3施設(特養 老健 有料)同様に介護給付費請求は必要ないのでしょうか。
サービス料金は毎月の介護保険料に含む、まるめなのか。
それとも、在宅あつかいではあるので、サービス利用にあたり、請求業務はかかってくるのかなど
いまいちシステム把握ができません。
どなたかご教示くださるとたすかります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

介護はしないですから。

高齢者住宅とは高齢者向けマンションという意味です。食事や相談のサービスはあっても介護サービスはありません。
自立型住宅なので介護認定を受けていると入れないか、軽いものだけ入れるなどの規定があります。
基本は一人暮らしでもしもの時が心配、食事を作るのが大変など不便を感じている、自立できる老人しか入居できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアンサー感謝します。
では、サービスが必要になった際は外部サービス利用となるのですかね。
事業所と契約、サービス利用になると、給付管理も発生で。
まるめのイメージがありましたが、違うようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/21 09:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特養と老健とのちがい

特養と老健とはどんなところがどんなふうに違うのでしょうか?
あと金額の違いはありますか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

老人保健施設は基本三ヶ月間の入所です。
しかし、これも色々なケースがあります。
全員が三ヶ月したら退所、ではないです。
日中は常にドクターがいて、夜間でもナースがいます。
リハビリを一生懸命取り組んでくれます。
リハビリの専門家(理学療法士・作業療法士)がいます。

特別養護老人ホームはそのような期限はないです。
何かトラブルを起こすか、ここではもう介護に限度がある、といったような場合は退所になります。
これは施設によります。
日中はドクターがいる時間帯もあいまいです。
ナースは日中のみいます。
リハビリは週に一度、専門家(理学療法士)が外部からやってきて、指導をしてくれます。
その指導の元、介護の専門家(介護福祉士・ヘルパー)がリハビリのお手伝いをしてくれます。

金額には違いがありますが、特養でも老健でもそれぞれ施設によって違いがあります。
条件(個室やクラブ活動の参加の有無など)・状態(介護度)によっても違いがあります。

老健は自宅に帰るために準備する場、例えば病院に入院をされていて、すぐに自宅に帰るのは難しい、もう少しリハビリが必要、という方が多いです。

特養は色々な事情があって、家で介護が出来ない方などが多いです。
だから、老健から特養に移ってこられる方もいらしゃいます。
やはり、家では介護が難しいとのことで・・。

細かいですが・・。
職員の人数も違ってきます。
老健の方が多いです。
ということは、より気づきも多く、きめ細かい介護が出来ているかも知れません。
それは一概には言えないです。
施設によります。
社会福祉法人であったり、医療法人(特別医療法人)であったり・・といったところでも違いがあります。
ちょっと説明するのが難しいです。
施設の方針・理念によっても違います。

どこかの施設に入所希望の方でしょうか?
どうか、参考程度に聞いて下さい。
個人的に感じたのは、良い施設の見分け方は、入所者さんの表情と施設の臭いです。
表情が明るいと精神的なケアが出来ていると思われます。
精神的ケアが出来るということは、身体的ケアが出来てこそです。

臭いの対策が出来ているというのは、掃除がゆき届いているということと、失禁(おもらし)などの予防、また失禁の際のケアが手早く行われているということです。

老人保健施設は基本三ヶ月間の入所です。
しかし、これも色々なケースがあります。
全員が三ヶ月したら退所、ではないです。
日中は常にドクターがいて、夜間でもナースがいます。
リハビリを一生懸命取り組んでくれます。
リハビリの専門家(理学療法士・作業療法士)がいます。

特別養護老人ホームはそのような期限はないです。
何かトラブルを起こすか、ここではもう介護に限度がある、といったような場合は退所になります。
これは施設によります。
日中はドクターがいる時間帯もあいまいです。
...続きを読む

Q介護老健施設へのお礼

介護老人保健施設に入所していた老母が先日亡くなりました。
最終的には入院先の病院で死亡しましたが、その施設の皆さんには大変親切に手の届いた介護をしていただき感謝しています。
会計の支払いに行こうと思っていますが、こんなとき普通はお礼はどうすればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして、こんにちは。

わたしも医療福祉業界で働いているものです。
まず、質問者様の、
『大変親切に手の届いた介護をしていただき感謝しています。』
と言うあたたかいお言葉で、
感動して泣いてしまうと思います。

私達の仕事は他職種と違い、
数字やデーターとなって結果の現れる仕事ではありません。
ですから患者様やご家族から感謝の気持ちをいただけると、
一生懸命やってよかった!と、
この仕事にやりがいを感じます。

無難な挨拶程度で、
菓子折りを置いていかれる方もいらっしゃいますが、
そういった品よりも一番嬉しいのは
やはり患者様やご家族から、
感謝の気持ちを言葉にして伝えてもらえることです。
自分の頑張りが、認められた!と感じます。

お礼についてですが、
患者様からお世話になったお礼の品を受取らない所もあります。
そういった所は施設内に貼紙がされていると思います。

私達がいただくもので一番多い物は
クッキーなど日持ちのするお菓子ですね。
豪華にケーキや生菓子などもいただきますが、
職員の冷蔵庫に入りきれませんし、
院内は暖かいので保存が大変です。

一番嬉しいのは、飲み物です。
500mlのペットボトルのお茶や、
それ以下の飲みきりサイズの物。
職員は仕事柄、水分摂取をまめに行っているので
いただけるとたいへん重宝します。

もしお礼の品を受取らないという場合でも、
寄付という形で
トイレットペーパーやお茶などを渡す方法もあります。
お尻拭きやウエットティッシュなども頻繁に使用しますが、
これらは医療経由で安く購入できるものですから。
トイレットペーパーやティッシュなどをいただけると嬉しいです。

それ以外でも、もしオムツやお尻拭きなど
未使用名の物がありましたら
寄付していただけるとありがたいです。

先ほども申し上げましたが、
一番嬉しいのは感謝の気持ちを言葉にしていただけることなので
どうか、職員の方に
先ほどのお言葉をかけてあげてください。
その感謝の気持ちが、わたしたちのやりがいに繋がるので。

ご参考になれば。

はじめまして、こんにちは。

わたしも医療福祉業界で働いているものです。
まず、質問者様の、
『大変親切に手の届いた介護をしていただき感謝しています。』
と言うあたたかいお言葉で、
感動して泣いてしまうと思います。

私達の仕事は他職種と違い、
数字やデーターとなって結果の現れる仕事ではありません。
ですから患者様やご家族から感謝の気持ちをいただけると、
一生懸命やってよかった!と、
この仕事にやりがいを感じます。

無難な挨拶程度で、
菓子折りを置いていかれる方もいらっ...続きを読む

Q介護サービスの費用について。

私は、脊髄小脳失調症による、フリードライヒ運動失調症で、
身障者2級です。

来月から介護サービスを受ける事になりました。

その料金の1割は自己負担と言われたのですが、
私の場合、生活保護者の為、1割の料金は、
介護扶助によって、福祉事務所から直接 介護事業者へ
支払われる為、個人負担は無いと思うのですが。

この認識は正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

概ね正しいです。
「介護サービス」とのことですが、質問者様の年齢とサービスの出所にもよります。

生活保護受給者の場合、次の区分により4通りあり、質問者様がどの区分に該当するかにより、そのサービス利用料の出所がちがいます。
ただ、いずれにしても、基準内である限り、質問者様が利用料を負担することはありません。
ただ、「1割は自己負担」と言った担当は、おそらく生活保護の担当ではなく、介護保険又は障害者福祉サービスの担当と思います。

1 サービスの出所
 (1) 介護保険サービス(介護保険法)
 (2) 障害福祉サービス(障害者自立支援法)
2 年齢
 ア 65歳以上
 イ 65歳未満

3 組み合わせ
 (1)ア 介護保険サービスを65歳以上の人が受ける場合
 サービス利用料
 9割を介護保険が賄い、1割を介護扶助として福祉事務所が直接介護事業者に支払います。
 手続きとしては、ケアプランを作ってくれる人に「私は生活保護を受給しています。」と告げれば、通常は、ケアマネがあなたの代理で介護保険課や福祉事務所で手続きしてくれます。
 (1)イ 介護保険サービスを65歳未満の人が受ける場合
  通常、「皆健康保険」で、社会保険・共済・国保のいずれかに入っているので、40歳以上であれば、65歳未満でも介護保険サービスを本人1割負担で利用できます。生活保護受給者の場合は、健康保険に入っていることの方がまれで、通常は「医療扶助」を10/10保護から受けています。そういう人は、介護保険に加入していないので、介護保険のサービス料は、全額保護費で賄うことになります。
 (2)ア 障害福祉サービスを65歳以上の人が受ける場合
  障害者といえども、65歳以上の人は同じサービスであれば、介護保険サービスから優先的に利用するようになっています。
  従って、介護保険サービスになく、障害福祉サービスにあるもののみ利用することになります。
  生活保護以外であれば本人1割負担が発生しますが、生活保護受給者の場合は、10/10障害福祉を所管する部署が負担されます。(保護費からは扶助しません。)
 (3)イ 障害福祉サービスを65歳未満の人が受ける場合
  上記(2)アと異なり、優先順位が逆転します。64歳未満の場合((1)イの場合)は、介護保険サービスを受ける前に障害福祉サービスの適用を優先させます。(理由は、(1)イは介護保険サービスで無く介護扶助100%であるから)従って、障害福祉サービスの利用料は、生活保護受給者の場合は、10/10障害福祉を所管する部署が負担されます。(保護費からは扶助しません。)

整理します。
質問者様が
65歳以上で介護保険サービスを利用する場合は、質問者様の言っているとおりです。
65歳未満で介護保険サービスを利用する場合は、10割とも福祉事務所から直接支払われます。
65歳以上で障害福祉サービスを利用せざるを得ない場合(同一サービスは介護保険サービスを優先)は、10割とも障害福祉担当部署から直接支払われます。
65歳未満で障害福祉サービスを利用する場合は、10割とも障害福祉担当部署から直接支払われます。

いずれの場合も、質問者様の自己負担は発生しません。(基準額を超えることは原則できません。)

概ね正しいです。
「介護サービス」とのことですが、質問者様の年齢とサービスの出所にもよります。

生活保護受給者の場合、次の区分により4通りあり、質問者様がどの区分に該当するかにより、そのサービス利用料の出所がちがいます。
ただ、いずれにしても、基準内である限り、質問者様が利用料を負担することはありません。
ただ、「1割は自己負担」と言った担当は、おそらく生活保護の担当ではなく、介護保険又は障害者福祉サービスの担当と思います。

1 サービスの出所
 (1) 介護保険サービス(介護保...続きを読む

Q介護保険での家事サービスはどこまで?

1年間入院していた義母(69歳)が、退院することになり、長期間の入院で、足腰も弱っているので、介護保険を申請し、サービスを受けるつもりでいます。(嫁の私が見ていても、長期の入院のせいか、あまり自分で何かをしようという気が無いように思います。)

義父(70歳)は、耳が遠いですが、毎日仕事に通っており、義母の退院後も仕事を続けるようです。義母が、週に一回病院に行く日は欠勤するようですが。

ここで、質問をしたいのですが、義母本人は、週に3回くらいヘルパーの方に訪問して頂き、トイレ、風呂、部屋の掃除と食事の準備(家事全般)をしてもらうつもりでいるようです。  ここまで介護保険でしていただけるのでしょうか?

いろいろ調べたのですが、良く分かりません。 介護認定についても、退院後の足腰の弱さでも介護認定が認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

問題は、義父の世話です。
通常、同居のご家族の食事の世話や洗濯はしないのが建前です。
義父のパンツは洗わない。
義父のご飯は作らない。ってことです。

あとは、業者との折衝しだいですね・・・
中には、「分けてもしょうがないし・・・」ってことで、夫婦の洗濯物はまとめて洗濯機で回しちゃう。ごはんも一人分ってことで、多めに作って二人で食べてもらう、という方式でやってくれるところもあります。
介護保険は、保険ですから、そのあたりの建前が厳しく、あとは、現場での裁量しだいです。

金銭的余裕があるなら、家事は個人的にヘルパーさんを頼むほうが、わかりやすいと思います。(お金はかかるけど)

判定がどう出るかわかりませんが、「足腰がいたい」だけで、年齢も69歳、夫もまだ仕事に出るだけの元気があるなら、あまり重い認定はしてもらえないかも・・・と、思います。
そうなると、週3回の家事援助を介護保険で、は無理でしょう。
きつい言い方をすれば、介護保険は、家政婦さんを時給300円で雇える、っていう考え方では困るのです。
家事援助も、一回1時間半までが多いです。
一時間半でやってもらえることってどの程度かも考えておいてくださいね。(買い物を頼むなら、その買い物時間も含んで1時間半です。建前として、ヘルパーに家に来る前の通勤途中で買ってきてよ、は通じません。それをする場合は、買い物スタートの時点から時間を計算します)

買い物は、個人宅配で届けてもらう。
その日にあわせて、ヘルパーさんに来てもらって、何食分かの料理をしてもらう。(当然、作りおき)
洗濯と掃除は、別の日に。
こんな感じでも、週に2回程度の派遣を受けることが出来るかどうかが、微妙そうです。

ケースバイケースの世界ですから、まずは、認定を受けてみるしかないと思います。

問題は、義父の世話です。
通常、同居のご家族の食事の世話や洗濯はしないのが建前です。
義父のパンツは洗わない。
義父のご飯は作らない。ってことです。

あとは、業者との折衝しだいですね・・・
中には、「分けてもしょうがないし・・・」ってことで、夫婦の洗濯物はまとめて洗濯機で回しちゃう。ごはんも一人分ってことで、多めに作って二人で食べてもらう、という方式でやってくれるところもあります。
介護保険は、保険ですから、そのあたりの建前が厳しく、あとは、現場での裁量しだいです。

...続きを読む

Q遠隔地のケアハウスに居住する母の介護サービス

87歳の母が他県のケアハウスに入居しました
市内の施設が満杯で、資金的な面もあって
やむなく、他県になりました
住民票は、私のとことに置いたままにしています

要支援1ですが、デイケアサービスを受けたいと思います
この場合、介護保険証の住所が他市なので、役所で住所
変更の手続きをとらなければ、デイケアサービスは受けられないと
ケアハウス側に言われました
もっともなことだと思います

しかし、このためには、住民票をケアハウス内に移す必要が
生じるのでは?と、危惧しています
と、申しますのは、母の年齢から、他界するのも近く、住民票を移せば
火葬場は、必然的に他県でということになり、葬儀も他県でということ
になりそうです

葬儀だけは、自宅、若しくは、町内の葬儀社で、と思っています
また、お寺の納骨堂の関係もあり、対処に苦慮しています

遠隔地証という手段も聞きましたが、年齢とともに、介護度が進み
要介護とかになれば、その認定等に、その他県でのケアマネージャー
のお世話にならざる得ず、やはり、ケアハウス内に住民票を移さざるを
得ないのか、とも思っています
とりあえず、遠隔地証で様子をみるべきか。。。??
どのような手続きをとれば、私の場合、ベターな策でしょうか?

87歳の母が他県のケアハウスに入居しました
市内の施設が満杯で、資金的な面もあって
やむなく、他県になりました
住民票は、私のとことに置いたままにしています

要支援1ですが、デイケアサービスを受けたいと思います
この場合、介護保険証の住所が他市なので、役所で住所
変更の手続きをとらなければ、デイケアサービスは受けられないと
ケアハウス側に言われました
もっともなことだと思います

しかし、このためには、住民票をケアハウス内に移す必要が
生じるのでは?と、危惧しています
と、申しますの...続きを読む

Aベストアンサー

大きな誤解です!ケアハウスの職員さん自体が、普段介護保険制度に携わる機会が少ないがための誤った認識となるのでしょう。

病気で掛かる健康保険が住所地以外では使えません、住所地以外の病院にはかかれません、といっているのと同じことです。違いますよね?

要支援の方が介護サービス(厳密には介護予防サービス)としてデイサービスを利用するには、介護予防支援業務として地域の「地域包括支援センター」がご本人の状況を把握し、必要とされるサービスを計画する「介護予防計画書」を作り、サービス利用に向けての相談や説明、サービス利用開始後も適切にサービスが利用され提供されているかを確認し続ける一連の「介護予防支援業務」を行いますが(言い換えると、この担当するセンターとの契約や届け出が必要となります)、この「地域包括支援センター」は市町村内に地域ごとに複数ある場合には担当地域を割り振って対応している場合が多く、お母様の場合、その担当すべくセンターを決める際に基本は住所地域で割り振るので、本来は住所地であるあなたのお住まいの地域のセンターが担当することとなります。

が、日々の相談や説明、訪問など、あなたの地域の包括支援センターが他県であるお母様の元に通い受け持つのは無理ですよね?
この場合、届け出、住民票がどこであれ、ご本人の居住する地域の包括支援センターがそれを担当するだけです。
いちぶ、例外として、本来は「要支援」の方ではなく「要介護」のかとの支援業務に就くケアマネージャーが、包括支援センターより「業務委託」として担当することも認められてはいますが。

住所が何か特殊な取り扱いを受けるとすればこの点だけです。
利用するサービス(デイサービス)については、北海道や沖縄に住所のあるお年寄りが東京にいてそこのデイサービスを利用すること自体は何の問題もありません。

あえていうならば、そのデイサービスを利用中にお母様が具合が悪くなられ、あるいはケガをされ救急車であれ病院を受診しなければならない、あるいは即入院、手術をしなければならないといった場合に、その説明や意思確認、合意を得るためのご家族など身元引受人を利用開始前の契約時に定め、署名・押印を求められます。

この身元引受人を、単に書面上の届けという「形」ではなく、実際に誰が動き対応してくれるかが求められます。
デイサービスでは判断も責任持てませんし、開いてである病院も他人であるデイサービスの職員相手に入院、手術の了解など受け付けてくれませんモンね?

この点は利用につながり事前の契約や説明の際に、そのデイサービスセンターとよく話し合い、合意しておくことをお勧めします。

以上から、介護サービスを受けることfだけに関していえば住民票を移す必要はありません。

があ、別な視点として若い方であろうが介護サービスを受ける受けないにかかわらず、「戸籍法」だったか「一定期間、その地に居住する場合、もしくは居住すると見込まれる場合には、住所地をの変更の届け出を行わねばならない」といった制約が別にあることをご承知ください。
税金や選挙権など、実情に即した対応・取り扱いを受ける権利を保障するためです。

大きな誤解です!ケアハウスの職員さん自体が、普段介護保険制度に携わる機会が少ないがための誤った認識となるのでしょう。

病気で掛かる健康保険が住所地以外では使えません、住所地以外の病院にはかかれません、といっているのと同じことです。違いますよね?

要支援の方が介護サービス(厳密には介護予防サービス)としてデイサービスを利用するには、介護予防支援業務として地域の「地域包括支援センター」がご本人の状況を把握し、必要とされるサービスを計画する「介護予防計画書」を作り、サービス利用...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報