あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

戦前の日本のアジアに対する外交姿勢についての質問です。

福沢諭吉の脱亜論に従ったわけではないでしょうが、日本は日清戦争・日露戦争を通して一等国への仲間入りをし、脱アジア化を一応実現しますよね。

その後、「大東亜共栄圏」という思想を掲げて(結果はともかく)東アジア解放のために戦うわけですが、「脱アジア化」しておきながら「アジア解放」を志すのは矛盾していないでしょうか?
脱アジア化しているなら「アジア解放」ではなく「アジアの近代化」を目指すでしょうし、「アジア解放」を志すなら「アジアの一国」にとどまることを選ぶはずです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

脱亜論は別にアジアから脱して欧米の仲間入りしようという主張ではありません。

(脱亜入欧とは別個の思想)
むしろ、興亜論に対する警鐘みたいなものです。

興亜論というのは、中国・朝鮮と連携して西洋列強に対峙しようという主張です。
主な論者は勝海舟、植木枝盛、大井憲太郎らでした。
隣国が滅びれば、日本も滅びるという認識のもと、連携作戦で行こうよというのが、幕末~明治初期の外交姿勢でした。
この姿勢はある意味性善説です。
日本もこんなに頑張って近代化を進めてるんだから、当然中国・朝鮮もやってるだろうといわけです。
でも現実は違っていました。
中国や朝鮮は昔ながらの伝統やしきたりに縛られ、なかなか近代化を受け入れようとしない。
そんな情勢の中で「脱亜論」は書かれました。(但し、この社説を脱亜論と名付けたのは別の人)
つまり、福沢先生は「(興亜論のような)性善説に基づいた外交ではダメですよ。中・朝が近代化をこのまま拒み続けるなら付き合い方を考えなければならないよ」と主張したわけです。
その中に、「脱アジア」だとか「入欧」とかいう思想は入っていません。

よく混同される思想は「脱亜入欧」とうい思想です。
「早く近代化しよう」という明治政府の方針と、脱亜論が結びついた考えですが、これは戦後の福沢諭吉研究の中で、混同して論じられるようなったものではないかと最近では言われています。


「大東亜共栄圏」というのは、日米開戦後のアジアに対する外交姿勢を示すものです。
このベースには、興亜論があります。
興亜論では近代化を待つ姿勢でしたが、積極的に出ていって欧米列強からアジアを開放しようという思想が「大東亜共栄圏」です。
つまり、アジアを欧米から開放し近代化を手伝ってあげようってところです。
ですが、実態は日本による傀儡政権の樹立であって、興亜論のような平和・共同戦線とはなりませんでした。

つまり、脱亜論は興亜論に対する逆説・警鐘であり、「大東亜共栄圏」というのは興亜論が化けて「平和・共同戦線→皇民化教育推奨による同化政策」となったわけです。

ではでは、参考になれば幸いです。
    • good
    • 2

Wikipediaによると、「大東亜共栄圏」という言葉は1940(昭和15)年に使われ始めたようです。

考えついたのは、陸軍の軍人だそうです。私は昭和初期くらいから使われていたのかと思ったら、思ったより後の時代ですね。なにしろ、翌1941年12月に日米開戦ですからね。
一方、脱亜論はご存知の通り明治時代からあります。明治の「脱亜論」から、「大東亜共栄圏」までには50年近い年月が経っています。50年前の日本と2012年の日本の思想を単純比較することはできません。問題は、その間の年月の間になにが起きたのかということです。

日露戦争の勝利で、日本は一等国への仲間入りをした。と日本人は思っていました。しかし実際は日露戦争の勝利で日本は「列強の植民地入りを免れた」に過ぎなかったのです。欧州列強を一等国、植民地にされた国を三等国とするならば、日本は二等国でした。ただ、当時はその二等国といえるのは日本とトルコくらいだったのではないでしょうかね。メキシコも二等国といってもいいかな。とにかく、当時世界にほとんど存在しないものだったのです。日露戦争も勝利とはいったところでロシアから賠償金はとれなかったので、実際は「苦い勝利」に他なりません。和平成立後日本では暴動が発生し、和平交渉をまとめた小村寿太郎は右翼に命を狙われたほどです。しかし、日本海海戦で一方的大勝利を治めたものの、奉天会戦で日本は戦力も、弾薬も使い果たしていたのです。一方、大陸軍国ロシアには装備が優れたヨーロッパ師団がまだまだ用意されていました。実は既に一度日本は弾薬を使い果たしていて、債権を発行してなんとか資金を集めて弾薬を追加で購入したのですが、奉天会戦でそれももうほとんど使い果たしてしまいました。追加の弾薬を購入する金は、もう手に入れる手段も尽きていたのです。

日本海海戦の大勝利でロシア艦隊が消滅したことで、少なくとも海軍は相対的に欧米列強に比すべき実力を示したといってもいいでしょう。しかし、その栄光もたった1年で色あせてしまいました。
イギリスの戦艦、ドレッドノートが日本海海戦の翌年の1906年に就役したからです。現代でも「ド級」とか「超ド級」なんて言葉を使いますが、その語源となったのがこのドレッドノートです。この戦艦の就役で、世界中のそれまでの戦艦は一気に「旧式」となってしまったのです。

その後、大正時代に第一次世界大戦が起きました。日本は第一次大戦にはほとんど参加しませんでした(青島に出兵したり、地中海に艦隊を派遣したりしましたが)し、戦争にあえぐ欧州列強を相手に大儲けをしたのも事実です。しかし、第一次大戦が終わって日本が思い知ったのは、「日本はもう欧州列強には追いつけない」という厳しい現実でした。
第一次大戦は「総力戦」の戦いでした。国の生産力や国力すべてを戦争に投入する時代になったのです。その国力を欧米諸国と比較した場合、日本は資源も生産力も持っていなかったのです。例えばフランスやドイツは自動車を大量に投入しましたが、日本にはそれだけの自動車を生産する能力もなかったし、なによりそれだけの自動車が持てるだけの経済力を国民が持っていなかったのです。

この、「日本には資源がない」という事情が陸軍をして危険な暴走を引き起こした原因のひとつであるといえるでしょう。日本では「大陸進出論」が活発になります。「日本に資源はないが、支那にはそれがある」と。やがてそれは満州事変となり、日本は満州に積極的に進出します。実際問題、満州は中国の中では「寒くてあまり豊かな場所とはいえない」ところでしたが、それでも日本より石炭など資源も豊富だったし土地が広くて農業生産力が高かった。日本の農家ではトラクターで大規模農業なんてできませんが、戦前の満州だったらそれができたのです。当時、最も年収が高かった「憧れの職業」といわれたのが満鉄こと南満州鉄道の社員だったのです。

大東亜共栄圏とは、その満州進出の南方版といったところが実際だったと思います。実際問題、満州事変のときも首謀者だった石原莞爾らは「八紘一宇」のスローガンを掲げましたからね。
日本には資源がない。しかし、南方に資源はある。しかし一方的に搾取するわけにもいかないから、名目上和平的なスローガンが必要であったと思います。
興味深いのは、この大東亜共栄圏のスローガンを考えたのが陸軍の軍人だったということです。実は陸軍は仮想敵国をずっとロシア=ソ連とする「北方論」だったのです。装備もなにもぜんぶといっていいほど対ソ戦を前提にしたもので、南方で戦うなんて太平洋戦争が始まってもこれっぽっちも思っていなかったんです。どのくらい南方に興味がなかったのかというと、真珠湾攻撃以下、フィリピン作戦やマレー作戦、南方作戦がひととおり南方の資源地帯の占領に成功すると、海軍に「あのさ、兵士を引き上げたいんだけど」と言い出して(日本軍お約束である)海軍と激しく対立します。海軍は「なにいってやがるんだ、これからハワイも攻撃するし、オーストラリアにも上陸すっぞ(←でもそんなことができる能力は持ち合わせていない。偏差値50の奴が京大に合格すると言い出すくらい無謀)」といい、陸軍は「冗談じゃねえ。そんな戦力はねえぞ」と言い出して、「じゃ、間を取ってミッドウェー作戦でどうでしょう」となって、以下略です。

福沢諭吉の時代は、幕末から明治にかけてです。幕末の志士が最も危機感をもったのはアヘン戦争でした。当時の中国(清)は、アジアにとっては「比類なき大帝国」だったのです。しかし、その大帝国がアヘン戦争であまりに一方的に敗北してものすごい屈辱的な扱いを受けた。「あの中国でさえ勝てないのだから、日本も攘夷とかいってる場合じゃなくて西洋化(近代化)しないとダメだ」となったのです。それゆえの「脱亜入欧」だったのです。

「アジアの近代化」を掲げなかったのは、なにしろ日本本土の近代化でさえ致命的に遅れ気味だったので、全アジアを近代化させるほどの力はないという自覚はあったと思います。まあ政治的スローガンという側面が大きかったと思いますよ。
    • good
    • 0

回答にもなっていない、戦争単位の各論を垂れ流している読解力のない方がいるようですね。


戦略=物や金銭や領土的な目的のみだけを追求するものだとでも思っているのでしょうか。
日本の戦争目的はロシアの朝鮮への影響力を削いで、南下を防止することで、安全保障のためです。


No1様に大筋で同意します。

>福沢諭吉の脱亜論に従ったわけではないでしょうが、日本は日清戦争・日露戦争を通して一等国への仲間入りをし、脱アジア化を一応実現しますよね。

日本は脱アジアを目的にはしていません。
それに、一等国になる=脱アジア という考えも幼稚な発想だと思います。
私は、そのような考えはアジア諸国に失礼ですらあると思います。


A>その後、「大東亜共栄圏」という思想を掲げて(結果はともかく)東アジア解放のために戦うわけですが、「脱アジア化」しておきながら「アジア解放」を志すのは矛盾していないでしょうか?

質問者様は「福沢諭吉の脱亜論に従ったわけではないでしょうが」と言いながら、
脱亜論=政策として、論理を展開しています。

それに「脱アジア化」は福沢諭吉個人の思想であって、(質問者様はその内容を誤解しているようですが)
「大東亜共栄圏」は国家の政策で、関係のないものです。
(結果として同じ結論に至ったようですが)


B>脱アジア化しているなら「アジア解放」ではなく「アジアの近代化」を目指すでしょうし、「アジア解放」を志すなら「アジアの一国」にとどまることを選ぶはずです。

私には、質問者様は大東亜戦争は日本がアジアを侵略する為のものだと考ええているように思えます。
大東亜共栄圏とは、アジアの各国が独立している状態で、「共栄」する為の構想であり、アジア全体が力をつけ、欧米列強に対抗する為のものです。

しかし、当時のアジアは欧米列強の植民地にされていたり、近代化が遅れていた為に、
客観的に国力で見た場合、「日本とその他」でしかありませんでした。
(朝鮮は併合中でしたし、中国とは関係は良いものではありませんでした)

以上から、「アジアの近代化」にはまず「アジア解放」が必要だと思います。
質問者様の考えは、当時のアジアに対するどのように認識によるものか理解できません。

それに、大東亜戦争の戦場はアジア諸国ですが、日本が戦ったのは植民地支配をしていた欧米であり、
その後統治したのは、日本が一時的にでも統治・指導しなければ、また白人の植民地にされてしまうからです。
(実際、彼らは終戦後に攻めて来ました)
アジア諸国もその事は理解しています。

以上から、日本は「脱アジア化」もしておらず、「アジアの一国」という立場です。


質問様は、脱亜論を誤解していると思います。
脱亜論での亜は中国・朝鮮を意味するものです。
内容も中国との関係についてのものに過ぎず、アジア全体を蔑むものではありません。

脱亜入欧論の主旨ですが、
脱亜とは、世界の情勢や流れを理解せず自国の旧弊にしがみ付いている中国・朝鮮とは、単なる隣国として接するべきである。
同じアジアとか隣国とかいう理由で付き合っていると、日本まで同じレベルに見られてしまう。
と言う意味です。

脱亜論以前の福沢諭吉は、中国・朝鮮とは協力して発展して欧米に対抗するべきだと言う思想で、留学生を招いて面倒を見るなどしていました。
しかし、国としてのそれら中朝の国際社会への意識や認識の低さや、留学生のレベルの低さ(大学に盗みに入った事もあります)に絶望して、脱亜を決意しました。

その経緯は以下の通りです。

福沢諭吉は、識字率の低い朝鮮人のために、ハングル文字を復活させました。
(当時はハングルは漢文より劣った文字として、全く使われていませんでした)

自費で活字を作り、慶應の弟子に命じて、初めてハングル新聞を作りました
(これによって、漢文を使っていた朝鮮人の保守派から反発を受けました)

慶応義塾に、朝鮮人留学生60人を受け入れ、(朝鮮では、西洋の学問が禁止されていました)
金玉均に伊藤博文らを紹介し人的・金銭的に独立運動を支援しました

しかし、独立運動は失敗し、に終わり(甲申事変)
金玉均は残虐な方法で処刑されます(凌遅刑)
(朝鮮政府は、他の独立運動家ばかりか、党員の家族(老人、婦人、幼児まで)も処刑しました。)

他の慶應に受け入れた朝鮮人留学生は、学問をせず遊び歩いていました。
更に喧嘩や盗みを繰り返し、慶應の金庫までも荒らし、
福沢諭吉は、朝鮮とその背後の中国に対して深く失望し、『脱亜論』を発表します。


一方で入欧とは、欧米諸国の思想・技術を積極的に受け入れて、国を発展させようとする意味であって、アジアという地域的な枠から抜けようとするものではありません。

この程度は、脱亜入欧論 のさわりだけでも読んでいれば理解できるはずのものだと思いますが。
    • good
    • 0

>その後、「大東亜共栄圏」という思想を掲げて(結果はともかく)東アジア解放のために戦うわけですが、「脱アジア化」しておきながら「アジア解放」を志すのは矛盾していないでしょうか?



矛盾していますね
まぁ,理解構造としては,脱亜論におけるアジアというのは列強に植民地支配されるアジア肖像なわけです.
つまり,”野蛮で粗野な文明化されていない社会”
そこから脱するのが,脱亜論の本誌と解するのが妥当でしょう.つまり,旧態依然としたアジアから脱することが重要なのでしょう
だから,矛盾とは言えないでしょう.脱亜論の意味次第な部分もありますがね
もっとも,八紘一宇という政治思想は脱亜論に回帰するような部分はありますよね
列強支配から日本の植民地支配に切り替えただけの思想という意味では,脱亜論の矛盾も指摘できるでしょう
逆に,列強のような愚民化政策ではなく,一定水準の公(皇)民にしようとする人道主義な部分も日本の植民地支配として評価する余地もあるでしょう

つまり,文明社会へのシフトという意味では,日本の植民地支配は”脱亜論”を認める余地はあるでしょう

>脱アジア化しているなら「アジア解放」ではなく「アジアの近代化」を目指すでしょうし、

現実には,日本の植民地統治は,アジアの近代化を当初は念頭にしていたように思います
しかし,それを維持できるほど戦局には余裕がなかった・・ということになるでしょうね
同時に,植民地支配の恩恵が格差があったり,現地を置き去りにしたり,期待されていた分だけ反動が大きかった・・とも言えるでしょう.だから抗日運動が激しくなったとも言えるでしょうね

>「アジア解放」を志すなら「アジアの一国」にとどまることを選ぶはずです

解放の方法としては最終的には,”民族自決”を基底にするのですから,最終的には,アジアの一国家(主導的役割を持っている)であることが整合性があるでしょうね
過渡期においては,文明化・近代化のために植民地・間接支配のモデルがあっても不思議ではないでしょう
大東亜共栄圏構想の適否はコメントしませんが,構想はある程度の進捗を見ていたが,完遂できなかった・・・完遂できる見通しがそもそも存在しなかったというのが妥当でしょう
    • good
    • 0

日本の国力では、アジアの近代化のコストを負担しても見返りがない。


結局、敗戦によって破綻した戦略に過ぎない。今でも「アジアの一国」に過ぎませんよw

日露戦争って戦略面で見れば敗北同然ですよ。あの戦争によって得たモノが殆ど無い。
    • good
    • 0

そうじゃないです。

福沢諭吉の脱亜論は日本のアジアに対する外交姿勢を論じたものではない。日本が中国・朝鮮の儒教と決別し、西洋の科学技術と近代文明を受け入れたのは、国家の独立を重んじたからだと肯定的に論じたものなのです。ここでのアジアとは中国・朝鮮を意味しています。米英からお雇い外国人を招聘し、新橋~横浜に蒸気機関車を走らせたことが脱亜入欧なのです。外交姿勢をまったく含んでいないとはいえないまでも脱亜論は、もっと広い分野を対象に論じたものです。

一方、大東亜共栄圏は、中国・朝鮮はもはや主対象ではない。米英蘭と対決する為には米英蘭に植民地化されているインド・フィリピン・ビルマなどと結ぶ以外にないという理論です。そうはいいながら、当時のフランスヴィシー政権とは友好関係にあったので仏領インドシナは含まないという中途半端なものでしたが。

いずれにせよ、福沢諭吉の脱亜論は欧米の近代文明受容を論じているのに対し、大東亜共栄圏は米英蘭との対決方針を謳ったものなのです。欧米の近代文明を受け入れる為には中国・朝鮮の古い文化とは決別しなければならないと福沢諭吉が論じたのに対し、大東亜共栄圏は欧米列強に対決するにはアジアの独立が必要だと論じたものなのです。

また福沢諭吉は中国・朝鮮との絶縁を強調したわけではなくて、中国・朝鮮が古い儒教に拘り、欧米の近代文明を受け入れようとしないのならば、手を切る他無いと論じているのです。いってみれば脱亜論の亜とは中国・朝鮮の儒教という意味なのです。

脱亜論と大東亜共栄圏は何も矛盾しません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング