出産前後の痔にはご注意!

11、2年ほど前に新車でファンカーゴを購入しました。
今まで事故や大きな故障もなく先日車検を通しました。
そして数日経ちいつもどおりに朝会社に向かおうとアクセルを踏んだら
スムーズな発進ができず後ろからボン!と音がし2秒くらい経ってから普通に加速しました。
それが信号で止まり発進する度にそんな感じだったのですが2、3キロ走ったら(エンジンが温まったら?)元通りになったのでたまたま調子が悪かったのかな?と思っていました。
そして仕事が終わり帰ろうとしたらまた朝と一緒の状態になり
それが一週間くらい続いたのでこれはいかんと思い
トヨタのディーラーで検査をしてもらいました。しかし色々調べたがコンピュータで
でた数値は全く問題ないと言われました。
まあ友人の所だったので疑わしい所の部品を代えてくれたのですが
それでも全く直りませんでした。その友人曰くトランスミッションだったらやばいなー、、
と断定まではしなかったのですが、このような状態の時は他にどんな原因が考えられるのでしょうか?また修理すれば直る状況なのでしょうか?詳しい方教えて下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も『点火プラグ』説が、一番可能性が高いと思います。



点火プラグ-くすぶり
http://www.ngk-sparkplugs.jp/products/sparkplugs …

理由は、

1,エンジン始動してからの「冷間時」に起こる。
2,ある条件が揃うと、症状は発生しない。

以上の事から、点火プラグの「すす」が溜まっている状況にそっくり。
アフターファイヤ(ボンという音)は、「生ガス」が触媒で、再燃焼したときの「異音」です。
点火プラグを交換しましょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。点火プラグを換えてみたいと思います

お礼日時:2012/10/10 22:53

おそらくトヨタで見てもらった時は症状が出なかったのですね



疑わしいパーツを変えてもらっても症状は出るということですね

たぶんスパークプラグ・コードあたりを交換したんだと思います

冷えてる時に症状が出るなら 水温センサーあるいは〇2センサー

ですねダイアグででない時があります水温センサーは安価なので

それから変えてみたらいかがでしょう〇2は高価ですが社外も出て

いますので調べても見てください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速水温センサーを換えてもらい
様子を見てみたいと思います

お礼日時:2012/10/10 22:52

詳しいわけではありません。



昔は、バックファイヤー(後ろの音)が出るのは、1気筒点火していないガスがマフラー内で燃焼したときの音でした。(点火系の故障)

素人が自分でできるのは点火プラグの点検程度です。

現象が出たときにプラグを点検してガソリンで湿っているようならこれです。
また、他と比べて色が黒ずんでいたり。。
試しに同じ型名のプラグを1本購入して新品に交換。
もしくは、プラグへのケーブル(太い配線)の交換など。

点火系統のプラグまでの段階や燃料インジェクションが壊れているなら素人には無理かと。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は点検すらできないド素人なので
ディーラーにお願いして交換してもらおうと思います。

お礼日時:2012/10/10 22:46

こんにちは。



症状からして点火プラグ系統が怪しいですね。
エンジンのサイクルで完全な点火爆発が行われないと生ガスが排気されますから、それがマフラーで爆発することで後ろから「ボン!」というような爆発音がします。

その後、正常な加速が出来るようになったのは点火プラグが焼けて正常な爆発が行われるようになったからと考えられます。

エンジン始動直後に起こり、ある程度走行すると症状が出なくなるなら、点火プラグを始めとする点火系統を点検してみると原因が分かると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。プラグを交換したいと思います

お礼日時:2012/10/10 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクセルを踏んでの発進・加速時に、もたつく感じがします

信号待ちとかでいったん停止して、発進させようとアクセルを踏むのですが、踏んだ時スムーズに加速せず、アクセル踏んで少しの間加速感が重い感じがして、変速ショックがある、という感じです。
どこか悪いんでしょうか?ディーラーで購入した車でないので、どこへ修理等の相談をしたらいいかわかりません。原因がいまいち素人の感覚では判りかねるところです。私が思うに、ATF交換したほうがいいのかな?と思ったのですが、今年の4月の車検の際にまだ交換しなくてよいと判断されています。
ちなみに、車検は民間整備工場(某車検専門チェーン店)で行いました。
どなたか原因等わかる方いましたら教えていただきたいと思います。
車は、ホンダ オデッセイ RA1です。

Aベストアンサー

可能性としては、
1.やっぱりATFの劣化

2.トルコン自体の故障

3.点火プラグの劣化

4.FIの詰まり、ホースの劣化

5.マフラーやエアクリの交換による、設定変更ミス

とくに1は走行距離で判断されたと思うのですが、絶対と言うことはないので、ディーラーなど複数の整備工場でみてもらってはどうでしょうか?

あとの2~5はもしかしたらという程度です。プラグであれば自分でもできますし、簡単にチェックしてもらえますので、試しにみてもらってはどうでしょうか?

Q加速しない、アイドリングは安定。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃料タンクが何となく「ペコッ」と音がした感じがして
 燃料ポンプへの影響を疑い、燃料を満タン状態にする、
 ポンプ、キャニスタ-関係かなとおもったりしたのですが、タンクにショックを
 与え、燃料満タン、この状態で丸一年無事乗ってきました。
○最近満タンにしていなく半分くらいの量で置いたままの状態でした。

今日の状態は下記の通りです。
○空ぶかしの状態では幾らでも回転数は上がる。
○実走行。アクセルを踏み込み2500回転位か「?」オ-トマ、加速出来ない。
 さらにアクセルを踏み込んでも返って減速する。(たまに順調に加速するときがある)
○アクセルを戻し再び踏み込む、加速する。(しないときもあるがほとんどがする感じ)
○アクセルふかす→減速→アクセル戻す→アクセルふかす、こんな状態で何とか
 帰ってきました。
 尚平地では何とか走行出来ていますが坂(付加がかかるところはしんどい感じです)
 平地では順調に行けば60キロ位の速度で順調に走行できる感じです。
 尚、エアコンを入れるとダウンする感じです。(アイドリング状態ではオッケイ)
○燃料満タン状態にしました。

深刻な常態かそうでないのか、何となくの回答で結構ですので
よろしくお教えお願いします。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃...続きを読む

Aベストアンサー

当方のH11アトレーバンカスタムターボ(S230V)も似たような感じが出たことあります。
(ただアイドリングで少しだけ不調な兆しがありましたが)

イグニッションコイルの劣化。(亀裂が入っており上手く火花が飛ばないときがあった。ならびにプラグ)

VSVバルブ劣化。その他ISVバルブ類の可能性も(ブースト圧がかからない為上り坂などではきつくなる。ブースト異常などでアトレーにはよくあるとの事。)

スロットルボデーやインジェクタなどの汚れ。センサー故障。


などが怪しいでしょうか・・・

踏み込んだときタービンの音は聞こえますか?
聞こえないならVSVやアクチュエーター・タービン劣化等が可能性高いかもしれませんね。
(エンジンの熱によりバルブが故障するみたいなので、さらに気温上昇などで同じ症状が出やすい可能性も)

参考URL:http://www51.tok2.com/home/kiroku/syuurisyo2/DAIHATU/S200-H14kouzou.pdf

Qアクセルを踏んでも進まない。

アクセルを踏んでも進まない。

16日に、日産 CUBEの新車を納車しました。

早速友達と遊びに行き、帰りに車に乗り込み、いざ発進しようとしたら、アクセルを踏んでもなぜか車が動きませんでした。

溝にはまったり、ちょっと坂だったなどはありません。

とりあえずもう一度エンジンをかけ直したら通常通りに動きました。

故障だとは思えないのですが、
発進の手順などの違いで
アクセルを踏んでも進まなくなったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

車種はまったく違いますが、うちも新車にして同じ
現象がありました。
エンジンをかけてすぐにギアを入れるとアクセルを
踏んでも進まないんです。

検査してもらったところ、トランスミッションとやら
に異常があり、ギアが普通の車より入るのが遅いとわかり、
すべて無償で部品交換等して修理もらいました。

車自体に問題があったわけですから、迅速に対応して
くれますよ。連絡してみてください。

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

Qアイドリング・加速不安定の原因・対策について

エンジン(?)の不調原因が分らず、質問させていただきます。
知識経験をお持ちの方、何か原因なり対応策なり、さらに調べてみるべき事なり、何かヒントでも頂ければ幸いです。

車種:スズキ エブリィ バン Join ターボ無 5MT 11年式 走行14万km超

症状:

アイドリングが不安定で、スムーズに加速せず、酷い時にはガス欠寸前の時のような感じでギクシャクし、なかなか回転が上がりません。
多くの場合は、ある程度速度が乗ってしまうと、加減速含めてそのままスムーズに走れ、また停車して発進しようとするとギクシャクするという繰り返しです。
まれに酷い時には、速度が乗った後も加減速がスムーズにできません。
(その場合でも、一定の速度を保っていると特に問題なく走れます)
酷く不安定になった時でも、そのままエンストした事は一度も有りません。

オイル・オイルフィルターエレメント・エアクリーナーエレメント・プラグは交換してみました。
インジェクションクリーナー(ガソリン添加)を入れてみました。
これらでは症状に変化は有りませんでした。

症状は出る時と出ない時の差が激しく、一日中でない時、最初から出ている時、エンジンが温まるとおさまる時、逆にかなり時間が経ってから出る時、まったく一定ではありません。

追加情報:

かなり距離を走っている事もあり、オイル下がりやエンジンのオイル滲みが出ていました。
これらは、先日のオイル交換の際に添加剤を入れてみてから目に見えて改善しています。
ですが、上記の症状は一通りのことをやった後もまったく改善しておりません。

この症状が出る以前から、給油時にキャップを開けると、空気が通るプシューっという音がします。(車内にいる人にも聞こえるくらい大きな音)
関係ないかもしれませんが、何か燃料の流れが悪いなどの事があるのでしょうか…
(普通なのかもしれませんが、他の車では経験の無い事なので)


以上、情報不足はご指摘頂ければ適宜追記いたします。
お知恵を拝借出来れば幸いです。
よろしくお願いいたします。

エンジン(?)の不調原因が分らず、質問させていただきます。
知識経験をお持ちの方、何か原因なり対応策なり、さらに調べてみるべき事なり、何かヒントでも頂ければ幸いです。

車種:スズキ エブリィ バン Join ターボ無 5MT 11年式 走行14万km超

症状:

アイドリングが不安定で、スムーズに加速せず、酷い時にはガス欠寸前の時のような感じでギクシャクし、なかなか回転が上がりません。
多くの場合は、ある程度速度が乗ってしまうと、加減速含めてそのままスムーズに走れ、また停車して発進しようとする...続きを読む

Aベストアンサー

プラグコードを確認して見て下さい。老化するとその様な現象が起こります。

QワゴンR 坂道でスピード出ない O2センサー不良?

『情報』
ワゴンR MC21S 10年式 15万キロ 寒冷地

『症状』
2ヶ月位前から、坂道でスピードが出なくなりました。
平坦な道は特に問題ありませんが坂道では回転数は上がりますが
ベタ踏みで60~70km位しかスピードが出ません。
また、最近は寒いこともあり朝一は数分暖気しないと走り出しません。
全体的に高回転数走行の増加・アイドリング時間増加等の影響もあり
燃費も平均で2~3km/l程悪くなってます。
エンジンチェック等のランプ点灯はありません。
異音や異臭も特にありません。
始動時は2000回転位、信号停止時は1000回転弱(時々ガタガタ振動)
エンストはしません。

『対処』
町工場でマフラー(要交換)・オイル・エレメント・プラグを交換しました。
(走行距離などからATFの交換はしない方がいいとのことでしたので回避)
プラグですが、(1)オイル付着・(2)焼け・(3)正常でした。
(2)のイグニッションを(3)に差し替えたりするとエンスト気味になるとのことでした。
断言は出来ないけどO2センサーが悪いのではと言われました。

『事後』
症状はほとんど改善されていませんし燃費もほとんど変わりませんでした。
ネットで自分なりに調べてみて、エンジンチェックランプが点灯していないので
O2センサーはあまり関係なくイグニッションコイルが悪いのではと素人ながらに
思うのですがよく分かりません。
ちなみにイグニッションコイルは今まで交換したことがありません。
お金も無いのでなんとか騙し騙しもう少し乗りたいと思っておりますので
アドバイスお願い致します。

『情報』
ワゴンR MC21S 10年式 15万キロ 寒冷地

『症状』
2ヶ月位前から、坂道でスピードが出なくなりました。
平坦な道は特に問題ありませんが坂道では回転数は上がりますが
ベタ踏みで60~70km位しかスピードが出ません。
また、最近は寒いこともあり朝一は数分暖気しないと走り出しません。
全体的に高回転数走行の増加・アイドリング時間増加等の影響もあり
燃費も平均で2~3km/l程悪くなってます。
エンジンチェック等のランプ点灯はありません。
異音や異臭も特にありません。
始動時は2000回転位、信...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、私のワゴンR・CT21でも12万キロ位の頃に同様の症状でしたが、1・平地  症状出ず  2・坂道  エンジン回転上昇 スピード出ず  3・始動後  すぐ走らない  これからするとオートマが原因だと思います。過走行のATFは交換しないほうが良いと言われていますが、これは只の抜き替えだけではトラブルが出る可能性があるためにやらない口実なのです。20年以上前はATFは交換しないと言われていましたが今では交換の目安まで書いてあります。エンジンであれば15万キロの車でもフラッシングやオイル交換はしませんか?ATFも劣化していくのですがリスク回避の言い訳になっていると思います。ただ交換するには冷えた状態でATFオイルパンを開け全量廃棄しストレーナーの交換もしくは洗浄(小さなゴミも駄目ですが)し組み付け後にバーOルから出ているAFと言うオイルとATFを指定量入れ、各レンジにて空転などをさせなくてはならないですが、かなりの効果は出ると思います。作業時間は一人で1時間半位でしょうか?順番が違いますが1・2は負荷が平地以上に掛るとオートマが滑る、3・ATFが温まり始めるとオートマが効きだす  プラグの状態等あると思いますが原因はこちらだと思います。ご自分で行えば1万円でお釣りがきます。私のワゴンRもいろいろ試しましたが現在好調に走っています。(現在14.2万キロ)私はバーOルとは全く関係が無いのでネットで検索をしてみて下さい。もっと良い商品があるかもしれませんのでお願い致します。私の近くのイエO-やオートOOOでは扱いが無かったのでネットで探した遠方の業者様より取り寄せ相談した結果、メーカーでは1本使用とありましたが2本使用しました。結果は抜き替え後70から80キロほどしてから出てきました。迷路のようなオートマ内部が少しづつ洗浄されたのではないでしょうか?効果の早いものは汚れの剥離などで逆に詰まりが出てしまうのかとも思います。

はじめまして、私のワゴンR・CT21でも12万キロ位の頃に同様の症状でしたが、1・平地  症状出ず  2・坂道  エンジン回転上昇 スピード出ず  3・始動後  すぐ走らない  これからするとオートマが原因だと思います。過走行のATFは交換しないほうが良いと言われていますが、これは只の抜き替えだけではトラブルが出る可能性があるためにやらない口実なのです。20年以上前はATFは交換しないと言われていましたが今では交換の目安まで書いてあります。エンジンであれば15万キロの車で...続きを読む

Q失火?謎の加速不良

最近、謎の不調に悩まされているのでお知恵をお貸し下さい

主に2~3000回転くらいになるとウォン…ウォン…と2~3回エンジンの吹けが途切れその途切れに合わせて車体も前後に揺れます
しかも厄介な事に毎回必ずなるのではなく下からアクセル一定で加速して行くような時には比較的起こり難いような気がします。逆にアクセルを踏んだり戻したりしながら加速するような時にはよく起ると思います。特に2~3000回転付近でで一度アクセルオフしてから再びオンするような状況では必ずといっていいほど発症します
レブまで回したらどうなるか?とかフルブースト掛けたらどうなるか?など怖いので試していません

車は5年式180SXです
マフラー(触媒後)とエアクリ(ムキ出し)のみ交換してあります。CPUは純正です

アホなので変な説明ですが解り易く教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

車種は全く違いますが・・・

よく似た状況になりました。
ホンダバラードCR-Xでした。

加速がおかしい(一定でない)。
タコメーターの針が、意に反して、時々下がる。
真空計の針も、同じように不安定。

結果は、点火系の不調でした。
詳しくは、デスビの入り口(だったと思います)コードの接続部分が
溶けたような状態でした。
コードの交換だけで修理完了でしたよ。

ただし、古い車だったので、なかなか部品が無くて・・・
とりあえずはディーラーで「プレリュード」のものを応急的に取り付けて貰って
後日また交換という段取りになりました。

Q加速しようとするとノックする

89年式のフォルクスワーゲン:ゴルフ5速MTです。
走行は12万km、車検は今年5月に通っています。

(平坦な道で)普通に加速しようとアクセルを踏むと”カクカク…”という感じでノックします。
2速や3速に入れていても発生します。
登りやカーブでは言うまでもありません。

なお、等速で走っているときは100km/hぐらいでも異常はありません。

原因として、どのようなことが考えられるかを教えて下さい。

Aベストアンサー

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感できるような振動やスムーズさを欠くような状態になることはまずありません。速度の低い状態で無理に高いギアでアクセルを踏み込んだり、エンジン内部に多量のカーボンが堆積していたり、点火プラグの熱価が不適当である場合に起こります。上記に照らし合わせて症状がノッキングであるならば、まずは点火プラグを外し点検してみてください。点火プラグの先端部分が黒く煤だらけになっていたり白っぽくなっている場合はプラグの熱価が不適正である可能性が大きいので、黒くすすけている場合は熱価の低い物に、白っぽくなっている場合は熱価の高いものに交換が必要です。正常な場合は食パンの耳の部分のような狐色になっているはずです。

ノッキング以外の症状である場合、アクセル操作に伴って起こると言うことですので、点火系統(ディストリビューターキャップおよびローター・プラグコード・点火プラグ)の異常がある状態でスロットルが深く踏み込まれるとエンジン内部での実圧縮比が定常回転時よりも大きくなり、点火火花が飛びにくくなります。この結果先に述べた点に絶縁の低下などがあると点火プラグ部分で火花が飛ばず、絶縁低下を起こした部分でリークを起こしてしまう場合があります。こうなると点火に失敗した部分ではエンジンは息をつくことになり体感できる振動や加速のスムーズさを欠くという状態になります。他には燃料噴射系統のトラブルで加速時の燃料噴射量の補正(一時的に定常状態より濃い混合気を作る)が正常に行われていない可能性があります。こちらの方は専門知識をもった上で無ければ点検も修理も不可能ですので、ディーラーなどで点検を受けることをお勧めします。

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感でき...続きを読む

QRレンジ(もしくはDレンジ)に入れても動かないって普通おかしくない?

H17年式AZワゴンFX 2WD 4AT 走行距離は8000km弱です。
エンジン始動した後、暖機もそこそこにブレーキを踏み、駐車場の都合上まずバックする必要があるのでRにシフトし、サイドブレーキを解除した後にブレーキを解除しても、車が動かない事があります。インジケータもRが点灯している状態なのに、です。買ってから1年弱で、Rレンジで4回ほど、Dレンジで1回(この時はまずRに入れてバックはできたのに、Dに入れたら進まなかった)の計5回ほど、こういうことがありました。
シフトを入れなおせば動くようになるのですが、つい先日、この現象が発生した時はそのまま放置してみました。7分ほど経った後、やっと動きだしました。その間、アクセルを煽ったりもしたのですが、Nレンジに入っているかのようでした。実は、この時の前に、別件でミッションを新品に載せ変えており、それでも発生したわけです。
ディーラーにこの症状を訴えた所、ATの始動後にはこのような現象が起こる機種もあり、改善する方法はあるかもしれないが解消することは無理と言われました。この現象が起きてもそれは想定内の事であり、機器は正常である、と言うこと? 本当にディーラーの言うとおりなのでしょうか?
私の周りの友人にも尋ねてみましたが、この現象を経験した人はおらず、それはおかしいのでは?という人ばかりでした。ネットで検索しても、同様の例は発見できませんでした。

どなたかこの現象についての説明が出来る方はいらっしゃいませんか? 一応、私も機械系の設計をやっていますので、ある程度の知識は持ち合わせているつもりですが、ATの構造については知識が無く想像もつかないもので…。参考となる文献の紹介でも構いません。
また、同様の現象を体験された方、いらっしゃいませんか? そしてその車に対して、どのように処置してもらったのかを是非教えてください。
よろしくお願いします。

H17年式AZワゴンFX 2WD 4AT 走行距離は8000km弱です。
エンジン始動した後、暖機もそこそこにブレーキを踏み、駐車場の都合上まずバックする必要があるのでRにシフトし、サイドブレーキを解除した後にブレーキを解除しても、車が動かない事があります。インジケータもRが点灯している状態なのに、です。買ってから1年弱で、Rレンジで4回ほど、Dレンジで1回(この時はまずRに入れてバックはできたのに、Dに入れたら進まなかった)の計5回ほど、こういうことがありました。
シフトを入れなおせば動くようになるので...続きを読む

Aベストアンサー

思い当たることは、2つ

1.ロストドライブ
 トルクコンバ-タ内に空気が入っている(動力伝達するオイルが少なく、動力が伝わらない)
 (駐車中、エンジンが停止している間にコンバ-タ内のオイルが、オイルパンへ出てしまう)
 油路の機密性に限界が有り、ある程度しかたない=ディーラーの話はこのことでは

2.オイル量が足りない(オイルポンプでオイルを汲まないため油圧が必要量無い)
(下手な整備に出すと、エンジンオイルのようにエンジンを切って診るところもあるようです)
 ATFの量は N(P)レンジで、アイドリング、レベルゲ-ジの適正の範囲にあるか(冷間と温感があります)
ロストドライブもオイル多目に入れることで、出なくなることがありますが、高速走行で温度が上がるとオイルが噴出すので、多い状態での走行はお勧めしません。

QATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?

ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???しかしディーラーに交換を相談するとかならず、2万キロ事に交換していないなら今更交換すると詰まってしまうかもしれないそれなら不具合が出るまで交換しない方がいいとの回答。いったいATF(オートマフルード)を交換しないとどうなるのでしょうか?そもそもその役割すらすらないのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。
その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。
この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。
この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。
従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。=2万キロ走行毎の交換が必要、という事なのです。


【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。
あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。
この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む


人気Q&Aランキング