『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

よく公認会計士の在学中合格という言葉を聞くのですが、在学中に合格するというのは何か意味があるのでしょうか?
実務を積んでいなくても会計士試験合格だけでも資格として就職に有利ということなのでしょうか?
あと大学を休学している間に合格しても在学中合格と言えるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お答えします。



「在学中合格」には、以下の2点のメリットがあります。


1.大学を卒業し、既卒扱いとなることにより受けるリスクが無い。

公認会計士試験は難関試験であるため、在学中に合格できず、卒業後に無職としての期間を経て合格する、というケースがままあります。
無職で受験をする場合、一般企業への就職がとても不利になります。
公認会計士だけに仕事を絞るのなら関係のないことかもしれませんが、受験をやめる選択肢もあるはずです。
無職になった時に、やっぱり自分には無理だと考え、一般企業に就職することを考えた場合、勉強してきた期間が無駄になり、また在学中にしておけば楽に内定をもらえたかもしれない一般企業への就職活動も、困難を極めることになります。


2.監査法人への就職活動が有利になる。

現在、公認会計士試験合格者のうち監査法人に入れるのは3分の1程度です。
監査法人に入るにも当然就職活動が待っていますが、ここでも「年齢」によって内定がもらえるか否かが大きく左右されます。
若い人のほうが素直で覚えも早いので、当然若い人のほうが欲しいですし、若くして合格したということはそれだけ才能があるとも言えるため、監査法人側も若い人材が欲しいでしょう。



結局、監査法人に入って実務経験を積まなければ資格は貰えません。
したがって就職も視野に入れ、「在学中合格」が望ましいと考えられます。

もちろん、就職活動における面接は「人」が行いますから、コミュニケーション能力など「年齢」以外の部分が左右する要素は多くあります。(私は公認会計士準会員会主催の就活セミナーに参加したことがありますが、むしろ年齢以外の部分が左右する割合が多いと言われていました。)
    • good
    • 0

他に判断材料が無ければ在学中に取れなかった、取らなかった子よりも在学中に資格を取れる子のほうが無難な選択、となります。

ですから、在学中に他のことをして得たことや、社会にでて身に着けたこと、その他きちんとしたものがあれば前者も選ばれると思います。
採用者の視点からすればいい人材は逃したくない、良くない人材はとりたくない、というのが本音であろうと思います。
とても重要な選択を迫られるのに経歴や面接での印象くらいしか判断材料がないのです。
採用者にきちんとアピールできるものがなければ採用されることはないでしょう。情けでは採用されません。
とりあえずそのアピールの無難なものとして、在学中に資格とりました、というものがあるわけです。
まじめ、それなりに要領もいいのかも、というアピールが出来るのだと思います。
実務の内容にもよりますが、それなりの実務経験のほうが在学中の資格取得より価値があると思います。
監査法人を前提として話しますが、一生勤めるような場所でもないし、若手よりも社会経験者のほうが欲しいのではないでしょか。会計士としての土俵はどちらもスタートラインからになるわけですが、社会人生活のスタートからであるとビジネスマナーやある程度の常識を教える手間がかかります。
尚、休学している間に合格すれば在学中合格と言えると思いますがプラスの判断材料になるかは別問題です。
    • good
    • 0

公認会計士の資格は学歴は関係ありません。

国家試験ってみんなそうですが。つまり大学を卒業している必要はないのです。以前16歳で合格した人いましたよね。
でも公認会計士になるには監査法人などで3年間の実務を必要とします。以前監査法人では合格者を全員採用するように分担してましたが、不況になってから、監査法人自体に採用する余裕が無くなりました。それゆえに試験に合格しても監査法人に入れない人が続出したのです。まあ監査法人浪人があふれているのです。
監査法人、会計事務所に入れなければ公認会計士にはなれません。この試験に合格しただけではダメなのです。正し、企業では最近内部監査人を多く採用する傾向にあります。そういった意味では有利と言えるでしょう。
ただし内部監査はあくまでも任意であるので、外部の監査法人の監査が無くなるわけではありません。
当然監査法人側も良い人材に絞って採用するようになりましたので、学生でも青田買いをするには問題ないのです。
最近はとりあえずコンサル部門で採用し、良ければ監査に回すという段階式採用も考えているようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学在学中の非常勤会計士について

私立高校に通っている16歳の高2男子です。
僕は、大学卒業後は一般企業に就職するつもりなのですが、会計学にいくぶん興味があり、公認会計士資格を取得しようと思っています。
もし大学2年次で公認会計士試験に合格し、会計事務所や監査法人に非常勤として大学に通いながら就職した場合、業務内容や収入はどのような具合になるのでしょうか。
色々と調べたのですが、具体的なところがいまいちわからなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

最近では合格者数が増えたことにより、あえて非常勤勤務となる学生合格者に対しては仕事を積極的に割り振らない場合が多いかと思います。
そのため収入面では、学生にとって時給換算でかなり割の良いバイトなのですが、そもそも日数が伴わない場合には大きな期待は出来ません。

業務面では、仕事の割り振りが与えられれば他の合格者(常勤勤務の新人)と同様の業務に携わることになるでしょう。つまり学生だろうと何だろうと、クライアントへ出かけて「監査」をすることになります。
日数次第では同期と同じ程度の経験を得ることが出来ますが、それは確実でない状況です。
つまり、卒業後に就職する場合と、実質的に大きな変わりがないのではないかと思えます。

また、そもそも学生非常勤の多くが4年次合格と想定されるため、非常勤期間は半年程度が普通です。そのため2年次に合格した場合には(非常勤期間があまりに長いため)採用されるかどうかが定かでは分かりません。

大学受験と並行して会計士受験に取り組むといえば、賛否両論あろうかと思います。
ただ少なくとも、若年での合格そのものは上述のデメリットを遥かに凌駕するアドバンテージとなります。自分の知る学生合格者のほとんどが高校生のうちに会計士を目指そうと考えて、大学入学と同時に行動を起こした人たちです。その意味で、現在の決意が将来の大きな財産につながる可能性があると思います。

大学受験の勝算はもちろん常に注視したうえで、ぜひ将来に向けて頑張ってみてください。無責任な一投稿者ではありますが、大学と会計士と、いずれの合格とも祈念しております。

最近では合格者数が増えたことにより、あえて非常勤勤務となる学生合格者に対しては仕事を積極的に割り振らない場合が多いかと思います。
そのため収入面では、学生にとって時給換算でかなり割の良いバイトなのですが、そもそも日数が伴わない場合には大きな期待は出来ません。

業務面では、仕事の割り振りが与えられれば他の合格者(常勤勤務の新人)と同様の業務に携わることになるでしょう。つまり学生だろうと何だろうと、クライアントへ出かけて「監査」をすることになります。
日数次第では同期と同じ...続きを読む

Q大学在学中の公認会計士試験合格者の就職

現在大学2年生で2008年合格を目指して公認会計士試験の勉強しています。

このまま合格できれば大学3年の8月に試験が終了し勉強に一段落付くのですが、今年の会計士試験の難易度に疑問を持ちその後の進路として監査法人へではなく外資系のコンサルティング会社への就職を考えています。
会計士試験を受けずに就職活動に専念しようかとも考えたのですが、コンサルティングの実務において公認会計士の肩書きは信頼の証になるとのことで、公認会計士の資格は取得しようと考えています。

そこで就職活動についてなのですが、このまま行くと大学3年の8月までは勉強に専念するため就職活動が出来ないため、休学をして卒業を1年間遅らせて就職活動をしようと思います。
そこで
(1)適当な休学すべき期間(大学3年の夏からもしくは大学3年終了時から)
(2)休学することについての注意点
(3)その他進路全般についての注意点
について教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.休学する必要があるとは思えません。
大学3年の8月に勉強から開放されるのであれば、そこからでも十分就職活動は間に合います。
「公認会計士」試験合格者であれば、正直大学4年の8月からでも間に合います。
(僕の知り合いで、いました)

2.単純な話ですが、確実に合格できますか?
大学3年の時点で休学するのはリスクが大きいですね。
そこから卒業までさらに単位を重ねる必要がありますから、4年夏でもいいと思います。
また、公認会計士試験はそんなに甘い試験ではないと聞きます。
1年周囲とキャリアがずれる覚悟はおありのようですが、ホントに“1年”で大丈夫ですか?
いざとなればすぐに卒業できるように、もう1年年次を進めておいたほうがよいと思います。

3.公認会計士に合格できなかったことも考えてください。
これはあまり考えたくないことなのでしょうけど、いわゆる「司法浪人」のように年齢を重ねるリスクは十二分にあるわけです。
監査法人であれば、始めの数年は会計士試験を受け続けることは可能でしょう。
公認会計士の下で働くことはつらいかもしれませんが、働きながら勉強し続けるという選択肢もあります。
「勉強が大変で、働きながらなんてとてもできない」とお考えなら、それは仕方がありませんけど。


文章全体に楽観的な見通しが多いのが気になりました。

1.休学する必要があるとは思えません。
大学3年の8月に勉強から開放されるのであれば、そこからでも十分就職活動は間に合います。
「公認会計士」試験合格者であれば、正直大学4年の8月からでも間に合います。
(僕の知り合いで、いました)

2.単純な話ですが、確実に合格できますか?
大学3年の時点で休学するのはリスクが大きいですね。
そこから卒業までさらに単位を重ねる必要がありますから、4年夏でもいいと思います。
また、公認会計士試験はそんなに甘い試験ではないと聞きます。
1...続きを読む

Q高卒で公認会計士…会計士に学歴は関係有りますか?

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方が話題になりましたが、私の場合、このままストレートで合格したとしても、24歳後半です。

経歴としては、、、高校卒業→二年間フリーター→某美術系学部入学即中退→CGスクール→フリーのCGクリエイター→そして現在に至ります。
こんな私ですが、、、図々しい事に、、、大手監査法人(中央青山監査法人)や、
企業の顧問を目指しています。
一応、上記のところは大卒のみとはなってはいなかったのですが、、、
やはり大卒と言うのは(会計士の就職において)必要条件なのでしょうか?
必要であれば大学入学も真剣に考えています。

長くなりました。
どなたか、ご意見お聞かせ下さい。
お願いします。

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方...続きを読む

Aベストアンサー

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉しく、自立する為にバイトに励みました。
ここで、あるホステスさんと知り合ったのです。彼女を知ってからは、
大学も行かず、彼女の部屋でごろごろし、寝泊まりしていました。
それから、2年後、家族が複数人、ガンとなりまた、この都市でも色々あり、
実家に戻ることにしました。
さらに1年、私の家は、父親と私の二人となったのです。
ここで、私は、何をしたいのか。真剣に考える必要がありました。
次の年、私は、いくつもの私立大学法学部を受け、当時偏差値で49.7
の大学に入学する事ができました。
それからは、真剣に勉強しました。
公務員試験の模試では、国(1)も、絶対確実の判定でした。
成績は、全優で、学部長賞を受けることができました。
この大学生活で得た物は、大学では司法試験受験の為の補講をもうけてくれ、
そのときに、当時司法修習生として、教えてくれた人は今でも私にとって
よき相談相手です。
仕事の都合で、この人の事務所に行くと、近くの繁華街で、2件3件と飲みに
連れていてくれます。
数人の親友も出来ました。教養部では、仏文学の教授の家に招かれ、仏文学論を
幾度か議論したり、ていねいに教えてもくれました。
この大学には、私と小中高と同じ学校に通学していた幼なじみが、英語の非常勤
講師として、働いていました。
これらの大学生活は、非常に充実しており、現在の生活の陰の支えとなっていま
す。
 就職は、年令がネックとなりましたが、自分を認めてくれる所に勤務できたと
思っています。

 公認会計士になる事だけが目的であれば、それもいいでしょう。
 しかし、絶対合格できるのですか?
 であるなら、大学生活の傍らでの合格可能でしょう。
 可能性は無限大です。しかし、身の程も考えておきましょう。
 少しくらい、心のゆとりをもつ4年間もすばらしいものです。
 公認会計士に関連する、経営・経済学部の自分が入学できる程度の
大学でいいのではないでしょうか?
 あとは、貴方の努力次第と思います。

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉し...続きを読む

Qいろいろなことと勉強を両立できるのでしょうか?

はじめまして。
私は私立大学の商学部1年生の男です。

将来の夢は最近元気のない音楽業界をビジネスの世界から、もっと元気にすることです。友人とは洋楽のバンドなどを組んでゆるやかですが活動しています。

そして、今回みなさんにお尋ねしたいのが、以下の事との資格勉強の両立についてです。

大学の授業
バンド活動(週1回の集合練習と、自宅での練習)
アルバイト(週3日/一日5時間で土日あり)

おそらく、こんな状況で公認会計士を目指すなど考えが甘い!と
怒られてしまうだろうと思うのですが、厳しいご意見もぜひ聞いてみたいです。

というのも、勉強がどれくらいのボリュームのものなのか、わからないからです。

また11月あたりから入学し、大学卒業までの合格を目指したいのですが、合格が4年生までずれ込んだとき、就職活動はみなさんどうしているのでしょうか?


気軽にでいいので、それは無謀だ、またはがんばれば出来る!などなどご意見を頂けるととても嬉しいです。

なお、進路については公認会計士に自分の中で決めているので、
それ以外の提案というのはあまり必要ないと思います。

宜しくお願いします!

はじめまして。
私は私立大学の商学部1年生の男です。

将来の夢は最近元気のない音楽業界をビジネスの世界から、もっと元気にすることです。友人とは洋楽のバンドなどを組んでゆるやかですが活動しています。

そして、今回みなさんにお尋ねしたいのが、以下の事との資格勉強の両立についてです。

大学の授業
バンド活動(週1回の集合練習と、自宅での練習)
アルバイト(週3日/一日5時間で土日あり)

おそらく、こんな状況で公認会計士を目指すなど考えが甘い!と
怒られてしまうだろうと思...続きを読む

Aベストアンサー

大学四年で今年論文式試験を受けた者です。
率直な意見を書きますと、zepher0219さんが人並み外れて賢い方でない限り
2年での合格は不可能だと思います。
3年目から試験勉強に専念するならば3年での合格の可能性はあると思います。

◇会計士試験の易化が叫ばれていますが、まだまだ難しいことには変わりありませんし
厳しい就職状況から今年度より合格者数が絞られるという話もあります。
この試験は慶應・早稲田等の大学の生徒が一日9時間の勉強を二年間
続けてやっと受かるかどうか、という試験です。

◇旧試験の頃より2年間の学習で一発合格できれば優秀と言われてましたが
今は短答免除・科目免除ができたことによって、一発合格することが
難しくなっていると思われます。
(09年度の試験においては論文式試験受験者の内、短答免除者が短答合格者よりも多かった)

◇なお、具体的な統計はないのですがこの試験は撤退者が非常に多いです。
私の周囲では当初11人いた受験仲間のうち、最終的に論文式試験を受験した者は3人です。
他は全員途中で辞めました。
ゼミ・サークル・バイト等に所属している場合、青春を謳歌してる周囲と
そうでない自分とのギャップに苦しんだり、
飲み会や旅行等に参加できないことで疎外感を味わって結局撤退するケースが多いみたいです。

◇2年での合格を目指すならば試験に専念できる環境でないと厳しいと思います。
>>勉強だけでもいいからしてみたいと思っています。
>>ですので、頑張ってみようかと思います。
とのことですが、おすすめはできません。
十分な学習時間が確保できないと、カリキュラムを消化できず、そのままズルズルと挽回不能なところまで行き
結局撤退、というパターンが良くあり、高い受講料をどぶに捨てることになるのが目に見えてますので。

◇どうしてもバンドとバイトを諦められないのであれば、まずは片手間で簿記一級を目指し
大学の授業が少なくなり、周囲もボチボチ忙しくなってくる三年次から会計士講座を受講するのが無難かと思います。

◇合格が4年生までずれ込んだときの就職活動に関してですが
基本的には一般事業会社に対する就職活動は行いません。
「公認会計士」になるためには監査法人に入らなければいけないので(例外はありますが)。
監査法人に対する就職活動は8月の試験終了後、8月末~9月中旬頃に行われます。
ここで内定を貰えなかった場合、11月の発表後採用でリベンジするなり
一般事業会社の秋採用に賭けることになるみたいです。

大学四年で今年論文式試験を受けた者です。
率直な意見を書きますと、zepher0219さんが人並み外れて賢い方でない限り
2年での合格は不可能だと思います。
3年目から試験勉強に専念するならば3年での合格の可能性はあると思います。

◇会計士試験の易化が叫ばれていますが、まだまだ難しいことには変わりありませんし
厳しい就職状況から今年度より合格者数が絞られるという話もあります。
この試験は慶應・早稲田等の大学の生徒が一日9時間の勉強を二年間
続けてやっと受かるかどうか、という試験です。
...続きを読む

Q現在駒澤大学2年生です。日商簿記2級持ちです。

現在駒澤大学2年生です。日商簿記2級持ちです。
将来は会社の経理部などで働きたいと思っています。
人生設計の中では収入面で1000万円は行きたいと思っていて公認会計士を目指そうと思うのですが会計士は有名大学出身者しか受からないようなことを聞き不安になりました。勉強するなら今しかないと思うのですが、貴重な大学生活です。鼻から受からない資格を勉強しても時間の無駄だと思いました。それならば違う資格をとって就職したほうがよいでしょうか?
勉強はそれほど得意ではないですが。小さい頃からお金の勘定は好きでしたし両親からも会計のほうに行ったほうがいいといわれています。しかし国語はほんとに苦手です。
両親からは挑戦してみればといわれているのでお金の面では平気です。
挑戦すべきでしょうか?
補足
来年の2月受講スタートクラスです。
来年から大学は週1か2です。

Aベストアンサー

現役会計士受験生です。今年、論文式試験を受けました。
よく会計士=簿記というイメージがあるのですが、実は会計士試験はほとんどが理論で計算が出てくるのは配点のうち2割~3割程度しかありません。

中でも簿記(財務会計論)の配点は低く、これが200点満点中40点前後です。
残りの160点は財務会計論の理論、全7科目(会計学は3科目分とすると)で700点ですから理論が書けないとどうしようもないという事になります。
理論はある程度文章力がないと身につきませんし、簿記1級ではほとんどやりません。

近年、合格者も激減していますし、それでも人が余っている状態なので受かっても自動的に監査法人に就職出来る時代は終わりました。
会計士をとっても一般企業に行く人が出てくる状態です。
その場合、給与的には実務経験がないので新卒と同じ扱いになります。
そういった訳で会計業務を究めたい、絶対監査法人に行きたい、という気持ちがない場合はデメリットの方が大きいかと個人的には思います。

お金のみならば新卒で大企業に入ったほうが何倍も楽ですし、安定していると思いますよ。
というか、今から目指すのであれば丁度4年次の試験になり、新卒を捨てることになると思うので失敗したときにかなりのリスクを負うことになると思います。
それでも受からないと決め付ける事はできませんが、かなり厳しい試験であることは確かです。
私は今年で4回目の試験になります。
友人の東大出身の人は3回目で未だ短答試験に合格出来ていません。


就活を考えた時は一番の資格はTOEIC、次が簿記1級です。
どちらも難しい試験ですので学歴が多少劣っていてもコレを持っていると新卒の段階ではかなり評価され、書類の通過率がとても高くなります。
私は1級だけでしたが、面接では必ずと言っていいほど1級について聞かれました。(最終的に辞退してしまいましたが)
1級を持っていれば単に「経理をやりたい」という事を述べるよりも断然説得力が増すので、もし取得する気があるのであれば「会計士試験のための力試し」というよりも「学歴を覆す就活対策」という事を目的に取得するのがいいのではないかと思います。

ソニーなどはあまり学歴を重視せず、職種別採用を行っていたりします。
そういう魅力的な大企業も多くありますので、自分の目的はなんなのか(収入、身につけたい事)をもう一度自己分析して検討されるといいかと思います。
ちなみに会計士試験は大学名は関係ありません。
1番がやる気、2番目はどれだけ時間をかけるかだと思います。

現役会計士受験生です。今年、論文式試験を受けました。
よく会計士=簿記というイメージがあるのですが、実は会計士試験はほとんどが理論で計算が出てくるのは配点のうち2割~3割程度しかありません。

中でも簿記(財務会計論)の配点は低く、これが200点満点中40点前後です。
残りの160点は財務会計論の理論、全7科目(会計学は3科目分とすると)で700点ですから理論が書けないとどうしようもないという事になります。
理論はある程度文章力がないと身につきませんし、簿記1級ではほとんどやり...続きを読む

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

Q中央大商学部か明治大商学部か(公認会計士は目指さない)

中央大か明治大かの商学部に進学予定の高校3年生です。この場で何度か質問をさせていただいた結果、公認会計士はやはり私のやりたいことと少し違うので資格取得は目指しませんが、数字に強くなりたいという点と何かしらの資格はあったほうがいいという点で、日商簿記検定1級は大学在籍中に取得しようと思っています。
公認会計士の試験対策が充実しているので中央大の方が明治大よりもいいという意見を良く聞きますが、公認会計士の取得しやすさという点を除いて、さらに、マーケティングをより詳しく学べる大学はどちらか、ということになると、なかなか判断がつきづらいです。

要点をまとめると
・中央大か明治大の商学部には進学予定
・公認会計士は取得しようとは思わないが、簿記1級は取得しようと思っている
・大学ではマーケティングを詳しく学びたい

ということになります。
ここ1,2週間2つの大学のカリキュラムを調べ、様々な意見を聞き、やはり自分ひとりでは判断ができませんでした。
皆さんの意見をよろしくお願いします。
また、できれば、マーケティングを実際大学で学んでいる(学んでいた)方の意見も伺えればとてもうれしいです。

中央大か明治大かの商学部に進学予定の高校3年生です。この場で何度か質問をさせていただいた結果、公認会計士はやはり私のやりたいことと少し違うので資格取得は目指しませんが、数字に強くなりたいという点と何かしらの資格はあったほうがいいという点で、日商簿記検定1級は大学在籍中に取得しようと思っています。
公認会計士の試験対策が充実しているので中央大の方が明治大よりもいいという意見を良く聞きますが、公認会計士の取得しやすさという点を除いて、さらに、マーケティングをより詳しく学べる大学...続きを読む

Aベストアンサー

明治大学商学部マーケティング学科で学んだものです。
簿記の資格を取りたいという事ですが、大学の簿記論で学んだのは3級レベルでした。それ以上のものが学びたい場合はダブルスクールか自分で勉強することをオススメします。

数年前のことなので学科の選び方が変わったかもしれませんが、1~2年までは商学部の基礎?のようなものを学び、3年にあがる時に学科を選択しました。

それと同時にゼミの試験があり、マーケティングは結構人気なので希望のゼミに入れない人もいます。
別の学科のゼミに入りながら、マーケティングの授業を選択する人もいました。

ということで、簿記は自分で勉強。
マーケティングを学ぶなら3年のゼミ試験で頑張るというのが結論です。

一概にはいえませんが、私はあまりマジメに勉強している人がまわりに居なかったもので、流されるまま特に何も勉強せずに今に至ります。一応簿記3級はとりましたが。要はどちらの大学にいっても自分の努力次第ということではないでしょうか。
質問者様、頑張ってください。

個人的意見としては明大の方が都心なので通いやすくないでしょうか・・・。

明治大学商学部マーケティング学科で学んだものです。
簿記の資格を取りたいという事ですが、大学の簿記論で学んだのは3級レベルでした。それ以上のものが学びたい場合はダブルスクールか自分で勉強することをオススメします。

数年前のことなので学科の選び方が変わったかもしれませんが、1~2年までは商学部の基礎?のようなものを学び、3年にあがる時に学科を選択しました。

それと同時にゼミの試験があり、マーケティングは結構人気なので希望のゼミに入れない人もいます。
別の学科のゼミに入り...続きを読む

Q日商簿記1級取得は相当難関ですか?

日商簿記1級は努力だけじゃ合格は難しいですか?2級まで1回でとったのですが、簿記の勉強が面白く1級取得も考えているのですが、2級までは暗記、1級はセンスと聞きました
確かに1発合格なんかは難しいかもと思いますが、1級は努力の範疇を超えた試験なんでしょうか?

たとえるなら数学や国語の偏差値65までは努力だけど、それ以上はセンスっていう感じと同じですか?

Aベストアンサー

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者以外ではあまり役に立たないように思いますね。もちろん大企業などの経理・総務・財務などの担当役員などとして監査対応などをするのであれば、必要だと思いますがね。

税理士事務所などの求人で1級を求めることがありますが、私の前職の税理士事務所なんて3級や2級の人も担当を持ち、顧客に指導したりしていましたからね。
ですので、あなたが税理士などを目指したり、経理関係の職で上を目指すのであればよいですが、そうでなければ他の資格などへ力を入れた方が良いと思いますね。
簿記検定を取得したからといって、経理士のすべてを知るわけではなく、基礎にしかなりませんからね。実務と机上では大きな差がありますからね。

私は、簿記検定の他に税務会計検定を取得しました。あるサイトで登録したのですが、税理士事務所での実務経験・簿記検定・税務会計検定を記載しただけで、年俸1000万円以上の条件の求人へ応募を求められたこともありますね。

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者...続きを読む


人気Q&Aランキング