最近発売された文庫で、高峰秀子について書いてあるものがあると聞きました。
出版社もタイトルも分かりません。どこかの書評に載っていたかも……
本人ではなく身近にいた人が書いたもので、タイトルに「高峰秀子」とは
つかないようなのですが、どなたかご存知ではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは


お探しの本ですが

>最近発売された
であればZz_zZさんが回答なさっている通りですが

>文庫
であればちょっと古いのですが

「台所のオーケストラ」があります

シリーズ名: 文春文庫
著者: 高峰 秀子
出版社: 文藝春秋
税別価格: 486円
ISBN: 416758705X
ISBNC分類: 日本文学・評論・随筆・その他
発行: 2000年11月10日

【 紹介文 】
台所はオーケストラの舞台です。包丁、マナ板、フライパンなどを駆使して一皿の料理の完成まで、タクトを振るのはあなたです。でも、ときには怠けたいこともある。時間が無いヨ、というときもある。そんなときのために、ごく簡単でおいしい和、洋、中のレシピを集めてみました。お味?それはコンダクターの腕しだいです。

>高峰秀子について書いてあるもの
となると

「今ひとたびの戦後日本映画」
があります「文庫」の条件は満たしているのですが
「最近」とは言いがたいので違うかな

シリーズ名: 中公文庫
著者: 川本 三郎
出版社: 中央公論新社
税別価格: 743円
ISBN: 412203650X
ISBNC分類: 演劇・映画
発行: 2000年05月23日

>本人ではなく身近にいた人が書いたもの
となるとやはりZz_zZさんが正解かな?

本屋さん関係ののURL
http://www.netdirect.co.jp
http://www.bk1.co.jp/
http://www.taiyosha.co.jp/bunko/index.html
    • good
    • 0

最近ならば...?




http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0101186931

書  名:高峰秀子の捨てられない荷物
出 版 社:文藝春秋
著  者:斎藤明美
本体価格:1,714
発行年月:2001/03
判  型:B6
頁  数:350
ISBN  :4163572309
内  容:
傑作自伝「わたしの渡世日記」のその後。世俗のしがらみを捨て去って到達した自由な境地。
一本のクギ 仮面と鎧 荷物 敵 人間嫌い 鶏卵 一日一笑 ふたり
 ひとこと(高峰秀子)

2001年3月18日読売新聞・朝刊「広告欄」に掲載されました。

参考URL:http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0101186931
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。 文庫サイズと聞いたのですが、これかなぁ…… 店頭で見てみますね。

お礼日時:2001/05/18 23:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和30年代ごろの映画に高峰秀子という女優が多く出演しているのはなぜですか

昭和30年代ごろの映画の出演者をみると、高峰秀子という女優が出演している映画が多いのですが、それはなぜですか。
また、高峰秀子という女優が出ている映画と、出ていない映画はどういう違いがあって、高峰秀子という女優が出ていたり、出ていなかったりするのですか。

Aベストアンサー

ANo.2の方が回答されているように、当時、高峰秀子が特定の映画会社の専属ではなく、「フリー」だったということがキーワードになります。

各社の専属の監督、俳優を互いに引き抜くことを禁止するため、大手の映画会社5社の間で「五社協定」が1953年に調印されました。この協定は、各社専属の監督、俳優を他社に貸し出すことも原則的に禁止するものでした。
そのため、一線級の俳優(女優)でも、出演できる映画は限定されていました。いくら人気や演技力があったとしても、他社が製作した映画には出演できなかったわけです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E7%A4%BE%E5%8D%94%E5%AE%9A

戦前から大スターだった高峰秀子は、戦後、「五社協定」ができる以前にフリーになっていたので、この協定に拘束されることもなく、各映画会社に専属していた名監督による数々の名作映画に出演することが可能だったのです。
昭和30年代は彼女の黄金期でありますが、この時期にほとんどの主演級女優が「五社協定」の壁に阻まれていたことに比べて、その活躍が際立っているわけです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B3%B0%E7%A7%80%E5%AD%90

ANo.2の方が回答されているように、当時、高峰秀子が特定の映画会社の専属ではなく、「フリー」だったということがキーワードになります。

各社の専属の監督、俳優を互いに引き抜くことを禁止するため、大手の映画会社5社の間で「五社協定」が1953年に調印されました。この協定は、各社専属の監督、俳優を他社に貸し出すことも原則的に禁止するものでした。
そのため、一線級の俳優(女優)でも、出演できる映画は限定されていました。いくら人気や演技力があったとしても、他社が製作した映画には出演できな...続きを読む

Q電撃文庫のサブタイトルが(~のアリア)のもの

タイトルではなく各章ごとにタイトルがありますが(左側のページの左上に載っているタイトル)、そのタイトルが(~のアリア)であるものの作品のタイトルを探しています。
こんなものたくさん該当すると思われますが、思い当たるものがあれば手あたり次第教えてください。

なぜこんな質問をするかというと、本屋で立ち読みしていた人のを横でチラ見して後々気になってしまったからです!(たちが悪いですね…汗)

ちなみに~の部分の一部は漢字だったと思います。
緋弾のアリアだったのかな…?

Aベストアンサー

多分ですが。。。

「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」の中の「星なき夜のアリア」じゃないですかね。

まぁ、他にもあると思いますが、自分が確実に知っているのはこれだけですので。。。

以上です。

Q高峰秀子はなぜ人気があったのですか

先日逝去した高峰秀子さんは、なぜ人気があったのでしょうか。
すごい美人という風には見えないのですが。

Aベストアンサー

 十分美人ニャ。
 ほぼ同年代の婆様の女子師範学校の卒業アルバムを見せてもらったことがあるけど、皆すんげぇ顔立ちばっかだったニャ。
 整形手術など存在しない時代だったから、高峰秀子はかなりべっぴんの方だったと思うニャ。

 ま、美人の定義が変化したこともあるけどニャ。
 たとえば戦前~戦後の銀幕スターの女性代表と言えば田中絹代だけど、今から見ればむちゃくちゃ美人とは言えないと思うニャ。その田中絹代に比べても高峰秀子方が美人と思うがニャ。

Q10年~15年くらい前かと思うのですが、新聞の書評に載っていた本を探し

10年~15年くらい前かと思うのですが、新聞の書評に載っていた本を探しています。
読売、朝日、中日新聞のどれかだと思います。

うら覚えなのですが、

■ 男子高校生の完全犯罪(やむを得ぬ?!事情あり)

■ ラストのシーンについて、評者が

「明るい太陽(明るいお天気)が、妙に悲しく見えるときがある。これはそんな物語だった。」

みたいな感じで書評を書いていました。

わかりにくくてすみません。
ひょっとしてひょっとすると高校生じゃなかったかもしれませんが。。
覚えているのはこれだけなのですが、長年探しています。

Aベストアンサー

違ってたらごめんなさい。貴志祐介先生の「青の炎」では?嵐の二宮君主演で映画にもなりましたよね。

参考URL:http://booklog.jp/asin/4048731955

Q昔の映画にはなぜ高峰秀子とか志村喬とか出てくるのか

昔の日本映画には、なぜ高峰秀子とか志村喬とかがよく出てくるのでしょうか。
自分の観た映画が偏っているのでしょうか。

Aベストアンサー

結論を言うと、彼らの作品が残りやすかったのと、ご覧になっている物が偏っているからだと思います。

昔は現在以上に、監督が贔屓にしている役者というのがいました。もっといえば、映画製作会社が贔屓にしている監督や役者がいたわけです。

したがって、例えば巨匠と謳われる黒澤明の作品を見れば、かなりの率で志村喬が出ています。一方で、やはり世界的に有名な小津安二郎監督の作品を見れば、かなりの確率で原節子と笠智衆が出ています。

さらに、現在まで愛されるほど中身が充実していて、しかもフィルムが劣化していない映画を撮った人や会社というと、それなりの予算を与えられたところですから、数が限られてしまいます。

その限られた数の製作者が愛した役者の数も限られていて、その限られた数の中で、質問者さんはそのお二人がお好みに合うのでしょう。

Q 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、14

 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、147万7万8千400円のうち、35%の51万程を評価等支援額、という出版社側の支援による共同出版を提案されました。これは高いのでしょうか、安いのでしょうか?ただ、この会社は「過度な期待には答えられません」「本はよほどの事がなければうれません」等の注意書きがあり、なかなか好感が持てました。会社の評判も含め、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本)で10~50円。上製本(百科事典みたいなヤツ)で100~200円くらい
です。
ということで、本格的な書籍を作ると、100部程度だと1部1万円を超えるなんて状態はよく起こります。
固定費、変動費を大幅に安くする簡易印刷という方法もあります。

で、多分、自費出版の多くは、全体の2/3を占める販売費や流通費を大幅に縮小して、ほとんどゼロにしているんじゃないでしょうか。
まず、校正は、誰がどのような方法でやるかを聞いてみてください。もし、作者におまかせなら、あてになりません。校正とは、文字の間違いを治すという文字校だけでなく、作品をより良くするものも含みます。ここで手を抜くということは、売りたいとか良い作品を創りたいのではなく、街の広場のように作っていくらという商売の出版社ということです。
印刷した本をどれだけ取次に渡し、どのくらいの期間、出版社の在庫がどのようになるかを聞いてみてください。ホントに良い作品と思ってなら、売ることに注力をするはずです。
取次にもし渡さなければ、出費の1/3を抑える事ができます。ただ、そんなことで経費を浮かすトコは、出版社ではないですよね。単に本を製造して発注元に渡す印刷会社に過ぎません。

私はもし、上記のように、出版社が書いた原稿を何もせずにそのまま本を依頼主に渡すだけなら、その費用は「高い」と思いますし、出版社として真っ当な出版活動をするとしたら、営業費が全く出ない費用だと思います。
いずれにしても、ご自身が知人に紹介した範囲でしか売れない類の本になるということです。仮に1万冊刷るとしたら、その1万冊全部がご自身のご自宅に半年後に送られてくることになるかと思います。
まずは、その場所の確保の算段をしてからご依頼されると良いかと思います。

コミックマーケットなどは行かれたことがありますか? 活字本よりも原価が高いので、1冊1000円で手売りしていますが、500~1000冊売って多分、損益分岐なのではと思います。(簡易印刷をしていれば、その1/3くらいでしょうけど)
ご自身がこのような同人誌即売会で手売りをする気持ちがない限り、在庫を抱え続けることになるかと思います。

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本...続きを読む

Q高峰秀子という女優がいたのでしょうか。

高峰秀子という女優がいたのでしょうか。

Aベストアンサー

 おった。3~4年前になくなった、戦前から1980年頃まで活躍した女優。
 戦前は天才子役、昭和20年代は今で言うアイドル女優、銀幕のスタアでした。
 出演作品で有名なのは日本初の総天然色映画「カルメン故郷に帰る」「二十四の瞳」の女先生等、山ほどあります。
 専属ではないけど、長いこと田辺製薬の広告に出てた。1960年代~1970年代はどこの薬局にも彼女の上半身の立看板が置いてあった。

Q様々な出版社から新書が出ていますが、出版社によって、だいたいの内容の傾

様々な出版社から新書が出ていますが、出版社によって、だいたいの内容の傾向性とかってあるんでしょうか?
例えば~~新書は学術的で難しめの本が多いとか、~~新書は流行りのタイトルばかりで中身が薄っぺらく思う、とか。
あったら教えてください。

あと、新書は読書をよくする人(私はほとんどしません)からすると、どういうイメージなんでしょうか?
一般的には、雑誌の延長のような感じで、興味のあるものを流し読みする感じの軽いもの、というイメージなのでしょうか?

Aベストアンサー

中公新書、岩波新書、ブルーバックスは、他の代わりというイメージはまったくないですね。
各々読みたい時がはっきりしてますし。

Q高峰秀子主演「雁」を観たい!

高峰秀子さん主演の「雁」を観たいと思うのですが、DVD等は発売されていないようです。どうしたら観ることが出来るか、どなたかアドバイス頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

日本映画の旧作は、名画座といわれる映画館が都内に
数館残されているのみで、全滅状態です。
それに変わるものとして、CS衛星放送、があります。
日活系のチャンネルNECO、松竹系の衛星劇場、
東映系の東映チャンネル、そして、東宝など数社による
日本映画専門チャネルと時代劇専門チャンネル。
一日、十数本の日本映画の旧作が放映されています。

お問合せの東宝映画「雁」も、日本映画専門チャンネルで
数年前に放映されVHSに録画しました。
日本映画を確実に見るためには、スカパーへ加入するか
最寄のケーブルテレビ局へ申し込む必要があります。
リクエストや特集の放映で、ご覧になれると思います。
名作だと思いますが、DVDになるまでには、かなり
時間がかかるのではないか、と思われます。

Q日経に宣伝が載っていた本のタイトルを教えてください。

確か先週の土曜日の日経新聞の夕刊1面下の本の宣伝で、
「現代人が都市生活によって脆弱になっている」というような
解説のついた本があったのですが、本の題名、わかりますか?
新聞、間違って捨てちゃったみたいなんです。
今、落ち込んでいて、それは都市生活のせいじゃないかと、その本がすごく気になっているので、まだ新聞持っているかた、教えていただけませんか。
変な質問ですみません。

Aベストアンサー

普通の図書館には、新聞のバックナンバーがとってあるはずです。
多分日経夕刊もあるとおもいます。それで地道に探してみてください。
また、図書館向けのシステムで、新聞広告に掲載されていた本を探すことが出来るっていうものがあるそうです(?)
いずれにせよ、図書館の司書さんに聞いてみてください。
本を探すプロですから、なんとかしてくれるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報