出産前後の痔にはご注意!

当方、ダイワハウス軽量鉄骨住宅(10年前に建築)なのですが、
太陽光発電の施工工事下見で、業者に家を見てもらったところ、
通常は風呂場上の点検口を利用して、分電盤にアクセスし配線するそうなのですが、
当方宅では、1階と2階の間に作業スペースがほとんどないため、
配線を床下に通し、その際に基礎立ち上がりに2カ所穴を開ける必要があると説明を受けました。

そこで質問なのですが、
1.基礎に穴を開ける施工方法は一般的なのでしょうか?
2.基礎に穴をあけて強度的に大丈夫なのでしょうか?
(業者にはもちろん鉄筋を外して穴を開けてもらうようにしますが)
3.基礎に穴を開けずに配線する方法はないのでしょうか?
(家の外を通す露出配線は玄関を横切るため、したくありません)
3.ダイワハウスの構造部分に対する保証は20年ありますが、
太陽光発電を施工(ダイワとは別業者)することにより、全ての保証がなくなるのでしょうか。

どうぞよろしくご回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それが後乗せのデメリットでもありリスクとも言えます。


ただでさえ後から壁裏を配線するのは難儀しますが、特にプレハブ造りの住宅は壁裏を配線するのは不可能です。
なので屋外を露出配線するのは普通の事です。
当然分電盤への接続のためには基礎に穴を開けて床下から持っていくしか方法はありません。

それ以前にプレハブ造りという事は屋根材はトタンではありませんか?
屋根材のメンテナンスについても充分考慮して検討しましたか?
それとプレハブ住宅は初めから屋根にそのような重量物を乗せる事を前提とした充分な強度を持たせてる事はありません。
屋根そのものの強度不足になるのと耐震性能が大幅に犠牲になる事は考えた結果ですか?


1.基礎に穴を開ける施工方法は一般的なのでしょうか?

住宅の仕様によってはこれしか方法はありません。

2.基礎に穴をあけて強度的に大丈夫なのでしょうか?

一般的なベタ基礎の立ち上がりならほとんど強度的には問題ありません。

3.基礎に穴を開けずに配線する方法はないのでしょうか?

配線を屋根上から分電盤まで通すルート全ての壁や床や天井などを一旦剥がしてでも施工するなら隠蔽配線できます。

3.ダイワハウスの構造部分に対する保証は20年ありますが、
太陽光発電を施工(ダイワとは別業者)することにより、全ての保証がなくなるのでしょうか。

通常は住宅の構造、あるいは強度に直接関係するような改修をハウスメーカーに関係のない業者の手で行えば、それまでの保証は継続してもらえなくなるものです。

このような様々なリスクを考慮したうえで後乗せをしてでも得なのかどうなのか良く考えて行うべきです。
    • good
    • 2

両方の業者が設定なさっている免責事項の資料は御座いませんでしょうか?



アースの問題は如何なのでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガス配管で基礎に穴をあけても大丈夫ですか?

一戸建ての家なのですが、ガス栓を増設しようと思っています。
(家は今年建てられた新しいものです)

東京ガスに問い合わせたところ方法は2つあり、1つは外壁にガス管をはわせる方法、もう1つは床下をはわせる方法、とのことです。

東京ガスは「見栄えを考えて、床下をはわせた方がいい」と言っていますが、その場合、基礎に穴を6箇所くらいあけることになるそうです。
小さい穴だし、よくある方法だから全く問題無いと言われました。

しかし、私としては基礎に穴をあけることにとても抵抗を感じるのですが、実際には強度などに問題は無いのでしょうか?

同じような経験をお持ちの方、施工業者はどう説明なさっていましたか?
もしくは業界の方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

増設箇所が5箇所で、床下に配管を這わせるのに基礎の穴あけが6箇所。。。
ちょっとイメージできませんが、各部屋ごとに基礎が閉じているということでしょうか?
もしそうだったら何かあってもメンテ出来ない作りになっていることになりますが?
家の図面を引っ張り出してよく見てみることをお勧めします。
遠回りになるかもしれませんが基礎に穴をあける必要は無いかもしれません。

基礎に穴をあけることについては問題ないという話を私も聞いたことがありますが、気持ち悪いので私は壁に穴をあけるほうを選択しました。

Q新築中の基礎に、コア抜きってどうなんでしょうか?

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題ない。」と言われましたが、やはり新築で基礎に穴を開けるというのは納得できない思いがあります。主人は「初めからスリーブを入れておけば、穴を開ける必要もなかったのに!」と怒っていました。

そもそも、基礎に10センチものコア抜き(しかも鉄筋が縦横6本ほど切断されている状態)をされて、強度には問題が出ないものなのでしょうか?また、何かそれを補強できるような技術ってあるものでしょうか?

このような工事をされたことで、工務店に対し主人は非常に疑心暗鬼になっており、訴訟を起こそうかとまで言っている状態です。こういう工事についても、訴訟を起こせるものなのでしょうか。

私としてはちゃんとした家に安心して住みたいだけなので、訴訟云々よりも、強度がしっかりしていれば問題ないのですが…。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、どなたかこういったことにお詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題な...続きを読む

Aベストアンサー

住宅の基礎(布基礎)で100φの穴は 嫌ですね、

しかし 100φで 縦横 6本の鉄筋にヒットとは・・・・あたり良すぎでしょ?

通常立ち上がりの基礎部分の配筋ピッチは150~250ダブル筋だったとしても・・・


いずれにしましても 精々 400~500程度の基礎部分に100mmもの欠損部分を作るのですから

嫌ですよね?

通常は スリーブを入れておき なおかつ構造上問題が有れば補強筋を入れます。

何らかの補強をお願いするのが良いのでは?

たとえば コア貫通をされた部分を 内側に基礎を増し打ちしてもらうとか、

土間と布基礎 両方に刺し筋と云う 後施工の鉄筋を配筋し貫通部分の立ち上がり面と平行に

1m程度 厚みを現在の布基礎のお倍程度になる様に。

まぁ 実際の施工はどうなるかわかりませんが、

高い買い物ですから 此処は譲れないと補強を申し出るべきかと。

http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2007023711

写真は ウエブレンと云う 補強筋です。

Q構造躯体に穴を開けても問題ない?

構造躯体である柱に穴を開けて電気配線をしている現場があります
どんな問題があるでしょうか
いろいろな所で繰り返し議論されているようなのですが
どうもすっきりしないので質問させてもらいます。
具体的には写真のようなことです
柱は、いわゆる無垢ヒノキの3.5寸です
ここに2cmほどの穴を開けて電気配線を通しています。この写真では
テープで穴をふさいでいますが、テープなしの所もあります
電気配線以外に、アース線を通している場所もあります
素人目には、どうしても「柱に穴を開けるなんて言語道断」と
思うのですが、実際の所はどうなんでしょうか?
ざっと考えられる事をあげてみますが、該当することがあれば
教えて下さい。またそのほかにもご意見があればいただけると助かります
(外張り断熱のため、柱と柱の間は写真の様に空洞のままとなる前提です)
また、実際にこの様な体験をされた方、どのように対処されたから
コメントをいただけると助かります

・強度に問題あり、即交換が必要、もちろん業者費用
・ちゃんと構造計算しないと何とも言えない
・この程度なら施行令の範囲内でもあり、柱1本に1カ所程度なら問題なし
・構造躯体の柱はNGだが間柱のような所ならそもそも強度に期待していないのでOK
・あまり問題ではないが、そのまま放置ではなくパテなどを詰めるべき
・一階なら問題だが二階ならまあ許容範囲
・長い間に電線が「すれて」ショートする危険があり、場合によっては
 電気火災の原因となる危険がある
 特にテープでも留めていない場合があれば、そこはすれる危険性が高い
・そもそも柱に穴を開けないと配線できない様な設計をする業者は
 設計能力に信頼が置けず、他にも問題がある可能性もあるので注意が必要
・こういう事をするのは大工ではなく電気工事の業者なので電気工事業者の責任で
 (費用で)柱の交換をさせればよい。必要なら全面建て替えとさせてもいい。
・細かいことは気にするな、これぐらいは誤差範囲だ、文句を言うな
・気になるなら、契約書に「柱に穴を開けないこと」と一文入れておけばいい
・現実的には強度上の問題があってもいまさら柱の交換ができないのであれば
 泣き寝入りするしかない。あきらめろ
・瑕疵として建築費から瑕疵費用をさっぴくしかない

、、、うーん、そのほかにありますでしょうか、、、

構造躯体である柱に穴を開けて電気配線をしている現場があります
どんな問題があるでしょうか
いろいろな所で繰り返し議論されているようなのですが
どうもすっきりしないので質問させてもらいます。
具体的には写真のようなことです
柱は、いわゆる無垢ヒノキの3.5寸です
ここに2cmほどの穴を開けて電気配線を通しています。この写真では
テープで穴をふさいでいますが、テープなしの所もあります
電気配線以外に、アース線を通している場所もあります
素人目には、どうしても「柱に穴を開けるなんて言...続きを読む

Aベストアンサー

確かに構造金物以外で柱に穴を開けることはありませんね。なぜわざわざ柱に穴を開けるんだろう?仕舞いが悪くなるように思うが

余り良い施工とは言えませんが、一カ所なら強度的に問題ないでしょう。

柱に穴を開けなくとも施工できるように思いますが、何故か知りたい所です。


人気Q&Aランキング