心理学でロールシャッハテストというもの(インクの染みのような図版をみて何に

見えるか答えるテスト)がありますが、

このテストでどのようなことがわかるのでしょうか?


ご存知の方がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

精神分析のテストなので


「その人がこれを見てどう感じるか」
と言うことでその人の心理状態がわかるものです。
同じ模様を見て「蝶」と答える人と「生首」と答える人では
精神状態が違いますからね。
下記URLがちょっと面白かったので参照して下さい。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~kokuden/mis.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

PEPSIさん、ありがとう。

まだ全部は、読んでいないのですがすごいおもしろいです。
M島さんのことは興味があったので、とてもよいページを
教えていただき、うれしいです。
M島さんは、ちょっと変わっている人ではないかとおもっていたので
意を得たりというかんじです。
M島さんが絵に言語的な要素を加える傾向があるというのは
作家だからあたりまえかもしれませんが、見逃せない事実だと思います。

お礼日時:2001/05/18 09:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロールシャッハテストについて

ロールシャッハテストの具体的な図をたくさん掲載しているサイトをご存じの方、ご紹介いただけないでしょうか?

あるいは、書籍でそういった物があるようでしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

参考になるかわかりませんが

最近作った細々したもの
... 進化的作曲 インタラクティブ進化計算で作曲します。 なんかうまくいかなかったけど・・ ロールシャッハテスト 心理学で用いられる図形です。 うちにはなんとなく生き物に見えます。 マンデルブロ・ワールド ...
http://www.sakurasoft.co.jp/~fukui/hunt.htm
 
ロールシャッハテストの図形
http://www.sakurasoft.co.jp/~fukui/rorschach.html

[www.sakurasoft.co.jp から検索 ]

参考URL:http://www.sakurasoft.co.jp/~fukui/hunt.htm

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Qロールシャッハテスト(心理学)

心理学でロールシャッハテストというもの(インクの染みのような図版をみて何に

見えるか答えるテスト)がありますが、

このテストでどのようなことがわかるのでしょうか?


ご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

精神分析のテストなので
「その人がこれを見てどう感じるか」
と言うことでその人の心理状態がわかるものです。
同じ模様を見て「蝶」と答える人と「生首」と答える人では
精神状態が違いますからね。
下記URLがちょっと面白かったので参照して下さい。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~kokuden/mis.htm

Qうろ覚えのこの心理テスト。ご存知ないですか?

昔、(本当に昔なのですが)・・・
恋愛の心理テストでおもしろいものがあったのですが、内容が思い出せません。
10年ぐらいは経ったのでまた思い出して楽しんでみたくなりました。

内容は、主人公が女性で川が出てきて、好きな男性に会いにいくというような感じです。
それで、他の男性とかも出てきて、弊害がいくつもあって、結局その好きな男性とは結ばれないような感じに終わるのですが、問題は「さてこのストーリーの中で、あなたが一番悪いと思う男性は誰でしょうか」というもので、誰を選ぶかによってその人の恋愛のタイプが分かるというようなものだったと思います。

ご存知の方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いいたします。

また、それ以外にもこんな感じでストーリー仕立てになっている心理テストがあれば教えてください!

Aベストアンサー

私もやったことあります。
下の方とちょっと違うかな?と思って探してみたら…
こんな感じのだったと思います。
どうでしょうか?

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/6142/test/test03.html

Qロールシャッハテストはどこで受けられるのでしょうか?

自分の希望する会社の就職試験にロールシャッハテストが
含まれているのですが、全く内容がわからないのです。
本試験の前に対策として1度受けてみたいのですが、どこか受けられるところをご存知ないでしょうか。

Aベストアンサー

心理検査を謳っているような
心理療法所や 精神科のある比較的大きな病院で
あれば受けることはできますが
 病気でもないとなると 自費になるでしょうし
受けさせてくれるところも少ないかもしれません。
 それに 事前に受けたからといって
得に働くものでもありません。

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む

Qロールシャッハテスト

以前、ロールシャッハテストを受けましたが、

絵柄が何に見えるかのテストが終わった直後、

検査員(臨床心理士?)から「お母さんはどうしましたか?」と聞かれました。

当時、母は健在でしたが、私は何故か「死にました」と答えました。

続いて検査員が「お父さんはどうしましたか?」と聞くので、

父も健在でしたが私は「知りません」と答えました。

テスト後になぜ「お母さんはどうしましたか?」「お父さんはどうしましたか?」と聞かれたのでしょうか?

なぜ両親とも健在なのに私は(母は)「死にました」(父は)「知りません」と答えたのでしょうか?

ずっと気になっているので、おそらくこういうことであろうという程度で構わないので、教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。回答の補足に。

>ネットで自分に調べられる範囲で調べてみて、もしかしたら、私にはM反応がなかったか少なかったのではないかと思うんですがどうでしょう?

まあロールシャッハなんて、所詮(言い方は悪いですが)相手がこうかもしれないという、傾向とかがちょっと分かる程度のものです。
こういう反応が少ないからどうこうというほどのものでもないです。
IQテストのような機械的に測定できるものは分かりやすいですけどね。
自由度が高いですから、スプラッタな映画を見たあとは、スプラッタな連想が多く浮かんだりするでしょうし。

私は実施したこともされたこともありますが、実を言うとどういう反応をすると心理士がどう読み取りたがるかが分かってしまうので、全然素直な回答ができなかったんですよ。
ひたすら無難なことを言いまくりましたが、それでも心理士さんには、素直じゃない性格なんだなとかそういうことは伝わったはずです(笑
自分を絶対に読ませないようにしたい人なんだな、とかね。

要するにその程度のもので、でも読み取れることは(私が素直じゃないとか)読み取れる。そんなものです。

お父さん、お母さんのことについては、具体的には見当もつかないです。
まあそれがすごく気になるってことは、質問者様の心に何か引っかかるところがあるということですから、直接実施した心理士に聞いてみるのがいいと思います。

ごめんなさい、お役に立てず。

No.2です。回答の補足に。

>ネットで自分に調べられる範囲で調べてみて、もしかしたら、私にはM反応がなかったか少なかったのではないかと思うんですがどうでしょう?

まあロールシャッハなんて、所詮(言い方は悪いですが)相手がこうかもしれないという、傾向とかがちょっと分かる程度のものです。
こういう反応が少ないからどうこうというほどのものでもないです。
IQテストのような機械的に測定できるものは分かりやすいですけどね。
自由度が高いですから、スプラッタな映画を見たあとは、スプラッタな連...続きを読む

Qユング心理学とトランスパーソナル心理学

ユング心理学とトランスパーソナル心理学に大変興味を持ちました。初歩から学びたいのですがおすすめの本があったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下URLの本から入ることをお奨めします。

(コピー&ペーストしてください。)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-256343-6
「ユングと心理療法」

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-149465-1
「トランスパーソナル心理学入門」

理由は、どちらも、(1)著者が第一人者であること、(2)入門書として書こうという明確な目的で書かれていること、(3)すぐ手に入りやすいこと (4)臨床家としての視点があること です。

加えて河合隼雄氏には著書が多くありますが、深層心理学の入門書として「無意識の構造」は必読です。少し前の著書ですが、古典的名著といえるのではないでしょうか。

あとは私の個人的な思い入れですが(笑)、いろいろと読み進んできたら、
水島恵一著「人間性心理学体系」のシリーズは機会があったらぜひ読んでください。トランスパーソナル心理学・ユングの心理学のみについての本ではありませんが、もちろん詳しく述べている個所はあります。
理論的側面もさることながら、心理療法の実際と、迫力がよくわかります。
専門書なのでちょっと買うのは大変と思いますが、もしかしたら図書館にあるかもしれません。

以下URLの本から入ることをお奨めします。

(コピー&ペーストしてください。)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-256343-6
「ユングと心理療法」

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-149465-1
「トランスパーソナル心理学入門」

理由は、どちらも、(1)著者が第一人者であること、(2)入門書として書こうという明確な目的で書かれていること、(3)すぐ手に入りやすいこと (4)臨床...続きを読む

Qロールシャッハテストやバウムテスト、質問紙法などの心理テストが受けられる所

メンタル系の施設や病院、センター、どこでもいいので
ロールシャッハテストや質問紙法、バウムテストやミネソタ多面人格目録などの心理テストがうけられるところ、どなたかご存じないでしょうか。
できれば九州(福岡、佐賀、長崎)、中国地方(山口広島)、東京、のいずれかの地域ならば助かるのですが。
また、大した病気ではなくても受けることが許されますでしょうか。
少し、不調があるということと、また、自己理解のような動機で受けたいと思っているのです。
でもやはり精神病の疑いがあるなど専門家からみて受験する必要性がないと受けられないのでしょうか。
結果はちゃんと公表してくれますか。
では、失礼いたしました。

Aベストアンサー

カウンセリングの場なんかですと要求すれば応じてくれるのでは?。

興味本位であれ「分析して欲しい!」ってお気持ちは分かります、若い頃の私はそうでした、中年の今となってはゼロ、なぜでしょう?。
特に大学でやっているカウンセリングですと可能性が高そうな気がします。
あれは助手クラスの方がやっているのでしょうか、経験が浅い為クライアントの心を掴む事をまず重視するでしょう?、要望は親切に聞いて下さる方が多いんじゃないかなあ?。

私は要望したわけでは無いのですが一度ロールシャッハやらをやって貰った事があります。
貴方同様「少し不調」で薬の処方も不要な状況でしたが興味本位で確か病院でしたか?通っていた時期がありまして。

そう国立精神神経センターでしたね、小平市の。(今ネットで記憶を呼び覚ましました)
どうやって外来に行ったか、なぜカウンセリングの様な形になったか、なぜ大学院生の様な若い方とイレギュラーな形(カウンセリング室なんて当時無かったかと)で話をする事になったのか、本当に忘れてしまったのですが。
他に患者は居たのかすら忘れましたがとにかく記憶に無い、ただ異様に人が少なかったような、妙に静かだったような印象がおぼろげながらあります、15年前です、今は違うでしょうが。

テストですがやはり楽しかったですねえ、不謹慎の極みですが。
結果と言うのかな?性格傾向を口頭で聞く事は出来ましたよ。

ところで、その方が別の場所へ移る事になったのですが、こんなのもあるよってな感じで出身大学でのカウンセリングを紹介してもらいましてね。
当然ウキウキ気分で通った訳ですがそこではテストは無かったですね、要望もしませんでしたが。
ただし先に書いた通り要望すれば何でもしてくれそうな雰囲気はありましたよ。

さて、この不謹慎且つ出鱈目な回答、思いっきり叩かれそうな気がするのですが、何卒ご容赦下さいね。

カウンセリングの場なんかですと要求すれば応じてくれるのでは?。

興味本位であれ「分析して欲しい!」ってお気持ちは分かります、若い頃の私はそうでした、中年の今となってはゼロ、なぜでしょう?。
特に大学でやっているカウンセリングですと可能性が高そうな気がします。
あれは助手クラスの方がやっているのでしょうか、経験が浅い為クライアントの心を掴む事をまず重視するでしょう?、要望は親切に聞いて下さる方が多いんじゃないかなあ?。

私は要望したわけでは無いのですが一度ロールシャッハ...続きを読む

Q臨床心理面接学と臨床心理査定学について

こんにちは!
今、臨床心理学の参考書を読んでいたのですが、「臨床心理面接学」「臨床心理査定学」についてどういった学問領域なのか分かりません。
検索しても出てきません。
できれば、私は臨床心理学初心者なので分かりやすく説明していただけたらうれしく思います。
また、どういった参考書ならこの領域について分かりやすいとかありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類できます。質問紙法、作業検査法、投影法です。
 質問紙法では、MMPIやYG検査、EPPS、CPIなど標準化された質問紙検査について学びます。私の場合は、ここで簡単に、質問紙の妥当性や信頼性の意味、相関や分散、標準偏差の意味なども教えています。
 作業検査法では、代表的なのは、内田クレペリン検査ですよね。
 投影法は、ロールシャッハや、バウムテスト、PFスタディーなどでしょうか。

関連書籍をURLに掲載しておきます。

参考URL:http://www.seishinshobo.co.jp/rinshou.html

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報