ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていましたが、
最近和解したことを知りました。

予防接種で感染した証拠となる書類が必要との事ですが、
祖母は今から9年前に亡くなっております。
医療機関に問い合わせてみますが、カルテが破棄されていた場合、
他に証明する手立てとしては「年長」の兄弟の血液検査結果が必要との事。
ですが、母は長女のため年長の兄弟がおりません。
その場合は、訴訟を諦めるべきでしょうか。

B型肝炎医療費助成制度があるようですが、キャリアには適用されないのでしょうか?

以前、定期的に検査をしていた時期もありましたが、2ヶ月に一度、5,6千円程かかり
6ヶ月に一度1万円。
結構経済的に苦しいので、痛い出費です。健康のためには仕方ないとはいえ…

アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お母さんが母子感染でないことを証明するのに


(1) 祖母さんのHBc抗体陰性か低力価→これはムリ
(2) 年長の兄弟が陰性→ムリ
(3) その他、医学的知見を踏まえた個別判断
という条件があり、このうち一つを満たす必要があります。で、(1)(2)はムリなので、
(3)の可能性を探るしかありません。すなわち、弁護士に検討してもらうしかありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ほぼ、訴訟は無理…という事ですね。
一応、祖母が検査をした病院と相談して、可能性があるなら弁護士に相談してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/26 14:01

いもう訴因がなくなっれしまったのだから、と思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ウイルス性肝炎<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ウイルス性肝炎とはどんな病気か  肝臓に各種の肝炎ウイルスが感染し、肝機能障害を起こす病気です。 原因は何か  A型、B型、C型などの肝炎ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなどの感染が原因です。  感染経路はさまざまです。A型肝炎ウイルスによる肝炎は、海産物(生牡蠣(かき)など)を食べたあとに多く発症します。  B型肝炎ウイルスは母子感染、とくに出産時の母体血との接触(産道...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

Qカルテの保管期間は?

病院(総合病院も含めて)のカルテは、何年間保管されるんですか?
泌尿器科なんかで、何度も同じことで行って、恥ずかしいので、
一度、全カルテを抹消してほしいんですが、もし頼めば可能でしょうか?
最近はパソコンカルテなので、より長く残る気がして嫌なんですが。
と言ってもこんなこと頼むのは抵抗があるのでわかりませんが。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が出た大学の附属病院は性格上、すべてのカルテは永久保存でした。たぶん今もそうでしょう。
法律上は最終の診察から5年のカルテは保存が義務付けられていますが、実際はもっと長く保存するのが普通です。私の今在籍している病院は、保管庫に20年くらいの前のカルテもあるはずです。公的な病院では10年以上は保存されます。電子カルテ時代はもっと長期に保存され、紙のカルテと違って昔の記録も簡単に見れます。

なお患者の医療情報は、病院のものですから当然削除を要求されても出来ません。

QB型肝炎キャリアのHBS抗体・抗原について教えてください。

こんばんは。
私は母からB型肝炎のキャリアと聞いています。

先日、違う件で血液検査をしたのですが、HBS抗原とHBS抗体が両方とも陰性でした。
その時は、膠原病の疑いで検査をしたため、抗核抗体の数値のことで頭がいっぱいで、医者にB型のことを聞くのをわすれてしまったんです。

キャリアだと思っていたので、産婦人科に通ったときも前もって「私はキャリアです」と話していたのですが、その後すぐ流産してしまい、B型の検査はしませんでした。

そこで質問なのですが。
ネットで調べたところ、マイナスだと陰性(正常値)とありました。
これは、私は既にキャリアではないと言うことでしょうか?
母子感染をしたが、知らない間にウィルスが消えていた…なんて事があるのでしょうか?
それとも、キャリアであることを調べるには、もっと他の検査が必要で、キャリアだけど発症をしていないだけなのでしょうか?
7月に、血液検査に行く予定があるのですが、必要ならば夫と共に近いうちに検査をしたいと思っています。
まずはアドバイスを頂ければと思い、投稿しました。

Aベストアンサー

HBs抗原・抗体共に陰性ということですから貴方はB型肝炎のキャリアーではありません。どうしてお母さんがキャリアーだと言ったのでしょうか?お母さんはキャリアーですか?

もし母子感染によりB型肝炎ウイルスに感染しているとすればHBs抗原が陽性になります。母子感染による感染後にウイルスが消えることもあります。しかしその場合でもHBs抗体が陽性になります。

HBs抗原とは現在B型肝炎ウイルスが体内に存在しているかどうかを診る検査です。これが陽性ということは肝炎ウイルスに感染しているということなのです。HBs抗体はウイルス感染後に肝炎が起こり、その肝炎が治癒した場合に出てきます(キャリアーの場合は若干違いますが)。抗体が陽性ということはウイルスが体内に存在していない状態です。

QB型肝炎ウィルスキャリア=慢性B型肝炎?

家族がB型肝炎ウィルスキャリアです。
定期的に血液検査に通っていますが、ウィルス量も少なく肝臓の数値も異常がなく安定しているので治療の必要はない、悪化の心配もないといわれております。

医師から慢性B型肝炎との診断は受けていませんが、キャリアであれば、症状がなくても慢性B型肝炎と判断されるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合、質問者のご家族と同じ状況です。数値が安定しており特別に治療の必要はないわけですが、ただそうでない人よりは、肝炎や肝硬変などの病気に掛かる確率が多いと、専門医から聞いております。
よって、定期的に血液検査や、エコー検査を受けていますが、
基本的に普通の生活をしています。 大丈夫です!。

質問の回答とすると、慢性B型肝炎とは判断されないと思います。

あとご家族への注意ですが、血液感染という可能性も考えられるので、血液の付着したもの(しそうなもの・・髭剃りなど生活用品含む)の
取り扱いをきちんと処理する と聞いたことがありますので参考まで。

Q彼女から、B型肝炎を確実にうつされました。

彼女から、B型肝炎をうつされました。
彼女とは、今年1月から性交渉をしていました。彼女から、B型肝炎(HBV感染)を移されました。
11月に17日間体調不良で入院し、退院したばかりです。彼女の血液検査の結果、B型肝炎のHBe抗原を持っていることが、分かりました。彼女に聞くと、母が隠していたらしく、彼女もショックを受けていました。
お互い、治療は必要かとは思いますが、彼女はお金がないので、治療はしないと言っています。
将来、彼女が別の男性と性交渉で、そのままの状態ですると新しい男性にB型肝炎が感染するのはわかりますが、将来、彼女は発病する可能性は、あるのでしょうか?
また、私の方は経済状況は厳しいのですが、必ず治して行きたいと思っています。
私自身に、抗体が出来てから、もし将来、他の女性を性交渉をもってしまったら、その女性には簡単に移るものなんでしょうか?
何卒、知識のある方、お教え下さい。何卒、よろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

まず、ご本人が入院までされたことは、残念な結果ですね。でも、水平感染の場合、少しのダルさ程度で完治するのがほとんどのようで、病院でちゃんと治療されたのなら、もう大丈夫だとみていいでしょう。一過性感染の場合、慢性化することはありません。抗体もできているので、彼女と性交渉しても、もう、彼女のウイルスで肝炎になることはないです。とりあえず、治療に関する出費も、いまは考えなくても大丈夫と思われます。
ただ、ウイルスが完全になくなったわけではないので、性交渉、献血は気をつけた方がいいかと思います。感染力は、さほど強いウイルスではないので「簡単」には感染しないと思いますが。この点、いまいちど病院に確認すると安心だと思います。

問題は、ご本人よりも彼女の方でしょう。彼女は親からの垂直感染で、今後、慢性化する傾向が高いです。中には、抗体ができて完治する方もいるようですが。ただ、慢性化したとしても肝硬変、肝臓がんへと移行するとは限らず、なんの症状もなく過ごされる方が多いようです。治療するかどうかは、定期的な検査から判断されると思います。特に、先に挙げた肝硬変などは、40代になってから発病するようなので、まだ、20代でしたら、少なくとも半年に1回は血液検査でウイルスの動きをチェックされた方がいいです。

正直、個人的には、もしかしたら性交渉でも感染しないのでは??と楽観的に思っていたのですが(私の母親はキャリアで、私自身も垂直感染キャリアです。母親は、3人の息子を産みましたが、父親に感染させてません。)具体的な例を聞かされ、やはり感染はあるんだ・・・と改めて認識しました。

ご参考になれば幸いです。

まず、ご本人が入院までされたことは、残念な結果ですね。でも、水平感染の場合、少しのダルさ程度で完治するのがほとんどのようで、病院でちゃんと治療されたのなら、もう大丈夫だとみていいでしょう。一過性感染の場合、慢性化することはありません。抗体もできているので、彼女と性交渉しても、もう、彼女のウイルスで肝炎になることはないです。とりあえず、治療に関する出費も、いまは考えなくても大丈夫と思われます。
ただ、ウイルスが完全になくなったわけではないので、性交渉、献血は気をつけた方がいい...続きを読む

QB型肝炎から肝臓がんへ・・・

62才の父の事でお尋ねします。2年前B型肝炎から肝臓がんになりました。癌は自覚症状もなく、偶然見つかりました。B型肝炎のほうは調子もよく特別に治療もしていなかったので、癌が見つかった時の父の落ち込みはひどかったです。3分の2肝臓を切除して、その後仕事にも復帰していたのですが、今日定期健診で、転移している事が解りました。又、肝臓に癌ができていたようです。今回は放射線治療をするそうです。父が心配をかけまいと、それ以上のことを教えてくれません。どなたか、放射線治療とは何なのか、なぜ今度は切除しないのか、もしかして末期なの?
教えてください!宜しくお願い致します。もし、長崎でいい病院をご存知の方がいらっしゃいましたら、そちらもお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
おそらく転移ではなくて再発でしょうね。
ウィルス性肝炎からの肝癌は、再発をくり返すのが特徴です。

手術というのは、体力の消耗が著しく、何度もくり返せるものではいので、今回は見送ったという事でしょう。
もしかしたら、前回はある程度大きかったので切ってしまった方がいいと判断されたのかもしれません。
今日では、ウィルス性で再発をくり返す肝癌には放射線、化学療法、変わったところでは癌病巣に薬を注射してそこだけ殺す方法など、出来るだけ切らないで済ます方法が検討されています。
なので、末期であるとは一概には言えないです。
むしろ、手術するまでもないサイズであるからという可能性もかなり高いでしょう。
できれば主治医に直接相談されるのがいいですね。

今回はその中で放射線が撰択されたという事でしょう。
癌細胞は他の細胞に比べるとさかんに分裂して体積が増え、まわりの組織を圧迫して悪事をなします。
でも分裂がさかんな細胞程、染色体が放射線で破壊されやすいので、それを利用して癌をやっつけようという治療法です。
放射線には、X線、ガンマ線、ベータ線、アルファ線、重粒子線・・・といったいろんな物が場所、大きさ、癌の種類に応じて用いられます。

病院の方は、そちらの地域に詳しくないのでm(__)m

こんにちは。
おそらく転移ではなくて再発でしょうね。
ウィルス性肝炎からの肝癌は、再発をくり返すのが特徴です。

手術というのは、体力の消耗が著しく、何度もくり返せるものではいので、今回は見送ったという事でしょう。
もしかしたら、前回はある程度大きかったので切ってしまった方がいいと判断されたのかもしれません。
今日では、ウィルス性で再発をくり返す肝癌には放射線、化学療法、変わったところでは癌病巣に薬を注射してそこだけ殺す方法など、出来るだけ切らないで済ます方法が検討されて...続きを読む

QB型肝炎の抗体検査のCLIA法について

先日病院でB型肝炎の抗体をクリア法で調べて下さいとお願いしました。する238.3mU/mlと検査結果が出ました。この単位は初めてみました。検査方法などは同じですよね?
友人にな基準が違うと言われました。どういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

相関もなにも、同じものだと申し上げているのです

Q慢性肝炎についての感染の確率について

私の別れた彼氏が、慢性肝炎らしいです。
彼は、付き合い始めた1年前の8月くらいに、「会社の検診でひっかかった」と何の病気かとは言わなかったのですが、そんなこと言っていました。
そのあと、12月頃、「また肝臓でひっかかった。大きな病院に検査に行くの面倒だ」という言葉で、8月にもひっかかったのが肝臓だと知ったのですが・・。
そのあと、彼とは、性行為を最後にしたのは2月まで。3月にはわかれてしまいました。
12月に肝臓でひっかかり、大きな病院で検査をうけたかどうかは、話題にはならずに別れてしまったのですが、7月頃、彼が慢性肝炎で2週間に一度、大学病院で採血と投薬の治療を受けていると聞きました。

ただ慢性肝炎というだけで、どんなタイプの肝炎だか分かりません。
彼とは連絡がとれないので分からないのですが、私が感染しているということはあるのでしょうか。
教えていただけますか?

Aベストアンサー

ウイルス性肝炎は、広義の性感染症に含まれ
ますが、「広義の」=感染する事もあるという
程度の扱いです。つまり、性交渉での感染率は
他の性病より低いことは確かです。

日本で考えられる慢性肝炎はB型とC型肝炎。
その他は極めて稀で、無視してもいいでしょう。

B型肝炎は感染力が強く、感染すると90%以上
が急性肝炎になり、その後治癒しますので、慢性
化は珍しく、元彼とあなたの双方が慢性肝炎になる
確率は1%に満たない事になります。

C型肝炎はB型とは逆に、ほとんどが慢性化します。
が、感染するには、ある程度まとまった量の血液が
体内に入る必要があり、通常の性交渉での感染は
かなり稀と言えます。

結論として、あなたの身体に侵入する可能性が高い
のはB型ですが、肝炎の症状が出ずウイルスが潜んで
いるという可能性は低く、C型に感染する可能性も
極めて低いため、まずは大丈夫でしょうという事に
なります。

もちろん、可能性を完全に否定したいのなら、検査が
必要です。
病院では、症状のない人が検査を受ける場合、自費診療
になりますので、この点はご承知下さい。
肝炎の抗体検査は、近所の医院でもどこでも受けられます。

ウイルス性肝炎は、広義の性感染症に含まれ
ますが、「広義の」=感染する事もあるという
程度の扱いです。つまり、性交渉での感染率は
他の性病より低いことは確かです。

日本で考えられる慢性肝炎はB型とC型肝炎。
その他は極めて稀で、無視してもいいでしょう。

B型肝炎は感染力が強く、感染すると90%以上
が急性肝炎になり、その後治癒しますので、慢性
化は珍しく、元彼とあなたの双方が慢性肝炎になる
確率は1%に満たない事になります。

C型肝炎はB型とは逆に、ほとんどが慢性化し...続きを読む

Q癌の末期症状を教えてください。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む

Aベストアンサー

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む

QB型肝炎のe抗原マイナスなら感染力無し?

数年ぶりで献血したらB型e抗原+でした。半年後に再検査したらe抗原マイナスでした。この間肝炎を起こした様子は無し、「あの検査はほんとだったのかな?」と言う感じです。
家族との接触について、他人への感染の危険は無くなったのでしょうか。
血液中に居ないけど肝細胞や核の中にはまだウイルスが残ってる可能性があるのでしょうか。これはただの興味。
過去の質問や医療ページを見たのですがはっきるわからなくてアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

HBe抗原(+)は、ウイルス量が多く、感染力が強いだろう
事を意味し、HBe抗原(-)となっても、ウイルスが消えた
という証明にはなりません。

家族や他人への感染性を問題にするのであれば、HBs抗体
(抗原ではありませんので、お間違いなく)を調べる必要が
あります。

HBs抗体(+)であれば、それは感染の終結=治癒を意味します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング