【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

稚拙な質問なのですが...
印星が大過するとなぜ身弱になるのですか?
日干を生ずる星なのに印多身弱といいます。
よくわかりません。誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日主は比肩です。

干支が干支に対する関係を現したものが変通性です。例えば甲なら、自分自身との関係を表現したら、「甲と甲の関係」だから比肩になります。

印星が多いと確かに比肩を強くします。しかし、比肩が気を漏らす食傷性を克します。印星は元々蓄えて出さないという「セコイ」性質の星です。だから食傷性という排気口が必要なわけです。しかし、印星が大過していれば食傷性を食べてしまうので、それすらありません。だから、この場合、日主が弱いというよりは、「牢獄に閉じ込められた日主」ということなのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど制剋関係からいってその通りで理にかなっていますね。
非常にわかりやすいです。はけ口がない状態なのですね。
「牢獄に閉じ込められた日主」というのは私自身が印星大過なので経験上よくわかります。
いかにも気が鬱しそうな感じですね。
的確な回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/19 21:16

四柱推命は、五行流通のバランスが大事です。


日干の五行が弱い場合、印が適度にあれば良好な支えとなりますが、
多すぎると日干をダメにしてしまいます。

例えば、
壬甲壬壬
申申子子

日干甲木の根となる寅・卯はなく、印太過。水多浮木といわれます。
木は生じられるどころか、湿木、漂木となり、木の性質ごとダメにしてしまいます。

このほか、
日干が火の場合は、木多火熄
   土の場合は、火多土焦
   金の場合は、土多金埋
   水の場合は、金多水濁
              という言葉があります。

どの場合も印が日干の支えを超えてしまっている状態です。

八字の並びでもかわってきます。
印を制する財が印を抑えることができていれば、日干に悪影響はない場合もありますが、
印が多いなら日干に有力な根が一つでもあるか、横に日干の五行の陽干があれば日干は身弱とならない場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
過保護すぎる(何でも五行が過ぎると壊れてしまう)ということですね。
残念ながら私には財星がなく日干に根もありません(>_<)
「日干五行の陽干が隣接していれば」というのは初めて知りました。
こういう知識はありがたいです。
丁寧な説明とキーワードいただけて助かります。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/19 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四柱推命で、自星・印星大過と鬱の関係について

四柱組織の基礎計算結果
年丁卯乙木傷官劫財病 帝旺戌亥
月甲辰戊木水土比肩偏財衰 衰 寅卯
日甲辰戊木水土  偏財衰 衰 寅卯
時壬申庚水金偏印偏官長生絶 戌亥
日柱の空亡:寅卯 → ( [年柱] が空亡に該当 )

旺相死囚休 と 月令木火土金水
囚休旺相死
辰月土旺の生まれ (戊土司令)

〔大運〕: 逆旋6年6ケ月 ( 立運迄:6歳6ケ月)
6歳 7ケ月 ~ 16歳 6ケ月 癸卯印綬帝旺
16歳 7ケ月 ~ 26歳 6ケ月 壬寅偏印建禄
26歳 7ケ月 ~ 36歳 6ケ月 辛丑正官冠帯
36歳 7ケ月 ~ 46歳 6ケ月 庚子偏官沐浴
46歳 7ケ月 ~ 56歳 6ケ月 己亥正財長生
56歳 7ケ月 ~ 66歳 6ケ月 戊戌偏財養
66歳 7ケ月 ~ 76歳 6ケ月 丁酉傷官胎
76歳 7ケ月 ~ 86歳 6ケ月 丙申食神絶
86歳 7ケ月 ~ 96歳 6ケ月 乙未劫財墓
96歳 7ケ月 ~ 106歳 6ケ月 甲午比肩死
 
 四柱推命で以上のような命式です。17歳頃から精神的に非常に不安定になり(それまで耐えていたことが一気に発散された感じ)、困っているのですが、これは印星大過や自星大過であること、そして大運偏印運であることが関係あるのでしょうか。
 もしそうだとすれば、どのような対策法があるのでしょうか。現在、毎日が目覚めても目覚めても醒めない悪夢のような日々に感じられて非常に辛いです。
 色々とやらなくてはいけないことがあることは分かっているのですが、どうしてもやることが出来ません。自分でも良く分からないのですが、どうしても出来ないのです。以前は鍛え上げていた身体も今ではガタガタになり、ひどく痩せ、このままでは慢性的な病気になってしまいそうで不安です。
 このような命式の人間が開運するにはどのように生きるべきなのでしょうか。本当に困っています。どうか教えてください。

四柱組織の基礎計算結果
年丁卯乙木傷官劫財病 帝旺戌亥
月甲辰戊木水土比肩偏財衰 衰 寅卯
日甲辰戊木水土  偏財衰 衰 寅卯
時壬申庚水金偏印偏官長生絶 戌亥
日柱の空亡:寅卯 → ( [年柱] が空亡に該当 )

旺相死囚休 と 月令木火土金水
囚休旺相死
辰月土旺の生まれ (戊土司令)

〔大運〕: 逆旋6年6ケ月 ( 立運迄:6歳6ケ月)
6歳 7ケ月 ~ 16歳 6ケ月 癸卯印綬帝旺
16歳 7ケ月 ~ 26歳 6ケ月 壬寅偏印建禄
26歳 7ケ月 ~ 36歳 6ケ月 辛丑正官冠帯
36歳 7ケ月 ~ 46歳 6ケ月 庚子偏官沐浴
46...続きを読む

Aベストアンサー

身旺の命ですね。
ですので、大運で水・木の巡る27歳頃までの期間は、
しんどいと思います。
身旺の命を益々強くしてバランスを崩すからです。
27歳を過ぎて金土の大運となり、身旺を弱めますので、
バランスが取れてきます。
よくなってきますよ。
gothさんの命で、開運の五行は、火と考えられます。
火がくると、身旺の日干木を漏らして弱め、
土、つまり財星を強めてくれます。
開運の方法として、
火の五行を積極的に取り入れると良いかと思います。
精神的な不安定さは、木の過多による現象かもしれません。
火の五行を取り入れることで、
木を漏らして弱める事ができます。
火の五行を生活の中で取り入れるには、
 (1)色 赤・ピンク・オレンジなどを使う。
    置物、服、アクセサリー、スリッパ、マット・・・
      いくら良いといってもバランスがありますので、
      多すぎても変ですから、インテリア的にセンス良く
      する事が大切です。
      これからの季節、赤色の手袋なんかいいですね。
      赤色のマフラーとか。
      赤色の下着もOKです。
 (2)太陽 太陽の光が輝く南の島の写真、太陽の光が輝いている絵
     太陽の写真や絵などを飾る。
     朝日を浴びる。日光欲をする。(紫外線には注意)
       朝日を浴びながらの散歩なんかいいですね。
     部屋には日光をたくさん入れるようにする。
       (部屋は南方位がいいですね)
 (3)その他 アロマキャンドル(炎がいいです。)
      繁華街に出かける。
お勧めは、
 『朝日を浴びて深呼吸。そして朝日を浴びながら散歩』 です。
そして、散歩のときに、「ありがとう」って言いながら歩くんです。
とにかく「ありがとう」と言うと氣が高まります。
何も考えず「ありがとう」をたくさん声に出していってみて下さい。
元気と運がやってきます。
100回でも200回でも500回でも、毎日、たくさん声に出して言うと
本当に良いです。(←小林正観さんが提唱されてます。)
あと、
部屋では明るい音楽をかけましょう。
そして、部屋の飾りで、
水晶柱(先っぽが六角形尖がっているもの)を
ファンタジーランプで光らせるのもいいですよ。
基本的に部屋は明るくしてくださいね。
感情では「楽」が五行の火です。
「楽しい映画」「楽しい演劇」を観に出かけたり、
「楽しい映画」「楽しいドラマ」などのDVDを借りてきて見たり、
楽しいと感じることをすると、火の五行を補う事になります。
色々書きましたが、
楽しんでできそうな事からなさってみてください。



 
 

身旺の命ですね。
ですので、大運で水・木の巡る27歳頃までの期間は、
しんどいと思います。
身旺の命を益々強くしてバランスを崩すからです。
27歳を過ぎて金土の大運となり、身旺を弱めますので、
バランスが取れてきます。
よくなってきますよ。
gothさんの命で、開運の五行は、火と考えられます。
火がくると、身旺の日干木を漏らして弱め、
土、つまり財星を強めてくれます。
開運の方法として、
火の五行を積極的に取り入れると良いかと思います。
精神的な不安定さは、木の過多による現象かも...続きを読む

Q四柱推命の大運が悪いです・・・気を付けるべき事は?

あまり四柱推命は詳しくないのですが・・・
大運で空亡が10年+10年
その後の大運が七沖で10年
その次の大運が六害で10年と連続で継続するようなのですが・・・運気が悪いって事になるのでしょうか?
不安でたまりません。
大運の空亡や七沖・六害の意味とは?その時に起こりうる害など何か予測できますか?
どんな事に気を付ければ良いのでしょうか?

私の命式表
  時柱 日柱 月柱 年柱
天干 乙  庚  丁  己
地支 酉  子  丑  酉
通変星
  正財    正官 印綬
十二運 帝旺 死 墓 帝旺
蔵干 辛 癸 己 辛
通変星 敗財 傷官 印綬 敗財
です。
大運      
天干 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙
地支 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌
       空 空 七 六
       亡 亡 沖 害

Aベストアンサー

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いです。
私の娘の歳運も、今年十五で大殺界が抜け、七沖、翌年が六害です。どうも高校時代運が悪そうです。
ここ四年ほど気をつけろという意味では。通変星では、正官、正財、印綬と、大運の方はありますから、こつこつ働き、蓄財をして、それを受ける基調が出ています。あなた公務員ではありませんか。
下のほうの通変星は、敗財が重なっているのと、親から財を受ける印綬があり、傷官がひとつ、あまりいいものはもらわないけれど、少し知にたけるところがある感じの人でしょうか。
どちらかというとすごく運もよくないけれど、極端に悪いわけではないと思います。
これが劫財が多かったりすると、極端に財運が悪かったりします。

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いで...続きを読む

Q四柱推命で印星(土)大過の場合の開運方法

はじめまして。
四柱推命にお詳しい方がいらしたら
教えていただけましたら幸いです。
四柱推命で印星(土)大過と言われました。
この場合は親からの干渉を受けて自立できない
ことや考え過ぎること占いに頼り易いなどの
指摘をうけました。
すでに親元から自立して10年は過ぎていますが、
もやもやと考える癖が年々増しているような気が
しております。
よい開運方法がありましたら、
教えていただけましたら幸いです。

1978年7月8日0時31分生まれです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

命式に土と火が多いので、水と木を増やしてバランスをとればいいです。
幸いにも30歳頃から木の大運に入っていますので、あと必要なのは水です。

他の人のために奉仕することや、表現すること、ボランティア、
水に関するもの、子供に関すること
湖、川

などが幸運を呼びます。
去年は戊癸で火が生じていましたので、まったくぱっとしなかったと思いますが、今年は良くなるでしょう。

Q干合について(四柱推命)

こんな質問の仕方で良いですか?

武田孝玄氏の書物によると、
辛亥の私は寅月生まれのため、合化水して癸になるとのことですが、
平木場氏・三木氏の書物ではこの部分についての記述がありません。
これはどう判断したら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 干合に関し、泰山流の考え方について、私が知っている範囲でお答えしておきます。

 干合して五行が変化するためには条件が必要です。
 その条件とは、変化した五行を剋する五行が天干・地支のいずれにも無いこと。
 そして、変化した五行を変化したまま維持するためには、年支・月支(特に月支)に変化した先の五行と同じ五行が存在していること。(これを「根がある」と言います)
 泰山流は、干合により五行が変化した場合でも、干までが変化するとは考えておらず、変化した先の五行の性質を強めるだけと考えていること。

 また、根が無い干合は、一時的に結び付いても、やがて離れると考えます。
 干合によって、吉星は吉兆が薄れ、凶星は凶兆が薄れると考えます。
 日柱の干との干合には吉凶の変化は生じません。
 基本的には、同柱か隣り合った柱との干合の影響が強く、それ以外の柱との干合の場合、その影響力は弱いと観ます。


 丙辛干合は、未・己・丑の土性によって剋されて水化せず、甲己干合は寅の木性によって土化せず、丁壬干合は辛の金性によって木化しません。
 丙辛・甲己干合は、日柱の干との干合なので象意は薄れますが吉凶の変化はしません。
 丁壬干合は、吉凶の変化が生じ、丁(偏官)壬(傷官)は、干合によって凶意が薄れて吉となります。

 八字を構成している五行は、木1火1土3金1水2で、土が大過しているため、泰山流では、土は忌と観ます。したがって、喜は金のみとなります。また、命式中で良い働きをしている用神は、辛を生み出す己と、辛を洗って輝かせる壬の二つと観ます。したがって、行運を観る場合にも、月支元命(正官)を元にして観るのと同時に用神(偏印、傷官)から観た結果をも考慮します。

 ところで、寅はその蔵干として戊丙甲、亥はその蔵干として戊甲壬をそれぞれ有していると考えています。戊甲は両者で共通していますが、残りの一つは丙と壬で剋する関係です。
 そのため、寅亥支合は、一時的に結び付いても後に離れると解釈します。

 甲己干合は時支丑土の根があるため、世間一般に言う婚期から遅れた時期に、時支の表す年下・目下の配偶者と縁があると観ます。

 差し当たり庚寅などは、辛に力を与え、寅木で大過している土を剋し、丙(正官)から見て建禄に当たるため、何がしかの良縁に恵まれる可能性が高いといえるのではないでしょうか。


 いずれにせよ、portellenさんは頑張ってマスターして下さい。
 この回答が削除される前にportellenさんに届くことを祈りつつ。

 それでは、お元気で。ごきげんよう。 \(^o^)/

 干合に関し、泰山流の考え方について、私が知っている範囲でお答えしておきます。

 干合して五行が変化するためには条件が必要です。
 その条件とは、変化した五行を剋する五行が天干・地支のいずれにも無いこと。
 そして、変化した五行を変化したまま維持するためには、年支・月支(特に月支)に変化した先の五行と同じ五行が存在していること。(これを「根がある」と言います)
 泰山流は、干合により五行が変化した場合でも、干までが変化するとは考えておらず、変化した先の五行の性質を強める...続きを読む

Q四柱推命 空亡の作用がなくなる

ちょっとお聞きしたいのですが。。

手元の「四柱推命入門」(遠藤尚里著)という本に、
「命式に支合、三合、方合や、沖が空亡の支となると空亡の作用はなくなります。」
と書かれてあります。
これは、例えば、日干支が丙午で寅卯が空亡の場合、寅と卯それぞれの支合、三合、沖の支があると空亡の作用がなくなるということでしょうか?
それとも午の支合、三合、沖の支があるといいのでしょうか?

すみません、どなたか教えていただけると助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>例えば、日干支が丙午で寅卯が空亡の場合、寅と卯それぞれの支合、三合、沖の支があると空亡の作用がなくなるということでしょうか?

その通りです。
この他に、方合と言って
亥・子・丑、寅・卯・辰、巳・午・未、申・酉・戌
の3つずつの組み合わせが全て揃っている場合にも解かれる(解空)と考えます。

これら支合・三合・方合・冲は、命式の中にある場合もですが、行運でそれらが巡って来た場合にも同じです。

ただし、解空したからといって良いとは限りませんし、空亡があるからといって悪いとも限りません。空亡・解空・干合・妬合・身の旺弱・生・剋・扶・用神等、全てを分析した上でないと判断は出せません。

Q四柱推命が恐ろしい程当たり、戸惑っています。

四柱推命を評判の方に占って頂きました(四柱推命は生年月日中心なので、あまり占い師による違いはあまりない筈ですが)。これが通常と異なり恐ろしく当たり、自分の性格的特性や、陥りがちな罠などを的確に当ててくれ、なぜ特定の失敗は起こりやすく、比較的得意な分野は失敗が少ないか等、実際に

私は一言で言うと、「印綬傷官」です。学ばなければ、直ぐに神経質になったり、人に批判的になってしまい、人間関係を築きにくいとのこと。この「傷官」の部分が残念ながらとても強い為、放っておくと、性的欲求や自己顕示欲、支配欲など、どんどん低俗な欲望として表れてしまい、精神的な病になれば、最悪の場合犯罪的傾向があるとまで言われてしまいました。(さすがに犯罪はないです。でも不安定な所までは大正解)

これを克服する上では、印綬を強化する、つまり、学問や仕事を励むことを通じて、自らの欲望が出やすい傾向を抑え、精進する他ないと言われ、そういえばよく勉強していた時は問題があまり起らなかったな、などと思い、腑に落ち、今苦しみながらも勉強中です。

そこまでは良かったのですが、更に結婚・恋愛運については、なかなか続きませんね(「財」がない)、これも含めて印綬でカバーする(知性を高め、理性を通じて人としての魅力を高める)他無いと説明を受けました。確かに、刹那なひと時の方が多かったような。w

おそらく四柱推命については色々ともう議論はなされているとは思いますが、改めて、皆さんは如何でしょうか? 私の感覚としては、周囲を見ていても、80%~90%程度、信頼できる(せざるを得ない)印象です。

そして、あまり四柱推命が良くなかった身としては、「これからの人生も大変なのかな。。」と、とても辛い気分でもあるのですが、同じようにあまり良くないけれども、努力で乗り越えてこられた方がいらっしゃいましたら、是非とも教えて頂けませんでしょうか。

四柱推命を評判の方に占って頂きました(四柱推命は生年月日中心なので、あまり占い師による違いはあまりない筈ですが)。これが通常と異なり恐ろしく当たり、自分の性格的特性や、陥りがちな罠などを的確に当ててくれ、なぜ特定の失敗は起こりやすく、比較的得意な分野は失敗が少ないか等、実際に

私は一言で言うと、「印綬傷官」です。学ばなければ、直ぐに神経質になったり、人に批判的になってしまい、人間関係を築きにくいとのこと。この「傷官」の部分が残念ながらとても強い為、放っておくと、性的欲求や...続きを読む

Aベストアンサー

四柱推命は完全な統計学ではありませんが統計学的に出来ています。
悪いことを言われたらそれに気をつけて意識して生活をしていけば問題ありません。

占いや宗教に翻弄されすぎると良い人生は送れません。

占いは参考にしつつ、自ら運命を切り開いてゆくといった積極的な生き方をしないと最善の選択ができなくなってしまうからです。

私たちは日常生活で選択することをしています。
細かいものは今日のご飯は何を食べようとか、、など
過去の様々な選択してきた結果が今の人生につながっています。

ですから占いの結果を心にとめながら、間違った選択をしないように生活をすれば良いと思います。

私も四柱推命を占ってもらって当たっていてびっくりした経験はありますが、
悪いことを言われたところを手帳にメモして意識しながら生活をしてきたら特に悪いことは起こっていません。逆に良いことだらけです。

素敵な未来を自ら切り拓いてゆきましょう(^_^)

Q天戦地沖について

天戦地沖とは、本当に恐ろしいのでしょうか?
今年、どうやらこの年に当たるらしいのですが
どういったトラブルが予測されるか分かるかたいらっしゃいますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 YoshickVさんのおっしゃっていることは正しいのです。しかし、YoshickVさんがお書きになった説明だと、専門家には分かりますが一般の人にはおそらくチンプンカンプンだと思います。

 占いの本の場合、売れるためには出来る限り単純であった方が売れるのです。また、良いことよりも悪いことを強調した方が売れるのです。「天中殺」や「大殺界」と同様、この「天戦地冲」もその一つだと思います。

 これらは干支暦というものを用いた推命術(『四柱推命』・『算命学』など)において、その判断要素の一つであることは間違いありません。しかし、これらのどれ一つをとっても、それだけでは何の判断もすることは出来ないのです。

 おそらくご覧になった本には、生まれた日の「干支(かんし):十干と十二支のこと」の内、上の十干(天干と呼ばれる)が、今年の十干「丙」を剋すか、逆に剋される関係にあり、かつ、生まれた日の十二支が、今年の十二支「戌」を刻すか、逆に剋される関係になっているのだと思います。

 しかし、そもそも年運一つ見る場合であっても、生まれた日の干支のみを取り出し、それのみで判断することなど出来ないのです。

 年運を見る場合、まず生まれた年月日時を構成する全ての干支の関係を細かく分析し、それらのうち、何がどういう働きをしているかを見極めます。その後、年運として巡って来た干支が、自分の生年月日時を構成する全ての干支に同時に作用すると考えて改めて分析します。それらの作業を終えて初めて何らかの結論を導くことができるのです。

 したがって、上記のお話からお分かりかと思いますが、結論としてはYoshickVさんもおっしゃっておられるように、生まれた日の干支と年運干支との関係が天戦地冲であっても、それのみを取り出して「どういう年になるの?」と質問されても、お答えのしようが無いのです。

 敢えて何らかのお答えしようとするならば、「人によっては良いと考えられる場合もありますし、悪いと考えられる場合もあります。また、全く特別のことは起きないと考えられる人もいます」程度にしかお答えのしようがありません。

 結局のところ、普通の方は「天戦地冲」など、全く気になさる必要はありません。

 どうしてもお気になるのであれば、『四柱推命』について本格的に研究なさってみられることです。そうすれば、単に商売として売り出されているに過ぎないものかどうか判断も出来ますし、それらに一々振り回されることもなくなると思います。

 ご参考まで。

 YoshickVさんのおっしゃっていることは正しいのです。しかし、YoshickVさんがお書きになった説明だと、専門家には分かりますが一般の人にはおそらくチンプンカンプンだと思います。

 占いの本の場合、売れるためには出来る限り単純であった方が売れるのです。また、良いことよりも悪いことを強調した方が売れるのです。「天中殺」や「大殺界」と同様、この「天戦地冲」もその一つだと思います。

 これらは干支暦というものを用いた推命術(『四柱推命』・『算命学』など)において、その判断要素の一つ...続きを読む

Q四柱推命で子供の命式がとても悪いです(泣)

最近四柱推命という占いを知り、調べてみたのですが
長女の命式が悪いようなのです。
調べていくほど悪いことばかり目につく結果で、
ほんとに今は素直で可愛いのですが
娘の人生が心配です(泣)
生年月日は2009,8,10 21時生まれです。
私の調べたものが合っているならば
0歳~19歳→大運空亡
(親が離婚など不仲でなければ
いじめ、病気、ケガが起こる?と書いてあるものもあり)
潤下水というのは1番よくない
身弱で-4
命式中に空亡がある
など調べていくと悪いことしか
書いていないのです。
この子の人生どうなっちゃうのですか(泣)

Aベストアンサー

四柱推命にはいくつか流派がありますので、私の学んだ流派には「空亡」というものはありませんがこの見方で見ていきますね。

まず人のエネルギーは個々のみのものではなく、同居している人同士相互に作用します。それは良くも悪くも影響してきますので、一個人の命式を見るだけでそれがその個人のエネルギーすべてではありません。

辛 丁 戊 丁
亥 巳 申 亥

日干弱 喜神木火、忌神土金水、用神甲

このお子さんは、1~2,3歳ころまでは風邪をひきやすい状態でしたが、今年は元気に育つ傾向があります。来年はまた健康に注意しておいた方がよいでしょう。6歳からは順調に育ちます。

11~14歳まで、22~25歳までは健康に気をつけた方がよいでしょう。

一緒に住んでおられるご家族の中に、木か火か戊土が多い方がいらっしゃいましたら、
上の時期も気にすることもないと思いますが、25歳前後には外からのストレスが強まる時期であり、
泌尿器系・婦人科系の健康面に注意が必要です。

このお子さんは、意思が強く研究心旺盛ですが強引なところもあり、謙虚さに欠けるところもあります。積極果敢というよりは防衛本能の方が強く、内に強さを秘めているような面があります。何事も器用にこなしますが飽きやすく永続性に欠ける面もあります。

人は生まれる前に今回のこの人生において、自分に対する課題、乗り越えるべき困難を選んで生まれてきています。四柱推命では、その人生のある程度の起伏が分かるようになっていますが、わかった上で自分のエネルギーの調節をしていくこと、これは奇門遁甲という分野で足りないエネルギーと多すぎるエネルギーの調和をしていくことで、流れを変えることができます。ですが、奇門遁甲は継続して行っていかなければ意味がありませんのでお父様、お母様(同居されている方)のエネルギーも見てもらったうえで、気になるようでしたらお探しください。

四柱推命にはいくつか流派がありますので、私の学んだ流派には「空亡」というものはありませんがこの見方で見ていきますね。

まず人のエネルギーは個々のみのものではなく、同居している人同士相互に作用します。それは良くも悪くも影響してきますので、一個人の命式を見るだけでそれがその個人のエネルギーすべてではありません。

辛 丁 戊 丁
亥 巳 申 亥

日干弱 喜神木火、忌神土金水、用神甲

このお子さんは、1~2,3歳ころまでは風邪をひきやすい状態でしたが、今年は元気に育つ傾向があります...続きを読む

Q従旺格と従児格の決め方の質問です。

透派の子平推命を勉強しています。

壬庚甲甲  女性です。
午子戌子
 冲(戊)

五行の強弱は、金水木が強で、火土が弱です。

従旺格の条件と従児格の条件にあてはまります。

日主の庚は食傷の壬を強め、壬は日主を弱めます。

壬の方が強いとみて、従児格としました。

水木丙を喜神としました。

(1)従旺格と従児格の決め方はこれでよいでしょうか?

ただ、金銭面に関して、ブランド志向でご主人から注意されると

聞いています。財は喜神であるのに、根なしのせいかな?と

疑問が生じています。

(2)もし従児格なら、日支の死は喜神になります。

冲の為、喜神の死の良さは出ないというみかたでよいですか?

(3)甲は根無で、時干に壬があり、離れていても、浮木とみますか?

いつもたくさん質問しますが、よろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

壬庚甲甲  女性です。
午子戌子
 冲(戊)

従旺格の条件と従児格の条件にあてはまります。

※ 異論無し

日主の庚は食傷の壬を強め、壬は日主を弱めます。
壬の方が強いとみて、従児格としました。

※ 結果については異論ありませんが、もっと単純に考えます。
   従旺の五行が従児の五行を生じるから、従児格と見ます。

水木丙を喜神としました。

※ 異論無し

(1)従旺格と従児格の決め方はこれでよいでしょうか?

ただ、金銭面に関して、ブランド志向でご主人から注意されると

聞いています。財は喜神であるのに、根なしのせいかな?と

疑問が生じています。

答 根無しのせいでは有りません。
   御主人の性格が堅実な性格なのでしょう。
   実は、この人は多芸多才で、まさに口八丁手八丁という才人で、
   行動が素早く物事に巧みな上に経営の才能に恵まれる為に
   その様な才を、本人も知らず知らず維持する為、人の目を引く様な物を
   持ったり、そんな言動を取ったりするのです。

(2)もし従児格なら、日支の死は喜神になります。

冲の為、喜神の死の良さは出ないというみかたでよいですか?

答 異論無し

(3)甲は根無で、時干に壬があり、離れていても、浮木とみますか?

答 それは有りません。
   この命式は綺麗な甲木成林で傷の無い大吉命です。

壬庚甲甲  女性です。
午子戌子
 冲(戊)

従旺格の条件と従児格の条件にあてはまります。

※ 異論無し

日主の庚は食傷の壬を強め、壬は日主を弱めます。
壬の方が強いとみて、従児格としました。

※ 結果については異論ありませんが、もっと単純に考えます。
   従旺の五行が従児の五行を生じるから、従児格と見ます。

水木丙を喜神としました。

※ 異論無し

(1)従旺格と従児格の決め方はこれでよいでしょうか?

ただ、金銭面に関して、ブランド志向でご主人から注意されると

聞いています...続きを読む

Q四柱推命 用神のとり方について

四柱推命初心者です。
下記は私の命式なのですが、吉になる干支(用神?)を
教えていただけないでしょうか?

年 甲辰 偏印 食神 冠帯
月 壬申 偏官 偏財 病
日 丙午    劫財 帝旺
時 戊戌 食神 食神 墓

ネット上のいくつかの無料プログラムで命式を出してみたのですが、
1.「偏財、偏官、食神」だったり、
2.「比肩、劫財、偏印、印綬」だったりと、
プログラムによって用神が違い、どれが本当か迷っています。
(2.は身弱のため木と火を強めよということだと思います。)
私の命式はたぶん偏官倒食なので、やはり偏財が用神になるのでしょうか?

どなたか見ていただけるとありがたいです。
すみませんが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>>吉の干支は、甲と丙以外はすべて吉なんですね。
甲と丙が凶ということは。。

<<この解釈は間違えていますよ。
 この命式は珍しいケースに当たるのです。
 甲は忌神ではなくて喜神でもない、この命式の中で働かない干だと言う事なのです。
 こんな働きをする干の事を閑神(かんじん)と言って吉凶には影響しないのです。
 故に吉には入れませんでしたし、凶だとも言っていません。
 丙は日干なので吉だとか凶だとか言っても命式の天干の判断には余り影響が有りませんので普通は問題にしないから除外したのです。

>>これから大運が丁卯→丙寅→乙丑→甲子(空亡、害、沖)と
巡るので、ちょっとビビッています。。(^▽^;)

<<この命式は、本当は幸運な命式なのです。
 年干の甲は忌神で強くて大変悪い判断をしなければいけないのに、この甲は善し悪しに係わらず働かないのですから悪さも良さもでないのです。
 地支は全てが喜神の上に配列状態が良い為に行運によるダメージを受け難い配列になっているので凶運が余り続きませんし命式では全ての地支が喜神の爲に良い判断が下せる吉命に当たりますから行運が多少悪くても余り気にする必要は有りませんし貴方の気にしている行運の吉凶を参考までに記述しておきます。

 丁→丙→乙→甲
 凶 吉 平 凶

 卯 寅 丑 子
 吉 凶 吉 吉

 私の流派では(空亡、害、沖)これらの物は歯牙にも掛けませんし大運は干五年、支五年に分けてみますので悪しからず。

>>吉の干支は、甲と丙以外はすべて吉なんですね。
甲と丙が凶ということは。。

<<この解釈は間違えていますよ。
 この命式は珍しいケースに当たるのです。
 甲は忌神ではなくて喜神でもない、この命式の中で働かない干だと言う事なのです。
 こんな働きをする干の事を閑神(かんじん)と言って吉凶には影響しないのです。
 故に吉には入れませんでしたし、凶だとも言っていません。
 丙は日干なので吉だとか凶だとか言っても命式の天干の判断には余り影響が有りませんので普通は問題にしないから除...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング