人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ご訪問ありがとうございます。

現在、外国人の方との国際結婚の手続きを進めています。
結婚後は日本で暮らす計画です。

新たな生活までにいくつかのハードルがあると考えています。
当然ながら互いの両親から認めてもらい結婚できる状態です。

みなさまのお知恵を拝借したい内容は以下のとおりです。

(1)在留資格取得の難易度について
 結婚成立後、在留資格を取得し、彼女と日本で生活をはじめたいと考えています。
 しかし、私には離婚暦があります。彼女には離婚暦はありません。
 私の離婚暦によって在留資格の審査に影響が及ぼされますでしょうか?
 前妻との別居期間中に彼女と出会い,交際をはじめました。
 
(2)離婚暦を隠しきれるか(いずれは伝えます)
 離婚暦はいずれ、日本で生活が安定してから話そうと思っています。
 騙し討ちをするつもりはないのですが、離婚成立に苦労したこと、彼女はそこまで英語が話せない。
 細かいニュアンスや事情を理解するのに不安な面があるため、もう少し英語のスキルを身に付けてから話そうと考えています。
 国際結婚の手続きで知られることはありますでしょうか?(日本で婚姻するので、婚姻届は私が書いて出します。)


わたくしについて
・離婚暦があります。(実質的な婚姻生活は15ヶ月程度です。別居4ヶ月経て離婚成立)
・日本人で、札幌在住です。
・台湾渡航暦約10回程度
・年齢32歳

彼女について
・離婚暦なし、初婚
・台湾人で、台中在住です。
・日本渡航暦1回
・年齢29歳

私たちについて
・私の出張時に出会い、交際を始めました。出会って10ヶ月、交際暦は8ヶ月です。



みなみなさまのご回答をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

結婚で籍を入れる事は、簡単に出来ますが在留許可書は簡単に受け取れません。

しかも質問者さんは、パートナーの書類を全部集めて入管に提出するのですが、相手の方は台湾で待っていなければなりません。偽装結婚が多いため、この書類をもらうのに時間がかかります。
しかも日本人男性と台湾や中国以外にも貧困国女性との婚姻は時間がかかるか、認められないことが多いです。ですから、日本人男性が相手の国に行って住むといった状態が多いです。
それと、

 私の離婚暦によって在留資格の審査に影響が及ぼされますでしょうか?
在留資格の審査は、偽装結婚ではないか生活のために日本人との婚姻を考えていないか、交際期間、どのようにして出会ったか、日本に来てあなたが十分に養えるかなどです。
相手の方が一度しか日本に来ていないのも疑われる要素になるかもしれませんね。
どちらにしても今は質問者とパートナーさんの組み合わせでは時間がかかります。
それは、入管が好まない国の人との婚姻はハードルがあるからです。
    • good
    • 0

(1)状況次第です。



前婚の相手が外国人であると、偽装結婚の疑いを多かれ少なかれ持たれるでしょう。

(2)入管のインタビューでバラされた挙句、相手の離婚歴も知らされていない=偽装結婚ということで不許可決定ですね。

なお、戸籍謄本については、婚姻前に他市区町村へ転籍することで離婚の記載を表面上消すことは簡単に出来ますよ。。
    • good
    • 0

在資認定の申請者、つまり審査を受けるのは当該外国人ではありますが、日配という在資ゆえ日本人配偶者との婚姻が真性であるかは根幹を占める審査ポイントとなります。



簡単に言えば、偽装婚でないということです。

>わたくしについて
>・離婚暦があります。(実質的な婚姻生活は15ヶ月程度です。別居4ヶ月経て離婚成立)
>・日本人で、札幌在住です。
>・台湾渡航暦約10回程度

>彼女について
>・離婚暦なし、初婚
>・台湾人で、台中在住です。

あなたの前配偶者が台湾人で、在資更新で3年が出た後、さほど間をおかずに離婚したのであれば、あなたが外国人の在留支援ビジネスを営んでいて、その手段として偽装婚をしているとなれば、新配偶者の意思はともかく真性な婚姻ではありませんから在資認定は不許可となるでしょう。

判断するに必要な情報が断片的にしかないので、かなり失礼な仮定をしていますが、「離婚歴を以って在資認定が不利になるのではないか」と考えるに足る背景があるのか、それとも極度に不安なのか計りかねています。

もし後者であるなら、「心配ないですよ」と答えておきます。
    • good
    • 0

離婚歴と在留申請



私も離婚歴が有り、離婚から3か月で外国人女性と結婚しましたが、残留資格は問題なく出ました。
但し、15年前の話です。

結婚で書類申請をする場合に、「知り合った経緯」と言うものが有りますが、虚偽の記載は後々困る事が有りますので、正直に書くのが一番と聞きます。

私の場合、前妻とは「性格の不一致」で離婚の決意をし、「離婚手続きの段階で知り合い交際を深めた」と書きました。


離婚歴を隠す(何れは話すようですが・・・)
これは完全にばれます。

相手国の日本大使館に「独身である事の証明(リーガルキャパシティ)」を取得する必要があるはずですが、その為には、戸籍本を翻訳したのもが必要になります。
ですので、当然「離婚に関する記載」がされ、子供が居る場合はその事も記載されます。

これを彼女が見れば一目瞭然。


日本で結婚する。
日本で結婚すれば、日本では貴方の奥さんになりますが、相手国の在日大使館に書類を提出しなければ、相手国では奥さんは独身のままになります。

相手国で結婚した事が登録されなければ、貴方が一緒に相手国に行っても、単なる「同行者(連れ)」となります。
奥さんの日本でのパスポート延長等の時に、必ず引っかかるでしょうね。



国際結婚では、宗教上の観念が強い人も居て、黙っていた事で「騙された」と言われても返す言葉が有りませんよ。

本当は、結婚前の段階で全部話すべきでしたね。 
何故、隠す必要があるのか分かりませんが、私は全部話していましたので問題はありませんでした。

自分の事をオープンにしてないと言う事は、「まだ何かあるのではないか?」と思われても仕方ありません。
相手の方の事は何も分かりませんが・・・・・


隠す事で様々な問題が起きてしまう事をご理解してください。
    • good
    • 1

(1)在留資格取得の難易度について


あなたの前妻が日本人で、離婚後ある程度の時間がたっていれば特に問題にならないと思います。
これが前妻も外国人で、離婚成立後間もない時に婚姻手続、在留資格申請ですと、入管に偽装結婚を疑われますので、審査に非常に時間がかかると思います。
ただ、在留資格の申請時に出会ってから結婚するまでの経歴を具体的に記載する必要がありますので、離婚成立前に交際が始まったとなると、在留資格の審査にある程度は影響するのではないでしょうか?
現在入管にとって一番悩みの種は偽装結婚による在留資格の虚偽申請、そして不法取得です。
そのため、特定地域の国の女性との結婚、在留資格申請は審査がとても厳しくなってます。
韓国、中国、フィリピン等東南アジア諸国、ロシア、ルーマニアなどの東欧諸国の女性の日本人配偶者資格による在留資格申請はとても厳しくなってます。
特に、フィリピンは偽装結婚がとても多いため、条件にもよりますが、最大で申請後許可が下りるまで1年以上かかる場合があります。

(2)離婚暦を隠しきれるか(いずれは伝えます)
たぶん無理でしょう。
日本で婚姻手続を行うといっても、国際結婚は双方の国に婚姻届を出す必要があるので、日本だけでの手続きでは終わりません。
通常ですと日本の市町村役所で婚姻届を出して受理された後に婚姻事実が記載された戸籍謄本をを発行してもらい、それを他の必要書類とともに相手の人の国籍がある大使館に申請する必要があります。その際に、日本語だけでなく、その国の言語に翻訳した書類を法務省(台湾の場合は中華民国・台北駐日経済文化代表処)で認証してもらい、相手の人の居住地の役所に提出し婚姻届を出すか、日本国内の大使館(中華民国・台北駐日経済文化代表処)に提出し婚姻届を出します。
そのためその段階で相手の人にあなたの離婚歴はばれるかの世が高いです。
また、大使館(中華民国・台北駐日経済文化代表処)は婚姻届を受理するだけですので、実際の台湾側の戸籍に婚姻届の事務処理を行うのはあくまでも相手の人の居住地の役所ですから、相手の人の戸籍に婚姻事実が記載されるまでに時間がかかります。
日本人配偶者としての在留資格申請には双方の居住地の役所が発行した婚姻事実記載済みの戸籍謄本(またはそれに準ずる物)が必要ですから、在留資格申請に長い時間が必要となります。(通常大使館から居住地の役所に通達が行き、戸籍に婚姻事実が記載されるまでには数か月かかる場合が多い)
まぁ、いずれはあなた自身が告白するつもりであっても、相手の人にとっては時間を延ばすほどショックが大きいかと思います。
少なくとも婚姻手続、在留資格申請前にはちゃんと自分の過去の離婚歴を話して、相手の人に理解してもらうほうがいいかと思いますが。
それを告げずに結婚しても、相手の人の気持ちにしてみれば、騙されて結婚したという気持ちが残ると思いますよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸籍謄本の離婚歴の記載内容について

最近の戸籍謄本には離婚歴が記載されないのですか?


確か、昔はそれこそ『×=バツ』等の記載で『離婚』の字が表記されていたと記憶してますが、
最近は、記載されないのですか?


それでは逆に離婚歴があったかどうかは、どうやって分かるのでしょうか?
まさか、本人が言わない限り分からないとでも? 大問題にもなり兼ねませんが?


私の記憶が曖昧なので、いつからどのように変更されたのか教えて下さい。

Aベストアンサー

>最近の戸籍謄本には離婚歴が記載されないのですか?

戸籍には「その戸籍に入った理由」が記載されます。

>確か、昔はそれこそ『×=バツ』等の記載で『離婚』の字が表記されていたと記憶してますが、最近は、記載されないのですか?

・男の場合

結婚して自分が筆頭者になる時に「婚姻により」と言う内容で「自分の戸籍に入った理由」が記載されます。

で、離婚しても「自分の戸籍は自分のまま」ですから、自分に関しては、何も記載されません。

しかし「除籍された元配偶者」は記載され、その「除籍された元配偶者」は「バツ印」で消されます。

バツ印が付いた元配偶者が1人居れば「バツイチ」で、2人居れば「バツニ」になります。

・女の場合

結婚して旦那の戸籍に入ると「婚姻により」と言う内容で「旦那の戸籍に入った理由」が記載されます。

で、離婚すると「新たに自分の戸籍を作って、自分が筆頭者になる」か「実家の両親の戸籍に戻る」か、どちらか選びます。

そして、どちらを選んだとしても「離婚により」と言う内容で「今の戸籍に入った理由」が記載されます。

戸籍にバツは付きませんが「離婚により今の戸籍に入った」ってのが残ってしまうのです。

んで、男のの場合も、女の場合も、転籍により本籍地を「他の自治体に変更する」と「今の戸籍に入った理由」が「転籍により」になり離婚歴が消えます。男性の場合の「除籍された元配偶者」も消えてしまいます。

また、自治体が、紙の戸籍原本を電算化したりして作り直すと、離婚歴や除籍された元配偶者の記載が消えてしまう事があります。

>それでは逆に離婚歴があったかどうかは、どうやって分かるのでしょうか?

前述の方法で離婚歴を戸籍から消したとしても、戸籍謄本ではなく除籍謄本を取れば、離婚歴が判ります。

但し、除籍謄本も戸籍謄本も「正当な理由」か「本人の委任状」が無ければ、本人以外が取る事は出来ません。

>まさか、本人が言わない限り分からないとでも? 大問題にもなり兼ねませんが?

本人が戸籍謄本や除籍謄本の請求に同意しない(委任状を書いてくれない)なら、他人には離婚した事が判りません。

第三者が戸籍謄本を請求出来る「正当な理由」とは、以下のQ9、Q10に記載されているようなケースのみです。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji150.html

昔のように「誰でも戸籍謄本が請求できてしまう」と言う状況の方が「大問題」と言う事になってます。

離婚歴があるか知りたいなら、本人に「戸籍謄本と除籍謄本を持ってきて」と言えば済みます。

やましい事がなければ(離婚歴が無ければ)、すぐに持ってきてくれるでしょう。

やましい事があれば(離婚歴があれば)、持って来るのを拒むか、なかなか持ってきてくれないので、それにより「離婚歴がある臭い」と勘付きます。

調べるのが出来ないのは「本人にバレないようにコッソリ調べる場合」だけで、ストレートに本人に要求すれば事足ります。

>最近の戸籍謄本には離婚歴が記載されないのですか?

戸籍には「その戸籍に入った理由」が記載されます。

>確か、昔はそれこそ『×=バツ』等の記載で『離婚』の字が表記されていたと記憶してますが、最近は、記載されないのですか?

・男の場合

結婚して自分が筆頭者になる時に「婚姻により」と言う内容で「自分の戸籍に入った理由」が記載されます。

で、離婚しても「自分の戸籍は自分のまま」ですから、自分に関しては、何も記載されません。

しかし「除籍された元配偶者」は記載され、その「除籍された...続きを読む

Q婚姻届 「初婚・再婚の別」記入欄

質問1・再婚の場合でも初婚で登録した場合の問題点。
質問2・離別日時を忘れてしまった場合の日時確認方法。

今度再婚することになりました。彼女が初婚で私がバツイチです。彼女とその家族は私がバツイチであることを知っているので特に隠す必要はないのですが、彼女は問題ないなら婚姻届の「初婚・再婚の別」記入欄に二人とも初婚で登録したいと思っているようです。初婚で登録した場合、どうのような問題が発生するのでしょうか?
あと、上記の初婚登録が駄目な場合、離別日時を記述しなければならないのですが、離婚した正式な日時を忘れてしまいました。その場合離別日時を確認するにはどのような方法があるのでしょうか?、先日パスポートの更新の為、戸籍謄本をもらってきたのですが、前妻の名前、離別日時は記載されていませんでした。おそらく離婚後、引越しの際に本籍変更届けを行ったからだと思います。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ashgrayさん、こんにちは。

質問1について
それはできません。
というか、届書受付の時点であっさり訂正されますので(^_^;)
女性でしたらなおのこと、婚姻届受付の際には待婚期間を守っているかの確認もしますから日にちはしっかり調べますし...。
どちらにしても戸籍を見れば初婚か再婚かは一目瞭然です。
あなたのように離婚後市外へ転籍をしていても、そのあたりは前の本籍地の役所へ婚姻届を受け取ったその場で電話確認などしますので。
そこをどのように記入しようとも何も変わりません。
それから、あなたは前婚の際に妻でなくあなたの氏を名乗っていたようですので、
すでにあなたが筆頭者の戸籍がありますから新しく妻になる人はその戸籍に入ることになり、
新戸籍をどこに作るかの欄は記入する必要がありません。
(新しく妻になる人もあなたの氏を名のって婚姻すると仮定した場合の話ですが)
妻の氏を名乗るのであれば妻について新戸籍を編製し、あなたがその戸籍に入ります(通常はあまりやらないみたいですが)
ちょっと話がそれましたが、とにかく初婚と書いても窓口で気づきますので訂正を求められます。
それどころかもしかしたら、大げさですが本人ではないのではないかとか(偽造結婚かも?!)あらぬ想像をされるかもしれませんよ。

質問2について
離婚日時は、婚姻届を本籍地ではない役所に届出る場合は戸籍抄本を添付しなければならないので取り寄せた場合に通常は見れます。
ただ、あなたの場合は離婚後転籍をしているので、離婚事項は新戸籍への移記事項ではありませんのでおっしゃる通り載らないのです。
どうしても自分で確認をしようと思えば、おそらく除籍になっていると思われる離婚当時の(転籍前の)戸籍をとってみるしかないです。
まあそれをしなくても、空欄で持って行けば届出の際に受付窓口の担当者が戸籍を確認するので、
教えてもらって記入するよう指示があると思います。
もしくは受け付けた役所のほうで記入されることでしょう。
(本人に記入させるところもありますが、新本籍をどこに置くか等の本人の意志に任せるものと違い、
離婚日時はまぎれもない事実ですので誰が記入しても同じだとの観点から役所で勝手に記入する場合もあります)

長くなってしまいわかりづらいかもしれません、ごめんなさい。
どちらにしても、すべては済んでしまった事実に他ならないので届書にどう書こうとも何も変わることはないのです。
ですので書き方によってお2人が幸せになったりならなかったりということもありません。
どうぞお幸せに♪

ashgrayさん、こんにちは。

質問1について
それはできません。
というか、届書受付の時点であっさり訂正されますので(^_^;)
女性でしたらなおのこと、婚姻届受付の際には待婚期間を守っているかの確認もしますから日にちはしっかり調べますし...。
どちらにしても戸籍を見れば初婚か再婚かは一目瞭然です。
あなたのように離婚後市外へ転籍をしていても、そのあたりは前の本籍地の役所へ婚姻届を受け取ったその場で電話確認などしますので。
そこをどのように記入しようとも何も変わりません。
それか...続きを読む


人気Q&Aランキング