出産前後の痔にはご注意!

Google Earthで見れば大西洋やインド洋には海底が生まれる筋(海嶺)が確認できますが、フィリピン海には海嶺はありません。何故ですか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

フィリピン海プレートは基本的に太平洋プレートの沈み込みによる島弧の背弧海盆として成長してきたものです。

西側のフィリピン海盆が古く、東側の四国海盆がより新しい(といっても拡大は数百万年前までに停止)海底です。
宮崎県沖の南海トラフを越えたところからパラオ諸島に続く九州パラオ海嶺は、四国海盆が拡大したときに伊豆マリアナ弧から引き裂かれた島弧の残骸と考えられていますが、その東側の紀伊水道沖からヤップ島にかけて、南北に皺状の高まりが続いていますよね。これが四国海盆を拡大させた拡大軸、つまり「海嶺」のあとです。同様にフィリピン海盆の拡大軸のあとは、フィリピン島の東から西北西-東南東方向に延びたところです。海洋プレートが生産される場所である海嶺が地形的に高い海嶺であるためには、プレートの生産・拡大が活発であることが必要です。拡大が停止して時間が経つと、次第に沈降して地形的に明瞭ではなくなります。

ちなみに四国海盆の旧拡大軸は、紀伊水道付近で南海トラフに沈み込んでいます。活動をやめてしまったとはいえ、まだ他の四国海盆に比べると温度が高く、揮発性成分の湧昇がまだ続いていると考えられていて、それが紀伊水道付近で沈み込みによる地震が深いところであまり起きないこと(地温上昇が早く地温が高くなると地震が起きない)、延長線上にある有馬温泉などマントル起源の揮発性成分が多い温泉があることなどと関連付ける研究者もいます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>その東側の紀伊水道沖からヤップ島にかけて、南北に皺状の高まりが続いていますよね。これが四国海盆を拡大させた拡大軸、つまり「海嶺」のあとです。同様にフィリピン海盆の拡大軸のあとは、フィリピン島の東から西北西-東南東方向に延びたところです。海洋プレートが生産される場所である海嶺が地形的に高い海嶺であるためには、プレートの生産・拡大が活発であることが必要です。拡大が停止して時間が経つと、次第に沈降して地形的に明瞭ではなくなります。

納得です。

お礼日時:2012/09/29 06:02

海洋プレートには、そのプレートが中央海嶺で形成され


た時の地磁気が残ります。
百万年弱に1回起きるポールシフト(南北のNS極の入れ
替わり)の痕跡がしま模様になって残り、海洋プレートが
どのように形成され、移動したかが一目瞭然なのです。

1億数千年前まで、中央海嶺は赤道付近にあり、北の
ローラシア大陸と、南のゴンドワナ大陸に分かれていた
のです(部分的につながっていたという説もある)。
それにより、当時の太平洋プレートは、(北半球では)
南(赤道)から北に向かって動いていました。
西日本の中央構造線付近に、赤道付近のサンゴ礁
由来の石灰岩が産出するのは、そのためです。

フィリピン海プレートは、太平洋プレートに押されて多少
西に向かって動いていますが、それは太平洋プレート
よりゆっくりです(その差の分、太平洋プレートは日本
海溝に潜り込んでいます)。
地磁気でみると、フィリピン海プレートは、2千万年前の
比較的若い磁気を残していますが、それは日本海と
同じ年代で、西に向かって動き出した太平洋プレートが、
地殻の下に潜ってマントルまで到達したために起きた、
2千万前の大変動(その時に日本海も形成された)に
よる噴出物に厚く覆われているため、本来の古地磁気
の測定ができなくなっているためと考えられています
(なぜならフィリピン海プレートの縁に形成されている
小笠原列島の年代が5千万年前に遡るから)。

つまり、フィリピン海プレートを北に押しやっていた古代
の赤道海嶺は、太平洋や大西洋で北に向かって海嶺
の枝を伸ばしながら、自身は南に向かって後退し、
今は南極海海嶺になっているのです。
「フィリピン海プレートに海嶺がないのは何故」の回答画像4
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/09/29 06:02

【おさらい】


海嶺(かいれい、ridge)は、海底の細長い山脈状の地形のこと。山脈のような形状をした海底地形全般を指すが、傾斜が急な斜面を有することが条件である。傾斜が急でないものは海膨という。また、成因には関係しない。
 
成因としては、さまざまなものが考えられる。
古い時代に形成された地塁、火山活動が停止して海底下に沈んだ島弧の跡、周囲のプレートの活動に伴う海底の隆起、ホットスポットの海底火山がプレート運動で軌跡状に残ったもの、海底の山脈が両サイドのプレートが離れて広がるときに引き裂かれた残骸。
 
【追加】
大西洋中央海嶺は、東西に離れていくプレートがある。その分かれ目(発散境界)で海嶺が出来る。新しい海洋地殻が形成され続けている場所。
 
大和海嶺、九州-パラオ海嶺は、島弧が出来るとき背弧海盆が広がってできた。
http://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E6%B5 …
九州・パラオ海嶺は、九州の日向灘沖に端を発しパラオまで至る全長およそ2,600kmの連続した高まりである。太平洋プレートの沈み込みに伴う背弧海盆の拡大によって、伊豆・小笠原島弧から引き離された古島弧が、九州・パラオ海嶺であると考えられている(篠原・他[1999])
 
ハワイ海嶺は、ホットスポットの軌跡でできた。
 
銭洲海嶺、奥尻海嶺は、プレート運動の収束境界付近で海嶺ができた。
http://kotobank.jp/word/%E6%B5%B7%E5%B6%BA
 
【補足】
プレートが離れていくところは、上に載っているものが減っていくので、下にとっては重みが減り、下から盛り上がってくるようです。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/platetect …
プレートの発散型境界で起きがちなこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E6%95%A3% …
プレートの発散境界は「押し広がる」「マントルから押し上げる」というよりも、「引き裂かれる」「開いたところに盛り上がってくる」というイメージの方があたっているようです。
ところでプレートは、一体となって同じような動きをしている広がりを観察出来たところをいいます。今見つかっているプレートも、たくさんあります。新たにできたり、なくなってしまうプレートもあるようです。もちろん移動スピードや移動方向も変わります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC% …
 
~~~~【回答】~~~~~~~~
小さなプレート、動きが小さなプレートのところでは、大きな地形が現れるとは限りません。
発散型境界、収束型境界にあたるところでも、海嶺が出来るとは限らないし、海溝が出来るとも限らないのでしょう。動きの量と時間と空間の広がりが違うと、どうなるかは言えないのでしょう。そのあたりの地形地質の問題もあります(大陸の中にも発散型境界にあたるところはあります)
フィリピン海プレートの北端には多くのトラフがありますが、伊豆半島付近では衝突型境界になっています。
海底にプレートの発散型境界があっても、海底が生まれる筋が見えるとは限らないのでしょう。
フィリピン海プレートの上にはホットスポットの軌跡が見つかっていないそうで、歴史が不明なことが多いのだそうです。もしかして、もともとあったプレート(リソスフェア)が移動はしているんだけれども、広範囲で少しづつ伸び広がるような動きをしているとかで、一箇所で裂けないために下から盛り上がるようなこともないのかしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/09/29 05:57

通りすがりのドラ猫が素人の想像でカキコします。



フィリピン海プレートはもともとは太平洋プレートの一部だったと思います。
しかし太平洋プレートは巨大なため、また地球が丸いために一様に海溝に沈み込むことができず、シワが寄ってしまったのだと考えております。
そのシワが遂にはマリアナ海溝となってしまい、フィリピン海プレートは独立したプレートになったと。
よってフィリピン海プレートは沈み込むだけの小さくなる定めのプレートなのではないでしょうか。

と書いてみたら、九州パラオ海嶺なるものがど真ん中にあるじゃありませんか。
しかもパラオ諸島付近は実際に広がっているみたいですし。
まったく地球というやつは複雑怪奇。
しょうがない、お茶でも飲もうか、猫よ・・・。
「にゃぁ?」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>しかし太平洋プレートは巨大なため、また地球が丸いために一様に海溝に沈み込むことができず、シワが寄ってしまったのだと考えております。

納得です。

お礼日時:2012/09/29 05:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィリピン海プレートに海嶺はあるの!?

月曜日から実習で地理を担当することになりました。範囲は日本の地形!プレートの沈み込みが重要なポイントになるのですが、勉強をしているうちに、不思議なことをきずきました!太平洋プレートは東太平洋海膨で生産されるのですが、フィリピン海プレートの生産される海嶺や海膨がどうしても探せずに納得がいきません!!誰かこの謎を解き明かしてください!お願いします(><)

Aベストアンサー

検索の結果、参考URLは「40 続・ほころび始めたプレートテクトニクス」
これはホームページ「ANS観測網」:http://www.ailab7.com/ の新地震理論から
ニューオフィスに入りhttp://www.ailab7.com/newoffice.html

あとは、「西マリアナ海稜」と言う単語が出てきますが・・・

最終キーワードは 海嶺 マリアナ フィリピン で行っています。

参考URL:http://www.ailab7.com/udaz.html

Q日本を縦断するプレートの境界ってどうなっているの?

まず、太平洋プレートが、北米プレートやフィリピン海プレートの下にり込んでいたり、フィリピン海プレートが、ユーラシアプレートの下に潜り込んでいるのは分かります。

しかし、日本を縦断している、フィリピン海プレートと北米プレートとの境目、ユーラシアプレートと北米プレートの境目は、それぞれどうなっているのでしょうか? 富士山があったりするから、プレート同士がぶつかって両プレートともにせり上がったりしているのでしょうか? もしせり上がっているとすれば、地震はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

●フィリピン海プレートと北米プレート
フィリピン海プレートが北米プレートの下に沈みこんでいます。神奈川県の箱根・丹沢あたりから、相模湾を経て、千葉県南東沖に境界があります。海底地形図などを見ると、この地域にはトラフ(海溝ほど深くない海底の溝)があります(相模トラフ)。
一般にプレート沈み込み帯では巨大地震が起きるとされますが(例:東南海地震、東北地方太平洋沖地震)、このプレート沈み込み帯で起きるのが関東地震(関東大震災)です。
江戸時代の1703年に起きた元禄関東地震は、箱根のあたりから千葉県の沖合いまでがいっぺんにすべったと言われており、プレート境界の大部分が動いたと言えます。

●ユーラシアプレートと北米プレート(新潟以南)
かつては糸魚川―静岡構造線がプレート境界と考えられていましたが、いまでは新潟県から伊勢湾付近にかけてプレート境界があると考えられています。GPSの広域観測によって、この境界の西と東で日本列島が若干ながら違う動きをしていることが明らかになりつつあります。
ただし北米プレートとユーラシアプレートの相対速度はあまり大きくないので、地殻内のひずみの蓄積もさほど大きくはありません。プレート境界で顕著な地震が発生するかどうかも不明です。(それよりも、新潟―神戸ひずみ集中帯、糸魚川―静岡構造線、中央構造線などのほうが地震との関係は深いと考えられます)

●ユーラシアプレートと北米プレート(新潟以北)
新潟県から北は、秋田沖、北海道西方沖と、日本近海にプレート境界があります。
両方のプレートがぶつかりあって、そのまま沈み込んでいると考えられています。ただしプレート同士の相対速度が大きくなく、またプレートの岩石密度にもあまり差がないので、いまのところ太平洋側のようなプレート沈み込み帯は形成していません。ただなんとなくぶつかって、そのままなんとなく沈んでいくイメージです。
ただ、もう何百万年~何千万年もすれば、太平洋側のように海溝を伴ったプレート境界が出来るかもしれません。
プレート境界を挟んで東西から押されているので、少ないながらもひずみは蓄積します。この地域で起きた地震としては、1964年の新潟地震、1983年の日本海中部地震、1993年の北海道南西沖地震、1940年の積丹半島沖地震などがあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E6%9D%B1%E7%B8%81%E5%A4%89%E5%8B%95%E5%B8%AF

●フィリピン海プレートと北米プレート
フィリピン海プレートが北米プレートの下に沈みこんでいます。神奈川県の箱根・丹沢あたりから、相模湾を経て、千葉県南東沖に境界があります。海底地形図などを見ると、この地域にはトラフ(海溝ほど深くない海底の溝)があります(相模トラフ)。
一般にプレート沈み込み帯では巨大地震が起きるとされますが(例:東南海地震、東北地方太平洋沖地震)、このプレート沈み込み帯で起きるのが関東地震(関東大震災)です。
江戸時代の1703年に起きた元禄関東地震は、箱根のあ...続きを読む

Q背弧海盆の成因について

海洋プレートの沈み込みによって、
陸側のプレートも一緒に下へと沈み込まされるから、
海盆が出来るんですか?
添付の図のように。

違いますか?

Aベストアンサー

>弧状列島そのものも、中央海嶺に準ずる長い線状の火山列だと思うんですが、
>なぜ弧状列島は大陸プレートを割らずに,弧状列島として隆起するんでしょう?

「弧状列島そのものも、中央海嶺に準ずる長い線状の
火山列」(によって形成された)というのが間違いです。
もちろん激しい地殻変動で火山も生じますが、基本的に
火山=溶岩の噴出は日本海自体であり、日本列島は
「大陸の辺縁がちぎれて押し出された」ものであり、
大陸プレートの破片として、最初からある程度の標高が
あったのです(両側での地層の共通性は確認されています)。
もちろん「押し出された」事で、フォッサマグナのように
日本海ミニ海洋プレートと太平洋海洋プレートに挟まれ
た圧力によって盛り上がった部分もあります。

Q日本海が深くて複雑な地形の理由

日本海は黄海、東シナ海、オホーツク海に比較しますと
深くて複雑な地形をしています。
これは日本海成立の過程に由来するものと思いますが、
どういったものったのでしょうか?
大陸にくっついていた日本列島を東側にひっぱるプレートの動きがあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

太平洋の海洋プレートは、中央海嶺で噴出して日本に向かって
東に8~9cm/年で移動していますが、7千万年前の恐竜絶滅
の引き金となった大地殻変動のより以前は、南から北に向かって
移動していた事が、海洋プレートに磁気テープのように残された
南北極転換の痕跡(中央海嶺での形成時の磁気が固定される)
から分かっています。
その時から日本海溝に向かって沈み始めた太平洋プレートの
先端が、固体の地殻部分を通過して、マントルに到達すると、
元々溶けやすいから中央海嶺に噴出した成分によってなる海洋
プレートは、溶けて噴出し始めました。
約2千万年前に日本海は湖として形成された事が堆積物から
分かっており、千5百万年前に北関東あたりで海とつながって
日本「海」になりました。
つまり、日本列島は「東側に引っ張られた」のではなく、ミニ海洋
プレートとも言える日本海の噴出によって、押し出されたのです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q近畿と四国には火山がないのでしょうか

塾の教師をやっています。先日過去の高校入試問題を見ていたら近畿と四国には火山がないというのが模範解答になっている問題を見つけました。現在活動中の火山と言うのならわかりますが、火山はないと言い切ってよいのでしょうか。

Aベストアンサー

少なくとも日本火山学会の火山専門家の間では議論が分かれてはいません。
答は「近畿地方に火山はある」です。火山の専門家に尋ねたら、火山の定義云々等と関係なく近畿地方には火山はあると答えます。以下のとおりです。いずれも兵庫県です。
・田倉山
・神鍋火山群(神鍋・目坂・上佐野)
・玄武洞

日本の火山の分布については
http://www.geo.chs.nihon-u.ac.jp/tchiba/volcano/index.htm
神鍋火山群については以下が参考になります。
・http://hakone.eri.u-tokyo.ac.jp/kazan/Question/topic/topic153.html
・http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN4-8067-1199-3.html

また、No5の回答に対する質問「活動の定義」の件ですが、「活火山」の定義は、火山噴火予知連絡会により「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」とされています。「現在活動中の火山」と言ってしまうと、現在噴火中の火山を言っているのか、活火山のことを言っているのか、あるいは別のことを言っているのかが分からず、曖昧ですね。
活火山の定義についてはこちらを参考にしてください。
http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/press/0301/21a/yochiren.pdf

少なくとも日本火山学会の火山専門家の間では議論が分かれてはいません。
答は「近畿地方に火山はある」です。火山の専門家に尋ねたら、火山の定義云々等と関係なく近畿地方には火山はあると答えます。以下のとおりです。いずれも兵庫県です。
・田倉山
・神鍋火山群(神鍋・目坂・上佐野)
・玄武洞

日本の火山の分布については
http://www.geo.chs.nihon-u.ac.jp/tchiba/volcano/index.htm
神鍋火山群については以下が参考になります。
・http://hakone.eri.u-tokyo.ac.jp/kazan/Question/topic/topic...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q海底の深さが分かる地図ってありますか?

できればネットで見れたら助かります。
釣りに利用したいと思っています。

Aベストアンサー

> 釣りに利用したいと思っています。

だと、メートル単位とかでしょうか。
海図に水深が書かれています。

海図を見てみよう!! | 日本水路協会
http://jha.or.jp/jp/jha/charts/glance/index.html


> できればネットで見れたら助かります。

詳細な海図?海底地形図?は有料だそうですが、釣り目的だとこちらが人気あるようです。

みんなの海図 | 釣りナビくん姉妹サイト
http://mar-nets.com/

港なんかがある地域なら、図書館とかに置かれてるかも。

Qなぜ空気中に窒素あ80%もあるのか

 なぜ空気中には窒素が80%近くもあるか。

 酸素が多すぎ(60%以上)ると酸素中毒になるとか、窒素が多すぎると、文字通り窒息死する、というところまでは分かったのですが、なぜ、地球上には窒素がこんな(約80%)にも多いのでしょうか。
 もっと酸素の割合が多くてもよさそうなものですが。

 『酸素が約20%+窒素約80%』前後というのが、生態系において、最も快適あるいは都合のいいバランスなのでしょうか。


 どうか教えてください。

Aベストアンサー

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあったようです。

窒素はどうか分かりませんが、酸素・炭素については、海に溶けたり、鉱物に形を変えたり、空気中の炭酸ガスになったり、いろいろなので生態系・気候・太陽活動などのバランスで酸素や二酸化炭素の濃度は上下してもおかしくはないはずです。
いずれにせよその都度適応した生物が栄えた訳でしょう。

あと酸素が多すぎると何でもかんでも燃えやすくなるので、山火事などで酸素が消費されて、結局それほど濃度はあがらない‥という話も聞いたような気がします。

何だか自信なさげな回答で恐れ入りますが。

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあ...続きを読む

Q親潮がなぜ流速が遅いか?

親潮が流れのはやい黒潮と対照的に遅い海流となって

いるのはなぜなのか教えてください

Aベストアンサー

下記URLが参考になりませんでしょうか。

表層海流は,風と地球の自転(コリオリの力)が大きく影響します。北半球ではそれらが合わさり,時計回りに流れますが,西側の海流(親潮・メキシコ湾流)が速くなります。

また,表層海流は深層海流とも関連があるようです。ブロッカーのコンベアベルトの図も載っております。ご覧下さい。

参考URL:http://georoom.hp.infoseek.co.jp/2atmos/122mizutaiki.htm


人気Q&Aランキング