外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

ルパルナスさんで車を頼みたいと思っていますが、
ショールームがなく 雰囲気がわかりません。
お店の対応や 買ったあとの メンテナンス等 評価はいかがでしょか。
買ったことのある方 教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

シトロエンC4ディーゼルの並行輸入車両を購入の為、パルナスさんと品川に有るシトロエン専門店さんとの両方を検討しました。



まずはパルナスさんから。社長さんがケーキ屋さんの片隅で対応してくださいました。整備についての資料提供や整備内容の細かい質問をすると、そのような事を心配されるなら並行輸入車に乗る資格が無いと言われました。とりあえず希望の車両と仕様を伝えて見積もり依頼して戻りました。

次は品川にあるシトロエン専門店へ。こちらは修理工場にしか見えないお店。古いシトロエンや新しいシトロエンがメンテナンスを受けていました。普段は見る事のないシトロエンDSやCXが居て嬉しくなりました。こちらも対応は代表の方がしてくださいました。c4ディーゼルの試乗をしてお話を伺いました。修理は自社で対応している事、遠方居住や故障の場合は地区の協力工場で対応をしてくれるとの事でした。パルナスさんで断られた修理用の情報と資料の提供、こちらは快諾。必要な物は情報でも資料でも出してくれるそうです。

両者の見積もり金額はほぼ一緒。納得出来る金額でしたのでシトロエン専門店さんでの購入となりました。支払い条件は、パルナスさんは全額前払い、品川のシトロエン専門店さんは契約時1/3、現地デリバリー時1/3、国内登録時1/3という条件でした。

すでに納車から一年近く経過しています。途中でオイル交換と小さい修理を依頼していますが、その工場ですぐに対応してくださいました。それ以外は問題なく走っています。
    • good
    • 8

実際に購入した経験を書きます。



当方は大阪より西の地域で、当然ルパルナスさんとのお話は電話のみでした(3回程度)。
お店もみたことありません。

決して安くはない買い物、基本現金事前振込、本当に車がくるのか?
正確な納期は未定。実際にみると細部が違うかも?、購入後の整備等は?
オプションで頼んでないものがついてたり、頼んだものがついてなかったりは日常茶飯事ではないでしょうか。

以上の点が不安点としてあげられるかと思います。
しかし、それでもなお魅力的で欲しい車を扱っているのです。
上記のリスクが心配で悩んでばかりいる方は、この会社からの購入は止めたほうが良いのでは?
私は日本のディーラーの過剰サービスや、送り出すときの全員整列などは恥ずかしく赤面してしまいます。

購入の実体験談
(1)ちょっと勇気を出してルパルナスに電話、
 私;あのー、000車が欲しいのですが、、、。
 ルパ:000ですね、面白い車ですよ、色は、仕様は、オプションは、、、
 私:え、よくわからないので色は00色で、それ意外はお任せします、どのくらいの値段ですか。
 ルパ:計算して,また連絡します
(2)
 ルパ:先日の件ですが、すべて込み込みでちょうど000万でどうでしょう?
 私:ちょうど000万?(ちょうどすぎるぞ!面白い!!)
   自分はこの色で、後は何を付けるか等はすべて任せます。
   ではよろしく。(あー頼んじゃった。。。。)
(3)ルパ:入金確認できました。
 私:お願いします、、、、、、、。
   後は待つのみ。(全く不安がないといえば嘘になるがドキドキワクワクでもある)
電話での感想は;怖くはない。話が速く事が進む。
        私はトントン拍子に話が進んだので、何の不満もありませんでした。
        むしろ、最小限のことを伝え、後は任せた!!、ではでは!って感じで簡単で楽でした。

以降、数ヶ月連絡なし、こちらからもあえて連絡はせず、時間が過ぎる、、、、、。
待つこと8か月、現地で車が完成したとの連絡あり。
1か月後日本に到着と連絡あり。
あれよあれよという間に納車となった。(注文から約9か月で納車:意外に速い)
結果的に納車時に初めてS氏にお会いすることができました。仕事慣れしたプロという感じ。
昼休憩時間に納車していただいたので話す時間もあまりなく、
慌ただしく、大変申し訳なかったと思う次第です。
買った後も些細なことで電話しましたが、休日でも対応してくれました。

まとめ
欲しい車を頼めば必ず手元に届く(正確な納期は未定)
責任もって自分たちで届けてくれる。任せて安心、プロの仕事です。
故障しても充分なサポートをしてもらえそう。電話でいつでも対応可能。
(休日もさしあたり連絡付く)
(むしろ国産絶版車よりずっと部品はある=修理できる)
ディーラー保証はないがメーカー保証はある。
充分ではないですか!!
さらに車の値段も、メーカーホームページに乗っています。
ポンド/ユーロ/円;そのときの為替で計算してみてください。
輸送費や、車検等考えるとコミコミ価格が、かなり割安なことが分かります。

お店としては信頼できる。
向き不向きはあるかも(自分のその車が欲しいという意志が強いかにかかている)
もう、普通のディーラーで商談に何時間も書けるようなことはできませんね。
めんどくさいですね。

ルパルナスさんには最低限のことを伝えて、後は任せた!
で、完了です。後は待つだけ。
以上
    • good
    • 4

ル・パルナスさんで5年お世話になっています。


2台購入しました。

怖かったと言われるのは、おそらく店長さんのことでしょう。
他の「誰にでも売ります」という店長さんでは確かにないですね。

並行輸入車を買う、覚悟がある?
と聞かれているんだと思います。

私の言われたのは、
・仕様は生産国で若干のオプション等が違っている。
 (うちは、無料でシートヒーターがついてきていました)
 「◎○がついていない!と怒られてもその国の仕様だから困る・・・」と

・壊れたときには、どこでも直せる訳ではなく、指定の工場が必要。
・他の輸入業者さんと比べて、並行輸入車の価格が抑えられる一方、
 現金一括(または、オートローンでの全額振込)。
・車に対する愛情や、熱情。


これのどれ1つも欠けてもいけません。
ここのお店さんは、お客さんとの絆を大切にしているので、
車を買って、今後ともこのお店と付き合っていけるか?を
確認しているんだと思います。

時々安くなる?と値段交渉される方もいますが、
「他の店いけば安くなるよ」と一蹴りされます。
正規輸入と比べ、1、2割高い買い物ですので、
悩みますが、
修理とかもきちんとできますし、
地方の方も、紹介してくださいますので、
特に心配は要りませんよ^^

怖い、と批判された方は
おそらく、どうしよう?と悩んで答えが出ずにいたのか、
何かしら変なこと言われたんではないですかね?(値段のこととか)
店員さんも決して多くはないので、
半日でも時間が潰れるのは、この店に取っては酷ですよ^^
ブログを見て頂くと分かりますが、
1日で店長さんが、お一人で4軒も納車(しかも東北から九州まで)
1000km超というのも結構ありますので。

その店長に運命を任す、という勇気が無い限り
この車屋さんからは、買えません。笑。
あと、女性の回答者の方だったので、
怖さは余計感じるし、優柔不断さも
気に障ったのかもしれませんよ。


ちなみに、私は2台目は
電話一本で、直接会わずに
銀行振込しました。
契約の用紙なんて皆無ですし。笑。

それでも、きちんと400km離れたところまで
納車してくれる会社です^^

簡単に言えば、
いつでも、どこでも、だれでも買える車屋さんではありません。
変な車屋さんですが、
購入後は、以前と比べると船の追跡もできて安心感はありますよ^^
    • good
    • 3

私の経験をそのままお伝えします。


電話で興味のあるクルマについて相談。
気軽にきてくださいとの返事で店舗へ。

店舗はなくオーナーのケーキ屋さんにて商談。

オーナーとは挨拶程度でその後は営業の男性と詳しいお話を交わす。
オーナーの印象は率直なまでのクルマ好きで私たち買い手の味方。。。
一方営業の第一印象は、顔に傷があり少し怖い印象と目の奥に潜んだ
不気味さあり。

その時の商談は決断出せずお断り。

1年ほど時がたち、もう一度そのクルマの相談。

やはり営業は一度目と同じ男性。
二回目というともあり、そのクルマを決めたい気持ちで行ったが
やはりそのクルマにそれだけの金額を払う価値に迷いが生じていると
その営業男性から
「もうやめましょう!! これだけ誠意をみせてるのにあなたはどうしたいんだ?」
と責め立てられる始末。
その後も10分くらい営業の説教が続く。
「朝からあなたのためにクルマを洗車して、ヤードからクルマをここまで運んで・・・」
など、しきりに自分の仕事の内容を押し付けてくる。

とても怖かったです。。。決めきれずにすみません・・・といった感じですが、
一度目からその営業の方の印象が引っ掛かっていたので本性が見れたのは良かったです。
もし商談するのであれば、覚悟を持って臨んだ方がイイですよ。
一般のディーラーとはまったく違うということをわかっておいてください。
    • good
    • 14

ル・パルナスさんとお付き合い3年の者です。



お店の方々は、気さくで頼りになる人達です。

諸々の案件に責任を持って対応してくださいます。

メンテナンスも都内2箇所に提携工場が有り、
地方では簡単な作業等でしたら地元のネットワークに託し
手に余る事項については都内に運び治して下さいます。

商品の特性から、ある程度の覚悟が必要かと思います。

1.主に欧州からの輸入である故、オーダーの場合の納期、海上輸送の遅延は
 日常茶飯事、ドンと構える度量が必要。
  
2.国内で登録の為のガス検査は、車種により、対策の為の時間が多く掛かる事もあります。
 
3.完全前金で為替リスクを抑えて追い金の発生が無い様にしてくれるのですが、
 人によっては、不安が先に立って踏み切れない様です。
 
 この仕組みで資金繰りの必要を無くし
 (貸倒金が発生しないので他のお客さんに迷惑を掛けずに済むし、支払利子が要らない)
 ショールームにお金を掛けずランニングコストを削り、顧客サービスに尽くす。
 年間200人以上の「車を諦めきれない」方々の希望の車を手に入る為の、お手伝いをしてくれる、
 信用するに値すると会社だと、僕は判断し、お世話になってます。
       
 しかし其処はやはり 人と人との相性もあるでしょうし、
 選べる車種グレードなど、会社に求める役割の程度も十人十色でしょうから 
 まずは、お店に連絡をして、御自分の希望と疑問点をぶつけて、
 その対応をもって、御自分で判断なさるのが肝用かと存じます。

 車もまだまだ捨てたモンじゃありません。
 御希望の車を手に入れて、「生活に彩を与えてくれるカーライフ」を送られる事を祈念いたします。 
    • good
    • 3

ルパルナスさんで購入した者です



1.ショールームは、ありませんが、
洋菓子店(http://nana-g.jp)があります

車輌販売スタッフが常駐していませんが、
商談は、上記の店舗で行われることが多いと思います

週末は、常連の方?が集まったりしています


最近は、SNS 等を通じた(納車前からの?)ユーザー・スタッフ含めたコミュニティが形成しつつあります


やはり、特徴は、価格が固定ではなく、為替レートにより変動していることと、
乗り出し価格が提示されることであると思います

他店では、車輌本体価格のみの表示の場合も多く、
諸経費(輸入、国内諸手続き、税金...)が不明確なところも見受けられます

乗り出し価格には、上記他にも、納車前磨きやルームクリーニング、
ETC車載器、同セットアップ、ラジオ周波数変換機、フロアマット等が含まれていました

詳細は、ご確認下さい


リードタイムは、現地に希望に近い完成車輌があれば、納車まで4ヶ月前後です
オーダー車輌の場合、車輌完成までのリードタイムが更にかかります

各地に駐在員がおり、現地ディーラー等とのネットワークも良く、
希望に近い車輌がみつかりやすい環境であるようです


2.お店の対応

車輌であまりトラブルが発生したことがありませんが、
(フル装備ではない壊れにくいグレード・装備を推奨してることもありますが)
保険修理等の対応も親身になって対応していただきました


3.買ったあとのメンテナンス等

遠方のお客様には、ローダーで代車を積んで点検等も行われいているようですし、
近隣の提携工場を紹介したいただけることもあってか、地方のお客様も多いと思います

納車前整備や、法定点検、車検や修理等、提携工場で受けることが出来、
その点では不安はありません

提携工場では、ある程度の消耗品(オイルフィルターや燃料フィルター等)を在庫していますので、
問題がある場合には、スピーディーに解決できると思います


その他ご不明な点があれば、ご質問下さいませ
    • good
    • 1

rtdeさま



購入した事はありませんが、現地調達⇒納車のスピードは他の類似店より早いと聞いたことがあります。
並行メンテナンス、ほぼ専門店へ外注依頼しての対応です。

回答になっておりませんがご検討ください。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシトロエン ってやっぱ故障多いですか?

新しいC5が出て購入の候補として気になっています。
フランス車は乗ったことがなく、まわりにもユーザーは居ません。

気になるのはやはり大きな故障の有無です。
乗るからには10年は大きな故障無く乗りたいです。

もちろんマイナートラブルはある程度仕方がないと思っているのですが
特に足回りなど特殊そうなので心配です。

どなたかシトロエン(特に最近のモデル)を所有されている方で
経験談を教えてください。

ちなみに私は現在アウディA4を所有しています。

Aベストアンサー

こんばんは、私も新米ながらC4ピカソのオーナーをやっています。
まだ歴は短いながらも、トラブルは皆無でプロダクツとしては独創性も含め素晴らしいと感じています。

ですから故障に関してはあまり私は心配してません。あってもシトロエンだから、とかフランス車だから・・・という事ではなく、アウディも含めたドイツ車勢と大差ない程度と思って居ます。
いわゆる外車乗り特有の宿命位はあろうかと・・・。
その点は貴殿のアウディも同等でしょう。

しかし、C5、C6はシトロエン特有のハイドロサスがやはり最大の普段からのメンテの肝となるでしょう・・・、しかしそこが他社にない最も独創的、かつ象徴的で最大の魅力ですのでこれを抜いてはC5以上の車種を選ばれる意味合いは大きく薄れてしまうでしょうし、何のためのシトロエン、ハイドロ車なのか判りません。ぜひ機会がお有りなら国産車ともちがう、また貴殿が慣れ親しんだドイツ産高級車とも違う、フランス車だからこその「ふんわり、しっとり、もったり感」な独特のシトロエンライドを堪能なさって頂きたいと思います。
車なのに、船のような乗り味、雲の上を走ってるような感覚を味わえるのはハイドロでないC4ピカソ乗りの私からすれば羨ましいです。

私が心配なのは故障でなく、アフターです・・・・。
正規ディラーが元々少ないのに、更に輪をかけてどんどん減っています・・・・。
よもやオペルみたく日本撤退では・・・・・・・。
と戦々恐々です・・・。(汗)
でも、シトロエンファンなんで仕方有りません・・・・。
お願いですPSG何とか細々でいいので存続して下さい・・・。
只でさえ、一番近いディーラーまで2時間掛かるんですから・・・私の場合・・・。(泣)
正直、アフターまでも充実してるドイツ車勢が羨ましいです。
でも、だからこそC5などはドイツ車勢と比較して遙かに希少な車種という魅力も生まれるんでしょうが・・・。

ところで、偶然私は今日、シトロエンディーラーへいって参りまして、初めてC5の実車を拝見し、試乗はしませんでしたが、車内にも入って確認して参りました。

別に変な意味でなく、貴殿の様なドイツ車派?にはあのような車がやはり魅力的に映るのでしょうか・・・?

私も雑誌ではずっとみてましたが・・・・・実車をみると「いや、私にはこのC5はフランス車っぽくないというか・・・なんというか、ドイツ車を意識しすぎというか。独特のドイツ勢の様な威圧感、張り出し感がちょっと・・・・・。」と感じてしまいました・・・・。
車内も、かっちりしすぎており、フランス車特有のルーズな感じと、走ることばかりじゃなく明らかに景色を楽しむこと前提のむやみな視界の広さ、開放感に欠け、なんか良くも悪くも無駄が少なく、変な感じも無かったのが物足りなかったし、機能的過ぎて窮屈に感じました。
無論、私が変人のフランス車ファン前提の話ですが・・・。

正直、らしくない車を造ったな・・・・と・・・・。
隣にあったのが同じ高級車ラインのC6でこれがまた逆にたまらんくらいに、まさにフランス車!シトロエンらしい、実に変態(笑)の極み!っつー車だっただけに、逆に私にはどうにも・・・・と今日感じてしまいました。

でも、貴殿の様な目の肥えたドイツ車オーナー殿はまた違う風に捉えられるのですね、きっとこれが今の欧州のトラディッショナル、本流なんだろうな・・・と思い帰路につきました・・・。

C5,人それぞれですが、シトロエン渾身の一台ですので、少しでもシトロエン仲間が増えることを願っています。

人とかぶることはホント少ないですよ。

こんばんは、私も新米ながらC4ピカソのオーナーをやっています。
まだ歴は短いながらも、トラブルは皆無でプロダクツとしては独創性も含め素晴らしいと感じています。

ですから故障に関してはあまり私は心配してません。あってもシトロエンだから、とかフランス車だから・・・という事ではなく、アウディも含めたドイツ車勢と大差ない程度と思って居ます。
いわゆる外車乗り特有の宿命位はあろうかと・・・。
その点は貴殿のアウディも同等でしょう。

しかし、C5、C6はシトロエン特有のハイドロサ...続きを読む

Qシトロエンの修理が得意な業者を教えてください。

これまで、大事にしてきた愛車(シトロエンXm(1998年式))ですが、最近は手を掛けられずにいたので、ゴム類の劣化や足回りが固くなるなど気になる点が出てきました。
そこで、修理・レストアを依頼したいと考えています。
しかしながら、近隣にシトロエンを診てもらえる業者様がいません。
茨城県内若しくは関東近県で信頼できる業者を御存じの方、業者様の連絡先を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
僕も’96中期型のXmに乗っています。
いよいよ部品も出なくなってきて維持するのが大変になってきましたが、
20万kmまで乗るつもりで日々鍛錬してます(笑)今、115000kmです。

さて修理工場ですが、
ジャベルさんはDS専門で、しかも売った車しかみてくれないのでダメですね(泣)
茨城だとモダンサプライさんが有名です。
欠品部品も色々な手で手配してくれるそうです。
最近、工場を新しくして、シトロエンの博物館状態らしいです(笑)
http://www.modern-supply.com/garage/

あとは埼玉のキャロルさん。
ここもシトロエンの聖地と言われるほど有名です。
部品取り用の廃車ストックも多いので何とかしてくれます。
http://www.carol-fukaya.jp/

僕は東京住まいなので、練馬のユーロ練馬さんが主治医です。
西武時代からみてもらっている整備士さんがいるので腕は確かです。
行くといつも1~2台Xmが入ってます。
http://euro-nerima.com/

話は逸れますが、東北の方がやられている「あばんぎゃるど」というサイトは
知っておくといいですよ。
「トラブル&整備インデックス」では、整備履歴を細かく解説してくれていて、
Xmに起きるほとんどの事象はここで知ることができます(笑)
BBSもシトロエンの整備士さんが常連でいるので、大概のことは教えてくれます。
http://www.geocities.jp/tosgarde/

こんにちは。
僕も’96中期型のXmに乗っています。
いよいよ部品も出なくなってきて維持するのが大変になってきましたが、
20万kmまで乗るつもりで日々鍛錬してます(笑)今、115000kmです。

さて修理工場ですが、
ジャベルさんはDS専門で、しかも売った車しかみてくれないのでダメですね(泣)
茨城だとモダンサプライさんが有名です。
欠品部品も色々な手で手配してくれるそうです。
最近、工場を新しくして、シトロエンの博物館状態らしいです(笑)
http://www.modern-supply.com/garage/

あとは埼玉のキャロル...続きを読む

Qオーストラリアからの並行輸入について。

将来(5~6年後)、オーストラリアから中古車を輸入したいと考えています。あ、ワタシは業者ではありません。個人です。個人的に1台輸入したい、と。

なにゆえオーストラリアかというと、とある外国車のディーゼルエンジンモデルが欲しいと思っているのですが、日本国内ではディーゼルエンジンの設定がなく、かといって販売している本国(北欧です)やヨーロッパから輸入するとなるといかにも高そう、と。ちなみにコスト的に安く上がりそうな北米ではディーゼルモデルが販売されていなく、対象国となりません。北米のほうが並行輸入業者も多そうでイイんですが・・・。

質問の要旨は、オーストラリアからの並行輸入はどれくらいの輸送コストがかかるのでしょうか?ということです。また関税やガス検に関しても御存じの方いらっしゃいましたらご教示いただきたいです。よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

はじめまして。
オートストらリアの車、今は為替の関係で安く感じますね。当方もディーゼル車が好きで購入しようと調べて下記の結果となりましたのでよければご参照ください。
北欧のディーゼル車とのことですのでサーブかボルボと仮定してお話します。
1、輸送コストは約30万円ほどだそうです。日本の会社が運行してますので日本語で段取りできます。メルボルン港⇒横浜港間の価格です。
オーストラリア国内の輸送が大変なのでメルボルン周辺でお探しすることをお勧めします。
2、オートトラリアの消費税は10%だそうです。輸出する際には免税できるようですが手続きが大変みたいです。
3、国内に入る際の通関の手続きは業者に代行して頂くと約5~10万円かかります。1日平日のお休みがあればご自身でもできると思います。その際の費用は約1万円ほどです。あと、通関の際に消費税(車両価格+輸送代の5%)を支払う必要があります。
4、ガス検、これが一番大変です。2007年8月末までの生産の車であれば新短期規制・それ以降は新長期規制・さらに先になるとポスト新長期規制という規制値になります。生産日もしくは登録日の法律で規制されますが日本の陸運支局はオーストラリアの車検証を上記の判断文書として
認めてないので通関した日の規制値になってしまいます。メーカーの製造証明書があればいいのですが中古車で残ってると思えません。どんな改良を施しても多分検査にはパスできないと思います。ちなみに新短期規制の検査費用は約20万円、新長期規制の検査費用は約40万円で検査に落ちても徴収されます。運良く同型のガス検の枠があれば約10万円程度だと思います。
5、登録 もし上記にパスすればあとは登録です。上記にも書きましたが日本の陸運支局はオーストラリアの車検証を認めてませんのでそのままでは登録できません。ただし、例外もあり日本に似たような車種(エンジンやミッションの違いのみ)があれば書類を出せば登録できます。
日本向けの改良等はほとんど必要ないと思います。
以上で完了ですがかなりむつかしいと思われます。運がよければ80万円くらい、へたをすれば200万円出しても登録できない羽目になります。

上記のことから私はEU諸国よりの輸入をお勧めします。
詳細は当方のブログをご参照ください。
ただ、日本にないディーゼル車を輸入したいと言う気持ちは良くわかりますのでおたがいにがんばり(?)ましょう。

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/koba6464

はじめまして。
オートストらリアの車、今は為替の関係で安く感じますね。当方もディーゼル車が好きで購入しようと調べて下記の結果となりましたのでよければご参照ください。
北欧のディーゼル車とのことですのでサーブかボルボと仮定してお話します。
1、輸送コストは約30万円ほどだそうです。日本の会社が運行してますので日本語で段取りできます。メルボルン港⇒横浜港間の価格です。
オーストラリア国内の輸送が大変なのでメルボルン周辺でお探しすることをお勧めします。
2、オートトラリアの消費税は10...続きを読む

Q並行輸入車のメンテナンスについて

今度BMWかメルセデスの300万円ぐらいの中古車を購入しようかと思っているのですが、左ハンドルがいいので探すと並行輸入車が多くなってしまいます。メンテナンスなどが心配なのですが、正規ディーラーでもメンテナンスなどはしてもらえるのでしょうか?あと並行輸入車だと困ることも多いでしょうか?輸入車は以前乗っていましたが正規輸入でしたのでわかりません。どなたか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
並行輸入車といっても、2種類あります。ひとつは新車を並行輸入した場合と、中古車を日本にもってきた場合。
新車並行輸入の場合は、すでにオーナーが日本の路上で乗っている事ですし、整備などもディーラーでも受け付けてくれますので、問題はないです。
ただし、ディーラー車は、メルセデスケアなどを利用し、しっかりと整備されてきた確率は高いです。リコールや改善部品も交換されている確率は高いですね。そのへんが並行輸入車になると、どう整備されてきたかを確認する必要があります。
もうひとつ、中古車を日本にもってきた中古並行輸入車の場合。この場合は、車そのものを見る目が必要になります。この場合もメンテナンスは普通に出来ますが、それまでの使われ方も違いますし、日本で使用されている車とは違う箇所からトラブルに見舞われたりもします。またその発見が整備でも遅れたりします。

並行輸入だから壊れるとか、そういった問題はそれほどありませんが、並行輸入車だから、あまり整備されていなかったという事は確率的にかなり高いと思いますので、それだけにとらわれるのはよくありませんが、正規物のほうが無難だと思います。

はじめまして。
並行輸入車といっても、2種類あります。ひとつは新車を並行輸入した場合と、中古車を日本にもってきた場合。
新車並行輸入の場合は、すでにオーナーが日本の路上で乗っている事ですし、整備などもディーラーでも受け付けてくれますので、問題はないです。
ただし、ディーラー車は、メルセデスケアなどを利用し、しっかりと整備されてきた確率は高いです。リコールや改善部品も交換されている確率は高いですね。そのへんが並行輸入車になると、どう整備されてきたかを確認する必要があります。
...続きを読む

Qシトロエンの修理ができる良心的な修理工場

はじめまして。
シトロエン好きで'92年に新車でBX19TZIを購入し、13年乗って車検を通すのに70万円かかると言われ、去年泣く泣く廃車にしました。
で、今度は'97年式XM Exclusiveの中古車を購入したのですが、中古車を買うのは初めてで、今後の修理工場を探しています。(シトロエン=修理しながら乗るが基本ですから^^;;)
今までは購入した正規ディーラー(西武→新西武→JST)に出していたのですが、修理費が杓子定規な感じで高いし、気軽に相談にのってくれるという感じではないので、どこかいいところはないかとずっと思っていました。
今度は中古車なので、そこに出すつもりはなく、良心的でシトロエン好きな修理工場を紹介していただけないでしょうか?
東京/杉並区在住なので、都内、多摩地区あたりが希望です。
よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

下記URLのお店は如何でしょうか。
中原街道の平塚橋交差点(環七と山手通りの中間当り)近くで、20年近く旧いシトロエンのメインテナンスをしているお店です。

お店の前を通り過ぎる事があるだけで、一度もお店の中に入ったことはありませんが、この商いを長くしているのは確かなので、腕は確かなのではないでしょうか。

xm6766さんがお住まいの杉並からも、そう遠くはないと思います。一度お訪ねになってみては如何でしょうか。

参考URL:http://www.javel.co.jp/index.html

Qイギリス から 自動車 車 車両 輸入 VAT 付加価値税 について 業者

イギリスから日本に輸入を考えております

例えば
http://www.jct600.co.uk/detail?template=/jct600/hitlistdetail&vid=14808860&make=6&dgroup=157&lang=en&country2=GB&vids=14632372,14808860,15066231,15055349,15048717,15103200,14355619,14876269,14763732,14796864&vidindex=1

の車ですが、

付加価値税の15%はこの掲載価格から引かれるのでしょうか?

また代行いただける業者をどなたかご存じではありませんか?

大手の輸入屋と取引しているのですが、 どうも素人が対応している
ようで 話になりません

Aベストアンサー

フライングスパーですね。

現地の付加価値税は引かれると思います。
というよりも返戻手続きがとれるはずです。

日本の消費税と同じですね。

通関とナンバー取得で150万~200万くらい必要ではありませんか?

QCITROEN C4 CACTUS 日本販売時期と並行輸入について

はじめてのカテゴリーへの投稿です。よろしくお願いします。

http://www.citroen.co.uk/new-cars-and-vans/citroen-range/citroen-c4-cactus (シトロエン社UK、サイト)

昨年、欧州をはじめとして販売開始されたシトロエンの C4カクタス(CITROEN C4 CACTUS)という車に惚れ込んでしまいました。上記のURLの車です。

もともと車好きというわけではなく、燃費と定員くらいしか気にしなかったのですが、この車をみた瞬間、そのデザインに一目惚れしてしまいました。

なんとかして手に入れたいと思っていまして並行輸入というのも考えていますが、整備等でディーラのサポートが得られない、整備用の部品調達に時間とコストがかかる、といったデメリットがあるようでして、もともと車をいじる趣味がない私には、結構ハードルが高いように感じてます。

そのため、できるだけ正規ディーラから販売されるまで待ちたいのですが、ディーラに問い合わせたところ販売時期も未定であり、もし導入されるとしてもだいぶ先となるとのことで、まだまだ手に入れられないような状況です。

そこで、2点質問です。よろしくお願いします。

1. 難しい質問かもしれませんが、該当車種の正規ディーラでの日本販売時期について、わずかな情報でもよいので何かありましたら教えて頂けると助かります。

また、シトロエンの長年のファンの方で、過去にも同様に、日本未発売の車種がどういうタイミングで導入されたか、そういった経験からこの車種がいつ頃、導入されると予想するか、そういった情報もお待ちしています。

2. 日本販売が当分見込めない場合は、並行輸入も考えています。シトロエンの新車を並行輸入されたユーザーの方でどんな苦労があるか(部品調達時間かかる、など)、また、並行輸入車に対して、シトロエンディーラの対応はどこまでして頂けるか(門前払いなのか、それとも正規販売と近いレベルである程度、協力的かなどなど)教えて頂けると幸いです。
並行輸入に踏み切るかどうかの判断材料にしたいと考えています。

所々、素人考えで恐縮です。ご経験者、その分野のプロフェッショナルの方からのご意見をお待ちしています。

はじめてのカテゴリーへの投稿です。よろしくお願いします。

http://www.citroen.co.uk/new-cars-and-vans/citroen-range/citroen-c4-cactus (シトロエン社UK、サイト)

昨年、欧州をはじめとして販売開始されたシトロエンの C4カクタス(CITROEN C4 CACTUS)という車に惚れ込んでしまいました。上記のURLの車です。

もともと車好きというわけではなく、燃費と定員くらいしか気にしなかったのですが、この車をみた瞬間、そのデザインに一目惚れしてしまいました。

なんとかして手に入れたいと思っていま...続きを読む

Aベストアンサー

正直、最近は正規導入を行う場合はそれなりに事前告知を行うようになってきたので、その噂の無いモデルの導入は期待できないと思ってよいです。

特にシトロエンは元々日本ではシェアの小さいメーカーですから、主力ラインナップと流行りの車種くらいしか導入しないパターンがほとんどなので、こういうタイプは特に期待薄でしょう。

並行輸入については、正規車が比較的少ないだけにシトロエンは取り扱い業者がそれなりに居るので、サポートも含めてそこに当たればさほど問題は無いと思います。
(値段の問題は別として)

最も、正規店から見ると並行車というのは基本的に「商売敵」に近いので、厳しい対応のメーカーが多いですね。

特に、正規車とは縁もゆかりもないような部品の取り寄せなんかは、分からないで一蹴される場合も多いかと。

いわゆる、海外で乗っていた車種を持ち帰った(つまり別の国であっても正規車を購入した)というパターンなら対応してくれる場合も多いようですが。
(ポルシェ辺りは保証規定でその辺りの対応を明言していたりとか)

Q1フィートって何cm?

1フィートって何cmなんでしょうか?
知ってる方教えて下さい!

Aベストアンサー

30.48cmです。

換算に役立ちそうなサイトを挙げておきます。(参考URL)

参考URL:http://homepage1.nifty.com/infonavi/mailorder/appendix/convert.htm

Q車体電子防錆装置って、本当に効くの?

私は今乗っている車を、錆が発生しないように末永く大事に乗りたいと考えています。
そこで質問ですが、電子防錆装置は本当に効くのでしょうか?
ぜひ実体験まじえて教えていただきたいとおもいます。
また、ご使用になられた商品名などもご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 これは電子を供給して、鉄が酸素と仲良くなるのを防ぐ装置の事ですね。それなら、ディーラーオプションとしている自動車メーカーもかつてはありました。

 厳密に申しますと、どこもかしこもさびなくなるワケではありません。鉄が酸化鉄となるのを防ぐ代わりに、車体に電流を流す部分(=端子)がモーレツに腐食します(これを犠牲電極と言います)。
 船舶では結構常識的に使用されており、また、プラント(石油や水などのパイプライン)でも利用されています。

 現在のクルマは例外なく亜鉛メッキ鋼板が広範囲に使われており、電子防錆装置が必要なほどさびませんが、この亜鉛メッキ鋼板も考え方としましては同じです(亜鉛の層が犠牲電極となり、鋼板が酸化鉄となるのを防ぎます)。
 電気を流さず犠牲電極とは?と不思議に思われるかもしれませんが、実は種類の違う金属をピッタリ密着させると、電位差が発生して電位差腐食が起こります。かつてイタリア製スポーツカーの車体として有名だったスーパーレジェッラボディ=鋼管にアルミパネルを直接リベット止めした車体では、当時のまま残っているモノは現在では極めて稀です。これは、アルミと鉄で電位差腐食が起こり、アルミが犠牲電極となってボディだけがボロボロに崩壊したからです。

 いすゞ自動車でかつてアクセサリ扱いだった電子防錆装置は、乗用車なら上流1コ/下流1コ、大型車なら各2コ以上使う事になっていました。一応個数を増やして長いクルマにも対応していた様で、逆に考えますと、これから乗用車は1組で隅々まで届いた、と言えるでしょう。

 また、電極は両面テープで貼る様になっていましたが(接着面に穴があり、そこから細い電極がボディに接触する様に出ていました)、施工説明書によると「電極を接着する箇所のボディの塗膜及び下塗り膜は、完全に剥離せよ」と書かれていました。さすがにブ厚い自動車の塗膜は、微弱電流など流す余地はないのでしょう。

 さて、いすゞ自動車がオプション設定していた電子防錆装置は、『ラストアレスター』とゆぅ商品名だったと思います。確か北米製で、プラントの防錆などに既に実績のあるメーカーのモノでした(乗用車用で¥5万ほどと、結構高価でした)。

 アノード(電極)はブ厚いアルミの板で、腐食してもカンタンにはなくならない容量を持っていました。そしてこの板の中心をクリ抜いて湿度センサを組み込み、雨天などでぬれている時にはバッテリから流している電流値を下げ(雨水が電解液として働きます)、乾燥すると電解液が不足するのでバッテリからの電流を増やすとゆぅ制御をしていました。また、バッテリ電圧が11.8Vを切ると、バッテリ保護の為湿度とは関係なく電流を切ります(これらの制御の為、バッテリ~アノード間にコントローラがありました)。
 アノードは車体の代わりに腐食するモノなので、アノードだけのスペアも販売されていました。ただ、実験した結果を伺ったところ、走行5万kmぐらいではアノードはまだまだ使えるほど残っていたそぅです。

 現在ではこの商品は廃止となっている様ですが、それはアルミ板の代わりの犠牲電極が標準装備となり(=亜鉛メッキ鋼板が当たり前になり)、サビのクレームが極端に少なくなったからの様です。

 これは電子を供給して、鉄が酸素と仲良くなるのを防ぐ装置の事ですね。それなら、ディーラーオプションとしている自動車メーカーもかつてはありました。

 厳密に申しますと、どこもかしこもさびなくなるワケではありません。鉄が酸化鉄となるのを防ぐ代わりに、車体に電流を流す部分(=端子)がモーレツに腐食します(これを犠牲電極と言います)。
 船舶では結構常識的に使用されており、また、プラント(石油や水などのパイプライン)でも利用されています。

 現在のクルマは例外なく亜鉛メッキ鋼...続きを読む

QNEW MINIの故障で泣いています

私は車が大好きです。
今までに5台の国産車を乗り継いで来ました。
丁度、6台目に乗り換える時、BMW NEW MINIが日本で発売されました。
3月2日、ミニの日です。
ローバーミニのデザインを彷彿させる斬新なフォルムに、すぐに魅了されました。
しかし、価格は別として輸入車の信頼度(故障などの)がどれくらいのものなのか慎重を期して、車好きの知人とかに意見を聞いてみました。
その人曰く「僕は輸入車は乗った事は無いんだけど、故障は相当の頻度で起こるらしいよ。しかもありえないような」との事です。
この話は参考にはしましたが、僕はすでにNEW MINIのフォルムの”とりこ”に成っていますから、半信半疑と言った感じでした。
僕は、近頃の輸入車はそんなに故障って無いだろうと思っていました

現在僕が乗っているのはR50です。グレードはクーパーです。

購入してから、2ヶ月でリモコンキーのロックが出来なく成りました。
どうもドアの内部の小さいモーターが動かなく成ったらしいです。
直ぐに修理してそれからまた1ヶ月経ったある日の事、一般路を走行中に信号で止まった時、何故かエンジンストップ。
いくらエンジンを掛けても回りません。
赤信号なので、後続車からクラクションを鳴らされ焦って、色々と
触っているうち、フロントパネルにEDとかSDとかの訳の分からない表示がされてしまっていました。とにかく、人に押してもらい
その場を離れました。
ディーラーはコンピューターの誤作動だと言って、何か修理をしたようです。
その故障はそれからは起こりません。
その後も、ヘッドライトの光軸調整のモーターが動かなく成って
片目に成ったり、とにかくこのような故障が頻繁に有ります。
頻繁というより一ヶ月おきという感じです。

実はこれを書いている今、また故障で修理してもらっています。
右のウィンドーのガラスの開閉が出来なく成ってしまいました。
開閉用のボタンを押してもまったく反応ナシ。
ガッチリと閉まったままです。
駐車場で駐車券を挿入するために思いっきり幅寄せしていたため
ドアを開く事も出来ず、仕方なく左のドアを開けて車から降りて駐車券を挿入して清算しました。

後続車からは「馬鹿じゃないのって」顔されました。

その後、今、デイーラーにて修理中です。費用はモーターの交換調整共で35,000円。
こんな修理が今までに、5回以上、合計30万は払っています。
もう、嫌に成って来ました。
営業マンに不平を言ったら「故障は僕に言われてもねー」です。
そして更に「もしウィンドーのガラスが開閉出来なくなった時は
ドアのスピーカーの付近を、手で思いっきり叩いたら、ゆるんで動きますわ。でもこれは裏技ですから」って自信たっぷりに言われました。
という事は、ガラスが開かなくなったら、ドンドンと手で叩くと開く車なんだって思いました。

もう腹が立って腹が立って。
300万円もする車を手で叩くのかって。
国産車への乗換えを真剣に考えています。

ミニに乗っておられる方にお聞きしたいのですが、
このようなご経験はありますか?
結構故障の多い車なのでしょうか?

輸入車の事、すべてについて言ってるのでは有りませんし
このような故障が頻繁に起こってもまだ、BMW MINIは好きです。
せっかく、気に入って快適に乗ろうと思って購入したのが
ただ、少し残念な思いをしていると言う事です。

私は車が大好きです。
今までに5台の国産車を乗り継いで来ました。
丁度、6台目に乗り換える時、BMW NEW MINIが日本で発売されました。
3月2日、ミニの日です。
ローバーミニのデザインを彷彿させる斬新なフォルムに、すぐに魅了されました。
しかし、価格は別として輸入車の信頼度(故障などの)がどれくらいのものなのか慎重を期して、車好きの知人とかに意見を聞いてみました。
その人曰く「僕は輸入車は乗った事は無いんだけど、故障は相当の頻度で起こるらしいよ。しかもありえないよ...続きを読む

Aベストアンサー

何か書かれている内容を読むと新車で買われたような感じもしますが実際には中古なのですね。

それは書かれたほうが良いですよ。
文中で30万も修理代に掛かったとかかれていたので不思議に思い、調べてみたら、R50なので2001年から2006年までに生産された中でも初代の生産の終わっているシリーズの物ですね。

残念ですが中古ではそれまでにどの様な使われ方をしていたのかなどの状態がわからないものですので、そればっかりは判断しようがありません。
しかも初期型ですからね。

日本車だって中古なら3年目でも修理が多い車もあります。
特に、日本最大手メーカーの初期型なんか必ず何か起こりますからね。

輸入車だから修理が多いように取れるような書き方をされていますが、現実にはそんなことはありません。

本当に好きなら、新車からその車に付き合ってみてください。
そうすればどこが弱いかなども判ります。
いまの輸入車は日本車と殆ど故障も変わりません。
日本車のほうが致命的な故障は多い位になってますからね。

300万もする車を叩くようなと書かれていますが、もしかしてR50の初期モデルを300万で最近新車として購入されたのでしょうか?
そんなことはまず無いと思いますが・・・

ちなみに現行のモデルは2006年から、R55,56です。

何か書かれている内容を読むと新車で買われたような感じもしますが実際には中古なのですね。

それは書かれたほうが良いですよ。
文中で30万も修理代に掛かったとかかれていたので不思議に思い、調べてみたら、R50なので2001年から2006年までに生産された中でも初代の生産の終わっているシリーズの物ですね。

残念ですが中古ではそれまでにどの様な使われ方をしていたのかなどの状態がわからないものですので、そればっかりは判断しようがありません。
しかも初期型ですからね。

日本車だって...続きを読む


人気Q&Aランキング