人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ノートのACアダプタは、100%充電した後は、アダプタを接続したまま使った方がいいのですか?それとも外してバッテリ駆動した方がいいですか? どちらがバッテリの生涯寿命は持ちますか?

教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

最近のノートPCは過充電制御機能が付いていおり、50%で充電を止めるので変な心配は不要。


またノートPCは三年一昔、昔は20万円以上したが今は数万円。
三年ごとに買い換えの時代では、ノートPCもプリンタのインクカートリッジと同じ単なる日用消耗品ですよ。
 
まあ使い方にもよるが、アダプタ付けっぱなしの私のノートPCのバッテリーは充電能力は落ちたが14年間も持っているよ。
しかし、今時の数万円の激安ノートPCに期待する方が無茶だろうな。
例えば5万円のノートPCを5年で使い倒すとして、1日あたり27円強だからアイスクリーム一本も買えないコスト。
そろそろ考え方を変える時代と思うよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど。

そうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/04 14:28

昔はつなぎっぱなしではだめでしたが、この4、5年ぐらいに買った場合、自動でうまく制御しているので、つなぎっぱなしでもか充電とかバッテリーに影響が出ないようになっています。


つまりつなぎっぱなしでも、外しても、気を使う必要はありませんよ。
買った時期が微妙な方は、メーカーに聞いてみるといいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。

新製品なら、どちらでも大丈夫なのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/20 18:02

バッテリーは50%充電で取り外して保管するのが一番長寿命です。

年2回ほど50%充電を確保するのが良いとされています、もしくはPCにACアダプターを繋ぎ、長寿命モード50%もしくは70%充電のモードに切り替えるかです。
とにかく100%充電は寿命が短くなります、100%充電で保管した場合も同じです、最近のノートPCのマニュアルには書いてあるはずですが。無論充電回数は役300回程度50%充電を維持している場合はカウントに入りません、まあそれでも化学変化で充電を維持している訳ですから10年程度だと思います、実際自分の使っているノート2003年製造はまだ99%まで充電できて、4時間程度動作できるので、それほど劣化しているとは思えません(70%充電モードです)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わあ、使い方によってはそんなに長持ちするのですね。
100%充電はよくないのですね?
参考になります。

ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/20 13:24

ACは外してバッテリーで使う方がいいですが、多くの方がノートパソコンを買った時に悩む問題です。


でも面倒だから、そのうちいい加減になってくるのも事実です。
結局バッテリーの寿命が少し延びるかどうかの違いで、バッテリーそのものは消耗品ですからいずれ駄目になります。
バッテリーで稼働させる事が多ければ気を遣った方がいいでしょうけど、普通に机の上に置いたまま使うのあればそんな七面倒な事は考えない方がいいように私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

MacBook Proなのでバッテリーは交換できないのですが、アップルストアに持ち込めば交換可能でしょうか?

お礼日時:2012/10/20 13:22

バッテリの生涯寿命を長くするには、バッテリーを外して、ACアダプタのみで使うのが一番です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

バッテリー内蔵タイプで外せない機種なのです。

お礼日時:2012/10/20 13:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノートパソコン。コンセントを抜いておくべきか?

ノートパソコンは使用してない状況(電源OFF)時に、電源ケーブルとコンセントを接続しておくべきでしょうか?それとも、使わないときはコンセントも抜き、本体につなげるプラグも抜いておくべきでしょうか?

自分は室内ではコンセントはつけて使用していますが、電源を落とせばコンセントとプラグを抜いております。なぜならノートパソコン本体のランプがつきっぱなしになるからです。でも、外に持ち歩いたときにバッテリーの残量が少ない気がします。

ノートパソコンは使用中に充電すると思っていたのですが、やはりコンセントを抜いた状況で電源を落としているときにもバッテリーを消費しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ACアダプターが外付けですね?
それを前提にして書きます。

1.バッテリー以外のパソコン本体は、電源が接続されている事によるメリットもデメリットも、全くありません。

2.バッテリーは、電源が接続されていないと、どんどん溜められている電気が減っていきます。
パソコンが電源オフでも多少は電気を消費という事もありますが、バッテリーが自然放電をして、自然に電気が抜けていくという事もあります。

3.現在のノートのバッテリーは、常時電源が接続されている事による悪影響は、電源が接続されていない事による悪影響よりはマシと言われています。

4.ACアダプター自体は、100Vに接続されているだけで熱を出しますし、当然寿命ににも多少は影響がある物と推定されます。
でも、ACアダプターはバッテリーよりも安い場合が多いです。

これらの事から、私は常時ACを接続する事をおすすめしています。

QノートPCの電池は充電満タン状態からさらに充電し続けても問題ないのです

ノートPCの電池は充電満タン状態からさらに充電し続けても問題ないのですか?

ノートPCを買おうと思うのですが、一つ心配です。
通常職場でデスクワークするとき一日8時間以上、残業して12時間くらいアダプターを付けっぱなしの状態ですが、その間充電され続けているのですか?

充電され続けているのなら、満タン状態からさらに長時間充電することで電池寿命は縮まないのですか?或いは、無駄な電力消費になってないのでしょうか?

Aベストアンサー

バッテリーパックの寿命という視点からのご質問であるならば、それほど気を遣わなくても大丈夫とお答えしたいと思います。私もほとんどACアダプターは差しっぱなしです。残量を気にしながら差したり抜いたりなどという面倒はとてもできません。
またバッテリーパックを大切にするという理由でこれを取り外すのは、おやめになったほうがいいでしょう。このような使い方をしていると、思ってもいなかったトラブルに遭遇することさえあります。(突然の電源断等)
それにバッテリーパックが無い状態でACアダプターも抜いてしまうとBIOSを保持しているのは内蔵のリチウムコイン電池だけということになり、これの消耗がはやくなると思います。ノートPCのリチウム電池交換はちょっと大変ですよ。

Q電源をつないであるときのノートパソコンのバッテリ

ノートパソコンで,電源につないで使用するとき,バッテリは使用されているのでしょうか?
もしそうだと,充電しながらバッテリを使っていることになりバッテリの寿命を縮めることになりますよね?

ノートパソコンでは,電源につながれているときはバッテリを介さずに電気が供給されて,電源につながれていない時はバッテリから電気が供給されるようになっているのでしょうか?
もしそうなっていないなら,電源につなぐときは自分でバッテリを外すしかないのでしょうか?
それとも,OSからそのような設定が可能なのでしょうか?

よろしくおねがいします.ちなみに,パソコンのOSはVistaです.

Aベストアンサー

多くのノートPCは外部電源につないでいるときは、優先的に電流を
マザーボードに流し、余った電流で充電します。使用しながらの充電では
時間がかかるのはそのためです。また、バッテリー容量を監視しながら
充電するので100%を超えて充電が続くことはありません。

>電源につなぐときは自分でバッテリを外す
これは以下の理由でお勧めではありません。
(1)これによって伸びるバッテリー寿命はわずか
(2)接点や電池フタ(最近は軽量化のために薄い)が壊れることがある。
(3)UPS機能が失われる

特に(3)が重要です。ノートPCはACアダプターから電源を取ることが通常で
あり、ACアダプターのDC供給は二重構造になっていて、急な折り曲げなどで
断線しやすくなっています。それでも苦情がすくないのはノートPCには
バッテリーがあるからで、瞬間的な断線にはダメージが無いからです。
わずかなバッテリー寿命を気にして、このメリットを捨てるのは考えられません。
どうでもいいようなデータを扱っておられるならばそうででもいいのですが、
多分、仕事で重要なデータを扱っておられると思います。

リチウムイオン電池は100%充電では寿命が減りやすいというのは事実です。
磁石がN極とS極を付けておかなければ劣化がしやすいのと同じです。
そこで、以下のような80%充電ツールがあります。
バッテリーはどんなにがんばっても5年は保たないのです。また、逆に振る充電を
毎日繰り返しても2年は保ちます。今のPCのスペックの進歩を見ると、2~3年で
買い換えが妥当ではないでしょうか?この辺りを割り切って、仕事時間とデータの
保持を重視された方が得策だと思います。

http://answertaker.com/hardware/benchmark/savebattery.html

多くのノートPCは外部電源につないでいるときは、優先的に電流を
マザーボードに流し、余った電流で充電します。使用しながらの充電では
時間がかかるのはそのためです。また、バッテリー容量を監視しながら
充電するので100%を超えて充電が続くことはありません。

>電源につなぐときは自分でバッテリを外す
これは以下の理由でお勧めではありません。
(1)これによって伸びるバッテリー寿命はわずか
(2)接点や電池フタ(最近は軽量化のために薄い)が壊れることがある。
(3)UPS機能が失われる

特に(3)...続きを読む

QACアダプタを使う時もバッテリーを入れる?

家でACアダプタでノートパソコンを使う時も
バッテリーパックは付けておいたほうがいいのでしょうか?

バッテリーは消耗品とのことなので
外で使うとき以外は使いたくないのですが・・・

パソコンのマニュアルと見るとACアダプタを使う時もバッテリーを入れるようにと記載されています。

どうしたほうがいいのかご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ACアダプタを使う時もバッテリーを入れるようにと記載されています

その通りです
バッテリーは消耗品と割り切って使いましょう
パソコンの不具合や壊れる原因になります
メーカーもその辺を判ってマニュアルに記載しています

未だに、10年前のパソコンの感覚でいる人がいますが
技術は進化するものです

ACアダプタを使う時もバッテリーは付けたままがトラブル防止の
第一条件です

外で使う機会が多いならバッテリーは2個用意しましょう

Q充電器をコンセントにさしっぱなしは通電してる?

母からスマホの充電器を指しっぱなしにするなといつも注意されます。
スマホを外したあと、充電器だけつけていても通電しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 ある程度回答は出揃っていますが、問題はお母様への説得材料でしょうから、それを踏まえて説明します。

 まず、結論としてはアダプターはつけっぱなしでいいということです。理由は「現在のACアダプタはほぼ全てがスイッチング式だから、つなぎっぱなしでも電気をほとんど消費しないから」です。

 ACアダプタは昔ながらのトランス式と最近のスイッチング式とがあり、トランス式はたしかにコンセントに挿しっぱなしでも電力を消費しますが、スイッチング式は全くといっていいほど消費しないのです。試しに家にあるiPhoneの充電器をデジタルクランプメーターで計ってみましたが、わずか0.001アンペア(0.1ワット)に過ぎませんでした。400円で買ったどこぞと知れない中国メーカー製のものですら0.003アンペアです。

 0.001アンペアとは、月額の電気代が1.8円程度でしかなく、冷蔵庫(最新式でも40ワット程度)や浄化槽のモーター(35~75ワット)などと比較すれば誤差程度のものでしか無いのです。これを気にするのはあまりにもナンセンスという感じでしょう。確かにごく微量でも節電できるのならとは言えますけれどね。どうしてもということなら個別に差込口の電源が切れるスイッチ付き電源タップなどを使用すると足先などで一発で電源断ができるので便利なのではないでしょうか。ただ、こういうのにはLEDランプが付いているので、逆にアダプタの待機電力よりも電気を消費するでしょうけどね。お母様の説得用としては使えるかも。
 http://www.google.com/search?q=%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E4%BB%98%E3%81%8D%E9%9B%BB%E6%BA%90%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97&num=100&lr=lang_ja&safe=off&hl=ja&tbs=lr:lang_1ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=lS6kUaeoE8SWkwXo54DoCA&ved=0CAoQ_AUoAQ&biw=1051&bih=900

 ACアダプタを抜いたほうがいいというのはトランス式が一般的だった20~30年前によく言われていた時代の名残です。「なぜ抜いたほうがいいのか?」ということに疑問を持たないマスコミが未だに繰り返し言い続けているだけです。トランス式は現在ではごく一部のマニア向けオーディオ機器くらいにしか採用されていない形式ですので、一般家庭ではまず意識しなくて大丈夫です。

 トランス式とスイッチング式の簡単な判断基準は機器を外してアダプタのみをコンセントにつないで1時間ほど放置し、触ってみて熱くなっているようならトランス式、なってないならスイッチング式です。見た目も異なり、トランス式は低出力の物でもずっしりと重く巨大な本体をしています。そしてスマホのアダプタは確実にスイッチング式と言い切れますので、確かめる必要すらないでしょう。たかだか充電器に高価で非エコなトランス式を採用するとは思えません。

 ある程度回答は出揃っていますが、問題はお母様への説得材料でしょうから、それを踏まえて説明します。

 まず、結論としてはアダプターはつけっぱなしでいいということです。理由は「現在のACアダプタはほぼ全てがスイッチング式だから、つなぎっぱなしでも電気をほとんど消費しないから」です。

 ACアダプタは昔ながらのトランス式と最近のスイッチング式とがあり、トランス式はたしかにコンセントに挿しっぱなしでも電力を消費しますが、スイッチング式は全くといっていいほど消費しないのです。試しに家...続きを読む

QPCの電源は付けたままの方が良いのか?切った方がいいのか?

先日友人とパソコンについて話していたところ、友人いわく「パソコンは電源を入れた瞬間が一番痛む。だから電源は入れっぱなしにしといたほうが長持ちする」とのことでした。私は今まで使うときだけ電源をいれ、使い終わると切っていました。私の使い方は間違えなのでしょうか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

エネルギー効率を言えば、一時間でも使わないときにはOffにした方がいいでしょう。

現実問題として、電源のOn/Offで一番問題が発生するのはディスクユニットのモーターの起動トルク、デイスプレイの駆動ユニット、電源ユニットでしょう。
プロセッサやメモリは通電の有無で寿命が大きく変わることはないはずです(無関係ではありません)。
また、ディスクのモーターの寿命は、通常、ディスク自体の寿命より長いので寿命の議論には意味がありません。
また、電源ユニットにしても、普通、壊れるのはヒューズかファンですが、ファンについては、モーターの起動トルクより、連続稼働時の寿命低下の方が大きいと思います。
ディスプレイに付いては、通電の状態にもよりますが、元スイッチを切っていなければ、大きな負荷はかからないはずですし、切れていたとしても、それが寿命に大きな影響をもたらすような回路構成には(今は)なっていないはずです。

で、結論ですが、パソコン自体の寿命が電源のOn/Offによって長くなったり短くなったりというのは定性的には断定できません。
確実なのは、パソコンは結構電気を喰っており、それを考えると、TCOとして、電源をこまめに落とした方が良いと思いますよ。

エネルギー効率を言えば、一時間でも使わないときにはOffにした方がいいでしょう。

現実問題として、電源のOn/Offで一番問題が発生するのはディスクユニットのモーターの起動トルク、デイスプレイの駆動ユニット、電源ユニットでしょう。
プロセッサやメモリは通電の有無で寿命が大きく変わることはないはずです(無関係ではありません)。
また、ディスクのモーターの寿命は、通常、ディスク自体の寿命より長いので寿命の議論には意味がありません。
また、電源ユニットにしても、普通、壊れるのはヒューズか...続きを読む

Qノートパソコンをバッテリーなしで使うこと

こんにちは。

タイトルのような、「ノートパソコンをバッテリーなしで使うことはどうですか?」という質問はわりとよくあって、私も参考にさせてもらおうと思ったのですが一つわからないことがあります。

私は今Windows Vistaのノートパソコンを使っていて、バッテリーをつけて使用しています。でもバッテリーは寿命がすぐ短くなるし(バッテリーリフレッシュは大して効果ありません、なにより面倒、電気代ももったいない)、そしてバッテリーを買いなおすのも2万近くするので高いし、もうバッテリーは使わないでおこうと思いました。

そこで皆さんがよく言われるのが、バッテリーを外しても使えるけど停電になったときデータが失われるとかHDDによくないとかいうことだと思います。

でも私の今使っているノートパソコン(バッテリーつけた状態)は、例えばフル充電が終わってコンセントから抜いて使ってるとしますよね、そしてインターネットなどの最中にバッテリー残量がゼロになって(寿命が近いので20分くらいでなります;;)画面が真っ暗になります。電力がないせいで電源が切れてしまいます。もちろんオンラインからオフラインになってしまいます。それで慌ててコンセントに繋いで電源ボタンを押すと前の続きからできるようになります。といっても、インターネットはダイヤルアップ(?)する必要がありますが、でも今まで見てたページから始められます。オフラインの作業だったら電源入れればデータを保存してなくてもちゃんと続きから始められます。

そして私には、バッテリーありで電気残量ゼロになる(パソコンの電源切れちゃう)のと、バッテリなし(アダプタだけ)で停電状態になるのとでは同じことにみえるのです。そして前に書いたようにバッテリーありで電気が切れたとき、データは失われたりしません。ということはバッテリーなし(アダプタだけ)の場合でもデータは失われないのではないか?と考えちゃうのです。

ちょっとややこしくて分かりにくいと思いますがどうぞよろしくお願いします。できればVistaを使ってる人がいいですけど私の言うことを理解してくれる方だったらぜひお願いします!

もしかするとバッテリーはゼロになってパソコンの電源が切れても実は完全にゼロではないというオチですかね?(?_?)だから切れる直前にデータを保ったまま…とか?あくまで予想しかできないんで確信がある方教えて下さい!ちなみにルーターは使ってません。

こんにちは。

タイトルのような、「ノートパソコンをバッテリーなしで使うことはどうですか?」という質問はわりとよくあって、私も参考にさせてもらおうと思ったのですが一つわからないことがあります。

私は今Windows Vistaのノートパソコンを使っていて、バッテリーをつけて使用しています。でもバッテリーは寿命がすぐ短くなるし(バッテリーリフレッシュは大して効果ありません、なにより面倒、電気代ももったいない)、そしてバッテリーを買いなおすのも2万近くするので高いし、もうバッテリーは使わない...続きを読む

Aベストアンサー

>バッテリーありで電気残量ゼロになる(パソコンの電源切れちゃう)
>のと、バッテリなし(アダプタだけ)で停電状態になるのとでは同じ

ではなく、違います。

要は「PC側でバッテリーの電圧降下を把握できるか否か」という
問題なんですね。

普通は「電圧降下を感知したら、強制的にサスペンドモードに移行
する」ような設定になってるので、バッテリーが切れる前に正常終了
出来るんです。ですので結果として

>慌ててコンセントに繋いで電源ボタンを押すと前の続きからできる

訳ですね。

一方、バッテリーを抜いてるとソレが出来ないので、電源ボタンを
押すと、"強制終了しました"というメッセージを出して修復モードに
入るという動作をします。バッテリーが装着されている場合と起動時
の動作が違うんですよ。

もっともそれは、「デスクトップ機でいきなり停電になった」のと全く
同じ事象であり、PCのハードウエア的には「多くの場合致命的な
故障にはならない」んですよね。ですので、バッテリーを抜いて動作
させることも「あながち間違った使い方じゃない」んです。

ま、「多くの場合」という以上、「完全に壊れちゃう場合もある」って
コトでもあるので、その辺は「リスクテイク」という問題になります。
HDDが損傷云々ってのは、そういう「リスク」のことを言ってるんです。

デスクトップではそういう「リスク回避」のために、UPSという「電源の
バックアップ装置」を設置することがあります。ウチでは、ノートPCの
バッテリを「内蔵UPS」と思って使ってます。動作するのが数分だけ
でも、「停電時、サスペンドに移行する」には十分なので。

>バッテリーありで電気残量ゼロになる(パソコンの電源切れちゃう)
>のと、バッテリなし(アダプタだけ)で停電状態になるのとでは同じ

ではなく、違います。

要は「PC側でバッテリーの電圧降下を把握できるか否か」という
問題なんですね。

普通は「電圧降下を感知したら、強制的にサスペンドモードに移行
する」ような設定になってるので、バッテリーが切れる前に正常終了
出来るんです。ですので結果として

>慌ててコンセントに繋いで電源ボタンを押すと前の続きからできる

訳ですね。

一方、バッテリー...続きを読む

QノートPC ACアダプタは24時間電源ONが良い?

「ノートPCのバッテリーを長持ちさせるには」
なる質問は多くあります。

その中で気になった回答がありました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1866875.html
より抜粋

「毎日AC電源を外して朝AC電源を繋げていると、(充電回数の)寿命をあっという間に越えてしまうでしょう。」

確かに充電回数という事に関して言えば、
ACアダプタの電源を毎日つなげて外してを2年続ければ
700回超となります。

回数の問題もあるかと思いますが、
バッテリーに電気を常に供給しているような状況は
負荷がかかって良くないのでは?とも思っています。

ECO(節電)、費用対効果などあるとは思いますが
バッテリーを常にPCに装着させている状況の中で
バッテリーの寿命を延ばす、劣化を抑えるという意味においては
常にACアダプタの電源は入れておくというのは効果的なのでしょうか?

皆様に意見をうかがいたいと思っております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>毎日AC電源を外して朝AC電源を繋げていると、(充電回数の)寿命をあっという間に越えてしまうでしょう。」

これは適切な説明では有りません。
確かに電池は『自然放電』します。
しかし、利用時の変化よりは少ないです。

リチウム電池のカウントは
1、満充電にする。
2、使用し、50%に低下した。
3、30%充電した。ー>80%(カウントはされない)
4、使用し40%に低下
5、満充電にしたー>ここで1カウント

以前に使用されていたニッケル電池は『充電する度にカウントアップ』

*ACアダプタを接続する事でバッテリの寿命が延びる事は無いです。
バッテリの劣化はそれ自体の運用方法の問題で有ってACを接続するかは無関係。
ACアダプタを電圧が同じなのでと考えニッケル電池用を使用するとリチウム電池は劣化します。
(ニッケル電池用はトリクル充電方式です。)

Q充電は100%なのにノートPCのバッテリー電源を外すとPCの電源が落ちてしまいます。

ノートPCに変えてから、常にバッテリー電源をつなぎっぱなしでいます。移動などで使用中バッテリーを抜くと、満充電なのにいきなりパチッと電源が落ちでしまいます。それまでの作業は全部NGで復元しませんでした。充電できているのにバッテリーを外すことが出来ないのは何故でしょうか。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

「移動などで使用中バッテリーを抜くと」
そりゃ止まって当たり前
出先でバッテリーを抜いたらどこからも電気を供給できませんよ

バッテリーではなくACアダプタのコネクタを抜いたのですか?

Qバッテリーは抜いたほうがいい?

ノートパソコンを家でコンセントを付けて使っているのですが
バッテリーは抜いたほうがいいのでしょうか?
現在は、コンセントで繋げつつ、バッテリーを入れています。

Aベストアンサー

確かにその方がバッテリーの寿命は延びると思います。
ただ、ある程度放電したら再びパソコンにセットして充電してとかなり気を使わなきゃなりません。
そしてこれからの時期、パソコン作業中に雷で停電した場合、
バッテリーが付けてあればそのままバッテリー駆動になりますから大丈夫ですが、バッテリーが外してあると即電源が切れます。
たまたまHDDアクセスの途中だったらHDDがクラッシュする事もあります。
こうなったら本末転倒ですね。
私なら細かい事に気を使わずバッテリーは繋いだまま使いますけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング