現在、地球の地殻、マントル、内部の核の温度はすでに知られているようですが、いったいどのようにして、測定、あるいは予測をしたのでしょうか。

A 回答 (1件)

参照URLのひとつめに、電気伝導度から求める、とあります。



では、何故、電気伝導度が知れているのか、ということが
参考URLのふたつめの「マントル」の項に書いてあります。

# シロウトには、良く分かりません (^^;

参考URL:http://homepage1.nifty.com/momotaroh/space_12_gl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
気合入れて勉強してみます。

お礼日時:2001/05/18 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球の内部に核がある事をどのようにして確かめたのか?

地球の内部に核があることは、科学では周知の事実ですが、一体どうやって確かめたのでしょうか?まさか地下深く穴を掘って確かめたわけないですし・・。それともただの推測なのでしょうか?
この事に限らず様々な科学的常識も、真実性があるのか不思議でなりません。

Aベストアンサー

波の伝わる速さは、媒体によって変化します。
たとえば東京で人口地震を起こして、その何秒後にアルゼンチンでその地震波が観測されるかを測定します。
このときかかった時間を地球の直径で割ることで、地震波の伝わる速さがわかります。
アルゼンチンだけでなく、地球上のいろんな地点で同じ地震波を調べ、到達時間を調べることにより、地球内部の構造がある程度推定できるようです。

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/chikyunokozo-01.htm

QIo測定時の三相一括とB種線での測定では測定結果が異なるのでしょうか

高圧受電設備の新人保守マンです。漏れ電流を計る時、三相でも単相でも題記のようなことがあり(確かB種測定時のほうが三相一括より倍位い多い)なぜなのか分からず困っております。この疑問が起こったのは所謂 活線メガーを購入したので図っていた時 試しに両方の方法で計ってみたらこんな結果になりました。メーカーに聞いてみましたが全く要領を得ない答えでした。(普通のクランプ漏れ電流計でも同じ結果になりました。)なお、三相一括時または単三測定時にアース線を入れたとかクランプ方向を間違えたとかいわゆる測定方法の間違いはありません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

単相二線式絶縁変圧器を使い、ホーロー抵抗R=2kΩ+フィルムコンデンサC=0.47μFを使いNFB側(変圧器側一括)とB種接地側(接地抵抗0Ω)、双方を活線メガーで測定して見ました。今まで特に2カ所も測る必要も無いので疑問を持たなかった。物理的に大きな変圧器二次側の一括は大口径のクランプでも出来ない。
電源は定電圧、定周波数装置を使い検証してみたが、いずれの測定箇所でもIgr50mA、C分カットされた絶縁抵抗値は0.002MΩ(2kΩ)の表示でした。現場サイドで数値が異なるのは、本実験と異なる要因...電圧、電流、周波数の変動、高調波、誘導、クランプ角度他の事が考えられ、これら全ての入力をフィルタを通し処理し演算、表示している。活線で現場交流メガー測定するには、クランプ測定同様、無理難題が多いので気休め程度の測定と思っている。

Q地球の温度の測定方法など

昨今の地球温暖化論議の中で、地球の気温の変化のグラフなどをよく見かけます。
そこで質問ですがよろしくお願いします。

(1)気温計ができる前(100年以上前)の気温はどうやって計っていたのでしょうか?
(2)数千年前、数万年前の気温は、考古学的観点から推測していたとしてもかなりの誤差が生じていると思われます。そんな大きな誤差の気温データにどの程度の意味があるのでしょうか?
(3)かつて地球が氷河期であった時でも、地球の平均気温は今の平均気温より数度低いだけであったと言われています。地域的な偏りが大きいとしても平均値が数度程度で氷河期になるものなのでしょうか?
(4)現在の地球気温の測定は、陸地の気温の集計がほとんどで海面上の気温はほとんど測定されていないということですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

2についてだけ回答します。
気温の測定方法にはいろいろな手法があって、考古学、古生物学、地球化学などの各分野で様々な測定がなされています。酸素同位体比という手法だけをとっても、南極氷床、珊瑚などいろいろなサンプルから測定が行われています。
ひとつひとつの手法では誤差が非常に大きいのですが、どの測定法でも同じような結果が得られたならば、そしてそれが数値シミュレーションなどとの結果とも一致したならば、それは十分に信頼できるものと思われます。

1について、エピソードをひとつ。
ブリューゲルの『雪の中の狩人』という作品は雪が厚く積もった山里が描かれていますが、ブリューゲルが暮らしたオランダは現在では雪はほとんど降りません。それゆえ、彼が生きていた16世紀のオランダは、現在よりも気温が低かったことが分かるらしいです。
同じようなことは日本の浮世絵や、『北越雪譜』のような作品についても言えます。実に様々なものが手がかりになるようです。

Q環境計量士、環境分析測定士などの資格とシックハウスに関する測定分析について

たとえば、公害防止管理者という有資格者は公害防止組織整備法で選任や業務などが求められていますが、環境計量士、環境分析測定士の資格はどのような法によってどのような業務に対して求められているのでしょうか?。

最近、シックハウスに関する測定方法として、小型チャンバー法、大型チャンバー法などがJIS規格で定められていますが、こういったJIS規格に則った測定・分析を行なうには何か資格が必要なのですか?。上記のような環境計量士、環境分析測定士などの資格は関係あるのでしょうか?。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

環境計量士は、計量法で定められた資格です。
計測方法が変われば出てくるデーターもことなってしまいます。
そのために、証明行為を行う場合に、一定の技術を持った資格者により、統一された規格(JIS)で計測し、データーを提示するようになっています。

>http://www.sam.hi-ho.ne.jp/takeshi-kunimoto/index/sikaku/keiryo.html

環境測定分析士は、環境分析協会で行っている自主的な資格ですので、法的資格ではありません。
>http://www.jemca.or.jp/info/analysis/index.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%88%E9%87%8F%E5%A3%AB

Q 地球の温暖化について:CO2の濃度が上昇して地球の気温が上昇すると世

 地球の温暖化について:CO2の濃度が上昇して地球の気温が上昇すると世間一般的に言われておりますが、
http://taro2121.blog38.fc2.com/blog-entry-71.html 裏窓というサイトで地球温暖化詐欺という
動画を見た所、気温と二酸化炭素濃度の関係は以下の通りだと主張されてました。それによると二酸化炭素の
濃度が増加して気温が上がるのではなく、地球の大気の気温が上昇する時には、気温が上がりそれに伴って
(地球内の生物の総数が増加して??)二酸化炭素が増加するということ。この動画によると地球の歴史何十億年の
サイクルで温暖化と寒冷化が繰り返されており、人為的に温暖化が起こるというよりも太陽の活動による事が
大きいとされています。(他にも数々の面白い主張がなされておりますが、適当に端折らせて頂きました。)
果たして世間一般的に議論されている地球温暖化の議論は虚しいものなのでしょうか??

Aベストアンサー

そもそも、一番温室効果があるのは「水蒸気」なのに、なんでそれを差し置いて二酸化炭素が槍玉にあがるのかという素朴な疑問はありますね。
私のブックマークのなかから、参考になりそうなサイトをあげておきます。

参考URL:http://www.geocities.jp/obkdshiroshige/ondanka/ondanka.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報