フィナステリドというのは、女性ホルモンのことなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フィナステリドは、女性ホルモンではなく、育毛効果のある成分の1つです。



薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する素材物質の1つである、
5αリダクターゼという酵素の生成を阻害することができます。

ちなみに5αリダクターゼと男性ホルモンが結びついて、DHTが生成されるため、
薄毛面での男性ホルモンの役割を弱めることになります。
その辺の因果関係からフィナステリド=女性ホルモンと思い違いされたのではないでしょうか。

参考URL:http://ikumou-seibun.com/blog-entry-70.html
    • good
    • 0

簡単な答えとしては、フィナステリドは女性ホルモンではありません。




詳しい答えとしては、5αリダクターゼを抑制する薬です。

男性ホルモン(テストステロン)は5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
DHTはテストステロンの5^10倍の強さをもちます。
http://www1.odn.ne.jp/~cbr41750/dht.htm

フィナステリドは5αリダクターゼを抑制することで、DHTを減らし、脱毛を抑える効果を狙っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性ホルモンとりながら筋トレしたら中性的な男性になりますか?

女性ホルモンとりながら筋トレしたら中性的な男性になりますか?

Aベストアンサー

男性としての機能がある限り、女性のホルモンを取り入れも、
中世的な男性にはなりません。
男性の機能はペニス、便所に入って用を足した時、女性との関係を持った時、射精をすると同時に男性の体内から女性のホルモンも射精をされます。

QAGAについてですが、私の大切なひと女性五十ですが、髪が抜けてスケスケです。どうすれば、髪が戻るんで

AGAについてですが、私の大切なひと女性五十ですが、髪が抜けてスケスケです。どうすれば、髪が戻るんでしょうか?

Aベストアンサー

女性の薄毛であれば、びまん性脱毛症かもしれません。
女性の飲む育毛剤として有名な「パントガール」がオススメです。
かなり改善される方が多いようです。
医薬品ではありませんので、副作用もなく安心して飲用できると思います。

【参考】【びまん性脱毛症】女性専用の飲む育毛剤Pantogar(パントガール)
http://hageusuge.blog74.fc2.com/blog-entry-1515.html

Q25歳、男です。 大変ショックなことに、最近髪が薄くなってきました。 具体的には、前髪、ひたいの生え

25歳、男です。
大変ショックなことに、最近髪が薄くなってきました。

具体的には、前髪、ひたいの生え際周辺の毛が細くなったり、数が少なくなって来ています。
まだ周囲から薄くなったね、と言われるほどではありませんが、確実に薄くなっています。

心配になり、AGA専門のクリニックで診てもらったところ、初期の段階ということでした。
しかし、そこで紹介された治療はかなり高く、手が出るものではありませんでした…。

そこで、自分でできる手段はないか探しています。
オオサカ堂のポラリスシリーズを検討中です。

いきなりの内服は怖い(身体が弱く、薬が苦手ですので)ため、塗り薬やシャンプーを考えています。
NR-2など、ミノキシジルやフィステロイドが入ったものです。

これらの外用でも、進行予防やできれば発毛効果はありますでしょうか?
何かオススメがありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リアップと亜鉛とノコギリヤシで対策しています

Q今更ながらですが、髪の毛には、白髪は、無いのですが!アンダーヘアに白毛が!何故に? 抜くと良いか?

今更ながらですが、髪の毛には、白髪は、無いのですが!アンダーヘアに白毛が!何故に?
抜くと良いか?
染めるってあり?ですか?

Aベストアンサー

年齢がわかりませんが、切った方がいいと思います。

Q更年期ホルモン療法の危険性はありますか

先日、テレビの番組で更年期女性のホルモン療法の効果が放送されていました

この療法のリスクを知りたいのですが、否定的な意見をお持ちの方がおりましたら、是非教えてください

数年後にネガティブな意見が出てくる場合が多いのですが、端的なご意見をお願いいたします

Aベストアンサー

医学一般でいわれる「ホルモン補充療法」の弊害は
1) ホルモン負荷による発ガンの促進。とくに内性器、乳房などの元もとの関連諸器官。
2) 心血管系への負担、心筋梗塞や脳卒中の可能性の増加。
の2つが大きなものでしょう。これらは統計的には間違いなくあることが証明されています。しかし医療とはリスクとベネフィットの相対関係で決まるものですので、適切な主治医の指導を受けてリスクを最小限に抑えること&利益を安定させることが重要だという結論以外は出るものではないです。

否定論者ではありません、あしからず。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報