gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

カテゴリーを間違えて投稿してしまったため重複しますがもう一度投稿いたします。
郊外の信号のない一方通行の住宅地の十字路で交通事故(車対車)を起こしてしまいました。道幅はほぼ同じなのですが、先方が優先道路でこちらが一旦停止のある非優先道路になります。以下長文ですいません。

事故状況は当方が「ほぼ止まったつもり程度の減速をして※」アクセルを踏み込んだところ左側から1名で乗られた相手側の車がほぼノーブレーキで突っ込んできてこすり上げる感じでぶつかりハンドル操作で逃げようとした相手側の車は失速して斜め前から住宅のブロック塀に突っ込んで止まりました。相手側に急いで駆け寄ると「こちらが優先だろがよぉ!」といきなり怒鳴られました。謝って怪我の具合を聞いたら首が痛いということなのでまずは警察と救急車を呼んで相手側の方は病院に搬送していただきました。

病院に搬送後、事故調書を警察官立ち会いで取った時「一旦停止したつもりなのですが」と言ったら、相手の車の凹み方から「お宅もある程度スピードがでてないとこうはならない」「一旦停止したら追突はしない」「誰かに止まったと証明してもらわないと事故調書自体が書けないよ」と警官に押し切られて調書に書かれたため上記のような言い方に書きました。

夕方の4時過ぎで雨が今にも振りそうな天気だったことと左角に敷地一杯に視界を塞ぐように3階建ての家ががあったため左から車が来ている事にはまったく気がつきませんでした。
現場の処理が終わり次第病院に菓子折り持参でお見舞いにいきましたら入院にはいたらず家に帰られるところでしたので駆けつけたご家族の方とご本人にご挨拶して自宅に戻ってきました。「ご迷惑をおかけしました。」と奥さんに対して「ご心配をお掛けしました。」と謝ったのですが、責任割合も決まらないうちに、あまり直接自分の非を認める発言をするのは良くないことなのでしょうか?人身の場合心証でこちらの行政処分の度合いが変わるというご意見も見受けます。私としては出来るだけ誠意的に対応したいのですが・・・。

金銭的な問題は保険会社さんにおまかせするつもりなのですが、人身事故は初めてなので交通違反の罰金他行政処分はどうなるのか不安があります。相手方の症状を見られた現場のお巡りさんは、「怪我の診断が酷くならない限り罰金と減点で済む可能性が高いがはっきりとは言えません。」との事でした。いい方に転ぶことを祈っていますが、上手くいかない場合の心の準備も必要かと思いまして、ご相談させていただきました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

過失割合は


8:2≪貴方が8です≫
一旦停止とは、止まって安全を確認しなければ進む事が出来ない≪道路交通法から≫
つまり事故が有った以上一旦停止が不十分だったことに成ります
つまり貴方は現時点で過失が8あった事に成ります
又相手に関しても、現在日本には優先道路と言う物が実質有りません
道路交通法では、優先道路とは、標識で表示された道路となって居て、強いて言うなら、高速道路ぐらいでしょうか
その標識が相手の道路にあれば、貴方の過失は10に成ります
当然過失割合は話し合いで決めるか裁判で決定しますので、現段階としか言えませんが場合によっては7:3もあり得ますがあいてのスピード等も考慮されますので何とも言えませんが、この点は保険会社が対処するでしょう
罰金や原点も相手の警察の事情聴取次第で、起訴猶予もあり得ますので、相手には誠心誠意謝罪していたほうが良いでしょう
この文書からすると現段階での話に成りますが、上記の事から8:2で貴方が悪い

この回答への補足

先方は10:0と思ってみえるようなので保険の過失割合ででこじれるのが心配ですが、私がいま悩んでもしかたないことですね。

補足日時:2012/09/30 08:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございます。優先道路と言う呼び方に問題があったようで、こちらの方に一旦停止があったためよく調べずに、言葉を使ってしまいました。保険会社の担当者さんと相談をしつつ当方からも誠心誠意謝罪いたします。

お礼日時:2012/09/30 08:48

先ずは8:2から開始ってとこですね



それから各自過失が無いかで増減します
相手が制限速度内だったかとか

優先道路側であっても何も注意しなくて言い訳ではありません
交差点ならいつでもとまれるよう徐行義務があったと思います

保険屋に任せるならあまり考えないほうがいいです
賠償金にかかわることさえいわなければ
謝るのもいいかと

でないと厳罰に処すことを希望するって警察に言ってしまいますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
明日から事故担当の人が決って具体的に対応してくれる段取りみたいです。担当者から連絡が入り次第どうするのがよいか確認して対応いたします。

お礼日時:2012/09/30 12:42

No2です


今回の事故の場合には100%10:0はあり得ません
おそらく裁判に成っても10:0は無いでしょう
相手の過失は、走行していた以上、左右の安全が確認できない場合には、徐行などをして、事故回避をする義務が発生します
それが安全運転義務違反です
10:0などは、信号で停止していて後ろから追突された場合など、一部しか有りません
勿論相手は10:0で言ってくるでしょう、その点は保険会社に任せてください
勿論話し合いで9:1や10:0もあり得ますが、それは話し合った結果ですから、現段階では8:2です
安心してください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。保険会社さんとよく話しあって最善の対応を取るようにします。

お礼日時:2012/09/30 10:15

>「ほぼ止まったつもり程度の減速をして※」


これでは、一旦停止にはなりません。
停止線の手前で停止して、視界が悪い場合は「最徐行」で前進して左右が確認できる位置まで進むが原則ですから、今回の場合は相談者さんの過失は80%~90%になるでしょう。

人身事故は、最初の診断書で決まります。
診断書が15日未満で相談者に過失がありますから、事故点数が3点+安全運転義務違反2点で5点の処分
診断書が15日以上30日未満では、事故点数6点+安全運転義務違反2点で8点となり30日の免停
上記が行政処分の内容となります。

自動車運転過失致傷罪では、罰金刑となります。
警察から、事故が検察庁へ送検されてから検察庁から呼び出しがあります。
そこで検察官(副検事の場合有)の調べを受けますが、警察の調書に間違いがないかの確認で大半は終わります。
次回は、交通裁判所へ略式起訴がされるので判決の言い渡し(罰金額の言い渡し)だけがあり、納付書を貰って納付をすると事件手続きは全て終わります。
この罰金刑では、被害者の嘆願や厳罰は求めないと言う一文が調書にあるかどうかで金額に影響があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。ご意見を肝に命じつつ誠意を示して対応することにいたします。

お礼日時:2012/09/30 08:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング