと認めますが
韓国は認めません。
これが大きな違いです。

”韓国の奇跡をバカにする日本人は”
    ↑
奇跡をバカにしているのではなく、認めたくない
ものは一切認めない、そういう姿勢をバカに
しているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなところでも活動してたんですか。
褒めてみたり批判したりよく分からない方ですね。
アメリカのことを好きかどうかもよく分からない。

お答えがお答えだけにちょっと厳しくいきますよ。

>そういう訳で感謝する言われはありません

結局、あなたはアメリカに感謝するのは嫌なのですね。
では韓国が日本に感謝しろというのは無理だというのも
同じ理屈で理解できるわけですね。

>奇跡をバカにしているのではなく

私の質問の対象は奇跡をあざ笑う人間です。
残念ながら回答になっていません。

彼らはチョチョチョチョーーーーンとか明らかに
バカにした言い方をして来ます。そういう人達です。

お礼日時:2012/09/22 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング