村上春樹の世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドの「世界の終り」や(ハードボイルド・ワンダーランドはあまり好きではないです)

アニメの灰羽連盟、Lainような世界観のような物で考えさせられる小説を探しています。

ジャンルとしては哲学、量子力学、並行世界、精神世界、幻想的な世界観の物が好きです。
考察など入っていると良いです。宗教や神話なども少し混ざっていてもOKです。

ラノベなどでも構いません。

友人に森博嗣の百年シリーズを借りたのですが世界観は好きです。
でも考えさせられるか?というのとは少し違った感じでした。

詳しい方よろしくお願いします。

それとドストエフスキーの罪と罰やカラマーゾフの兄弟も少し興味があるのですがこちらは人間の心理などを描いた物なのでしょうか?

A 回答 (9件)

パスカル・キニャール 『舌の先まで出かかった名前』


『アプロネニア・アウィティアの柘植の板』
イスマイル・カダレ 『誰がドルンチナを連れ戻したか』 『夢宮殿』
ジョン・バンヴィル 『ケプラーの憂鬱』 『コペルニクス博士』
ミロラド・パヴィチ 『ハザール事典(男性版)(女性版)』
コニー・ウィリス 『航路』
ケイト・ウィルヘルム 『杜松の時』
ドゥニ・ゲジ 『ゼロの迷宮』
スカーレット・トマス 『 Y 氏の終わり』
アンソニー・ドーア 『メモリー・ウォール』
キアラン・カーソン 『シャムロック・ティー』 『琥珀採り』
ヘルマン・ヘッセ 『ガラス玉演技』
クリストファー・プリースト 『双生児』 『逆転世界』
J・M・G・ル・クレジオ 『海を見たことがなかった少年 モンドほか子供たちの物語』
アーシュラ・K・ル=グウィン 『ラウィーニア』
『ギフト』 『ヴォイス』 『パワー』
アレックス・シアラー 『青空のむこう』 『スノー・ドーム』
チャイナ・ミエヴィル 『都市と都市』 『ぺルディード・ストリート・ステーション』
スティーヴ・エリクソン 『ルビコン・ビーチ』
ドン・デリーロ 『ボディ・アーティスト』 『白い部屋』
アレックス・ガーランド 『昏睡 コーマ』
コードウェイナー・スミス 『鼠と竜のゲーム』 『ノーストリリア』
オースン・スコットカード 『エンダーのゲーム』
ジョー・ホールドマン 『終わりなき戦い』
ブルース・スターリング 『スキズマトリックス』
ボブ・ショウ 『眩暈』 『去りにし日々、今ひとたびの幻』
フィリップ・K・ディック 『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』
『暗闇のスキャナー』 『流れよ我が涙、と警官は言った』
ロバート・チャールズ・ウィルスン 『時間封鎖』『無限記憶』『連環宇宙』
などは、いかがでしょうか

この回答への補足

ドストエフスキーは読んでないんですかね^^;?

補足日時:2012/09/26 01:30
    • good
    • 3
この回答へのお礼

フィリップ・K・ディック 『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』以外は知らないものばかりです。他にも映画などに使われた物などがあるのでしょうか?
洋書はミステリー以外は殆ど読んだことがなく大変参考になります。
こんなにたくさん教えて頂きありがとうございます。

お礼日時:2012/09/26 01:29

映画でも よい のですか … 挙げた 作家の もので すばらしい 映像に なっているのは、


トニー・ガトリフ 監督の 『モンド 海をみたことがなかった少年』
それで 思い出した、ポール・オースター の 諸作も ご希望に 添われる かと …
『幽霊たち』 他 ニューヨーク 三部作や、『偶然の音楽』
その 映画化された 『ミュージック・オブ・チャンス』 の 最後に、本人役で
作家自身が 登場します … 自身で 撮られた 映画も あり、『スモーク』 等
パスカル・キニャール では 『めぐり逢う朝』 が 映像化されています …
というか、別な 作を 読んだ アラン・コルノー 監督 が 脚本を 依頼して、
断られたものの、瓢箪から 駒で、この 殆ど 知られていなかった 17世紀の 音楽家
についての 作品が でき、 映画化と 同時に 楽曲の 再演や 研究も 進んだ というもの …
ミシェル・ビュトール 『心変わり』 他 も お気に召される かもしれません …
愛人と 妻への 思いが、移動中の 主人公の 中で、離れて行こう としている 方
への、冷めていた 思いが 徐々に 再燃し、向かっている 方からは、徐々に 心が
離れて行く、という 様子が 二人称 (あなた) で ずっと 語られます …
大作ですが、ジェイムズ・ジョイス 『ユリシーズ』、マルセル・プルースト
『失われた時を求めて』 も お若い 時に ぜひ お読みになられたら … と …
ロシアの ものは、逆に タルコフスキーの 映画では どうでしょう ?
『ストーカー』 などは お気に召されるのでは …
あとは …、ひょっとして 押井 守 監督 の 『イノセンス』 などは … ?
カフカは、いかがですか … それから W・G・ゼーバルト …

この回答への補足

押井 守 監督の作品はすべて見ています。個人的にはGHOST IN THE SHELLが好きです。最近はちょっとあれですが…w

補足日時:2012/09/28 00:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にたくさんの作品を教えていただきありがとうございます。
映画も好きなので大変参考になります。すべてレンタルで借りてみます。暫くは読書漬けになりそうですw

お礼日時:2012/09/28 00:55

NO.6 です。



偶然かどうか既に出ていますが、小説以外ではさらっと読めるエッセー的小品「美のはかなさ」から「僕のユリイカ」くらいへはいっていかれたらどうでしょうか。さらには「ヒコーキ野郎たち」そして「少年愛の美学」でしょうか。
たくさんありますからいろいろ選べると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二回も回答ありがとうございます。エッセーですか。読んだことがないです。ユリイカとは雑誌のユリイカですかね^^?
ちょっとよく分からないのです。こちらも調べてみたいと思います。

お礼日時:2012/09/28 00:36

哲学的なとなると宗教や宇宙や人間学なども関係してくると思います。



独特な深みがあるという点では、稲垣足穂氏の『人間人形時代』。
『弥勒』 『A感覚とV感覚』 『一千一秒物語』なども
読んでいてその不思議な世界に吸い込まれますね。
さらっと読んだだけでは稲垣氏の世界はわかりません。
かなり腰を据えて読む必要があるでしょう。

ヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』。
ボーヴォ・ワールの『人はすべて死す』。
高校生の頃に初めて読んでその世界の〔中毒〕に罹り、
共に文庫本のページがぼろぼろに千切れるまで読み返したものです。

最近読んだ本では五木寛之氏の『親鸞』がよかったですね。
親鸞というと浄土真宗の宗祖。
宗教の話はどうもと思われるかもしれませんが、
特定の宗教を説いたものではなく、もっと広い精神世界を描いたもの、
哲学小説という造語が適当どうかわかりませんが、
とても考えさせられる小説だと思います。

余談ですが、ドストエフスキーは人名や人間関係が複雑で、
何度か挑戦しましたが、
私の頭ではついて行かず結局は断念しました。

以上、ご参考になれば幸いです。

この回答への補足

ドストエフスキーは読みづらいのですか…。どろどろした人間関係を描いたものでなければ読もうと思っていたのですが…。
こちらはネタバレしない程度に個人的にもう少し詳しく調べてみます。

補足日時:2012/09/28 00:26
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「哲学的なとなると宗教や宇宙や人間学なども関係してくると思います。」そのとおりだと思います。宇宙論などはとても深いですw稲垣足穂は知らない作家です。不思議な世界ですか…読む候補に入れたいと思います。洋書の方の2作は個人的に調べてみたいと思います。分かり易い解説ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/28 00:21

そらあなた、稲垣足穂をよみなはれ。

深い哲学的考察と幻想、純粋美の世界がたんのう出来ますよ。三島由紀夫も絶賛しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

稲垣足穂は名前は知っているのですが書かれているものはどんなものなのか知りませんでした。どれがおすすめなのでしょうか?
題名に惹かれるものや人気がありそうな物から読んでみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/26 01:41

小川洋子「密やかな結晶」 少しづつ何かが「消滅」していく世界の話


山口雅也「続・日本殺人事件」 禅問答そのものとしか言いようがない推理小説
半村良「太陽の世界」 太古のムー大陸に超能力者の王国ができる話
宮部みゆき「ドリームバスター」こちらの世界の人間の夢のなかにあちらの世界の賞金稼ぎが入ってきて悪者を退治する話
    • good
    • 1
この回答へのお礼

小川洋子「密やかな結晶」 少しづつ何かが「消滅」していく世界の話、こちらはとても興味があります。他のものはちょっとイメージと違う感じなのですが調べてみまして興味が湧きましたら読んでみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/26 01:37

私は勝手に、ちょい近未来SFで実存的な小説だと思ってますが


カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」が
とりあえず、凄く優秀な作品だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

近未来SFで実存的?リアルな感じなのでしょうか?こちらも知らない作品なので調べてみたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/24 23:01

kazzinさん、こんにちは。



このジャンルの白眉は
ウンベルト・エーコ 『薔薇の名前』 だと思います。
とても一言では紹介しきれないので、レビューなどで確認してください。
めくるめく知の迷宮を堪能できますよ。

ミステリーでは
ジェーン・スタントン・ヒッチコック 『魔女の鉄鎚』
書くとネタバレ必至なので、ご自身で確認してください。

森博嗣がお好きなら、天才少女科学者にして犯罪者の真賀田四季シリーズ 『四季 春』など、おすすめします。

SF風の作品もお好きのようなので、それらしいのを挙げておきます。
アーシュラ・K・ル・グイン 『オルシニア国物語』『言の葉の樹』『オールウェイス・カミング・ホーム』
スタニスワフ・レム 『ソラリスの陽のもとに』『エデン』
アルカジィ&ボリス・ストルガツキィ 『そろそろ登れカタツムリ』『ストーカー』
キース・ロバーツ 『パバーヌ』
アーサー・C・クラーク 『幼年期の終わり』

露文は苦手ですので、ほかの方の回答に期待してください(汗)

この回答への補足

ウンベルト・エーコ 『薔薇の名前』から読んでみます。

補足日時:2012/09/24 22:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの作品を教えて頂きありがとうございます。
すべて知らない作品ですw
調べてみて面白そうなものから読んで行きたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/24 22:53

京極夏彦の百鬼夜行シリーズはいかが?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E6%A5%B5% …

アニメのような世界観とはいえませんが、「哲学的な考えさせられる深い小説」ではあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

京極夏彦の作品は読んだことがないのですが百鬼夜行シリーズは知っています。これってミステリーだと思っていたのですが違うのですかね?長編なので大変ですが読んで見たいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/24 22:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q村上春樹 終わりとハードボイルド に似た「洋書」

村上春樹の世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドを読みました。
非常に気に入ったので他の村上春樹小説も読みましたが「世界の終わり・・・」ほど楽しく読めませんでした。不思議な世界観です。

そこで洋書で「世界の終わり・・・」に似た本を探しています。
出来るだけ長編が良いです。

もちろん宇宙人が出てくるSF物や魔法が使えるファンタジーとは異なりますので、ジャンルがむつかしいですが、おすすめの洋書を教えてください。

返信は夜になってしまいますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tatatan2525さん、こんにちは。

「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」の「世界の終り」の方に近い作風の文芸作家に

『日野啓三』さんがいます。

「夢を走る」「夢の島」「砂丘が動くように」「天池」「ホーリーロック(聖岩)」などなど。
 少し作風は違いますが「抱擁」は傑作。私のオールタイムベスト10の一つです。

 洋書は「選集」が発売されていたはずですが見当たりませんね。。。

もう一人。

『山尾悠子』さんはファンタジーですが、怪物系はあまり登場しません。
 復刊されるまでは伝説化していた「遠近法」、ヘンテコな世界が滅びに向かう「夢の棲む街」、冬眠する種族を描く「ラピスラズリ」、水没した街に現れた眼に星のある少年と女領主の物語「ムーンげいと」などなど。

 洋書は出ていないはずです(汗) でも一読お勧めします。

『冬の薔薇』(パトリシア・A・マキリップ)
 英国の伝説をもとに描くこよなく美しい物語です。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q村上春樹の世界の終り・・や、海辺のカフカなどで・・

村上春樹の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』や『海辺のカフカ』なので
使われてる、2人の主人公が絡むことなく別々に同時進行していく様子を描く方法を最初に
編み出したのは誰なのでしょうか?元祖・・と言うか。

見当違いかも知れませんが、指輪物語が途中から最後までそんな感じだったと思うんですけど、
(フロドの旅と、その他の様子を別々に同時進行させた)、あれが元祖ですか?

Aベストアンサー

テキトーなことを言うと、まず「ふたつ以上の時間軸が交錯しつつ進行する小説」というのが発明されたんじゃないでしょうか。誰が発明したかは知りませんが、てきとーなイメージで言うと1900年前後のフランス人です。プルーストとかコクトーとか。その後フランスではシュールレアリズム運動というのが起こり、これは主に絵画の世界の話ですが、文学方面でも、例えばランダムな単語をくじ引きみたいにしてつなげて不条理な詩を作る、というような実験もシュールレアリズム界隈で多く行われました。そんなこともあって「よくわからん不可解な構成の小説の試み」というものがさらに深化を続け実験は繰り返され、その先に、「2人の主人公が絡むことなく別々に同時進行していく」ようなタイプも生まれたのでは。トールキンはいろんなものの元祖らしいので、たしかにその元祖もトールキンかも知れないですね。

それはそうと村上春樹が直接影響を受けたネタ元は何か、ということで言えば、案外映画かも、という気がします。「去年マリエンバードで」とか。テキトーな意見なので信用しないでください。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q村上春樹の小説につて教えて下さい

質問させていただきます。


たとえば「納豆が糸を引いた」、「青森の実家からリンゴが送られて来た」、「七五三なので兄弟姉妹で記念写真をとった」などに類する表現は日本人はすんなり読めても、外国人には注釈が必要になると思います(以上は、あくまでも私が考えた例文です)。

ここで質問ですが、村上春樹の小説には「外国人にはスンナリは分かりにくい」という表現は少ないのでしょうか?たくさん注釈が必要な小説は、おそらく外国人にとっては読みやすくないと思います。そのあたり、どうなのでしょうか?村上春樹は、最初から、外国の読者にも理解しやすい書き方を意識しているのでしょうか?

私は村上春樹の小説はホンのわずかしか読んでいません。

Aベストアンサー

村上春樹のエッセイのなかに、同じ疑問をもち自分でそれを検証するところがあります。

たしか「やがて哀しき外国語」の中だったとおもいますが、プリンストン大学の日本語学科で自分の著作などを題材にしながら英語で講義を行なっていたときに、日本語と英語で著作を読んだ学生から質問を受けたのがその発端であったと記憶しています。

彼はある作家の英訳と原書である日本語訳、そして学生たちに翻訳してもらったで英語訳の3種類を比較して、日本語の文体と英語に翻訳したときのイメージを比較しています。

ここで分るのは「日本語と英語ではあまりにも違いすぎて、そもそも最初のイメージが伝わらないこと」です。

同じ内容を書いているブログがあったので参考にしてください
http://happysimple.hatenadiary.com/entry/2016/07/02/230009

霧と霞、ものすごく日本的な現象であり、日本に住んでいなければ想像すら難しいような違いがそこにあります。村上春樹は作品としてこのような違いを意識的に避けているような気もしますが、必ずしも外国語に翻訳することを念頭に置いたものではないでしょう。

そもそも村上春樹氏自体が「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を翻訳しているような翻訳家としての一面もあり、英語での表現と日本語での表現では明らかに異なるし、伝わらない部分がたくさんあることも認識しているわけです。

 ですから、先ほどの文章で言えば霞と書こうが霧と書こうが、日本語で意図する意図は伝わらないときはまったく伝わらない、ということをよくご存知だとおもいます。

ですから、村上春樹氏が日本語で文章を書いたときに外国語になることを意識しているとはおもえません。ましてや彼の著作は30ヶ国語以上に翻訳されていますので、すべてを意識することなど到底無理です。それなら日本語として完成度の高い文章を書いて、各国の翻訳家に任せるほうがいいでしょう。

英語の世界は分りませんが、外国語の翻訳などについてはこういうものができることがあります
http://wikiwiki.jp/harrypotter/:ハリーポッターの翻訳の問題点指摘サイト
http://arda.saloon.jp/blog/toda/:映画「ロードオブザリング」誤訳の指摘サイト
などです。
調べてみれば、日本語や日本の事情に精通している各国人が村上春樹の訳の問題点を指摘しフォローしているサイトがあるかもしれません。いずれにしてもどのように配慮しても言語翻訳というフィルターを通せば別の作品になってしまいます。そこを踏まえて村上春樹が本を書いているなら、たぶん英語版ぐらいは英語で書く、という作業をしていてもおかしくないとおもいます。

村上春樹のエッセイのなかに、同じ疑問をもち自分でそれを検証するところがあります。

たしか「やがて哀しき外国語」の中だったとおもいますが、プリンストン大学の日本語学科で自分の著作などを題材にしながら英語で講義を行なっていたときに、日本語と英語で著作を読んだ学生から質問を受けたのがその発端であったと記憶しています。

彼はある作家の英訳と原書である日本語訳、そして学生たちに翻訳してもらったで英語訳の3種類を比較して、日本語の文体と英語に翻訳したときのイメージを比較しています。

...続きを読む

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q村上春樹の小説

村上春樹の小説ってなぜこんなにも性描写が
多いのでしょうか?
最初はいい本だなって思ってたのですが
何冊も読むうちに
また性描写だ。。って。
こんなにもでてくるのには何かワケがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

多いように思いますね。私も氏の小説は好きですが、こんなに多くなくてもいいのになと思ったことが。
何かが秀でている訳ではなく、特に風貌がいい訳でもないが、何故かモテてしまう主人公が
多いような気がします。そういう人物像はいいなと思うのですが、表紙に
ある著者のお写真を拝見して、ガラガラとイメージがくずれた事があります‥。
答えになってなくてすみません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング