ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

マウンテンバイクの26インチのホイールになるべく細いスリックタイヤ履かせたものと
クロスバイクに多く使われている700Cサイズでは
走らせてみるとかなり違いがわかりますか。

差が有るならどういう差ですか。
軽快だとかスピード出しやすいとかですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

26inchと650cのタイヤがおよそ同じホイール径になります。


700×23cと650×23cの自転車を乗り比べると以下のような差があります。
タイヤ入手の困難さなどは考慮に入れません。

加速の軽快さは650cに軍配
加速した後のスピードの伸びは700cに軍配
小径になるとハンドル操作などに対する反応がクイックになります。

信号が多く、加減速が激しい都市中心部なら650cが個人的には魅力的だと思います。対してツーリングやロードレースなど長時間高速を維持して巡航したい場合は700cがお勧めだと思います。

詳しくないですが、トライアスロンで650cを選択している人もいると聞くので、上手に活用すれば高速巡航性能も問題にならないのかもしれません。(小径車は空気抵抗が低減されたり、などというメリットもあります)

参考に20×1inchの場合は加速した後のスピードの伸びはほとんど期待できませんが、「スコーン!!」と飛び出す感じの加速感が病み付きになります。

マウンテンバイクのタイヤは悪路走破性確保のため、タイヤの質量などが増えて慣性モーメントが増えたりといったデメリットが出てきますので、小径にすることのメリットは享受しにくくはなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。

自分の場合は街乗り短距離ばかりなので26インチのほうが向いてますね。

お礼日時:2012/10/04 09:00

No.1さんがおっしゃっているとおり、条件によるのでなんともいえませんが、マウンテンバイクのタイヤ(チューブ)は空気圧を高く出来ないので、700Cと比べるとかなりペダルが重いです。

チューブを高気圧に出来るやつに交換すれば、かなり空気圧を高く出来ますので、700Cに近い軽さに出来るはず。※わたし自身が試したことがあるわけではないので、ほんとにそうなるか保証はできません。参考程度に。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/04 09:02

それだけの条件では何とも言えない。



26インチで 700cより重たいホイールはいくらでもあるし、逆もまたしかり。
タイヤの幅や重量、コンパウンドの種類、空気圧にも走行性は左右される。

一般論としては軽いホイールやタイヤ・チューブの組み合わせの方が 漕ぎ出し・加速・登坂でよりスムースに漕げる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/04 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q26インチの700C化について

タイトルの通り26インチのMTBを700C化してクロスバイク風に改造しようと考えています。
色々調べたところエンド幅がとても重要でMTBが135mm、ロードが130mmが一般的と知りました。
早速自分の自転車をノギスで測ってみたところ132.5mmでした。
そもそも安物の怪しい(コルベットのエンブレム付)MTBなので規格を無視した中途半端なサイズだろうなと思っていましたが、まさにその通りでした。

自転車パーツの通販サイトでは130mmと135mm両方のホイールがあるのでどちらを購入しようか迷っています。
私としては130mmを無理やり突っ込んだほうが無難かなと考えていますが、どなたかアドヴァイスを頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別に700C化しなくてもいいのでは?と思います。

700Cにした場合のメリットは、
・タイヤ外形があまり変化せず、ギヤ比がずれにくい。(26×2.0と23C比)
・オンロードタイヤの選択肢の増加。
・全体的な軽量化。
くらいだと思いますが、お持ちの自転車レベルの車体と同じくらいの金額が掛かるとなると
費用対効果的に現実的でないと思います。

現在の26インチでも、かなり幅の狭いタイヤが出回っています。
まずはそちらで試してみてはいかがでしょうか?
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/tioga/tir088.html
1インチ幅ならほぼ23Cと同等幅です。

Q700Cを26インチ化できますか?

現在はタイヤは700C(28×1 5/8 1 3/8)を使用しています。
MTBブロックタイヤを使用時に700C用ブロックタイヤを交換しているのですが、毎回の交換が面倒になって来た為、別に26インチ完組ホイールを購入し、スプロケを付けてMTBタイヤ用ホイールを作ろうと思うのですが、逆はできないようですが、クロスバイク700C(カンチ)に、26ホイールを付ける事はできますか?

又、ブレーキ調整が面倒なため、700Cブロックと700Cスレッドをホイールごと交換にした場合に、Rディレーラーの調整も必要となってきますでしょうか??

車体は1台のため調整等の事も考えて迷っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>カンチブレーキやVブレーキはなんで難しいのでしょうか?
>構造的を考えるとフォークの軸の所にクイックリリースで26リムを装着し、
>カンチのブレーキパットを下に下げればできるような気がするのですが・・・。

カンチでもVでもいいのですが、1インチ分パッド位置を下げられるほど調整の幅はないと思います。
どちらもおおむね台座を中心とした回転軌道でリムに近づきますよね?シューの位置を下げると台座からの距離が短くなり移動距離が減ります。
さらにブレーキ台座よりパッドの位置が低いと、ブレーキを引くことで
パッドが遠ざかり、ブレーキをかけること自体出来なくなります。
(手近なもので動きを再現してみるとわかります)

となるとブレーキ台座を下げる方向にオフセットすれば対応できそうですが、そのようなパーツはおそらく売っていないので自作することになり、
強度やコストの面から26インチの自転車買った方が安いなんてことにもなりそうです。

フロントだけならディスク台座付きフォークに交換すればディスクブレーキホイールのサイズ違いの交換で対応できます。
リアもV台座を利用したディスクブレーキマウントキットが以前は売っていましたが、
フレームを問わず適用できる汎用性のあるものかは知りませんし、あまり現実的な解とはいいがたいかも。

>カンチブレーキやVブレーキはなんで難しいのでしょうか?
>構造的を考えるとフォークの軸の所にクイックリリースで26リムを装着し、
>カンチのブレーキパットを下に下げればできるような気がするのですが・・・。

カンチでもVでもいいのですが、1インチ分パッド位置を下げられるほど調整の幅はないと思います。
どちらもおおむね台座を中心とした回転軌道でリムに近づきますよね?シューの位置を下げると台座からの距離が短くなり移動距離が減ります。
さらにブレーキ台座よりパッドの位置が低いと、...続きを読む

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Q700cと26 x 1 3/8の違い

仮に26インチのママチャリに700 x 25Cのタイヤを履かせたとして。乗り心地は変わりますでしょうか?

タイヤを細くするとどれくらい快適な走行が可能でしょうか。

自分はママチャリで普通に走っていて27kmぐらいですが。
700 x 25Cにするとどれくらいの速度になりますでしょうか?

なるべく楽な運転がしてみたいです。

Aベストアンサー

 NZXTさん こんばんは

 ママチャリに使われているタイヤと700x25Cと言うタイヤとの一番の差は、タイヤ径の違いを考えなければ「タイヤ幅」と言う事になります。
タイヤ幅の違いは、タイヤの中に入る空気の量を表す事になります。25C位の細めのタイヤですと、限界ギリギリ位の高圧の空気圧を入れる(これがタイヤの指定空気圧です)事になります。なぜここまでの高圧の空気を入れるかは、「リム打ちパンク」防止のためです。ですからもしママチャリをお持ちでしたら、「こんなに空気を入れたらタイヤが破裂するんじゃないか???」と感じる位の空気をタイヤに入れて走ってみれば感覚的にはお解りになると思います。多分通常位の空気圧でタイヤに空気を入れた場合と比べて、ロードノイズを感じ決して乗り心地は良くないと感じると思います。これが一般的なロードバイクの乗り心地です。それと歩道と車道等の段差を通過する時も速度を落として通過しないと、タイヤがパンクしてしまう場合も有ります。したがって快適性は格段に落ちる事が解るハズです。ママチャリと比べて快適性を失う半面、速度を出して長距離を走れるのが「ロードバイク」なんです。

 次に「ママチャリで普通に走っていて27kmぐらい」と言うのが解らないのですが、「27Km/hと言う時速で走れる」と言う事なのでしょうか??それとも「ママチャリで27Kmまでの距離を走った経験がある」と言う事なのでしょうか???多分次の行に「速度」と言う文字が有りますから、単位は「Km/h」なんだろうと想像します。(あくまでも想像でして 違っていたらごめんなさいね。)
 ママチャリそのものはロードバイクと違って車重も構造も速度を出して走れる様に作られていません。したがってホイルーを含めて交換出来たとしても言う程速度アップは見込めないでしょう。もしかしたら全く変化なしかも知れません。それはタイヤ幅の変化から来る路面とタイヤの摩擦力の差以上に、車重が重い事やBB等の性能でタイヤを変えても速度にあんまり変化が無いかもです。こればかりややってみないと何とも言えません。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 NZXTさん こんばんは

 ママチャリに使われているタイヤと700x25Cと言うタイヤとの一番の差は、タイヤ径の違いを考えなければ「タイヤ幅」と言う事になります。
タイヤ幅の違いは、タイヤの中に入る空気の量を表す事になります。25C位の細めのタイヤですと、限界ギリギリ位の高圧の空気圧を入れる(これがタイヤの指定空気圧です)事になります。なぜここまでの高圧の空気を入れるかは、「リム打ちパンク」防止のためです。ですからもしママチャリをお持ちでしたら、「こんなに空気を入れたらタ...続きを読む

Qぶっちゃけ、Vブレーキとディスクブレーキとでは、どちらが効くのでしょうか?

明けまして おめでとうございます。

Vブレーキ仕様のバイクを、ディスクに替えられた方はおられませんか?(機械・メカニカル・ワイヤー式ディスクです。)

純粋に、ブレーキレバー等はVのままで、本体システムのみを「ディスク式」に替えた場合、本当に「ディスク」のほうが効きが良いのでしょうか?

ディスクなんて、たかだか直径20cmくらいの円盤なので、それを挟んで回転を止めるには、かなりのストッピング・パワーが必要だと思うんです。
リムを挟んで止めるほうが よほどやさしいかと。

それでも「ディスクのほうが効きが良い」ということは、ブレーキレバーを替えなかった場合、本体(キャリパ)側のレバー比が大きいからでしょうか?
それとも、パッドやローターでの摩擦力が強大なのでしょうか?

自動車の場合、ディスクブレーキがアタリマエですが、かつては「4輪ドラムブレーキ」なのがフツーでした。乗用車では。
その場合、「ブレーキブースター(マスター・バック、倍力装置)」なんて無くてもしっかり効いたものです。
その後、フロント・ディスクが登場しましたが、ブースター無しではトテモじゃないが恐くて乗れないブレーキで、そのためほとんどのクルマで「ブースター装着」となりました。
(これは今でもそうです・・・。)

クルマは そういうコトがありましたが、自転車ではいかがでしょう?
条件同一で本体のみ違う場合、「V」と「Disk」、どちらが制動力ありますか?

明けまして おめでとうございます。

Vブレーキ仕様のバイクを、ディスクに替えられた方はおられませんか?(機械・メカニカル・ワイヤー式ディスクです。)

純粋に、ブレーキレバー等はVのままで、本体システムのみを「ディスク式」に替えた場合、本当に「ディスク」のほうが効きが良いのでしょうか?

ディスクなんて、たかだか直径20cmくらいの円盤なので、それを挟んで回転を止めるには、かなりのストッピング・パワーが必要だと思うんです。
リムを挟んで止めるほうが よほどやさしいかと。
...続きを読む

Aベストアンサー

No6です。
この質問欄は面白いですね。ほんとに回答数に比べてロールの長さにビックリします。しかしNo3さんはスゴイですね。自転車を始められて2年ちょっとで此処まで博識とは。しかし好きこそ物の上手なれ・・・と言うものなのかもしれませんね。感心いたします。

私の回答は質問者さんの求めるものとはズレた物ばかりだと思いますので、ちょっとだけ本筋にもどします。街乗りでの話しになりますが、最近ではディスクブレーキが流行?していますので、5~6万のMTBにも採用されるようになって来ました。

しかしこんなものマトモに効くものではありません。同グレードのVブレーキの方がタッチや制動力が優れていると思います。もちろんVブレーキでもグレードの差はありますけど。

No3さんも書いておられますが、Vブレーキもグレードが変わると剛性感やタッチ、その他諸々のフィーリングが比例して良くなっていきます。よくクロスバイクなどに採用さてれいるテクトロなどからデオーレやLXぐらいに換えるだけでも、操作フィーリングは激変しますね。

なので整備されたオイルディスクや一部の高級メカディスクを除いては、Vブレーキの方が遥かに費用対効果が高いでしょう。・・・なんて若い頃は思ったでしょうね。しかし裏から物をみてみると、安物メカディスクでも止まれないわけではないし、見た目の派手さを否定できるものではない・・・結局はその人が満足できればそれが最高のブレーキなのだと思います。人それぞれ感性は違うものですし、それによって得るものも違いますし。・・・何かまた変わったほうへ話が飛んでいきそうなのでこれぐらいにしておきます(笑)。

No6です。
この質問欄は面白いですね。ほんとに回答数に比べてロールの長さにビックリします。しかしNo3さんはスゴイですね。自転車を始められて2年ちょっとで此処まで博識とは。しかし好きこそ物の上手なれ・・・と言うものなのかもしれませんね。感心いたします。

私の回答は質問者さんの求めるものとはズレた物ばかりだと思いますので、ちょっとだけ本筋にもどします。街乗りでの話しになりますが、最近ではディスクブレーキが流行?していますので、5~6万のMTBにも採用されるようになって来ました。
...続きを読む

Qママチャリの内装3段 vs 外装6段

サイクルベースあさひに自転車を見に行って、よりワイドレンジなギヤの自転車が良いと思い外装6段をチョイスしようと思ったら、
「一番軽いギヤと一番重いギヤ比はどちらも同じ、外装6段はこの中で細かく分かれているだけですよ」との事。
でも「外装6段だから坂道も楽々」ってカタログに書いてあるからより軽いギヤ比じゃないのか?と言い返すと、
「より細かい細かいギヤ比だから最適なギヤで登ると楽と言う事です」とのこと。
これって、本当ですか?
なら、ほとんどの自転車メーカーのカタログや、HPの情報って紛らわしいですよね。

Aベストアンサー

実際にギア比を計算してみました。
ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。
まず、内装3段です。
内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。
うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。
2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。
この場合、ギア比は32/14=2.285です。
ペダル1回転で、リアハブが2.285回転します。
そして、リアハブの内部で3段変速します。
これのギア比は、1速が0.733、2速が直結1.000、3速が1.360だそうです。
(参照:自転車探検! http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/variable_speed.html)
これを、さっきの2.285に掛けます。
すると、1速が1.674、2速が2.285、3速が3.107です。
(数字が多くなるほど、ペダル1回転でより多く後輪が回転する、つまり、スピードは出るけど重いギアになっていきます。 逆に小さくなるほど、スピードは出ないが、軽く、坂も楽に登れるギアになります)
次に外装6段です。
外装6段のシティサイクルの前ギアを数えたかったのですが、いいのがありませんでした。
後ギアは、ほとんどはシマノの14-28T(最小14枚、最大28枚)だと思うので、1速から順に28、24、21、18、16、14枚です。
前ギアを仮に44枚とすると、ギア比は順に1.571、1.833、2.095、2.444、2.750、3.142です。
これを見ると、内装3段の1速と3速、外装6段の1速と6速のギア比はかなり近いことがわかります。
内装3段の2速は、外装6段の3速と4速の中間くらい、つまりちょうど中央あたりです。
つまり、店員の言っていることは、あながちウソではない、ということです。
外装6段は、内装3段を細かく分けただけ、とも言えます。
ただ、内装3段は、1つギアを変えると、ペダルの重さが極端に変わります。
1速では軽すぎる、でも2速では重すぎる、みたいな状況が、外装6段より多くなるかと思います。
外装6段なら、2速や3速を使えばちょうどよくなります。
なお、外装6段には、1速が28枚から34枚になったギアもあります。
(2速から上は同じ枚数)
このギアが装備されている、もしくは、あとからこのギアに交換すれば、1速だけ2速と極端に離れてしまいますが、かなり軽いギアにすることができます。
また、同じ内装変速でも、内装3段ではなく、内装8段にすると、細かく分かれるだけでなく、さらにワイドレシオなギアになります。
(軽いギアはより軽く、重いギアはより重くなります)
具体的には、1速が0.527、8速は1.615です。
内装3段の1速0.733、3速1.360より、広範囲をカバーしています。
なので、よりワイドなギアが欲しいのであれば、内装8段を選択するのも手です。
・・・が、内装8段には、一つ大きな欠点があります。
コストが高いことです。
内装8段の採用車種の多いブリヂストンでも、一番安くても定価で5万円クラス以上の上級グレードにしか存在しません。
(マリポーサシリーズ、プレスティーノ、アルベルトロイヤルエイト等)
予算が許すのであれば、内装8段の自転車を候補に入れてもいいと思います。

実際にギア比を計算してみました。
ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。
まず、内装3段です。
内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。
うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。
2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。
この場合、ギア比は32/14=2.285です。
ペダル1回転で、リアハブが2.285回転します。
そして、リアハブの内部で3段変速します。
これのギア比は、1...続きを読む

Qフロントギア3枚→2枚の物に変更することについて

私が使用しているシクロクロスバイクは元々フロントが3枚ギアでした。リアは8段変速。しかし、フロントギアを2枚の物にした方が、シンプルで変速もスムーズに楽にこなせるのでは、という期待から、コンパクトクランク 50-34Tの2枚ギアに変更することも検討中です。

ショップの人に聞いたところ、フロントギアを3枚の物から2枚の者に交換する時のメリットは、車体が軽くなる、3枚ギアよりも全体幅が狭くなるのでガニ股ペダリングを防げてペダリングがスムーズになる、ということを話してくれました。

私自身は、現在の3枚ギアを使っていて不便に感じることは、インナー(最小)ギアは通常の平坦な道を走行するときは使用しないので不要であること、インナーギアからミドルギアにシフトチェンジする時スムーズにいかなくて、いちいち下を見てチェーンが、ちゃんとミドル(真ん中)ギアにはまっているか確認しなければならないから、前方不注視になり危険、といったことです。

元々フロントギアが3枚だった物に対して2枚ギアに変更した場合の、メリットまたはデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

リヤが8速のままでは、フロントをトリプルからコンパクトクランクにした場合、本来的にはギヤ比の差が大きいため変速はスムーズにはなりません。
しかし、調整の難しいトリプルよりはセッティングがしやすいという意味で、現状よりも良好な変速性能が得られる可能性は高いでしょう。

でも、どうせフロントディレーラーと、比較的高額な左右シフターとクランクというかチェーンセットの交換が必要ですので、あと3万円ほど足して、思い切って11速の105とかにコンポを全交換しちゃったほうが得策かもしれません。
これなら、格段にスムーズなフロント&リヤ変速操作が可能ですし、トリプルに対応した現状の8速ではギヤ比の大きいスプロケットが無いでしょうから、低いギヤ比が使えなくなるデメリットがなくなります。

あと、軽くなるのは確かですが、同じグレードのコンポならば、僅かな重量ですね。それよりも店員さんが言うようにQファクターが小さくなる利点が顕著でしょうが、それの受け取り方も個人差が大きくて、絶対的なものでは無いでしょう。

Q700cタイヤのチューブについて

700×35cと表記のあるタイヤに700×32cのチューブを装着することは、可能でしょうか?
素人質問で申し訳ありませんが、皆様ご教授よろしくお願い致します。

また、もう一点質問なのですが、
700×35c と 28×13/8インチは、同じサイズでしょうか?
タイヤには、28x 1 5/8 x 1 3/8 という表記もあります。

Aベストアンサー

35Cのタイヤに32Cのチューブは使えます。
逆にチューブのほうが太めだとタイヤの中でしわになってしまいトラブルの原因になります。
またタイヤを嵌める時にビードで挟みやすくなります。

タイヤに対して細過ぎるとチューブの伸びが大きくなるので肉が薄くなってしまいます。でも32を35にぐらいならたいして問題はありません。(メーカー指定でも兼用の場合があるのでは?)

分数表示はややこしいのですが  28×1 5/8 というのは700Cを分数表示した場合の書きかたです。
700÷25(mm)=28(インチ)ですよね。
1と5/8インチのタイヤを嵌めた時にタイヤ外径が28インチになる規格のリムに細いタイヤを嵌めるので27インチぐらいの外径になっているというものなのです。
1と3/8インチは=35mmですから 700×35C と同じはずです。

もしかして他に “ETRTO” または “ISO” という表示はありませんか?
ETRTO または ISO 622と書いてあれば確実に700Cと同じ物です。

http://sheldonbrown.com/tire-sizing.html
↑decimal の所を参照

35Cのタイヤに32Cのチューブは使えます。
逆にチューブのほうが太めだとタイヤの中でしわになってしまいトラブルの原因になります。
またタイヤを嵌める時にビードで挟みやすくなります。

タイヤに対して細過ぎるとチューブの伸びが大きくなるので肉が薄くなってしまいます。でも32を35にぐらいならたいして問題はありません。(メーカー指定でも兼用の場合があるのでは?)

分数表示はややこしいのですが  28×1 5/8 というのは700Cを分数表示した場合の書きかたです。
700÷25(mm)=28(インチ)ですよね...続きを読む

Qあさひのオリジナルクロスバイクってどうですか?

あさひのオリジナルクロスバイクってどうですか?
http://www.cb-asahi.co.jp/image/09bike/cba/prec.html

ほぼ毎日ジョギングをして、いくつかマラソンに出た経験もありますが、
ランナーズニーになってしまい、運動不足防止と交通費削減のために
自転車通勤をしようと考えています。
・通勤距離:22キロくらい
・場所:都内郊外
・クロスバイクは初めて
・マラソンはしていたので(自己タイムベスト3時間半)、体力面では
多分大丈夫だと思います。

あさひの自転車はどうですか?自転車通勤の心得のようなものがあれば教えて
ください。

Aベストアンサー

通勤用にはいい自転車だと思います。通勤に使うのであればこれくらいの自転車じゃないともったいないですしねw個人的には十万円とかする自転車一台しかもっていないのにそれを通勤で使うのは…と思ってしまいます。そっちの方が初心者感丸出しって気がしてしまいます…

ディスクに関しては、メカニカルディスクですから構造上常にシャカシャカいってしまう物ではありません。油圧だとシビアに調整してもシャカシャカ音が消えないことはありますが、メカニカルディスクは基本的な簡単な調整だけで音はしなくなります。
雨の日にも乗ることを考えると維持費に関してはディスクの方がパットなどの減りが遅いので結果的にリムブレーキ車とトントンくらいになるかと思います。メンテナンスのときにディスクに油分をつけたり、ピカピカにしたいからとワックスかけたりしなければですけどねw

さらに8Sだからスプロケも安いですし、チェーンも安い。9,10Sと比べれば歯も厚くより耐久性のある(重たい)素材がギヤ周りに使われています。雨の日に乗って濡らしっ放しにしなければ結構持ちますよ。
街路樹の落ち枝を車輪に巻き込んでRディレーラー壊したりしたときも8Sなら安く補修できますね。

このレベルの自転車なら、実用性を考えてフェンダー(泥除け)やスタンドをつけてもいいような気もします。

ご参考までに。

通勤用にはいい自転車だと思います。通勤に使うのであればこれくらいの自転車じゃないともったいないですしねw個人的には十万円とかする自転車一台しかもっていないのにそれを通勤で使うのは…と思ってしまいます。そっちの方が初心者感丸出しって気がしてしまいます…

ディスクに関しては、メカニカルディスクですから構造上常にシャカシャカいってしまう物ではありません。油圧だとシビアに調整してもシャカシャカ音が消えないことはありますが、メカニカルディスクは基本的な簡単な調整だけで音はしなくなりま...続きを読む

Qアルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走れるみたいです。

クロムは剛性があるので長時間でもさほどつらくならないようですね。
ただ、ちょっと重いですね。

ネットで調べましたけどこれくらいの違いしか分かりませんでした。
ただ、例えばこの振動がゴツゴツくるアルミでも、それがいいっていうバイカーもいるんですよね。

まったくの初心者なので、700cって何? という感じで調べている状態です。
アルミ、クロモリと言っても車種の年代によって、また、サスがあるなしとかでかなり違ってくるのだろうと思いますが
バイカーの先輩としてご経験上のアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走...続きを読む

Aベストアンサー

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると フレームお釈迦といった 強度でした。
自分は、ロードで無く ランドナーという OFFを走る650Bタイヤのフレームを 作った際
022ダブルバッテトーチューブベースのものと チェーンステイ、シートステイを019を使ったフレームを使用していましたが
019(薄く軽量固い)のチェーンステーは 固く 撓みが少なく 踏み込みパワーロスが少ない反面
足に来ます。疲れる 痛くなる 足に負担が大きかったです。
自転車は 基本サスペンションは、無く フレームの撓みで 有る程度 乗り心地や 踏み込みパワーを
緩和してくれるもので 結構固さや撓みは 重要です。
 フロントフォークの曲がりひとつでも 乗り味は変わります。

ロードの理想は、固すぎない クロモリです。
 クロモリフレームは ロー付けで組み立てます。下手なビルダーが バーナーで炙り過ぎると 良くないです。 作る人を選びます。
アルミは、柔らかい 重いので 好みません(マウンテンバイクなどには、良いかも)
一番良いのは、カーボンパイプの フレームです。 それなりのカーボンフレームなら 撓みが絶妙
乗り心地良く 足に来ません 一番軽く 楽に乗れるのが カーボンです。
値段が高価ですが それ相当の価値が有ります。

サスペンション付きは、まず
サスペンションによる 重量増が 問題 サスペンションとしての機能が 合っているか 微調整できるかで 使えるか 付かないかが決まります。
乗る人の 体重でも設定が変わりますので 自転車用サスペンションが 何処を狙って 選定されたものかを見極め 試乗し 自分に合うかを 確認した方が良いでしょう
また 細かな相談や調整をしてもらえる ショップでの購入を お勧めします。
未経験、素人、詳しくなければ、何件も ショップをめぐり 相談
一番 自分に合う店で 購入する事
自転車自体より ショップの アフターが重要です。
元 選手が開いたショップだから 良いとい事も有りません 
安いけど 腕がないのも 困りもの ですね! スポークホイール組めない ショップも意外と多いんですよ。

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると ...続きを読む


人気Q&Aランキング