『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

A 回答 (2件)

 こんばんは!


指原莉乃ちゃんと言えば、古巣のAKB、新天地のHKTはもちろんのこと、間に挟まるSKE、NMBにも顔が利く人でして、まさに48グループの「潤滑油」的存在です。

インターネット百科事典の「ウィキペディア」での情報と、僕独自の分析により、莉乃ちゃんの仲良しさんをご紹介しましょう。

まず先輩の方から。

・チームA現キャプテン、たかみな。高橋みなみ。

 莉乃ちゃんは、移籍するまでの2年間、たかみなのキャプテンシーを間近でずっと見てきました。たかみなの優しさ、つよさ、懐の広さ、そういったものをいつも隣で見ていました。
あの、6月の週刊文春の記事の時。発売前日、一番本人が不安だった夜に遅くまでカラオケに付き合って励ましてくれていたのが、このたかみなと、もう一人の”みなみ”の峯岸みなみさんでした。
莉乃ちゃんは、本当にたかみなのことを尊敬しています。たかみなも週刊誌の記事のこととは無関係に、もっと前からことあるごとに気に掛けてくれていて、本当にここはいい関係です。
あのたかみなキャプテンのことを「みなみちゃん」と呼べる年下の後輩は、莉乃ちゃんだけです。


・1期生最年少、莉乃ちゃんと同じ歳のみぃちゃん。峯岸みなみ。

 みぃちゃんは、元祖「AKBのバラエティ担当」です。莉乃ちゃんの急成長によって、ちょっと影が薄くなってしまった感があるけれども、個性がまったく異なるのでみぃちゃんはみぃちゃんの道を歩んでいけばいいのだと思います。
この二人、すごく仲がいいんです。みぃちゃんの方は、後から出てきた莉乃ちゃんの活躍に嫉妬することなく、すごく親しく接してくれるし、莉乃ちゃんも、他のメンバーにはいえないような深刻な話を、みぃちゃんにだけは話すんです。
みぃちゃんは、莉乃ちゃんとタメだけど、1期生でずっと親元から通勤している人だからなのか精神的な安定感が高い人です。なんでも相談できそうな安心感があります。
そんな彼女のことを、莉乃ちゃんもすごく頼りにしているみたい。
僕の部屋に飾ってある写真の中にも、この二人が楽屋でくっ付いているものがあるんですが、ホントに、ホンワカしていい雰囲気です。
たかみな、みぃちゃん、この後に登場するきたりえ、そして莉乃ちゃんの4人で「下北メンバー」という仲良し組みになります。


・先ごろ卒業された、元絶対的エースのあっちゃん。前田敦子。

 意外に思われるかもしれませんが、仲がいいんです。
元々あっちゃんというのは、そんなに後輩と近しくなる人ではないんです。やっぱ、常に距離がある人みたいなんです。
そんな中で、莉乃ちゃんは服をいただいたり、他のどのメンバーも呼ばない「あっさん」という呼び方をさせてもらっていたりと、この二人だけの独自の関係性を構築しました。
同じチームAだったこともあって、あっちゃんが一番かわいがっていた年下の後輩というのは、きっと莉乃ちゃんだったと思います。所属事務所も同じ太田プロです。


・AKBでもっとも歌手ソロデビューが早かった、ともちん。板野友美。

 これまた意外に思われるかもしれませが、ちょっとあっちゃんに似ているかもしれません。
あまり他のメンバーと仕事以外で行動を共にしない、やや孤高な存在のともちん。特に、特定の後輩と親しいという話は、聞いたことがありません。
そんな中で、莉乃ちゃんは独自の関係性を構築しています。
これまで、所属チームが一緒になったことがなく、派生ユニットも所属事務所も一緒ではなく、もちろん歳も出身地も違う二人。
しかし、洋服をもらったり、博多移籍後に「今後の指原莉乃について」一緒に考えてもらったり、他のどのメンバーも呼ばない「ちんさん」という呼び方をさせてもらったりと、いつの間にか仲がいいんです。(^^ブログなんかでも、莉乃ちゃんはともちんのことを「好き」とはっきり言ってますからね。
被災地訪問活動の映像を観ていたら、トラックの荷台のステージから降りるところでいい場面がありました。
ともちんが、間違えて他のメンバーとは正反対の側から降りようとしたところ、莉乃ちゃんがさっと近づいて肘の辺りに触って引き戻すということがありました。
すごくさりげなくて、良かったですよ。


・同期で地方組の仲の、きたりえ。北原里英。

 ここは研究生時代に他のメンバーも交えて一時期アパートで共同生活をしていた仲です。
今でも「りのりえはガチ」という言葉があるくらい、自他共に認める親友同士。
ただ残念なことに、本当にここ一番深刻な話を打ち明けるという時には、莉乃ちゃん的には同じ歳で1期生のみぃちゃんの方へいきがちなようです。
あの、週刊文春の記事の時にも、りえちゃんはあまり詳しいことは聞かされていなかったようです。
移籍発表後、莉乃ファンがりえちゃんのブログへ大挙して「莉乃ちゃん(さっしー)を支えてあげて」と書き込みした時にも、「実は自分にもよく分からないことがある」と当惑していました。


・同じ歳で後輩、多くのお姉さんメンバーが「一番の努力家」と評価する、ゆいちゃん。横山由依。

ここは、みぃちゃんと逆パターン。自分と同じ歳の後輩。で、同じ地方出身者で、派生ユニット「Not Yet」で一緒。事務所も一緒。
ゆいちゃんの、あのもの静かな、だけども芯がしっかりしていて先輩からの評価が高い人柄が、莉乃ちゃんもお気に入りのようです。
またゆいちゃんも、研究生出身者ながら選抜4位まで到達した莉乃ちゃんのことを、いい感じで(堅苦しくない程度に)尊敬してくれていて、すごくいい関係性です。
ついこないだも、ぐぐたすで、莉乃ちゃんからゆいちゃんに「自分が紹介した○○というラーメン屋さんに、行ってー」って呼びかけていました。


・オーディションを受けたのは自分の方が後なのに、正規メンバーに昇格した順序が逆転してしまった、しーちゃん。大家志津香。

しーちゃんは、4期生ですが研究生期間が歴代最長という記録の持ち主。正規メンバーへ昇格したのは5期の莉乃ちゃんよりも後でした。
しーちゃんは年齢的にちょっと上の人だったので、一緒に研究生時代をすごしたメンバー達にとっては本当にいいお姉さんだったらしいです。礼儀作法なども、よく教えてくれたらしいです。
そんなしーちゃんのことを、やっぱり、莉乃ちゃんも頼りにしています。
あの、週刊誌の記事が出ると判明した時に、それを隠しながらコンサートリハを頑張っていた莉乃ちゃんですが、どうしても調子が出なくていよいよ隠し切れなくなってしまったんです。
最初に莉乃ちゃんの異変に気付いて、真相をこっそり二人きりの時に白状させたのがこのしーちゃんだったのです。
今でも、忙しいスケジュールの合間(なにしろ、莉乃ちゃんは博多と東京を頻繁に往復していますから!)に二人きりで食事をする仲です。


・今では一緒に行動する機会はほとんど無くなってしまったようだけど、元々仲良しだった萌乃ちゃん。仁藤萌乃。


・溺愛する後輩に抱きつき、離さない行為を「サシハラスメント」と言いますが、元々はこの人にしていたという、らぶたん。多田愛佳。

正確には、莉乃ちゃんから見ると愛ちゃんのほうが年下ですが、相手の方が先輩です。
ですが莉乃ちゃん、このあいちゃんが大好きで、ことあるごとに抱きついてキスをしようとしていました。
この行為と「セクハラ」とを掛け合わせていつしか「サシハラスメント」と呼ばれるようになりました。つまり、元祖「サシハラスメントの被害者」それが、この愛ちゃんなのです。(^^
そんな愛ちゃん。おそらく高校卒業を待ってHKTへ移籍します。
「さっしーがいるから、移籍を決断した」そう言ってくれたときは、本当に嬉しかった。(;。;

 ☆これまで僕が書いたことは、莉乃ちゃんの熱心なファン、つまり彼女のブログやぐぐたすを毎日見ている人なら皆知っている話です。


○48グループ内の潤滑油的存在No.1!の莉乃ちゃんには、彼女を慕う後輩もたくさんいます。

・チーム4一番人気、次々世代のエース候補、ぱるる。島崎遥香。(あるメンバーがぱるるのことを好きだと言ったら、莉乃ちゃんすかさず「ぱるるだけは絶対に渡さん!」だそうです^^)
・ひらりー こと、平田梨奈さん。
・あーみん こと、前田亜美さん。(元チームメイト)
・じょーちゃん こと、城恵理子さん。(9月28日をもって、NMB48チームMを卒業予定)
・HKTメンバー、今年の選抜総選挙で唯一当選した、さくらたん。宮脇咲良。
・HKTのエース。莉乃ちゃんのことを「しゃっしーしゃん」と呼ぶ、はるっぴ。兒玉遥。
・莉乃ちゃんに構ってもらいたくて、いつも東京から博多へ戻ってくるのを心待ちにしている、あーにゃ。村重杏奈。


特に仲がいいメンバーとなると、ざっとこんな感じだと思いますが、これから更に増えていくでしょう!
これからの莉乃ちゃんの活躍にも、どうぞ御期待ください。
文字数制限いっぱいになりました。では、ごきげんよう。

[選抜4位、僕らの誇り。 でも、ここが最高到達点じゃない。HKTと共に、もっともっと味方を増やそう!]

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%8E%9F% …
    • good
    • 0

AKBでならきたりえと大の仲良し


地方組みで同期で富士山に一緒に登ってますし(神テレビの企画で)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報