SugarSyncを更新した時、『疑わしい動作を検出しました』という表示が出てきました。
『許可』をクリックすると、今度は『セキュリティ対策ツール』で
 『例外ルールの数が上限に達しているため、新しい例外ルールを追加できません。
 このルールを追加したい場合は、既存のルールのいずれかを削除してください。』
というメッセージが出ます。

どれをどうして良いのか、何を消して良いのかわかりません。
常に、『疑わしい動作を検出しました』の表示が現れ、『拒否』にしても消えません。
困っております。 どなたかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 当方、まったくの素人です。



それは言い訳にしかなりません。
自分の使っているソフトウェアの内容くらいは把握しておくべきです。
また、言葉が解からなければウェブ検索でいくらでも調べることができます。
自分で徹底的に調べた上で不明点を絞り込んで質問する。
そういうことを繰り返していくうちにレベルアップしていくものだと思います。

さて、NTTの『セキュリティ対策ツール』にはウィルス対策機能やファイア
ウォール機能などのセキュリティ機能が含まれています。

『疑わしい動作を検出』したというのは、
ウィルス対策機能が未知のウィルスを検出したか、
ファイアウォール機能が疑わしい送受信を検出したということですが、
この段階ではそのどちらかを特定することはできません。
ただ、次に例外ルール云々というメッセージが出ることから、
疑わしい動作の検出はファイアウォールに拠るものとわかります。

ファイアウォールはPCとインターネットの間に立つ門番です。
PC外部⇔PC内部のすべての通信を監視しています。
つまり、通信するすべてのプログラムに許可・不許可(遮断)を与えて
いるわけです。
今回はSugar Syncのプログラム更新により
門番がそれを未知のプログラムと認識したことで、
出入りの許可を与えてよいものかどうかを尋ねてきている状態ですね。

メッセージをよく見れば判ることですが、
『例外ルールの数が上限に達している』とありますから、
セキュリティ対策ツールの見るべき箇所は『例外設定』のところです。
NTTのサイトに解説が掲載されています。

【パーソナルファイアウォールの例外ルール (プログラム) の登録方法】
  http://f-security.jp/v6/support/faq/200131.html

タイトルは登録方法になっていますが、削除もここでできるようです。
以前のSugarSync、使っていないソフトの登録があれば削除しましょう。

【「例外ルールの数が上限に達しているため、新しい例外ルールを追加できません。」メッセージが表示される。】
  http://f-security.jp/v6/support/faq/200222.html

ここに書かれているセキュリティレベルの変更は、
安全性を下げることになるので好ましくありません。
できるだけ例外ルールの登録数を削除する方法で対処してください。
レベルを[中]にするくらいだったら大丈夫という方もいらっしゃいますが、
何かあった時にその方が責任を取ってくれるわけではありません。
もちろんNTTも責任は取ってはくれません。
自分のことは自分で守る。これが基本スタンスになります。

以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に色々とお教え頂き、有難うございました。
解らないままに触っていたら、いつのまにか消えていました。
今まで通りで使えますので、これからは更新しないようにしようと思っています。
有難うございました\(^o^)/

お礼日時:2012/10/27 10:58

>どれをどうして良いのか



不要なルールを削除して下さい。

>何を消して良いのかわかりません。

あなたの環境など一切分からない他人が分かる訳がありません。
分かるとすれば、あなた自身しかいませんよ。もしくは、神様ですね

その疑わしい動作をしているってソフトを使っている限り、その表示が出るでしょう。

フレッツウイルスクリア西日本版のセキュリティーソフトを用いているなら、NTT西日本にお問い合わせ下さい

この回答への補足

早速のご回答、有難うございます。
仰る事、重々承知の上での質問をお許し下さい。

この『不要なルール』の中のものを削除しないと新しいものが入れないというのは解るのですが、
どこを探して良いのか、不要なルールというのは何をさしているのか、さっぱりわからないのです。

セキュリティ対策ツールを開いてみても探しだせないのです。
当方、まったくの素人です。
どういった探し方をしたら良いのかなど、お教え頂ければありがたいです。
宜しくお願い致します。

補足日時:2012/10/25 09:01
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ウィルスバスター2007』と『Kaspersky』どちらの動作が軽いですか?

『ウィルスバスター2007』と『Kaspersky Internet Security 6.0』だと、どちらのほうが動作が軽いでしょうか?

導入を考えているPC情報
A:
PC: FUJITSU DESKPOWER C70HV
XP SP2
AMD Athlon(tm) 64 Processor 3000+
2.00Hz
1.00GB RAM
ルータ:corega CGーWLBARGMH
回線: 光100M

B:
PC: FUJITSU FMVーBIBLO FMVNB75R/T
XP SP2
Intel(R) Pentium(R) M processor 1.73GHz
1.73GHz
960MB RAM
ルータ:corega CGーWLBARGM
回線: 光100M

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

動作が軽いほうと言えばカスペルスキーですね。
実際試しました。

ただ、カスペルスキーは回線速度が遅くなります。
私の環境では光30Mが6Mに・・・(泣)

ですが私はカスペルスキーをお勧めします。
検出率がノートン、ウィルスバスターに比べ高い事もありますが、
何よりもWindowsが一番軽いので私は使用しています。
(回線速度低下も実用範囲内だと思うので)

マシンスペックが低いPCにも安心です。

ですが、2台にインストールするんだったらウィルスバスターの方が良いかもしれません、
なぜかと言えばひとつのアカウントで3台までインストールが出来るからです。
カスペルスキーは2台で1万円かかりますが、ウィルスバスターなら5千円で3台までインストールできます。
ノートンよりは軽いのでウィルスバスターでもいいかも知れません。

と曖昧な回答になってしまい申し訳ありません。

Qウイルスバスターの例外ルールが上限に

ウイルスバスターを使っています。
青いポップの「ネットワークへのアクセスを許可しますか」
という表示がでて、「許可」や「拒否」を押しても
「例外ルールが上限に達しているため
新しい例外ルールを追加できません。
このルールを追加したい場合は既存のルールのいずれかを
削除してください」
と出ます。パソコンに疎いもので、ウイルスバスターの
どこをどういじればいいのかわかりません。
対処法を教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

青色のポップがでるということは、パーソナルファイアウォールの設定
セキュリティレベルが「高」になっているために頻繁にでるものと思います。
また1つのプログラムの例外ルールを登録できる数が制限されているので(確か、10個?

【参考】VB2008
[不正侵入対策/ネットワーク管理]⇒[パーソナルファイアウォール]⇒[設定]⇒ セキュリティレベルを「中」にするか、

その続きから
[設定]⇒[詳細設定]⇒[例外プログラム]⇒[ポップに書いてある .exe を選択]⇒[編集]で通信の許可ルールを見直すのがよいと思います。

Qウィルスバスターの例外ルールが見れない

ウィルスバスター2010を使っています。
「パーソナルファイアーウォール」の中の「設定」「詳細設定」「例外ルール」を見ようとするとウィルスバスターがエラーを出してフリーズしてしまいます。

「コンピュータを再起動してください」というメッセージが現れるのですが、再起動しても直りません。
バスターが壊れているのかと思い、再インストールもしました。
再インストール後は問題なく見れていたのですが、1週間くらい時間がたつとやはり例外ルールを見ることができなくなっています。
何が原因なのでしょうか?
再インストールしても同じ症状になってしまうため、困っています

最近の怪しい挙動と言ったら、オンラインゲームのnprotectがウィルスとして感知されたこと位ですが、それとなにか関係はありますか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

>べつのPCでも同じ状態になったため、nProtctの可能性が濃いのではないかと思うのですが


利用経験がないので、このソフトについては分かりませんがセキュリティソフトと同様でしょうから、このソフトとの干渉・競合が起きている可能性が高いでしょうね。

「ウイルスバスター2010のインストール時に検出するソフト」
http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2075255.aspx

↑競合が起き問題が発生する可能性があるソフトは、インストール時にメッセージが出ることがあると思いますが、このリストには入っていなくてもやはり問題が出ている以上は、どちらかひとつを削除して様子を見た方がいいかもしれませんね。

Qウイルスバスターの例外ルール規定への対処法

ウイルスバスターを使用しています。
Yahooを立ち上げようとすると、ウルスバスター2009のポップアップが出て、
「疑わしい動作を検出しました。セキュリティ保護のため、以下のプログラムがインターネットからデーターを通信するのをブロックしました。
 プログラム名 IEXPLORE.EXE 
発行元 Microsoft Corporation
安全」で、「許可」か「拒否」を選択するように指示されますが、どちらをチェックしても、別の窓が開き、「例外ルールの数が上限に達しているため、新しい例外ルールを追加できません。このルールを追加したい場合は既存のルールのいずれかを削除してください。」と表示され、Yahooを開くことができません。ウルスバスター2009のヘルプを見るとファイヤウオールかスパイウエアの設定変更で対応できそうなのですが、具体の操作が分からず困っています。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「例外ルールの数が上限に達しているため、新しい例外ルールを追加できません。」メッセージが表示される | 製品Q&A:トレンドマイクロ
http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2063913.aspx

過去に次の質問がされています。

ウイルスバスターの例外ルールについて | OKWave
http://okwave.jp/qa/q5173431.html

また、次のブログ記事を見つけました。

赤道斎の隠し部屋 : 月一回、設定を見直さねば
http://sekidousai.exblog.jp/7297753/

現状のウイルスバスターの仕様では、何らかの理由によって同一アプリケーションの可否設定が重複して行われ、上限である8個にあっさり達してしまうことも珍しくないようです。最新の一つを残して重複したもの全てを削除することで、取り敢えずは正常利用が可能になるみたいです。

以上、私自身はウイルスバスターのユーザーではないので悪しからず。

QMMCコンソールにおける、IIS、『既存のFTPサイト』について

『既存のFTPサイト』に新規でオブジェクト(?)を作成する場合、『仮想フォルダ』
と『サイト』の2種類があるのですが、この厳密な違いはなんなのでしょうか。
どのように使い分けるものなのでしょうか。詳しい方、どうか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サイトは、そのサイトごとに設定できるポリシーがあります。仮想フォルダーは、あくまで、そのサイトの下にあるフォルダーなので、そのサイトのポリシーに従わなければいけない部分が多くなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報