映画「グラン・ブルー」で、主人公が深海の作業の前にお酒を一滴なめたところ、深海作業中にへべれけに酔っ払ってしまう、というシーンがありました。そこで下記の2点についてお答えください。

(1)気圧が高いと、一滴のアルコールでも酔っ払ってしまうものなのでしょうか?
(2)映画のなかでは深海作業用のスーツ(ロボットみたいなやつ)を着ていましたが、それでもそこまでの気圧がかかってしまう物なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ダイビングによって起こりうる障害の一覧」
http://bosei.cc.u-tokai.ac.jp/~mabe/diving/sensu …
(窒素酔い)

http://www.jimui.kyutech.ac.jp/hoken/chie/alcoho …
(毎度おなじみアルコールの話)
このページで「アルコールの急性中毒の危険」の中に「山登り」の際の「酔い」についての記載がありますが、アルコールが急速に吸収されるとあります。
しかし、これは気圧が低い場合で、「深海」は高圧でしょうから同様にアルコールが急速に吸収されるのかは分かりません?

これらを総合すると、「窒素酔い」+「アルコール酔い」の相乗効果(?)でしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://diver.to/ziko/kousyu/health/syougai.html
    • good
    • 0

(1)気圧が低いと血液中のアルコールが気化しやすくなるというのは


どこかで聞いたように思いますが。

(2)深海での圧力は水圧ですね。当然ヒトは水中で呼吸できませんから、
ボンベなどを利用しているのでしょう。ボンベからでる空気、酸素の圧力は
自由に調整できると思います。
    • good
    • 0

飛行機機内は、大体標高3000m位の気圧で、この状態で飲酒すると酔いのまわりが早いのは経験があるのですが。

ですから、気圧と酔い間には関係があるのですが、逆に高い場合はよく分かりません。気圧がかかると、血中にとけ込むアルコール濃度が上がるのでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホントに無知ですいません。リウマチ患者さんの血液を一滴でも舐めてしまっ

ホントに無知ですいません。リウマチ患者さんの血液を一滴でも舐めてしまった場合、舐めた人にうつりますか?

Aベストアンサー

無知というか…
差別に繋がるので、ちょっとは自分で考えましょう。
ここに書き込むなら調べることくらいはできるでしょう。

「リウマチ」で検索すればすぐわかります。

他の方も書かれていますが感性性の病気ではありません。

Q気圧変化時の耳の痛み

こんばんは。
私は以前に2回飛行機に乗ったことがあり、一番初めに乗った時は自分の耳が痛くなりやすいと知らなかった為、何も対処していませんでした。すると離陸後わずかで耳がおそろしく痛みはじめ、(尋常じゃない痛み、聞こえが悪い)当時私は中学生でしたが涙をぽろぽろ流してしまうほど、とてもじゃないけど我慢できるような痛みではありませんでした。

2回目は海外に行ったのですが、前の経験があるためかなりおそるおそる、そして耳栓、飴玉、水、あごを動かしたり努力してみたものの、結果はあまりかわりませんでした。

実は28日からアメリカに行くことになっており、乗り継ぎもあるため耳が痛くなる機会も増えて怖いです。

そこでみなさんにお聞きしたいのですが、痛くなる人はどんなことをして乗り切っていますか?

耳抜きを事前に痛みが出てくる前から徐々にすればよいと聞きましたが、やり方が良くわかりません。離陸時、着陸時でやり方が違うと思うのですが、知っている人がいたら教えてください。

あと、耳抜きが上手に出来る体質ではないようなのですが、練習してできるようになるものでしょうか。練習は何もないときにやっても大丈夫でしょうか。

またあの痛みが出てフライトで我慢しなければならいと考えると憂鬱になるし、ほんとうに怖いです。

知っている方、よろしくおねがいします。

こんばんは。
私は以前に2回飛行機に乗ったことがあり、一番初めに乗った時は自分の耳が痛くなりやすいと知らなかった為、何も対処していませんでした。すると離陸後わずかで耳がおそろしく痛みはじめ、(尋常じゃない痛み、聞こえが悪い)当時私は中学生でしたが涙をぽろぽろ流してしまうほど、とてもじゃないけど我慢できるような痛みではありませんでした。

2回目は海外に行ったのですが、前の経験があるためかなりおそるおそる、そして耳栓、飴玉、水、あごを動かしたり努力してみたものの、結果はあまり...続きを読む

Aベストアンサー

一般での耳抜き法
注意 耳抜きの中で、唾を飲んで抜く方法も耳抜きです。

「唾飲み耳抜法」

 講習等で習う一般的な方法

鼻をつまんで"うん" 又は"フン"と言う。
鼻をつまんで"う~ん"といきむ。
鼻をつまんで唾を飲む。・・・・・・・・・ツインビー法
鼻をつまんで下あごを動かす。・・・バルサルバ法
鼻をつまんであくびの動作。
上記の複合で、耳抜きをしながら首を回す、または左右に振る。
耳抜きが上手く出来なかった時の対処法

抜けない方の耳を上に向けて耳抜きをやり直す。
 
普段の練習法
1.鼻をつままないで、"うん"とか"フン"と鼻へ息を送る(声を出す)
2.下顎を引いたり、動かす事で鼓膜を動かす(顎の所で"かくかく"と音がする)
3.下顎を動かし、鼻から息を吸う(あくびの練習)
4.唾を遠くへ飛ばす(さくらんぼの種飛ばし)
5.風船を膨らます。(風船ガムなども良い練習になる)

要注意練習法(2~3回迄で、連続してやってはいけない)※中・内耳圧痛が起きる。

1.鼻をつまんで、ゆ~っくりと息を耳へ送る。 この時、意識を鼓膜と耳の中へもって行き、鼓膜が外に張り出るのを確認する。この時に片側の鼓膜だけが張り出て、もう一方の鼓膜が出ない感じがする場合は、耳の中を意識してさらに息の力を掛けると抜ける。
この練習法は中耳及び内耳に対して連続した圧力が掛かります。
鼓膜が外に出た以上の圧力を掛けると、内耳、中耳、伝導骨、鼓膜の付け根周囲に痛みを伴います。やり過ぎは耳を傷める原因となります。
要注意練習法は耳の弱い方、年配の方は特に注意が必要です。

参考URLはその他の対策についての医療関係のページです。

僕も風邪引いて飛行機に乗って中耳炎になってなきそうになった経験があります^^;
つらいですよね、がんばって克服しましょう!

参考URL:http://health.nifty.com/cs/catalog/idai_qa/catalog_1638_1.htm

一般での耳抜き法
注意 耳抜きの中で、唾を飲んで抜く方法も耳抜きです。

「唾飲み耳抜法」

 講習等で習う一般的な方法

鼻をつまんで"うん" 又は"フン"と言う。
鼻をつまんで"う~ん"といきむ。
鼻をつまんで唾を飲む。・・・・・・・・・ツインビー法
鼻をつまんで下あごを動かす。・・・バルサルバ法
鼻をつまんであくびの動作。
上記の複合で、耳抜きをしながら首を回す、または左右に振る。
耳抜きが上手く出来なかった時の対処法

抜けない方の耳を上に向けて耳抜きをやり直す。
...続きを読む

Q鼻血と気圧の関係

よく、気圧の変化で鼻血がでるとききますが、気圧が低くても高くても鼻血はでやすくなりますか?

また、鼻血が出やすいほど気圧が変わる状況って、どんなシチュエーションなんでしょうか?


例えば、外から室内に入っただけで気圧が変化し、
鼻血がでるってことありますか?
この場合は気圧より別の原因の可能性が高いでしょうか?

ふと、疑問に思ったことなのですが、よければ教えてください。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

鼻の中の粘膜の毛細血管が破れて出血するのが鼻血で、疲労によって血圧が上がるとか、睡眠不足やストレスによって起こるもので、気圧の変動だけで鼻血が出るのではなく、風邪を引いて鼻の粘膜が弱くなっているとかの身体的原因や急にプールに入ったり海にもぐったりして耳から鼻にかけての身体内での気圧が変化することによるもののほうが多いでしょう。

Q気圧の変化と体調の因果

今日は夕方から体調が悪く、気持ち悪くてとてもうんざりしました。
頭が痛くなる日もありますが、風が強い日が多い気がします。

天気予報によると今日は上空の気圧の谷が通過した天気だったようですが、
気圧の変化とか、風の強い日は体調不良になりやすかったりするのでしょうか。

Aベストアンサー

あります。
代表例がぜんそく患者、人間気象台と言われてます。気圧が急変する台風や移動性高気圧で体調悪化します。

Q気圧がさがると体調不良になるとはどういうことですか

うちの職場のパートの方で、天気が下り坂になるとよく欠勤する人がいます。この半年、月に2日ペースで突如欠勤の電話が入り休んでしまします。
普段は特に体が弱そうにも見えないですし、普通に仕事もこなしています。

本人いわく、「気圧がさがるときにしんどくなる」そうです。
実際そういうことってあるのでしょうか? そういうのはどういう病気なのでしょうか?
当日いきなり欠勤されると、その日の仕事に支障が出て、結構迷惑しています。

Aベストアンサー

低気圧というのは大気中の酸素が少ない状態です。低気圧の接近や低気圧になってしばらくは誰も体の変化が起きてるのですがその変化に非常に敏感な方もいます。もともとストレスに過敏な体質の方に多いのです。
大気中の酸素が減るとそこで呼吸してる我々の体内も酸素が減りますが、運動して酸素を消費した同じことになります。体から酸素が奪われると大変リラックスしてきますが、それは副交感神経が優位になって血管が拡張、血圧が下がったり、脈が減って(徐脈)くるからです。過敏な方はリラックスが過剰になって体がだるくなって思うように動かなくなります。別に病気ではありません。こういう方でも高気圧になると今度は酸素量が増えますので交感神経が緊張して心も体も活発になります。ですから理屈からいうと、本人は低気圧が近づいてきたらそれが分かりますので、可能かどうかは別として時々酸素補給をしておくと良いわけです。

低気圧で副交感神経が優位になりますので、アセチルコリンが増えて知覚が過敏になります。そのために低気圧(台風も)の接近で神経痛や頭痛、リウマチなどの痛みが普段よりも増幅することがありますし、また喘息の発作も副交感神経の反応ですので低気圧の接近がストレスとなって引き金になることも珍しくありません。

普通の人でも高気圧が優勢な秋から冬に比べると低気圧が優勢になる春先から梅雨時期、夏にかけては活動は鈍ってきます。スポーツの秋といいますが、ちゃんと根拠があります。

低気圧というのは大気中の酸素が少ない状態です。低気圧の接近や低気圧になってしばらくは誰も体の変化が起きてるのですがその変化に非常に敏感な方もいます。もともとストレスに過敏な体質の方に多いのです。
大気中の酸素が減るとそこで呼吸してる我々の体内も酸素が減りますが、運動して酸素を消費した同じことになります。体から酸素が奪われると大変リラックスしてきますが、それは副交感神経が優位になって血管が拡張、血圧が下がったり、脈が減って(徐脈)くるからです。過敏な方はリラックスが過剰になっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報