【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

縁あって、アパレル販売の仕事をすることになりました。
始めてからそろそろひとつきになります。

しかし、服の陳列順が覚えられず、店長に注意されました。
平置きの服は覚えられるのですが、ハンガーに掛っている服の順番は、覚えられないでいます。
また、結構早いスパンで服が入れ替わりますし、商品は同じでも、毎日のように配置が変えられています。
覚えるよう意識しながら仕事をしているつもりですが、付いていけていません。
これは、この仕事に不向きということでしょうか?

どうしたらハンガーに掛っている服の配置を覚えられますか?
(新人なので、自分で配置を考えたりすることはありません)

よろしくお願いいたします

A 回答 (1件)

こんにちは。



お店によってルールが違うので一概には言えないと思いますが、
「棚掛けの服の順番の基本ルール」があるはずです。

たとえば、
店頭入り口側を手前と考え、
手前から「丈が短い~長い順」、「色が暖色~寒色順」、「新作~古い順」、「価格が安い~高い順」
にし、さらにその中での優先順位があるという風に、
なにかしらの基準があると思うんですがどうなんでしょうか?

入れ替えが多く、商品の回転が早いところでは、
そういった基本のルールを覚えないことにはどうにもならないと思います。

内容が変わっても、そういった基準があれば、対応できます。

1つ1つを細かく把握し対応するのも大切ですが、
それ以前に、
まずはそういったお店全体の基準を覚えるといいと思います。

その後、さらに深く、細かい部分までを把握して行くようにしてみてはいかがでしょうか?

少しでもご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

うちの店の場合、「丈が短い~長い順」、「価格が安い~高い順」は無いようです。

「色が暖色~寒色順」、「新作~古い順」はあり、それは私にも掴めます。
しかし、さらにその中での優先順位があるようなんですが、それが覚えられないのです。
Aというシャツ、Bというスカート、という順に(スリーブアウトで)並んでいるとして、服を戻すときなどこれを誤って逆に戻すと、注意されます。

>なにかしらの基準があると思うんですがどうなんでしょうか?

その基準をきくと、「(私には)まだ早い」という回答が返ってきました。
「配置された状態そのままに、暗記しろ」ということのようです。

>入れ替えが多く、商品の回転が早いところでは、
>そういった基本のルールを覚えないことにはどうにもならないと思います。
>内容が変わっても、そういった基準があれば、対応できます。

やはりそうなのですね

>まずはそういったお店全体の基準を覚えるといいと思います。

その基準は、教えてもらえません。
店長は、そのように質問されることも嫌がります。
私に、何事も、「頭でなく、体で覚えてほしい」そうです。

困りました。。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/08 15:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色別による陳列方法について

色別による陳列方法についてお尋ねします。
赤、橙、黄、緑、青、紫、灰、黒、白、透明の同じデザインで色だけ違う商品を陳列する場合、
左からどのような順番で陳列するのが基本なんでしょうか?
暖系色から寒系色に並べるというのが基本と記憶しているのですが、
特に灰、黒、白、透明の扱いがよくわかりません。
詳しい方がいらっしゃいましたら、ご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

黒、白、青、透明、緑、黄、灰、橙、紫、赤、右からこの順番に置きます、人の視線は1番に右側に向けられます、そこに1番
強い色相の赤を置きます、暖色系と寒色は分けなければ補色同士が隣り合わせでは反発してギラギラします。
ここでは左から説明します、黒の右側の白は黒と対比して美しいです、白が1番左では引き立ちません、1番強い黒を1番左に置きます。
青と緑の関係は、緑は黄色の暖色が混入されているので暖色に近い右側です、青と緑は色相が近いので間に透明を置きます。
黄、橙は色相が近いので間に灰を置きます。
橙、赤も色相が近いので間に紫を置きます、紫の色相は優雅で神秘的な大変魅惑的なイメージですから右寄りに置きます。
透明の位置は青と緑の水を連想させる色相の間なので同じく水のイメージが出せます。

どんな商品だろうな。


人気Q&Aランキング