『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

米軍が「Move!move!」や「contact!」(綴り合ってなかったらスイマセン)等
合図となる言葉を発しているのを映画等でよく見るのですが
他にも米軍内で使われるこのような言葉はあるのでしょうか?

是非知りたいので教えてください。

(カテゴリが分からなかったのでとりあえず映画にしました。)

A 回答 (2件)

 ただのかけ声。

別に軍隊内だからというわけではない。
 「Move!move!」=戦場ではじっとしているとやがて銃弾が集中してだいたい当たるようになる。そのため攻防つねに移動し続ける必要があることから(おそらく間合いが変化して狙いが狂うから。)。陸なら主に歩兵に使われる。
 「contact!」=色々あるらしいが昔(複葉機の時代)飛行機のエンジンをかける際に、プロペラを手で回す時のかけ声。つまりスタートのこと。

 「Aye!」=主に船で「了解」の意味。「Hard aport!」⇒「Hard aport!Aye!」=「取り舵いっぱい!」「取り舵いっぱい、アイ!(了解)」命令とその復唱。

 「(open) fire!」撃て!⇒「cease fire!」撃ち方止め!

 あと限定的だが、訓練中に軍歌を歌いながらランニングする。米海兵隊の「The Fall of Montezuma」は有名。
 海兵隊なら「Semper Fidelis」は知っておくべき。http://www.usmcpress.com/heritage/marine_corps_m …

 映画「クリムゾンタイド」で出撃前に全員で唱和しているかけ声など。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あれってかけ声だったんですね。

色々なかけ声を教えてくださって
ありがとうございました!

とても参考になります!

お礼日時:2012/10/25 00:43

「contact!」は、主に敵勢力を発見又は接敵を受けた時に使います。



Fire in the hole! 爆発するぞ!
Fall back      退却
Hold on       つかまれ・待機
Go・Move・Get ready 行け
Move out       移動する
Medic        衛生兵
Follow me      ついてこい
covering fire    援護射撃
Hands up!  手を上げろ
put down weapon!  武器をおろせ! 

まあ、爆破と衛生兵を除けば、警察等でも使われますし、特別な言葉ではないですね。

了解の言葉も、1さんの挙げた「Aye」は海軍。「Roger」は陸・空軍・海兵隊で使われます。

別バージョンで、海兵隊はOoh Rah!(ウーラー)、陸軍系の特殊部隊やレンジャー等はhooah!(フーアー)、海軍ではHoo-yah!(フーヤー)なんてのもあります。

基本的には士気を高めるとか、YESの意味で了解を含めた大部分に使えます言葉です。
    • good
    • 8

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兵士同士の掛け声「フーバー?」 ―プライベートライアンにて―

昨日、"プライベートライアン"を見たときに、兵士同士の掛け声で「フーバー」というのを耳にしました。
ちょっと前に、"戦火の勇気"をみたときも、そのような掛け声を聞きました。
士気高揚のような感じにも受け止められました。
これの本当の掛け声と、その意味・生い立ちは何なんでしょうか?

またほかに、このようなもの("メーデー"のような)その単語だけでは直接の意味がわからないような、言葉があったら教えてください。
”ブラックホークダウン”をみたときも、バズカー砲のようなもので狙われたときに周囲に知らせる言葉もあったような...

Aベストアンサー

公式サイトより
<FUBAR(フーバー)>
兵隊のスラング
Fuck Up Beyond All Recognition・・・何から何までめっちゃくちゃ。見るも無惨な大失敗。
同意語
<SNAFU(スナフ)>
Situation Normal All Fucked Up ・・・いつものように全てめちゃくちゃ。
だそうです。

>>”ブラックホークダウン”をみたときも…

「RPG!」ですね。
あのロケットランチャーを「RPG-7」と言いまして、それに「狙われているぞ!」って警告の意味です。『プラトーン』でも使ってました。

軍隊の無線通信では、聞き間違いを防止するためアルファベットのひとつずつに単語を対応させた、フォネティックコードというものが使用されます。
例えばベトナム戦争時代のベトコンはVCという略号で呼ばれますが、これをコードで話すと「VICTORY・CHARLIE」となり、これが現場でスラング化することによりベトコン=敵兵=“チャーリー”となるわけです。
『コンバット』で有名な“チェックメイト・キング・2”というコードネームも実体は「KC2」のことです。
このコードが、時代によって変わる(昔はC=チェックメイトが =チャーリー に変更された)ものですから、非常にややこしいですね。

先の<FUBAR>も、こういうコードのややこしさを皮肉った、兵士のお遊び的感覚で生まれたものではないかと思うのですが。

参考URL:http://www.warmovie.com/movie/SPR/faq.html

公式サイトより
<FUBAR(フーバー)>
兵隊のスラング
Fuck Up Beyond All Recognition・・・何から何までめっちゃくちゃ。見るも無惨な大失敗。
同意語
<SNAFU(スナフ)>
Situation Normal All Fucked Up ・・・いつものように全てめちゃくちゃ。
だそうです。

>>”ブラックホークダウン”をみたときも…

「RPG!」ですね。
あのロケットランチャーを「RPG-7」と言いまして、それに「狙われているぞ!」って警告の意味です。『プラトーン』でも使ってました。

軍隊の無線通信では、聞き間違...続きを読む

Q軍隊での「了解しました」とは?

 戦争映画の会話でよく命令に対して「アイアイサ」、とか「ラジャ」とか答えていますが、内容は「了解しました」だと思うのですが、どんなスペルでしょうか。

Aベストアンサー

Aye Aye, Sir(アイ・アイ・サー)
roger〈ラジャー)

予断になりますが、多くの日本人はアイアイサーやイェッサーやラジャーを同じ意味の言葉として認識されていると思いますが、実は違うのです。
イェッサー(Yes,sir)というのは、普通にyesに、敬称であるsirを付けたもので、これは普通に返事の応答として使います。
Aye Aye, Sir(アイ・アイ・サー)は、何か任務を与えられ「それを実行します。」と言うときに使います。
また、rogerは、主に通信において使用します。
最近では、wilco(了解)というのも使用されているそうですよ。

Qアメリカ軍の走っているときの掛け声はなんと言っているのですか?

アメリカ軍の走っているときの掛け声はなんと言っているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは

> アメリカ軍の走っているときの掛け声はなんと言っているのですか?

訓練でのことですよね?(多分)
あの掛け声は"Running cadence"と呼ばれています。cadenceは"拍子"という
意味です。
それで、各軍によってこのRunning cadenceはいろいろな種類のものがあり
ます。

日本でも有名になったUSMC(米海兵隊)のヤツは
"Mama rolled over and this is what's she said"
"Oh, Give me some Oh, Give me some"
という歌詞で始まるのですが、訳すと

ママとパパはベッドでゴロゴロ ママが転がり こう言った
「お願い 欲しいの、欲しいの」

という具合にとんでもない内容になっています(これ以上 訳すと差し障り
がありそうなんでヤメときます ( ̄д ̄)

Running cadenceでYouTubeで探すと山のように出てきますので、一度試して
みてください。

Q軍(人)用語だと思うのですが

上官や地位の高い人に対して敬礼をして(しながら)「テ(ィ)ンハッ」というのを見た(映画で)のですが、なんて言ってるんでしょうか。スペルも教えて下さい。

Aベストアンサー

アメリカの軍隊用語で「気を付け!」ですが、もともとは Come to attention のところ、Attention になり、それが A-ten-hut、そして Ten-hut になったとか。
なぜそうなるかというと、一般的に複数の兵士への号令は2つのタイミングでかけると、全員のタイミングがそろい易いということから来ています。日本でも、「右向け~~右!」とやると「ヨーイ、ドン」のように、あらかじめ準備ができて一斉に動作ができるというわけです。「前へ~~進め!」とか「速足~~止まれ!」、「前へ~~倣え!」とかいろいろあります。
「Ten-hut」は、「Ten~」で延ばして「~tion!」のところ、後の号令に力が入って短く「ハッ」と聞こえるようになったのだとか。気をつけの解除は「休め」ですが、「Stand at, Ease」であり、「Stand at」で一呼吸置いて「Ease!」となります。Ease の発音は急がなくてよいので「ゆ~っくり」でもいいでしょう。

参考URL:http://armee.hp.infoseek.co.jp/zukai_02.html

アメリカの軍隊用語で「気を付け!」ですが、もともとは Come to attention のところ、Attention になり、それが A-ten-hut、そして Ten-hut になったとか。
なぜそうなるかというと、一般的に複数の兵士への号令は2つのタイミングでかけると、全員のタイミングがそろい易いということから来ています。日本でも、「右向け~~右!」とやると「ヨーイ、ドン」のように、あらかじめ準備ができて一斉に動作ができるというわけです。「前へ~~進め!」とか「速足~~止まれ!」、「前へ~~倣え!」とかいろいろあ...続きを読む

Q決戦の時の掛け声

戦国時代の映画などをみていると、大抵”ウオ~!”と叫んで決戦などしますよね?

あれ自体は本当だと思うのですが、あれってなんて言うんでしょ?

”ウオ~!”って言う奴です。

よく時代物の映画の話をしてても、あの・・その・・・ほら声が、臨場感が・・・。となってしまうので、ぜひ教えてください。

他、戦国時代の戦争の話なども教えてください。(これからの参考のために)

Aベストアンサー

 
  おおまかに雰囲気を表すためなら、「鬨の声」でよいのですが、「鬨の声」というのは、戦闘の開始に当たって、志気を鼓舞するため、儀式的にあげる戦闘開始の合図の叫びで、大将が、「えい、えい」と二回叫ぶと、部下が「おう」と三回大声で応えて、意気軒昂を示す声のことで、普通「えいえい、おうおう」という風に音を表現します。
 
  これは儀式的な叫びで、開戦の合図だとも云えます。実際、使用する場面は、「あちこちで鬨の声が上がった」とか「敵陣で鬨の声があがるや、こなたでも鬨の声があがり」という風に、戦闘開始の合図の叫びが起こったという意味で使われます。
 
  実際に戦闘が始まり、闘いで上げる叫び声の「うぉー」とかいうのは、「鬨の声」ではありません。何というのか、どうも思いつかないのですが、「咆吼」ではないでしょうか。「戦(いくさ)の咆吼を上げつつ、敵は肉薄してきた」とは言います。志気を高めるため、兵士が突入する過程で、「鬨の声」ではなく、「うぉー」という意気軒昂な叫びを上げさせるのに、大将が、「吼えよ」と言っていた例が時代小説であります。この場合、確かに「鬨の声をあげよ」ではないのです。
 
  敵に向かい、現に突入しつつある時に、「鬨の声」は上げないのです。しかし、兵士も武将も「うおー」とか叫んでいたでしょう。これは、何かもっといい表現があれば、そうですが、「戦の咆吼」とでも呼ぶしかないのではないでしょうか。「鯨波(げいは)を上げる」というのもありますが、「鯨波」は「鬨の声」のことだとも説明されています。元々「鬨」は「闘い」のことですから、「鬨の声」とは「闘いの声」の意味です。
 
  しかし、慣用的な言い方である「鬨の声」は、儀式的な叫びであるので、「戦の咆吼」とは違うということになります。
 
  「喊声(かんせい)」というのがあります。これは「鬨の声・鯨波」と同じだと辞書で出ていますが、突撃の時に出すわめき声で、儀式的な鬨の声とは少し違います。これは、多分「一斉に上げる叫び声」ということで、戦場で、一斉に、鬨の声とは別に咆吼することでしょう。突撃(吶喊)の時の叫びだとも云えます。「吶喊(とっかん)」は、「鬨の声を上げる」でもあるし、「大声を上げる」ともなります。(「鬨の声」より、「喊声」が広く、それより、「戦の咆吼」はもっと広いということでしょう)。
  
  戦国時代の戦争の「やりかた」というか、「戦闘のやりかた」は、戦略や戦術がある訳で、戦術には、戦列の構成や、戦闘手順などがありました。無闇に突撃していたのではありません。歩兵は、槍組や長槍組、弓組や、また後には鉄砲組も加わり、士官に当たる兵が騎乗で、これらの戦列の組の指揮を取り、これはという時に、一斉攻撃命令を出し、騎乗の兵が率先して前に出て相手の歩兵(足軽)を蹴散らし、敵の戦列を崩すと、また陣形を立て直し、守りを固めて、相手を追いつめるという戦術です。

  (歩兵は槍や長槍、弓を持っていた訳で、刀は、実戦向きではなく、折れにくく、刃のあまりない、棍棒のような刀で、突いたり、殴ったりするのに使ったのです。武将の場合、刀の予備をたくさん持っていて、切れなくなったり折れると棄てて、予備の刀を使ったのです。または槍を主に使い、刀はいざという時の武器ということになります。騎乗から長い槍で、歩兵や敵の騎馬武者を刺し殺したのであり、歩兵は、馬の脚を切って騎馬武者を落馬させたと云えます)。
 
  別の質問の回答で応えたのですが、乱戦に持ち込むというのは、敗北しかけているか、戦術の失敗の時です。
 
  以下のURLのわたしの回答参照:
  >No.227493 質問:西洋や中国の兵士は、どうやって敵を見分けていた?
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/search.php3
  

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/search.php3

 
  おおまかに雰囲気を表すためなら、「鬨の声」でよいのですが、「鬨の声」というのは、戦闘の開始に当たって、志気を鼓舞するため、儀式的にあげる戦闘開始の合図の叫びで、大将が、「えい、えい」と二回叫ぶと、部下が「おう」と三回大声で応えて、意気軒昂を示す声のことで、普通「えいえい、おうおう」という風に音を表現します。
 
  これは儀式的な叫びで、開戦の合図だとも云えます。実際、使用する場面は、「あちこちで鬨の声が上がった」とか「敵陣で鬨の声があがるや、こなたでも鬨の声があ...続きを読む

QCOPY THAT

英語は全然ダメなのですが映画を見ていて気になったので
教えてください!
了解!っていうのにCOPY THATという単語を使っているんですが
辞書で調べてもCOPYだけしかでてこなくてTHATと合わせた物が出てきません。
どういう風になっているのですか?

Aベストアンサー

人気の米国テレビドラマ「24」で主役の

ジャック・バウアーがテロ対策本部との電話会話

で自分の用件(状況説明と依頼事項等)をものすごい

早口で喋った後(事態緊迫)、「COPY ?」(オイ、判ったか?)

とよく言っていますね。 つまり、

「全部了解して、その通りやるんだぜ!!!」の意味ですね。

COPY → そのまま複写 → そのまま実行 てな感じで!!

「COPY THAT (?)or(!)」 「あの件了解したのか?」「あの件、

判ったな!」で、

本件は「COPY ?」、と言うことで、お後がよろしいようで。

Qカッコイイ隊員たちが使うコピー・ザットのスペルと意味

映画で戦闘場面や緊迫場面に軍人や宇宙隊員が無線とかの返答によく使う「コピー・ザット」のスペルや意味を教えていただけますでしょうか?辞書で調べたのですがよく分かりませんでした。場面場面で違いますが私の耳にはどうしても「コッピー・ザット!」か「コピー・ザット?」か「コーヒー・コーヒー!」か「Houston, Do you copy?」に聞こえるのですが。。。
あと映画とかで無線とかのやりとりによく使うお決まり言葉がありましたら教えて下さい
「ヒューストン」は米国の宇宙局で
「ユー・ガット・ザット?」は「分かったか?」の意味でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

Copy that. 了解。です。
http://eow.alc.co.jp/Copy+that./UTF-8/

昔、アルクの映画で覚える英会話シリーズに『アポロ13』がありました。
NASAの様子(アポロの時代のですが)が出てきます。
アマゾンのマーケットプレイス等で、古本は入手可能なようです。

>「ヒューストン」は米国の宇宙局で

NASAの施設は米国各地にありまして、
ヒューストンにあるのはその1つ、ジョンソン宇宙センターです。
狭義には、ヒューストンにある管制センターを指します。
「Houston, Do you copy?」は、管制官に対して「聞こえたか? 理解したか?」と確認しているところです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%B1%80#.E3.83.95.E3.82.A3.E3.83.BC.E3.83.AB.E3.83.89.E3.82.BB.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.BC

Copy that. 了解。です。
http://eow.alc.co.jp/Copy+that./UTF-8/

昔、アルクの映画で覚える英会話シリーズに『アポロ13』がありました。
NASAの様子(アポロの時代のですが)が出てきます。
アマゾンのマーケットプレイス等で、古本は入手可能なようです。

>「ヒューストン」は米国の宇宙局で

NASAの施設は米国各地にありまして、
ヒューストンにあるのはその1つ、ジョンソン宇宙センターです。
狭義には、ヒューストンにある管制センターを指します。
「Houston, Do you copy?」は、管制官...続きを読む

Q軍用語(?)が知りたい。

軍用語の一覧のようなもの(辞書の類でも)が記載されているサイトを探しているのですがなかなか見つかりません。(探し方が悪いのかもしれませんが・・
「アイ・サー」や「イエス・マム」(これぐらいしか解らない・・・)など英語(カタカナ表記)のものを探しています。

「こんなサイトがあるよー」という方はアドレス、またはサイトの検索方法など教えていただけるとありがたいです。
「サイトはわからないけれど少し知っている」という方は簡単に書いていただけるとありがたいです。

参考程度のものなので意味は「こんなかんじ」と言う物でも構いません。

(因みによんでいたミリタリー系小説で“気を付け”のことを“アテンション”と言っていたのですがそれは軍用語なのでしょうか?)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>“アテンション”
軍事用語ではないと思います。
命令形の号令だと思います。
(注意。注目。集中。)
http://www.buddy-club.com/communicate/word/word_index.html
(アテンション.スタートの「用意」の号令)
http://www2.cc22.ne.jp/~ozwrow/ozr/r00all/term/fisatermj.html

ついで・・・
「アイ・アイ・サー」
命令受領確認のことばです。
「イエス・サー」・「ノー・サー」
質問に対する肯定・否定をあらわします。

http://www.h3.dion.ne.jp/~su-37jk/ori_mono/gaiyou/settei/oms_y.html

なんか、3度目になってしまいました。
失礼しました。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q"Can you celebrate?"ってどういう意味??

安室奈美恵さんの「Can you celebrate?」
という曲がありますが、そもそもこの英語はどういう意味ですか?
(誰が誰に対して言っている言葉なのでしょう・・・)
「Will you celebrate our marriage??」
とかならわかるのですが、celebrateが自動詞ではおかしいと思うのですが・・

Aベストアンサー

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。

結論を言うと、「Can you celebrate?」は微妙なところだと思います。「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。

慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...続きを読む


人気Q&Aランキング