出産前後の痔にはご注意!

 
先日、上司が会議の議事録の中で、(けっして、ハードルは低くありません。)
という発言をしました。しかしこれは日本語の使い方としておかしくありませんか?
 むしろ言うなら(かなり、ハードルは高いが・・・)というべきではないでしょうか。ハードルがと言えば次に続くのは高い。でしょう。これは、敷居が高いと同じ言い回しで、決して敷居が低くない。とは表現しないでしょう。皆さんどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

基本的にはおっしゃるとおりと、同意できます。


「ハードルが高い」は慣用句に近い使われ方をしていると言っていいでしょう。
「ハードルが低い」という表現を単独で使うと不自然になります。
「敷居が低い」や、他では、「灰汁が弱い」「開いた口がふさがる」などが不自然になるのと同様です。

ただ、本来の慣用句表現を引き合いに出した上で、それに対義する意味合いを逆表現に持たせることは可能ではないか、という気がします。
たとえば、次のような内容です。
・(敷居が)高い高いと思っていたが、最近、やっと敷居は低くなったように感じる。
・あれほど灰汁の強かった男が、最近はめっきりおとなしくなって、むしろ灰汁の弱い人間と言ってもいいほどだ。
・開いた口が塞がらないと相手はあきれていたが、懇々と事情を説明したら、塞がらなかった口もやっと塞がったようだ。
こうした例と同じく、仮に、
「(ハードルが)それほど高いというわけではないが、けっして、ハードルは低くありません」などであれば許容範囲になる、というのがわたしの個人的見解です。

しかし、
「けっして、ハードルは低くありません」のように、本来の慣用句表現を引き合いに出さずに単独で使うと不自然になってしまう。
これは、
・あそこの家は敷居が低いので行きやすい。
・彼は灰汁の弱い人物です。
・色々説明してもらったら、やっと開いた口が塞がったよ。
などが不可であるのと同様です。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の回答者様も言っておられますが、慣用句ではなく、一般的な言い回しと考えればおかしくはないということで、よく理解できました。丁寧な解説ありがとうございました。回答者様を代表してお礼を申し上げます。

お礼日時:2012/10/15 12:24

「低くありません」という表現は、



低く (形容詞・低いの、連用形)
あり (五段活用動詞「ある」の、連用形)
ませ (助動詞「ます」の未然形・動詞に接続する)
ん (否定を現す助動詞「ぬ」の終止形)

と、文法的には整合がとれていますし、日常的にも、さほど不自然というイメージはないと思います。
もっとも、「ハードルは、決して低く『は』ありません」とするだけで、かなり落ち着いたイメージなるのは確かですが。

むしろ、「決して……低くありません」という表現を、「かなり高い」という意味でとらえることのほうが、誤っている気がします。
    • good
    • 0

>むしろ言うなら(かなり、ハードルは高いが・・・)というべきではないでしょうか。



その通りでしょう。
ただし、当人の不義理意識から主観的に跨いで入りにくいだけで実際の高低とは関係のない「敷居云々」との類比からではありません。
1.高低
この場合の「ハードル」とは、越えなければならない<高さを持つ>障害の意味なので、厳しい高さの場合は「─(障害)が高い」といいますが、ちっとも高さがなく安易な低さでしかない場合は「─(障害)にもならない」「─(障害)とはいえない」などが自然で、「ハードル(障害)が低い」という状態形容は一般には使いません。そもそも一定の高さがあってのハードルなのですから。
2.低くありません
日本語学習者のレベルではいざ知らず、このような「形容詞+ありません」は舌足らずでかなり不自然に響きます。
一般には「ハードルとして決して低いレベルではありません」ときちんと統語表現を取るか、ご指摘のように「ハードルとしてかなり高いものがあります」と肯定文に戻すか、否定文のままなら「ハードルとしてさして高くないとは思いません」「ハードルとして容易だとも思えません」「決してハードルにもならないわけではありません」などと長めの言い回しになります。あるいは言葉を替えて「けっしてイージーなレベルとは思えません」「安易には受けとれません」「やや厳しいものがあります」など、と。
    • good
    • 0

 さほどの違和感はありませんね。


最初から「この問題のハードルは高い」といってしまうのと「この問題のハードルは決して低くはない」といった場合では、その言葉を受け取る側の感覚やモチベーションに相当な隔たりが生まれてしまいます。
 最初から「敷居が高い」だから「諦める」という対応の仕方と、「容易くはないけれど」といった場合では「問題を解決する可能性」に対するスタンスの異なりがあります。
 辞書的な言葉の使い方に縛られてしまいますと、文脈の中での言葉の使い方がわからなくなってしまうこともあります。
 「けっして、ハードルは低くありません」。僕はこの言葉から「ですから、皆さんのお知恵をお借りして、この問題の解決を図りたいと考えます」と、上司の方が部下に対し信頼を寄せているとの印象を受けました。
    • good
    • 0

おかしいとは思いませんに1票。




ハードルは「障害」であって、高さは様々に変わるもの。難易度を下げるという意味で「ハードルを低くする」という言い方もありますように、『ハードル=高い』、ではないと思います。

ちなみに、「敷居が高い」というのは、『義理を欠いてしまっているので、先方の玄関の敷居をまたぐのがためらわれる』というような状態から出た言葉であり、「ハードルが高い」とはまたニュアンスが異なりますね。だから「敷居が低い」という言わば当たり前の状態を指す言葉はオカシイわけですね。
    • good
    • 0

No.3です。



辞書で調べたのは、「決して」です。
肝心の「何を調べたか」が抜けてました。
    • good
    • 1

No.1 です。


回答した後に、辞書を調べてみました(本当は順序が逆)

部分否定的な意味を採用している辞書が少ないのは意外でしたが、例えば、『大辞林』が、

(イ)一部分はそうであっても,全部がそうではないという気持ちを表す。部分否定の意を表す。必ずしも。「この程度で―満足しているわけではない」

という意味を採用していました。
こちらのニュアンスだと考えたほうが妥当だと思います。
    • good
    • 0

間違ってないと思いますよ。



ハードルが高いと低くないはニュアンスが若干違います。
高いというのは、障害としてきついことを表しますが、
低くないは、簡単ではないということですね。


例えば、学校のテストで平均70点の人がテストで70点取れないと罰金と言われたとします。
これは、普段できているので、高くはありませんが、平均ですから、できない時もありますので、低くもありません。
低くないは、こういうものも含みます。


また、敷居が高いの場合は、慣用句ですから、「敷居が低い」という言い方をしないだけで、
ハードルが高いとは別物だと思います。
敷居が高いというのは、物理的な障害ではなく、気持ちの問題ですからね。
    • good
    • 0

> けっして、ハードルは低くありません。



なら、そんなに不自然ではありませんよ。
「ハードルが低くない」は変ですけど。

で、これは、「かなりハードルは高いが」というのとは、ニュアンスが違います。
むしろ、「ハードルはそんなに高くはない」というほうが近いですね。

「楽勝とは言えないが、そこそこがんばればクリアできる」くらいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ハードルが高い/低い」「ハードルを上げる/下げる」の誤用?

「ハードルが高い/低い」「ハードルを上げる/下げる」の誤用?
この言葉を使うとき、トラック競技より高跳び系のフィールド競技を
想像してしまうのは私だけでしょうか?
ハードルというのは跳び越えられるのは当たり前で所要時間が問われる競技ですよね
(更に言えば蹴倒しながら進むことも良いのですが…それは置いておくとして)
体育の時間にハードルの高さを変えてもらったことはありませんが
ハードルが高くなることでタイムが余計にかかることは想像がつきます。

「私にはハードルが高いです」は「ちょっと時間がかかりそうです」ではなく
「私には乗り越えられるか(=完遂できるか)わかりません」
という意味に使っているのが大抵ではないでしょうか?
辞書↓によれば、このような解釈は私だけではないようです。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/173115/m0u/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB/

そこで質問です。
もしかして初出は「完遂はするけど時間がかかりそう」のように
使われていたが、徐々に意味が変わってきた言葉なのでしょうか?
なぜこのような使われ方なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
(調べてみたら「敷居が高い」との誤用もあるみたいですね)

「ハードルが高い/低い」「ハードルを上げる/下げる」の誤用?
この言葉を使うとき、トラック競技より高跳び系のフィールド競技を
想像してしまうのは私だけでしょうか?
ハードルというのは跳び越えられるのは当たり前で所要時間が問われる競技ですよね
(更に言えば蹴倒しながら進むことも良いのですが…それは置いておくとして)
体育の時間にハードルの高さを変えてもらったことはありませんが
ハードルが高くなることでタイムが余計にかかることは想像がつきます。

「私にはハードルが高いです」は「ちょっと時間...続きを読む

Aベストアンサー

私の感じでは、「ハードルが高い」 というのは、「時間」 の要素はそれほど含まれていないのではないかと思います。
英語の hurdle は、本来は垣根の一部を切り取ったみたいな形をしていて、仕切りといってもいいようなものでした (実際、仕切りとして使われたのですが・・・)。
そこから 「障害物」 という意味が派生しました。

日本語の 「ハードルが高い」 という表現も同様に、「ハードル」 を 「障害(物)」 というニュアンスでとらえたもので、行動の目的・目標が、自分の能力からすると高いものである、ということを、その行動を起こす以前に評価している表現であろうかと思われます。
「時間がかかる」 か否かは、実際にやってみなければ分らないことで、その場合には 「ハードルが高い」 という言い方はしないように思います。

ある行動の目的・目標が、あたかも物質的のものであるかのように擬人化させて、それを 「ハードル」 という言葉に置き換えたもので、困難さが大きければ 「完遂」 できない可能性もあり、場合によっては 「時間を要する」 場合もあるかもしれませんが、この表現自体には、そういう 「結果」 を見越した要素は希薄であると思います (つまり、「困難さが大きいから時間がかかる」 とは必ずしも言えないということです。むしろ、「むつかしいことだから、一気にやってしまおう」 という場合もあるでしょう)。
擬人化して 「もの」 として見ているかのような表現で、あくまでも対象は 「困難の度合い」 であると見るのが自然な解釈であろうかと思われます。

私の感じでは、「ハードルが高い」 というのは、「時間」 の要素はそれほど含まれていないのではないかと思います。
英語の hurdle は、本来は垣根の一部を切り取ったみたいな形をしていて、仕切りといってもいいようなものでした (実際、仕切りとして使われたのですが・・・)。
そこから 「障害物」 という意味が派生しました。

日本語の 「ハードルが高い」 という表現も同様に、「ハードル」 を 「障害(物)」 というニュアンスでとらえたもので、行動の目的・目標が、自分の能力からすると高いものである...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qこの日本語は正しいのでしょうか?

比喩表現で
「垣根を取りはらう」とは言いますが、「垣根を低くする」「垣根が低くなる」と言いますか?

Aベストアンサー

 関係改善へ向けての相互の努力を表す比喩表現としては「垣根を取りはらう」とは言いますが、「垣根を低くする」「垣根が低くなる」とは、本来は、言わなかったものです。

 なぜなら、もともと相互の間に存在した「障壁」や「へだたり」や「わだかまり」といったものを「取り除いて互いに親密になる」......といった意味で使われる表現ですから、「低くする」というのでは、「多少は関係が改善されたけれど、まだ完全じゃない」といったことになってしまって、もともとの目的とやや違ってしまうからです。

 ですが、時代とともに言葉は変化しますし、新たに生まれても来ますから、「垣根を低くする」「垣根が低くなる」といった言い方も実際に耳にしますし、聞いていても、なるほど、「多少は関係が改善されたのか......」と、そのニュアンスが分らないものでもないため、理屈っぽく否定するほどのこともないのかもしれません。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング