ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

松岡正浩さんの「量子光学」12.3の
もつれ状態の発生とEPRパラドックス実験について質問です。
お力添えお願いします。

BBO結晶を用いて、2光子もつれ状態を発生させ、それを偏光角θの検光子を
二つ用いて同時計数測定を行い、

|Φ>1,2=((|x,y>1,2-|y,x>1,2))/√2

になることを観測したという流れです。

質問は、
光子1側の検光子の偏光角をθ1、光子2側をθ2
とした場合、同時計数確率は
(sin^2(θ1-θ2))/2
と計算できます。

実際に測定を行った論文の実験結果が載っており、
θ1=-45°で固定、θ2を0~360°回転させ、
縦軸が同時計数、横軸がθ2でグラフが与えられています。

ここからが私には理解できなかったことなのですが、
θ2=45°、sin^2(θ1-θ2)=0で最小となる、という説明及び結果が与えられているのですが、
sin^2((-45)-45)=1
となり最大な気がするのですが、私は何を勘違いしているのでしょうか?

添付の画像のグラフの
HV-VH
というのが、今回扱っている、もつれ状態に相当します。

読みづらい、わかりづらい質問であるとは思いますが、よろしくお願いします。

「松岡正浩「量子光学」12.3 EPR実験」の質問画像

A 回答 (2件)

確かに、これは仰るような誤解を招きやすい書き方ですね。



画像の次のページの2行目の「なお」で始まる一文が読むと
同時計数確率の式には θ1=+45°を代入する事になるのが分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはり+45°として代入するということになりますよね。。

ですが実際に観測する場合は偏光子が90°ずれているときに
同時計数は最少になるという理解でよろしいでしょうか?

お礼日時:2012/10/26 10:23

>ですが実際に観測する場合は偏光子が90°ずれているときに


>同時計数は最少になるという理解でよろしいでしょうか?

「偏光子が90°ずれているとき」が「|θ1-θ2|=90°」という意味でよいのなら、
sin^2(θ1-θ2)=1になるのですから、同時計数は最大になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ねてありがとうございました。

量子もつれは考えれば考えるほど私には不思議になってきます。

ご協力ありがとうございました!

お礼日時:2012/10/30 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング