日章旗には日の丸しか描かれていません。
日本人には古代信仰として太陽を信仰の対象としていた歴史があるそうです。
そしてそれが転じて太陽の神である天照大神が信仰の対象になったそうです。

さらにその後、大化の改新が起こり天皇の世になり、天照大神は皇祖神として祀られる
ようになり、正月元旦に儀式会場の飾りつけに日の丸が使われるようになったそうです。

このような経緯を考えると、日の丸とは、ただ単に太陽を意味するのみでなく
太陽の神である天照大神、ひいてはその血筋であり現人神である天皇を象徴するものでも
あるわけです。

ならば歴史的に見れば日章旗が持つ意味、その象徴するところは
日本は天皇の国であるということになると思います。

あくまで私の勝手な推測ですが、このように解釈すると、なぜ日本を表す記号に日の丸を選んだ
のかよく分かると思うのです。

また、この推測でいうなら、聖徳太子が言ったとされる「日出ずる処」とは日が昇る場所という
意味ではなく、日=太陽神=天皇が生まれたところ と解すのが自然だと思います。
逆に「日没する処」とは日=太陽神=天皇がいないところ、生まれなかったところ と解せる。
くだけた言い方をすれば神様のいる国から神様のいない国へ書を送るという意味になると思います。
もちろん太陽が信仰の対象になってるなんて送られた方は知らないから、ただ単に方角を
表すと解釈したのでしょうが。

みなさんはどう思いますか?回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いろんな学説はあるけどねぇ




まず、記紀神話において「太陽神」であり「皇祖神」である「天照大神」が重要視されている事は事実
しかしながら「天皇」と「太陽神」の同一性を解釈できるような部分はありませんねぇ
あくまでも「太陽神」は「皇祖」であると解釈すべきでしょうね、天皇は太陽神の子孫、つまり「天孫」という立場です
また天皇に対して「太陽神」としての役割を求めたような記録も聞きません
寧ろ、雨乞いや治水など「水を治める者」としての役割が求められてきたようです

また歴史的に見ても「天皇」を生前から神格化(現人神)して扱ったのは、明治以降になってから
飛鳥~江戸時代は「神の子孫」であり「神ではないが、崇め奉られるべきもの」という、よく判らないポジションです
崇徳院の例を見るように、死後に祟ることはあっても、生前に天罰を当てられるという事はなかったようですね
おそらくは、「死後に高い神格を得ることが約束されている血脈」という事なのだろうと思っていますが・・・

まあ、そういう経緯を考えると、「日=太陽神=天皇」の概念には無理があるように思う
つまり「日出処=天皇の生まれた処」という解釈はかなり厳しい

また「日の丸」については、太陽・日の出の図案化であり、「日出処」や「天照大神」を印象づけている事は、まあその通りといっていいでしょうね
しかし、これに「天皇の国」という意味が付帯されている、と言われても解釈自体に無理があるようにおもう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/30 18:16

深読みし過ぎだと思います。



単に、太陽を信仰していた、火の登るところの国だからという理由でいいと思いますよ。天皇がどうとかっていう話はないと思います。それに、そんな古くから天皇が神格化されていたのか?という話もあります。少なくとも、神格化されたのは大日本帝国憲法あたりからだと思うのですが…

太陽を信仰していた国は日本だけではなく世界中にあります。太陽の描かれている国旗の国は大抵みんなそうらしいですよ。昔は、太陽は偉大なものとして世界中で崇められていたそうですから…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>神格化されたのは大日本帝国憲法あたりからだと思うのですが

なぜ天皇を神格化し得るのか、それはやはり特別な存在であるとの共通の
了解があったからではないでしょうか?
その共通の了解に基づけば、深読みではなく、むしろ自然な読み方だと思います。
深読みと感じるのは、現在では天皇はただの人間であるとの見方が当たり前になってしまった
からだと思います。
そういう見方は最近のもので、古い事柄を論じる場合においては意味がないと思います。

お礼日時:2012/09/30 16:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外の反応の海外の反応

海外の反応に対する海外の反応ってあるんですか?

Aベストアンサー

ありました
たとえばここです
http://4chansokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

あとは、下記文で検索してください
海外 "反応に対する反応"

Q日本の空母は甲板に日の丸を描いていたのですか?

次動画はミッドウェイ海戦ですが日本の空母の甲板に日の丸が描かれています。(2:30)
実際はどうだったのでしょうか?もし本当ならとてもかっこいいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=GFa4jwFtK6w

Aベストアンサー

日の丸はミッドウェー海戦の時のみですね。
珊瑚海海戦時に敵の空母に間違えて着艦しそうになったということから
敵味方識別のために日の丸を書いたようです。

Q最近「カミングアウト」ってよく聞くけど、どういう意味?

最近テレビなどで、「カミングアウト」という言葉をよく耳にします。
国語辞典にはのっていませんでした。
どういう意味なのか非常に気になります。知っている人がいれば、
教えてください。

Aベストアンサー

<coming out of closet>(押入から出てくる)と言う比喩表現
に由来するとされ、元々は同性愛者が自分自身が同性愛である事
を他人に伝えることでした。
最近では性同一障害を感じている人々、HIV感染の人々につい
ても用いられる様子ですが、実際には広く一般の人も含めて、
自分自身について言い難いことを他人に勇気をもって伝えること
を指して使われているようです。

参考URL:http://www.be-senior.com/inpaku/active/imadoki/ka.html

QSMMでマリアがどうしてロマの信仰の対象になったのでしょうか?

ローヌ河口のデルタ地帯カマルグ地方の西端に位置する都市、Saintes-Maries-de-la-Mer で、3人のマリアが祭られているという。そしてその修道院のひとつは、ロマ(旧称ジプシー)の信仰の対象となっているという。驚くべきことに、祭られているマリア像は黒人のそれだ。

どういった経緯でロマの信仰の対象になったのでしょうか?

Aベストアンサー

1番の方の回答を見まして、思った事です。

ヨーロッパ各地に、「褐色のマリア」信仰が存在します。
その元になったのは、エジプトの大地母神であるイシスと言われています。
ローマ時代に、ローマ帝国内いで、エジプトのイシスを幅広くあがめられたそうです。

キリスト教が入ってくると、聖母マリアと重ねあわされ、「褐色のマリア」として、各地で信仰の対象となります。

その最大のものが、メキシコのグアダルーペ寺院の褐色のマリア「グアダルーペ」です。

このグアダルーペの元になったのが、スペインのエストゥレマドーラ地方のグアダルーペ村にある褐色のマリアです。

メキシコでは、白人支配に対するコンプレックスを吹き払うために、褐色のマリアは、積極的に信仰されました。

それと同じ事が、ロマにも有ったと思われます。

ロマ人は、インドが発祥とされ、エジプト経由でヨーロッパに入ったと言われています。
そのため、肌の色が、ヨーロッパ人よりも褐色であったため、この褐色の聖人を信仰の対象とするようになったと思われます。

QHoly shit!

Holy shit! このことばの意味を教えてください。
また、どんな時に使うことばなのでしょうか。

追伸

wing と win の発音は同じでしょうか。それとも微妙に違うのでしょうか。違うのであれば発音の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

http://eow.alc.co.jp/holy+shit/UTF-8/

Holy shitは上記のサイトにあるように、驚きとか罵倒する言葉です。
Fxxck よりも柔らかい表現ですが・・・

wing と win の発音は同じでしょうか。それとも微妙に違うのでしょうか。>>>

発音方法は全く異なります。

まずwin の発音から説明します。この最後の[n]音の発音は舌先が、上前歯の裏にしっかりと付けて発音します。私の知っている英会話の上級者の発音でも日本語の「ン」で発音する人がいます。そうするとネイティブの夫にはwingにきこえてしまいます。「ン」の発音は舌先が口内のどこにも触れてないからです。

しかるに、w(ing)の ~ingの発音は舌先は下あごにくっついたままですが、舌の後部が「グ」のように喉の奥がもりあがって、発声する鼻音です。従って吐く息は口から出さずに鼻からしか出ていません。この点上記のカナの「ン」に少し似ています。これに対して「グ」の発音は息が口からでます。

少し練習すれば簡単にできます。

Q世界各地でヘビが信仰の対象になってるのは何でですか?

世界各地でヘビが信仰の対象になってるのは何でですか?
個人的に、毒を持ってるかもしれない生き物であるヘビが
棒に巻き付いてる紋章が健康の象徴として使われてるのには違和感があります。

ヘビの信仰ってのはどこが最初に始めたんでしょうか。
何が原因で世界的ブームになったんですかね。
昔の人からするとヘビはかっこいい生き物だったんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かっこいいとか思ってたかはわかりませんが、
蛇みたいに長くてうねってるものは自然界にたくさんあるので神格化しやすかったのでしょう。
特に、水脈や川はうねうねしていて、しかも、蛇もよく水場にいるので、
なんか関係あんじゃね?と昔の人が思ったのだろうとされています。

オーストラリアでは雨が降った後にできる虹(長くてちょっとうねってる)を蛇に例えて、
豊穣の神としていますね。

あとは、蛇のとぐろを巻く習性から、大地を巨大な蛇がとぐろを巻いて支えているっていう伝承も
ありました。

もちろん、鼠を食べてくれたり、毒と医療を結びつけたりでの神格化もあるでしょう。
蛇みたいに人の住む場所にずけずけと入り込んでくるわりに、思いどうりにならない動物は
神格化、妖怪化することが多かったっぽいですよ。

Qケセラセラの意味を教えてください。

ケセラセラの意味(ニュアンス)を教えてください。
日本語の歌詞では、「なるようになる、先のことなど解らない」と歌っていますが、原語では「自分が信じるようになっていくんだ」となっているという人がいます。
原語(何語か知らないけれど)の歌詞を知っている方、原語の訳を知っている方教えてください。

Aベストアンサー

私の勝手な解釈を書かせていただきたいと思います。。。

時間の流れ、物事の変化というのは定まっているもので、
過去、現在がこうであるから、未来がこうなる、と予測することは不可能だということだと思います。
未来に起こるさまざまな事象は大小の違いはあれ、予測とは異なってるものだと思うのです。

そのような、なるようになるという世界だから、
自分の意思こそが物事に意味を与えるものなのであり、
どうせ定まっていて変えられないものなら、
自分の信念こそが、自分の世界における時間であり物事だったりすると言えると思います。

過去や現在に憂慮してその気持ちばかりにとらわれていたら、
その気持ちでしか世界が見えない。
だから過ぎたことも先のこともくよくよ考えないで、
おおらかに構えてほんのり前向きな気持ちであれば、
そう信じたように世界は見えてくる。なっていく。

というようなかんじではないでしょうか?
うまく言えませんでしたけれども、いい言葉だなぁと思いました。
かなり生きるヒントですよね!

Q古代に描かれている壁画などの絵の内容ですが

古代に描かれている壁画などの絵には
宇宙服
ヘリコプター
ロケット
菊の紋章(腕時計のようにしている)
鷲の国章
太陽系の惑星の数
など、
未来を予測するえが描かれていますが
石油産業を臭わせる壁画の絵などあるのでしょうか? 

Aベストアンサー

壁画は分かりませんが 古代メソポタミアの粘土板の文字に
地の底から…掘り出す…濁った物…それにより革命的な進歩が…というような記述がありまして
これは石油の事ではないかと言われています

まぁ文字列がすべて解読されていないのでなんとも言えませんが…

Qリサイクルの意味って・・

今、リサイクルについてのレポートを書かなくてはいけないんですが、リサイクルをする意味というのがいまいち良く理解出来ません。どういったリミットがあり、なんの為にするのか回答してくれませんか?

Aベストアンサー

メリット=資源の再利用ができるために、新たな資源を費やすことがなくなる。

デメリット=再資源化のためのコスト(費用やら燃料やら)が、実はバージン製品(一回目の製品)よりも高い。

なんのために=限りある資源を大切に!ということ。

しかし、上記に述べたように、一部矛盾が生じてくるところがあるので、リユース(使いまわし)やレンタル、リースといった形で製品自体の量を減らすことが大事かもしれません。ただこれも経済の面では問題が…。

Q山岳信仰自然信仰は日本固有なのか

山頂に神社なんて作っているのは日本だけなのでしょうか。ふうつ山頂には何もありませんよね。

Aベストアンサー

自然信仰と言うのは、原始的な社会では普通に見られます。
イギリスのスートンヘンジも天文学的な機能があるといわれていますが、巨石信仰の一種であることは間違いありません。

ただ世界的に見て、日本のような山岳信仰を含めた自然信仰が残っている近代国というのは非常に珍しいといえます。
ヨーロッパについていえば、古代ローマ時代は多神教だったもの、その後発現したキリスト教が普及したために、一神教の世界で自然神が信仰されることがなくなり、多神教と共に消えていきました。
ただ土俗的な宗教観と微妙に習合して、今でも痕跡があります。たとえば、イタリアでは道祖神(日本で言う道端のお地蔵様)が古来から道々にあり、それが今ではキリスト教の聖者に姿を変えていたり、ハロウィンは古代のドルイド教のお祭りであったりします。ドルイド教は木や森に精霊が宿ると考える一種の自然信仰です(映画ロードオブザリングに出てくる、オークの古木神はドルイド教を手本にしているようです)

ほかの地域も似たような自然信仰があったものの、大陸でつながっている為、キリスト教・イスラム教・仏教が伝播して自然信仰と習合し、見た目では自然信仰の形は残っていません。
特に南アメリカ大陸はスペイン・ポルトガルの植民地政策のおかげで、土俗宗教が壊滅的な打撃を受けました。
また自然信仰は科学の発達により、「不思議」じゃなくなると消えていく運命にあります。
ギリシャ世界では太陽神アポロがかなり高貴な神であるものの、天文学の発展により、当時には太陽の運行や日食・月食の予想ができるようになっていましたので、だんだん自然信仰は(特に太陽信仰は)廃れていったようです。

その点、日本は海があったため宗教の伝播が遅く、古来からの宗教観が残っているのだと思います。

自然信仰と言うのは、原始的な社会では普通に見られます。
イギリスのスートンヘンジも天文学的な機能があるといわれていますが、巨石信仰の一種であることは間違いありません。

ただ世界的に見て、日本のような山岳信仰を含めた自然信仰が残っている近代国というのは非常に珍しいといえます。
ヨーロッパについていえば、古代ローマ時代は多神教だったもの、その後発現したキリスト教が普及したために、一神教の世界で自然神が信仰されることがなくなり、多神教と共に消えていきました。
ただ土俗的な宗教...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報