1.ディーゼルやロータリーに対して、普通の(ガソリンを使ってピストンを上下運動させるやつ)エンジンを何と呼ぶのですか?
2.オットーサイクルエンジンって何ですか?
3.エコレースで使っている6サイクルエンジンってどのような仕組みなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

エンジンの分類としては動作機構での分類、たとえば容積型(動作流体の容積の変化を利用する)ではロータリー(バンケル型ロータリー)やレシプロケーティング(ピストンを使う形式)やロトコン(ピストンを使用するがクランクシャフトはない)などが有ります。

速度型(動作流体の運動速度を利用する)では、ジェットエンジン、ターボシャフトエンジン(ジェットエンジンのジェットをタービンで受け、その回転力を利用する)などがあります。

以下、容積型エンジンのみに話を絞ります。

動作工程の違いでは4サイクル(正式には4ストロークサイクル)と2サイクル(2ストロークサイクル)が一般的でしょう。ガソリンを燃料とするエンジンはもちろん、ディーゼルにも4サイクルと2サイクルの両方がありますし、特殊では有りますが、ロータリーにもディーゼルがあります。また、一般的な2サイクルエンジンで4サイクルエンジンのようなバルブ(ポペットバルブ)は用いず、ピストンがシリンダーにあけられたポートを開閉する物が多いのですが、排気のみポペットバルブや吸排気ともにポペットバルブを用いた物も有ります。4サイクルでは吸入・圧縮・燃焼・排気の各動作が独立いているのに対し、2サイクルでは圧縮・燃焼が終わりピストンが降下すると、吸気と排気は同時に行われます。これを掃気と呼びます。

ディーゼルとガソリンエンジンの決定的な違いは点火方式です。ガソリンエンジンでは燃料と空気の混合気をシリンダー内に吸入(最近の筒内噴射では空気のみ)し、点火プラグの電気火花で点火しますが、ディーゼルエンジンでは空気のみを吸入し圧縮します。高い圧力に圧縮された空気は高温になります。そこに燃料を噴射することで点火します。

つまるところ、厳密にいうのであれば、自動車用の4サイクルガソリンエンジンは、「レシプロケーティング機構の4ストロークサイクルの電気点火方式のエンジンでガソリンを燃料とする物」というやたらに長い名前になってしまいます。面倒だから「4サイクルガソリンエンジン」で良いでしょう。

オットーサイクルとはガソリンエンジンの基礎になる、空気サイクルのことで、実際にこのとおりのエンジンを作ることはできません。P-V曲線図を掲載できれば判り易いのでしょうが、図を掲載できないので、簡単な説明にとどめます。

1)断熱圧縮 実際のエンジンでは圧縮行程にあたる
2)定容加熱 燃焼に相当
3)断熱膨張 燃焼後ピストンが下がる状態
4)定容排熱 実際のエンジンではこの行程はありません。

オットーサイクルではエンジンは動作流体の吸入や排出は行わないので、空気サイクルとやばれています。現存するエンジンとしてはスターリングエンジンがこの動作に近い物です。

3番の6サイクルについては、詳しくは知らないので回答は控えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました、詳しい説明ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/18 22:59

1.ガソリンエンジンです。

燃料にガソリンを用いるエンジンという意味で。
2.オットーサイクルエンジン(こちらもガソリンエンジンという意味あり):オットーサイクルとは、オットーという人の理論(定まった容積で受熱と放熱を行い、圧縮、膨張を断熱して行うこと)を取り入れたエンジンです。また、火花点火機関を示す場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見てきました、知りたい事が詳しく載っていて、とても参考になりました。
どうも有難うございました。

お礼日時:2001/05/18 23:01

3.についてだけ。



参考URLのひとつめに(英語ですが)説明があります。そこからたどれる
ところに、アニメーションGIFもあるので、参考になります。

また、参考URLのふたつめによると、6サイクルは、

  「吸入」「圧縮」「燃焼」「排気」「掃吸気」「掃排気」

ということらしいです。

参考URL:http://www.divo.ru/matveev/engine/,http://www3.o …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見てきました、知りたい事が詳しく載っていてとても参考になりました。
どうも有難うございました。

※間違ってこのお礼を上のshibako74さんのとこに書いてしまいました。
shibako74、a-kumaさん失礼しました。

お礼日時:2001/05/18 23:09

1はレシプロエンジンの事だと思いますが、レシプロ


エンジンという呼び方はピストンを往復させるものの
総称なのでディーゼルは含まれてしまいます。

そして2ですが、これは4サイクルエンジンの事です。
4サイクルエンジンの開発者であるニコラス・アウグ
スト・オットーさんの名前を取って「オットーサイク
ルエンジン」と呼ばれることがあります。

3についてはよくわかりません。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
普段ガソリンエンジンって呼んでいたのですが、ふと、そういえば正式な名前って何だろう、と思いましてこんな質問しました。
車の各部の名称って、けっこう色々な呼び方があって、混乱しちゃいますね。

お礼日時:2001/05/18 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜロータリーエンジンはピストンエンジンより後に発明されたのですか?

なぜロータリーエンジンはピストンエンジンより後に発明されたのですか?

内燃機関を発明する場合、ピストンエンジンよりロータリーエンジンの方が先に思いつきそうに思います。往復運動を回転に変換するピストンエンジンより、爆発がそのまま回転になる方がシンプルだからです。なぜピストンエンジンのほうが先に発明され、ロータリーエンジンは随分後になって発明されたんでしょうか?
(ロータリーエンジンはヴァンケルエンジンのことを指しています。)

Aベストアンサー

内燃機関の方が先に発明されていれば、
ヴァンケルエンジンの方が先に発明されていたでしょうね。

でも、外燃機関である蒸気機関が先に発明されましたよね。
しかも電気自動車の方が先に発明され、内燃機関エンジン自動車よりも古い。
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

蒸気機関車や産業革命で代表される紡績工場などで、
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E5%A4%96%E7%87%83%E6%A9%9F%E9%96%A2
使われる様に成った原動力を発生させるのが『外燃機関』だった訳ですね。

なので、外燃機関が先に在ったので、
外燃機関でパワー溢れる動力を伝えるには、
どうしても蒸気の圧力を回転円運動にする方法としてピストンを使ったのでは?。
なので、内燃機関にも、そのまま技術を活かせるピストン運動が取り入れられたのでは?。

蒸気で風車?タービンを回すなら回転運動に直接変換できる訳ですが、
内燃機関となれば、燃費の向上は死活問題ですからね。

内燃機関の方が先に発明されていれば、
ヴァンケルエンジンの方が先に発明されていたでしょうね。

でも、外燃機関である蒸気機関が先に発明されましたよね。
しかも電気自動車の方が先に発明され、内燃機関エンジン自動車よりも古い。
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

蒸気機関車や産業革命で代表される紡績工場などで、
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E5%A4%96%E7%87%83%E6%A9%9F%E9%96%A2
使われる様に成った原動力を発生させるの...続きを読む

Q「ロータリーディーゼル」エンジンの可能性

ロータリーエンジンをディーゼル方式で駆動すると、

高回転可能なディーゼルエンジンを、
かつ
低燃費なロータリーエンジンを

実現できそうな気がしたのですが、
技術的可能性はあるのでしょうか?
どちらも中途半端になってしまうのでしょうか?
雰囲気的には、ディーゼルに必要な圧縮比をロータリーでは確保できそうにないので困難に思いますが…
幅広い層の方のご意見を伺えればと思います。

また、同様な研究の文献などがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ヴァンケルロータリーのディーゼル化自体は可能ですが、決して低燃費(熱効率の良い)エンジンや高回転のディーゼルエンジンにはなり得ないと思います。

軽油を燃料とするディーゼルエンジンの回転数がガソリンエンジンよりも低いのは何も、エンジン内部の往復運動を行う部分が重く、高回転向きでないせいだけではありません。断熱圧縮により高温高圧になった空気の中に燃料を噴射し、自己着火により燃焼させるという燃焼方式自体に問題があり、高回転化が難しいのです。それは、燃焼を開始するときの燃料の性状に由来することですが、ディーゼルでは燃焼開始時点での燃焼は霧化された状態で存在しますが、この時点ではまだ燃料は液体の状態で空気と十分に混合してはいません。その後燃焼室の中で燃料の粒子の外部から徐々に気化し、空気と混合し燃焼に移ります。ガソリンと比べ軽油は気化しにくく、微細かしにくい(ガソリンより粘性が高く、引火点が高い)燃料ですので燃焼自体に時間がかかるのです。GDIなどのガソリンエンジンでは筒内噴射方式であるため、ディーゼル同様燃料と空気が混合するのは燃焼室内ですが、ガソリンが気化しやすく微細な霧にしやすいので問題がないのです。また、ロータリーエンジンのようにローターの移動がポートを開閉することによる吸排気方式では高い圧縮比を得るためには吸排気の時間を短くしなければならず、これも高回転化するには極めて不利な要因です。

低燃費があまり望めない原因は、ロータリーエンジンの燃焼室がローターハウジングとローターで形成される空間であり、エンジンの回転とともに移動することに起因することによる物が大きいでしょう。これは即ち、燃焼によって形成された火炎が広い面積に渡り移動しながら接触することを意味し、燃焼によって発生した熱の逃げ(動力にならず逃げてしまう)が多いことを意味します。高効率のエンジン(高出力ではないことに注意)の条件は如何に外部に熱を逃がすことなく利用するかにかかっていると言っても過言ではないでしょう。従って燃焼ガスに接触する面積はできるだけ少なくすることが望ましいのです。これを数値的にあらわす手段としてS/V比という物がありますが、これは燃焼室面積と燃焼室容積の比率で、一般にこの比率が大きいほど熱の逃げが少なくなると考えてよいでしょう。この点でひとつの燃焼室に注目した場合、一回の燃焼でローターハウジング全周を移動するロータリーエンジンは不利なのです。熱効率(燃費の良い)エンジンの代表してはタンカーなどに使用される超大型の2ストロークディーゼルエンジン(オートバイのようなピストンバルブではなく4ストロークのようなバルブ機構を排気弁にのみ使用しています)が上げられます。この種のではボア(シリンダの直径は)1000mm・ストロークは3000mmなどというものもあります。燃焼により発生した熱を圧力に変え、その圧力をできるだけ最後まで利用しようとした結果、ストロークが非常に大きなエンジンになったわけですが。このようなエンジンの熱効率は優に50%を超えます

ロータリー&ディーゼルといった発想がなかったわけではなくロータリーの生みの親であるヴァンケル社でも研究・試作は行われていました。ただ、やはり結果的に見るものがなかったようです。まぁ少なくともロータリーディーゼルが実現すれば、あの不快な振動からは開放されるかもしれませんが、振動をキャンセルする方法は他にもあり、遥かに安価な方法をとることができるでしょう。

ロータリーに不利な条件ばかりを挙げたのアンチロータリー派の意見ととられるといけないので最後に書き加えます。ロータリーエンジン自体の素晴らしさはよく理解しているつもりです。素晴らしくシンプルなメカニズムで軽量・コンパクトでありながら高い出力を得られる点や完全な円運動ではないまでも、レシプロエンジンのようなピストンの停止・反転という非常に大きな慣性モーメントの変化が起こらないなど列挙に暇がないことも事実です。できるだけ軽く、しかも高出力をえる容積型熱機関(ガスタービンやジェットエンジンなどを含めるとそちらのほうが上ですが、これらは速度型熱機関であり、その特性上ある一定の回転数以外では極端に効率が低くなり、パワーも出ないので加速減速を繰り返す自動車用には不向きで、もっぱら船舶や。航空機・定置用のものです)としてはロータリーエンジンは最有力であるといえるでしょう。

ヴァンケルロータリーのディーゼル化自体は可能ですが、決して低燃費(熱効率の良い)エンジンや高回転のディーゼルエンジンにはなり得ないと思います。

軽油を燃料とするディーゼルエンジンの回転数がガソリンエンジンよりも低いのは何も、エンジン内部の往復運動を行う部分が重く、高回転向きでないせいだけではありません。断熱圧縮により高温高圧になった空気の中に燃料を噴射し、自己着火により燃焼させるという燃焼方式自体に問題があり、高回転化が難しいのです。それは、燃焼を開始するときの燃料の性...続きを読む

Q【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?エンジンを切

【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?

エンジンを切らずにエアコンを付けっ放しでセルフで給油する人が増えてますよね。。。

大丈夫なんですかね

Aベストアンサー

現代であれば事故につながる可能性は低いとは思いますが、常識的に考えれば有り得ない行為です。
カセットコンロのガスを交換する時に火をつけたままのじょうたいでガス交換しますか?
何年か前におきた花火大会での事故をお忘れですか?
あれはガソリンの扱いを適当にしたためにおきてしまった事故なんですよ!
だとしたらわかりますよね!GSで給油中にどうすべきかは。
周りの人まで注意しろと私は言いません、でも自分が加害者になってしまう可能性のある事は
すこしでもさけた方が良いと思います。・・・ご参考になれば幸いです。

Qガソリンエンジンとディーゼルエンジン

日本ではディーゼルエンジンは排気ガスの問題で嫌われていますが、ガソリンエンジン用のガソリンも精製段階で軽油の3倍のCO2を出しているそうなので、一概にガソリンエンジンが良いとは言えない気がします。ガソリンエンジンよりディーゼルエンジンのほうが安全性が高いですし、燃費も良いのでとても便利なエンジンだと思うのですが、環境への影響や安全性やその他を含めて皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

世の中では「ガソリンエンジンはクリーンで、ディーゼルエンジンはダーティだ」という図式ができあがっているみたいですが、現実にそのようです。けれども、その原因は、開発への力の入れ方の差ではないかと思います。つまり、乗用車に多く使われてきたガソリンエンジンには多くの力を注いで排ガス対策をし、ディーゼルエンジンはそれを疎かにしてきただけだと思います。

 かつてアメリカで、乗用車の排ガス規制法、マスキー法が施行されたとき、世界中の自動車メーカーの誰もが悲鳴を上げたものでした。ホンダのCVCCエンジンはこのとき誕生しています。

 そもそもディーゼルエンジンは原理的に優れたエンジンですので、気合いを入れて排ガス対策をすれば、ガソリンエンジンよりクリーンなエンジンになるのではないかと思います。

       ディーゼルE  ガソリンE
---------------------
燃料      軽油・重油   ガソリン
着火      空気圧縮    電気花火
馬力当り質量  大       小
馬力当り価格  高い      安い
熱効率     良い      悪い
       (30~40%)  (22~28%)
経費      安い      高い
火災の危険度  少ない     多い
騒音・振動   大きい     少ない
冬季の始動性  やや悪い    良い

ガソリンエンジンはガソリンを燃料にしないと動きませんが、ディーゼルエンジンは粗悪な重油、灯油、あるいは植物油でも動くと聞いています。(ガソリンではなぜか動かない)

世の中では「ガソリンエンジンはクリーンで、ディーゼルエンジンはダーティだ」という図式ができあがっているみたいですが、現実にそのようです。けれども、その原因は、開発への力の入れ方の差ではないかと思います。つまり、乗用車に多く使われてきたガソリンエンジンには多くの力を注いで排ガス対策をし、ディーゼルエンジンはそれを疎かにしてきただけだと思います。

 かつてアメリカで、乗用車の排ガス規制法、マスキー法が施行されたとき、世界中の自動車メーカーの誰もが悲鳴を上げたものでした。ホン...続きを読む

Q「ディーゼルエンジンとガソリンエンジン」違い

教えて下さいと言われたらどれくらいまで答えますか?
私は実際に

・高圧縮の自然着火
・排ガスの代わりにススが出る。

位しか答えられませんでした。
機械系の人間として上記のようなことで「ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いと言えば?」と
問われて知っておくべきことは何でしょうか?

Aベストアンサー

ガソリンエンジン
「引火」しやすく「着火」しにくいガソリンが燃料であるため、燃焼速度を制御しやすく燃焼音が小さく静寂性に優れる。
アクセルバルブが存在し理論空燃比を保持するよう燃焼空気と燃焼を制御し三元触媒にて排気を浄化する。このためポンピングロスが大きくなる。
ただし、過給機付きで吸気管圧力が正圧の場合は燃料供給を過剰にし燃焼温度の過剰な上昇を防ぐ制御を行う。
圧縮比が低く、熱効率が悪い。しかしながらピストンやコンロッド、クランクシャフトなどの回転部品を軽量にできるため高回転化が可能になり高出力化が可能。

ディーゼルエンジン

「着火」しやすく「引火」しにくい軽油が燃料であるため、燃焼させるために燃焼室内に直接噴射するしか方法がなく、よって燃焼速度が急峻で制御しにくく燃焼音が大きい。しかし今現在、ピエゾ素子インジェクタにて緻密な噴射制御にて改善されている。
アクセルバルブが無く、ポンピングロスが小さい。燃料噴射量のみで燃焼を制御するため過酸化燃焼になりやすく排気ガスがクリーン。
しかしながら着火燃焼であるため煤が発生しやすく、排気ガス内の煤の分離と排出方法にやや難がある。
また常に新気をフルに吸気しているため排気圧力が大きく過給機との相性が良く、また燃焼噴射量のみで燃焼制御しているため燃料を過濃供給する必要がない。
着火燃焼させるために圧縮比が高く熱効率が良い。なので燃費が良い。
しかしながらピストンやコンロッド、クランクシャフトなどの回転部品を高圧縮に耐えるよう頑丈に作らなければならず高回転化が難しい。結果、低回転域では高トルクは得やすいが高出力は得難い。

ガソリンエンジン
「引火」しやすく「着火」しにくいガソリンが燃料であるため、燃焼速度を制御しやすく燃焼音が小さく静寂性に優れる。
アクセルバルブが存在し理論空燃比を保持するよう燃焼空気と燃焼を制御し三元触媒にて排気を浄化する。このためポンピングロスが大きくなる。
ただし、過給機付きで吸気管圧力が正圧の場合は燃料供給を過剰にし燃焼温度の過剰な上昇を防ぐ制御を行う。
圧縮比が低く、熱効率が悪い。しかしながらピストンやコンロッド、クランクシャフトなどの回転部品を軽量にできるため高回...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報