ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

CドライブにSSDを使っています。

仮想メモリというものに容量を大量に取られるときいたのでDドライブに移したいのですが、簡単に変えてしまっていいものでしょうか?

Dドライブに仮想メモリを作ればCドライブには必要ないものなのでしょうか?

仮想メモリのドライブ変更のメリットとデメリットなど教えてほしいです。

Cだけの使用ですが
すべてのドライブの総ページングファイルサイズ
最小限 16MB
推奨  12106MB
現在の割り当て 8071MB
となっています。

変える場合はDドライブのカスタムサイズを8000MBくらいとればいいのでしょうか?
(ウィンドウズ7です。搭載メモリは8GB)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

メモリが8GBなら普通の使い方なら、仮想メモリなしでいいんじゃないですか。


つくるなら、CでもDでもどちらかでいいです。両方に作るのはあまり意味が無いでしょうね。
SSDに作った方が高速ですが、SSDに頻繁に書き込むことになるので、寿命がそれだけ縮みます。

メモリが足りている限り、仮想メモリなしが一番いいです。とりあえず「無し」に設定して、もし「仮想メモリ不足」のダイアログが出てくるようなことがもしあれば、そのときにSSDに4GBくらい作ればいいんじゃないかな。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

SSDの寿命を短くするのは避けたいですね。
Dドライブに変更します。ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/03 02:57

ハードディスクの物理的な特性を中心に捕捉致しましょう。


かなりロングで失礼します。

この疑問に対する解決のためには、ハードディスクがどういう構造を持ち、どういう動作原理で動いているかを理解しておくとよいでしょう。

【ハードディスクドライブ(以下、HDD)の物理的構造と性能の関係】

「HDD」は、その名の通り、ハードディスク装置の中に、金属製又はガラス製の円盤が数枚(大抵は2枚)入っており、その表面は磁性体が塗布され、磁気による情報が記録できるようになっています。
その書き込みと読み込みは、ディスク表面を移動するアームの先端にある磁気ヘッドで行います。

実際の動作状態をスケルトンモデルで見せている動画をご覧ください。


つまり、コンピュータ側から装置に対し、データの読み書きの命令が発行されてから、データの位置が見つかるまでは、ヘッドが所定の位置まで移動し、さらにディスクが回転してその位置がヘッドに見つけられるまで、時間差があり、これを英語で「シークタイム(seek time)」と言います。文字通り「探す時間」という意味です。
このシークタイムは、ヘッドの移動距離とディスクの回転速度から平均値が割り出せ、平均シークタイムといい、ハードディスク装置の性能の指標になっていて、概ねミリセカンド単位(千分の数秒)の値です。
平均シークタイムは、その値が小さいほど、そのHDDが相対的に高性能(速い)であると言えます。

そして、ヘッドが長い距離を移動するような処理を続けさせると、実質的なシークタイムは、平均シークタイムよりも悪くなることになります。

【複数ドライブを持つ1台のHDDの状態】

HDDは、それが1台しか無くとも、4つまでその内部を切り分けることができます。
これを、「間仕切り」という意味の英語の「パーティション(Partition)」といいます。
パーティション1つに、Windowsの場合、C、D・・・とドライブ名を振り分けられ、あたかも別々のHDDであるかのように使用することができます。

しかし、この方法には、別々のHDDを使用して別ドライブとする方法に比較して、決定的な欠点があります。
それが、前述のシークタイムに関係した時間差の問題です。

ところで、HDDのディスク枚数は2枚だと言いましたが、内部のコントロール回路により、ディスクは1枚であるかのように管理されていますので、これに従って、ディスクは1枚として説明した方が解り易いので、以降、そのように致します。

HDDを仮に、同じ容量で2つにパーティションを分け、それぞれにC、及びDとドライブ名を名付け、CにWindowsを入れたとします。
このとき、HDDの記録面には、外側に近い方にWindowsの入ったCドライブのパーティションが出来、残りの半分の面積の内側がDドライブのパーティションが出来ます。

もし、Windowsとページファイルが同じCドライブであった場合、Windowsと仮想メモリのアクセスは、全てディスクの外側のパーティション内でのみヘッドが移動して行われることになります。

これに対し、ページファイルをDドライブに作成した場合は、Windowsのアクセスは外側のパーティションで、ページファイルのアクセスは内側のパーティションで行われることになります。
このため、CからD、DからCへとヘッドの移動回数は膨大になります。
結果、その移動距離の累積した時間の差も大きくなり、Cドライブのみの設定時よりも実質平均シークタイムは悪くなってしまうのです。

【ではどうすればよいか】

1.ページファイルを別のHDDへ置く

 これは、シークタイムの発生確率を下げる方法です。
 Windowsとページファイルを、同じHDD内の別パーティションに置いたり、同じパーティションに置いたり、すると、Windowsとページファイルとの間のシークがどうしても発生してしまいます。
 
 これに対し、別のHDDにWindowsとHDDを置けば、上記のシークが実質的に発生せず、速度向上に寄与します。
 例えば、Photoshopなどの大きなデータを扱うソフトウェアでも、仮想メモリを使用していて、同様に別HDDへそれを置くようにすべきなのです。

 要するに、1台のHDD構成で、Dドライブにページファイルを置く、という方法は、最もマシンの速度を低下させる方法だということです。

 それならば、まだCドライブにページファイルを置く方がマシです。
 ミニタワー以上のデスクトップ機なら複数HDDを積むことはた易いでしょうけど、ノートパソコンでそれが出来る機種はごく限られていますので。
 USB接続の外付けHDDにページファイルを置く方法もありますが、外部電源でそれを入れ忘れたりすると面倒なことになるリスクもあるし、悩ましいですね。お勧めはしません。

2.メモリを詰めるだけ積む

 メモリを多く積むと、ページファイルとの仮想メモリ交換の確率が下がるので、メモリが少なめだった場合などは、パソコンの処理速度が劇的に向上します。
 詰めるだけ、というのは、32ビット版Windowsは、認識できる最大メモリが3GByteまでなので、注意しましょう。
 メモリスロットが2つしかない場合、最大で4GByte積むことになるのですが、1GByteは無駄になります。
 但し、後述する方法で、ページファイルの領域として有効活用ができます。

 64ビット版Windowsの場合は、3GByteの制限はなく、デスクトップ限定ですが、その気になれば搭載メモリ8GByte以上のマシンなども夢ではないでしょう。

3.SSDなどのメモリ素子ドライブを使う

 SSDとは、フラッシュメモリという記憶素子を使い、HDDと外観やインタフェースを同じ規格にし、HDDと交換可能にした装置のことです。
 これとHDDとを交換すると、Windowsの起動やデータの読み出し速度が、数倍になります。
 既出の情報となりますが、HDD+SSDの構成にし、SSDにページファイルを置くと、速度が上がります。

 また、SDカードなどのフラッシュメモリにページファイルを展開してくれるソフトウェアも出回っていますが、運用中に取り外せるメディアに仮想メモリを置くことのリスクはあると思いますので、個人的にはお勧めはしません。
 (失礼ながら、ご興味があればソフトはお探しください。)

 但し、フラッシュメモリは、一般的に書き込みがHDDより遅い、という短所がありますので、他の種類のメモリドライブより効果が薄い感じを受けます。
 さらに、書き換えを続けるうちにデータが断片化していくと速度が落ちてしまうのと、次第に素子が劣化していくため、HDDほど短くはありませんが、いつかは使用不能になる寿命がある、という欠点を持っています。

4.使用不可のメモリ領域をページファイルの領域として活用する

 以前、私の回答でご説明した内容を貼り付けておきます。
 32ビット版Windowsにおいて、4GByteメモリのうち、使えない1GByteをページファイルの領域として活用する方法です。
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7735596.html

適切なページファイル容量については、諸説ありますし、既に回答済みのリンク先にも記されているので、省略します。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

長文回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/03 02:55

Dに変更すれば、Cは削除してかまいません。



メモリが、8GBなら、8Gから1.5倍の12GBぐらいとっておけばいいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Dドライブに変更させようと思います、ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/03 02:56

ページファイルは、メインメモリが足りなくなった時に使用するもので、メインメモリが十分にあれば(8GBぐらい)必要のないものです


ただし、ページファイルがないと警告が出るアプリもあるので、自分の場合は128メガぐらいでDドライブに作っています
なので、使ってるアプリによってはナシにしてもOKの場合もあります
個人的にはSSDにページファイルを作るのは避けたいです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

SSDをつかってるのでやっぱりDドライブに変更しようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/03 02:56

アプリがメモリからページファイルへ退避する際とページファイルからメモリへ復帰する際に差が出るくらいです(ページファイルがSSDにある方が当然速い)



以下がページファイルの役割を簡単に書いてあると思うので読んでみるのもいいかもしれません。
http://www.lifehacker.jp/2009/12/091216windowspa …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/03 02:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q32bit版の合計メモリ

今日自作PCのメモリを買い替えました
OSはWindowsXPの32bit版なんですが、近々Windows7を購入する予定なのでUMAXのDDR3-1333、2X8GBを選びました。
今PCを起動してタスクマネージャーを開いて確認したところ物理メモリの合計は2.88GBとなっていました。
これは正しく接続できているのでしょうか、まだPCついては、にわかなのでどこをどう調べればいいのかわかりません。

マザーボードはGIGABYTE Ultra Durable 3 MA785GM-US2H、CPUはAMD Athlon(tm) II X2 250です。

Aベストアンサー

正しく接続できています。

32bitマシンがアクセスできるメモリ空間は、確かに4Gbyteですが、32bit版Windowsの場合、上位1GByteのメモリ空間は、システムに予約されてしまい、標準の状態ではユーザー領域としては使えないためです。
2.88Gbtyeは、3GByteからさらに、何かのシステムが常駐するなどして、もう少しユーザーメモリ空間が圧迫されているのだと思います。
メモリチップの上位の1Gbyteには、アクセスが成されていないため、言わば無駄な領域となってしまっています。

↓その解説サイト
http://webstreet.jpn.org/stardust/Tips/v011.htm

しかし、この使われていない領域は、「Windowsが使わせないようにしている」だけであって、ハードウェア的にはアクセス可能になっています。
世の中には、奇特な方がおられまして、ここを有効活用するためのツールを開発し、提供してくださっている方々がいて、自分も便利に使わせて頂いてます。
その方法の一つは、空きの1Gbyteを、RAMディスクにしてしまい、ここにページファイルの一部を置く方法です。

ページファイルとは、Windowsの、物理メモリ(搭載したメモリチップのメモリ空間)よりもずっと大きなメモリ空間へアクセスするための、仮想メモリ領域(これをページングメモリといいます)が保存される場所のことです。
物理メモリに入りきらないデータを、ページファイルに一時退避しておき、また必要なデータがページファイルにある場合は、それを引き出し、今必要でないデータを再びページファイルに退避します。
この処理を連続して行うことで、Windows(に限らず、多くのOSも同様)は、物理メモリよりもずっと巨大なプログラムを複数動かし、データを開いて処理できるのです。

ページング方式 : Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%96%B9%E5%BC%8F

しかし、ページファイルと物理メモリとのデータ交換(これをスワッピングといいます)は、一部を除いて基本的にはファイルアクセスであり、メモリアクセスよりもずっと遅いため、スワッピングが頻繁に発生するようになると、マシンの処理速度は、大幅に低下してしまいます。
メモリが少なめのマシンで、プログラムをたくさん開くと、ウィンドウひとつ切り替えるのにも、「ヌルヌルとした」ような、極端に動作が遅い状態に陥いることがあります。
このとき、ハードディスクにばかりアクセスしている状態になっているとしたら、物理メモリが少ないため、頻繁にデータがメモリから溢れてしまい、マシンの処理の殆どがスワッピングで手一杯になっているのです。

長々と説明しましたが、では、このページファイルをRAMディスクに置けば、スワッピング処理が速く終わり、全体として処理速度が向上するはずだ、と考えるのは当然のことです。

まず、未使用メモリ領域をアクセス可能にするとともに、RAMディスクにするツールを入れ、設定します。
次に、ページファイルの場所に、そのRAMディスクに変更するか、追加して、RAMディスク上のページファイルを優先して使うよう指定してやればよいです。
次のサイトに丁寧に説明されています。
http://shopdd.jp/blog-entry-758.html

ちょっと難しいかもしれませんが、やってみる価値はあると思いますよ。(ただし、自己責任にてお願いします;^∀^A

正しく接続できています。

32bitマシンがアクセスできるメモリ空間は、確かに4Gbyteですが、32bit版Windowsの場合、上位1GByteのメモリ空間は、システムに予約されてしまい、標準の状態ではユーザー領域としては使えないためです。
2.88Gbtyeは、3GByteからさらに、何かのシステムが常駐するなどして、もう少しユーザーメモリ空間が圧迫されているのだと思います。
メモリチップの上位の1Gbyteには、アクセスが成されていないため、言わば無駄な領域となってしまっています。

↓その解説サイト
http://webstreet....続きを読む

QハイスペでFPSが出てるのにカクつく

よろしくお願いします ドスパラでBTOを組みました
PCスペック↓
●Prime PC 構成内容
CPU
組込用INTEL Core i7-950(1366/3.06/8M/4.8GT)
 
メモリ
Samsung M378B5673EH1-CF8(DDR3 PC3-8500 2GB)
Samsung M378B5673EH1-CF8(DDR3 PC3-8500 2GB)
Samsung M378B5673EH1-CF8(DDR3 PC3-8500 2GB)
 
HDD(内蔵)
!SEAGATE ST31000528AS .12(SATA2 1TB 32MB)
!SEAGATE ST31000528AS .12(SATA2 1TB 32MB)
 
マザーボード
組込用Foxconn RenaissanceII(X58 LGA1366 ATX D3)
 
ドライブ(内蔵)
Pioneer DVR-S16J-BK(SATA スーパーマルチ ブラック)
 
グラフィックカード
組込用PALIT NE3TX285FT345(GTX285 2G GDR3 2D1T OD)
 
インターフェースカー
!BUFFALO IFC-ILP4 (LowProfile対応 IEEE1394 ソフト無)
 
サウンド・カード
CREATIVE SoundBlasterX-FiXtremeAudio(SB-XFI-XAPE)
 
ドライブケースN
_グロウアップ SMART DRIVE Classic BLACK
_グロウアップ SMART DRIVE Classic BLACK
 
サプライ用品N
ハイテク情報サービス ハイテククッション
 
電源S
組込用 KTG KT-800EB-13.5A (800W 2.3 13.5F EPS12V)
 
PCケース
組込用 Antec NINE HUNDRED TWO(ATX/電源無し/ブラック)
 
ケーブル類
組込用PGT Serial ATA Cable 50cm Red(1400-006G000)
組込用PGT Serial ATA Cable 50cm Red(1400-006G000)
 
ファンN
!Scythe SCKBT-1000 兜(LGA1366/マルチソケット)
 
ソフトウェアS
MS Windows XP Home Edition SP2b 日本語版(DSP)
 
その他
PC-DOCTOR for Prime Ver.5.1
(静音パック追加)
 

ネットゲームでフリスタ!というものをしているのですが
FPSは100を超えているにもかかわらず(FPS表示ソフト:GSD)
プレイしている画面はフレーム落ちしているように見えます
60FPSに固定すれば普通にできます。ヌルヌル感はありませんが。

WMEでライブストリーミング配信をしたりもするのですが
FPSが60前後でブレて、フレームが安定しません
見ている側は普通に見えるようです。

エンコ設定も同じで、私より少し低いスペックの知り合いは
問題なくエンコード・プレイができており、FPSも固定せずできているそうです。(知り合いのスペック i7 920 GTX260)

前々から原因を探っているのですがさっぱり特定できず
PCを修理にだしてもCPU・メモリも問題なく グラボのベンチスコアも標準値をマークしているという事で、返ってきてしまい万策尽きている状態です。

グラボ、CPUの省電力機能等?
電源が不安定?
マザボBiosも理解できない箇所が多いのでいじりづらい…

原因・解決法等わかる方がいましたら
回答よろしくお願いします。

よろしくお願いします ドスパラでBTOを組みました
PCスペック↓
●Prime PC 構成内容
CPU
組込用INTEL Core i7-950(1366/3.06/8M/4.8GT)
 
メモリ
Samsung M378B5673EH1-CF8(DDR3 PC3-8500 2GB)
Samsung M378B5673EH1-CF8(DDR3 PC3-8500 2GB)
Samsung M378B5673EH1-CF8(DDR3 PC3-8500 2GB)
 
HDD(内蔵)
!SEAGATE ST31000528AS .12(SATA2 1TB 32MB)
!SEAGATE ST31000528AS .12(SATA2 1TB 32MB)
 
マザーボード
組込用Foxconn RenaissanceII(X58 LGA1366 ATX D3)
 
ドライブ(内蔵)
Pioneer DV...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ^^

■スペックに関して、特に申し分のないスペック(うらやましい限りです。)なので大丈夫です。VERY GOOD

■そうなると、下記の事を試みるとよいでしょう。^^

<手順1>フリスタのソフトウェアーの再インストール
■ソフトウェアー(OS、OFFICE、会計ソフト、総合セキュリティ対策ソフト)は使っているうちにどんどん痛み、不具合が生じる事があります。

■フリスタも同様の事が考えられますので、再インストールを試みることをお薦めします。
http://fs.hangame.co.jp/

<手順2>ビデオカードドライバーの更新
■ビデオカードドライバーも使っているうちに不具合を生じることがあります。^^(私の経験談ですが、ドライバーの不具合で、画面の色がグチャグチャになったり、フレームが安定しない事がありました。)

■その場合、下記のサイトよりドライバーの更新をするとよいでしょう。(3か月に1回の割合で更新するとよいでしょう。)
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

<手順3>不要な常駐ソフト削除。
■不要な常駐ソフトが多すぎると、CPU、メモリー負荷だけでなく、3Dゲームとの競合もおきることが考えられます。

■不要な常駐ソフトがあった場合、停止か削除することをお薦めします。
http://home.impress.co.jp/magazine/dosvpr/q-a/0101/qa0101_2.htm

<手順4>システム構成の見直し
■システム構成で、パーティションが1つだけ(Cドライブ(システム、データ両方))の場合、2つに分割(Cドライブ(システム用)、Dドライブ(データ用))にすることをお薦めします。

(理由)
Cドライブだけだと、システムの上にデータが乗っかるという形になり、システム動作が遅くなったり、不具合が生じやすくなることがあります。

システムの上にデータを乗っけないで、別の領域(Dドライブ)を作って、そこに移す事で、圧迫から開放され、システムが速くなります。^^
■Acronis Disk Director Personalソフトをお勧めします。
http://review.kakaku.com/review/03608320600/

■分割として、Cドライブ(システム)(全体の40%)、Dドライブ(データ保管用)(全体の60%)のように振り分けておくとよいでしょう。^^

<まとめ>
Cドライブ(システム用):全体の40%
Dドライブ(データ用):全体の60%

<手順5>OSの不具合
可能性は低いですが、OSの不具合も考えられますので、下記の事を試みるとよいでしょう。^^

手順1:スキャンディスクの実行
http://ynetjapan.at.infoseek.co.jp/html/xp_tips/tips_0004.htm

手順1-1ファイルシステムエラーを自動的に修復するのチェックをはずし、不良セクターをスキャンし回復するのチェックを入れて実行してください。(チェックに時間が掛かりますが、1時間近くは放置になります。)

手順1-2不良セクターをスキャンし回復するのチェックを外し、ファイルシステムエラーを自動的に修復するのチェックを入れて実行してください。(再起動メッセージが出たら、再起動します。)

手順2:CCLEANERによる不要レジストリーとごみファイル削除。
http://www.altech-ads.com/product/10001211.htm

手順3:ディスククリーンアップの実行
http://allabout.co.jp/computer/windows/closeup/CU20041027A/

手順4:GLARY UTILITYソフトによるレジストリーの最適化
ダウンロード
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/delundel/glaryutils.html
使い方
http://gouka3.blog35.fc2.com/blog-entry-152.html#more

手順5:デフラグによるハードディスクの最適化
http://allabout.co.jp/computer/windows/closeup/CU20040813A/index.htm

手順6:仮想メモリーの設定
http://www003.upp.so-net.ne.jp/shigeri/speedup/speedup2.html

なお、初期サイズと最大サイズのサイズを同じに設定(物理メモリーの2倍)しておくことをお勧めします。

こんにちわ^^

■スペックに関して、特に申し分のないスペック(うらやましい限りです。)なので大丈夫です。VERY GOOD

■そうなると、下記の事を試みるとよいでしょう。^^

<手順1>フリスタのソフトウェアーの再インストール
■ソフトウェアー(OS、OFFICE、会計ソフト、総合セキュリティ対策ソフト)は使っているうちにどんどん痛み、不具合が生じる事があります。

■フリスタも同様の事が考えられますので、再インストールを試みることをお薦めします。
http://fs.hangame.co.jp/

<手順2...続きを読む

Qスリープを多用するとSSDは傷むか

 
Windows7はスリープ移行時とスリープからの復帰時にCドライブを激しくアクセスするみたいです。
そこでCドライブをSSD化したとき、スリープを頻繁に行うと節電にはなってもSSDが傷むのではないかって気にしてますがどうでしょうか。
 

Aベストアンサー

文章からこれから新しくSSDを購入されると予想して回答します。

最近のSSDはウェアレベリングなどのNANDコントローラの性能が上がって特に書き込み寿命を気にしなくてもよいほどにまで性能が向上したと思っています。(サーバーとして使えるほどの信頼性はまだ無いとは思いますが)

例えば、私が現在使用しているSSD「Crucial m4 CT128M4SSD2」は、2012年4月に購入したものでほぼ毎日数時間起動させていますが、不良セクタもなくウェアレベリング回数もまだ56回、CristalDiskInfoで表示される「残り寿命」の値は100から1減っただけです。(1518回の起動、2190時間使用しています)

なので、そこまで躍起になって対策する必要はなさそうです。プチフリなんてもう発生するSSDの方が珍しいですし。


ということで、今までの回答者さんの内容から補足する形で1つ情報を書きます。

WindowsVista以降から「スリープ(S3)」「休止(S4)」の他に新しく「ハイブリッド スリープ」という電源状態が追加されました。これはスリープと休止を足して割ったような状態です。

ACPI のスリープ・ステート「S3」である「スリープ」は作業中のデータをメインメモリに保存し、その他の電源を切ります。メモリはHDDやSSD以上の読み込み速度を持つため、スリープ状態のコンピューターは復帰するまでの時間が非常に短く済みます。代わりに、メモリはデータを維持するために多少の電力を必要とするため、スリープ状態では待機電力が少し発生します。また、コンセントから抜いたりバッテリー残量がなくなるとメモリ内の内容は消えるため(揮発性メモリの特徴)停電等に弱い特徴があります。

ACPI のスリープ・ステート「S4」である「休止」は、作業中のデータをハイバネーション ファイル(hiberfil.sys)としてHDD/SSDに書き出して保存します。hiberfil.sysはメモリと同容量のサイズが確保されます。HDDやSSDはデータを維持する際に電力を必要としないので待機電力はなく、また停電等で電源が確保できなくても休止状態から復旧可能です。代わりにスリープより復帰時間が長くなります。


「ハイブリッド スリープ」はこの「スリープ(S3)」「休止(S4)」のいいところをうまく組み合わせた状態を作り出します。つまり、デスクトップの状態をメモリとハード ディスク両方に保存することで、正常に復帰できるときはメモリから、突然電源が落ちた場合はHDD/SSDから読み込むことで復帰率を格段に向上させています。Vista以降のOSは電源から「スリープ」を選択すると標準で「ハイブリッド スリープ」状態になります。

つまり、標準状態のWindows7であれは「スリープ」を選択すると「ハイブリッド スリープ」になるはずなので、SSD内へデータを書き出します。私はずっと有効のままで使用していますが、気になるようなら「電源オプション」から<ハイブリッドスリープを許可する>を「OFF」にすればOKです。こうすると通常のスリープ(S3)に動作が変更されます。

因みに、SSDは書き込みに対しては理論的な寿命がありますが、読み込みに関してはほぼ無視していいので気にしなくてもよいでしょう。というよりそれがSSD最大の利点なのですから気にしながら使うのも何か本末転倒ですしね。

文章からこれから新しくSSDを購入されると予想して回答します。

最近のSSDはウェアレベリングなどのNANDコントローラの性能が上がって特に書き込み寿命を気にしなくてもよいほどにまで性能が向上したと思っています。(サーバーとして使えるほどの信頼性はまだ無いとは思いますが)

例えば、私が現在使用しているSSD「Crucial m4 CT128M4SSD2」は、2012年4月に購入したものでほぼ毎日数時間起動させていますが、不良セクタもなくウェアレベリング回数もまだ56回、CristalDiskInfoで表示される「残り寿命」の値は...続きを読む

Qwin10でメモリーが不足していますの対処方法

win10のプレインストールパソコンで『メモリーが不足しています』の警告が出ます。状況はyoutubuの閲覧が不可能なだけでインターネットや汎用のアプリも正常です。

 メモリーは4GB搭載しておりタスクマネージャーでは2.9BG(75%)の使用です。私ののwin10のパソコンはシステムで120MB(2GB搭載品でトータルの使用率は75%ほど)なのに当該パソコンはシステムで950Mも使っていました(汎用アプリは停止中)。

 お決まりの再起動と放電を3回ほど繰り返しても回復しませんので原因・対策などお教えください。使用者に聞いたところyoutuve閲覧中にメモリー不足の警報が出たので消したけど気が付いたらyoutubeが停止していた。慌てていたので電源スイッチを連打して電源切ったらしいとのことですがメモリー以外の障害は無いようでwin10も立ち上がります。まだメーカー保証中、データーもバックアップできる状況なのですが持ち主がリカバリはしたくないの一点張りで困っています。

Aベストアンサー

ブラウザーを変えれば見れる事有りますよ
https://www.google.com/intl/ja/chrome/browser/desktop/index.html
Google が作った無料ブラウザです

QOSに必要なCドライブの容量っていくらですか?

windows8 64bit 使っています。
そろそろOSの再インストール、HDDの交換をします。
そこでHDDを買います。
何Gがよいでしょうか?
OSに十分な容量教えてください。
UPDATEも含めて・・・
1TBをとりあえず買ってしまいましたが、それだとCドライブにデーターを置いてしまい収拾がつかなくなりそうなので、それは、Dドライブにします。
Cドライブの容量決めかねています。
お願いします。
私は音楽制作をやっています。
なのでデーターはとても大切派です。
人によって意見が違うみたいなので、私にあったプランをお願いします。

Aベストアンサー

単にOS入れるだけなら、すでに指摘がある通りで50GBもあれば事足ります。が、黙っているとドライブCはあらゆるソフトが使いたがるため、ユーザーが確実にC以外を使うように指示してやる必要があります。マイドキュメントの保存先を変えるのは、その代表ですね。

続いて、これは音楽用というかDTM用の設定になるんですが、もし大容量サンプル系の音源を使う場合は、そいつのサンプルデータの格納先をOSとは物理的に別のHDDに入れないといけない、と言う注意があります。パーティションで分けたのではダメで、HDDが2台必要だというわけですね。これは、OSが入っているHDDにはOSがひんぱんにアクセスしに来るため、サンプルデータの読み出しがそれに邪魔されて後回しにされ、結果として発音に間に合わなくなってプチノイズや音抜け、同時発音数の減少の原因になるからです。重い音源になると、1音出すのもままならない…なんてことさえありますから。なのでノートや液晶一体型デスクトップみたいに、HDDを1台しか内蔵できないPCでは苦しくなりやすい。これだとUSB接続の外付けHDDの方がマシだ、ってことになります。

あとこれは全く個人的好みなんで、参考までに。私はパーティション分割は一切しません。ファイル管理はフォルダでやります。TB級のHDDであってもね。10年以上前からファイルの種類によって入れるフォルダが決まっている(ルールが確立している)ため、これで困らないんです。逆にこういった明確な「俺様ルール」が確立していないと、ドライブを分けても「あれ?あのファイルどこにしまったっけ?」ってことになりやすい、いや、必ずそうなるでしょう。

それにパーティションを区切っただけでは、HDDの物理的障害に対して全く無力。HDDの利用効率を下げたくないとか、どうしてもこのデータはEドライブに入れたいんだ!みたいな個人的譲れない方針がない限り、パーティションってあまり意味がないと思うんですよね。人から言われて決めるものではなく、これまた「俺様ルール」によって決めるものです。それがないなら、とりあえず1パーティションで使って後で考えれば良い、というのがパーティションを切らない人間からのアドバイス。

単にOS入れるだけなら、すでに指摘がある通りで50GBもあれば事足ります。が、黙っているとドライブCはあらゆるソフトが使いたがるため、ユーザーが確実にC以外を使うように指示してやる必要があります。マイドキュメントの保存先を変えるのは、その代表ですね。

続いて、これは音楽用というかDTM用の設定になるんですが、もし大容量サンプル系の音源を使う場合は、そいつのサンプルデータの格納先をOSとは物理的に別のHDDに入れないといけない、と言う注意があります。パーティションで分けたのではダメで、HDDが...続きを読む

QUSBメモリにページファイルを設定したい

USBメモリにページファイルを設定する方法について質問です。
これをやる元々の理由は、使用中のノートPCが5年を経過してきたのでハードディスクの負担を軽減させたいと思ったからです。
ブラウザーFirefoxやメーラー、その他複数のソフトを立ち上げて作業していて、ウィンドウの切り替えやブラウザーのタブ切り替えで激しくカラカラ~とHDDへアクセスしていてしばらくPCをさわれない状態になります。HDDの寿命が縮むのではないかと冷や冷やしています。
OSはWinXP Pro SP2、メインメモリーは4GB積んでいます。
数日、ネットでググり続けて見つけたサイト、ブログを参考に以下のことをやりました。
・TDK製のUSBメモリ8Gを購入。
・「パフォーマンスのために最適化する」に変更してFAT32からNTFSでフォーマット。
・「Hitachi Microdrive Filter Driver」というツールを手に入れて、
  USBメモリを「ローカルディスク」と認識させることに成功。
と、ここまでできて、いよいよUSBメモリにページファイルを設定するのですが、設定自体は残っているのですが、再起動してもUSBメモリにpagefile.sysが作成されておらず、「システムのプロパティ」の「仮想メモリ」項目を見てもUSBメモリに設定した分の容量が含まれていません。よって、USBメモリの空き容量も減っておらず7.2GBほどフルで空いています。
ネットでさんざんさがして参考にしたサイトやブログでもUSBメモリを「ローカルディスク」と認識させるところまででみなさん成功されているようで、自分の場合、何がいけないのか、何が足りないのか、わからず困っています。
USBメモリにページファイルを設定できた方、成功した方がいらっしゃれば、考えられる理由や方法があればお教え願えないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

USBメモリにページファイルを設定する方法について質問です。
これをやる元々の理由は、使用中のノートPCが5年を経過してきたのでハードディスクの負担を軽減させたいと思ったからです。
ブラウザーFirefoxやメーラー、その他複数のソフトを立ち上げて作業していて、ウィンドウの切り替えやブラウザーのタブ切り替えで激しくカラカラ~とHDDへアクセスしていてしばらくPCをさわれない状態になります。HDDの寿命が縮むのではないかと冷や冷やしています。
OSはWinXP Pro SP2、メインメモリーは4GB積んでいま...続きを読む

Aベストアンサー

「コンピューター」を右クリ→「システムの詳細設定」→「詳細設定」タブ→「パフォーマンス」で「設定」をクリック→「パフォーマンスオプション」で「詳細設定」タブ→「仮想メモリ」で「変更」をクリック

ここまでは出来ているのですよね?

Cドライブの仮想メモリを「なし」にしましたか?
「なし」にしないと、こちらを優先して足りなくなってから別ドライブに行きます。
まだなら「なし」にしてください。

次に、USBメモリのドライブをクリックして青く反転させます。
空き領域をよく確認して、メモしておきます。
「カスタムサイズ」にチェックを入れ、「初期サイズ」「最大サイズ」共に空き領域サイズを記入。
横の「設定」をクリック。

Q仮想メモリの変更時、初期サイズと最大サイズの変更相場を教えてください!

「システムの仮想メモリがなくなって来ています。仮想メモリ ページ ファイルのサイズを増やしています。この処理の間、いくつかのアプリケーションのメモリ要求が拒否されることがあります。詳細情報に関してはヘルプを参照してください。 」が出て解決方法までは分かるのですが、仮想メモリの変更時、初期サイズと最大サイズの変更相場が分かりません。サイズが大きすぎても不具合が起こると書いてありますので相場を教えてください。よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

適なページング ファイル サイズを Windows に選択させるには、[システム管理サイズ] をクリックします。推奨される最小サイズは、コンピュータの RAM 容量の 1.5 倍、最大サイズはその 3 倍です。たとえば、RAM が 256 MB の場合、最小サイズは 384 MB、最大サイズは 1152 MB です。
• 最高のパフォーマンスを得るには、初期サイズの値を、[すべてのドライブの総ページング ファイル サイズ] に表示されている最小の推奨サイズ以上に設定します。推奨サイズは、コンピュータの RAM 容量の 1.5 倍です。ページング ファイルは推奨サイズのままにしておくのが適切ですが、大量のメモリが必要となるプログラムを頻繁に使用する場合は、サイズを大きくすることもできます
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;308417

Qコンピューターのメモリが不足していますと

コンピューターのメモリが不足しています。ファイルを保存してこれらのプログラムを終了してくださいと ディスクトップにメッセージが出ました。どうすればいいのでしょうか?

パソコンは windows7 メモリは4MBです。ローカルディスクCの空き容量は278GB
ローカルディスクDの 空き容量は294GBです。
私はワードとインターネットくらいしか使用していませんので、初心者用にわかりやすく説明を
お願いします。

Aベストアンサー

Windows起動時に余計などうでもいいアプリとかが起動して常駐して、メモリを食い潰してるんじゃないですかね?
画面右下に色々アイコンがあるようなら整理した方がいいでしょう。

また、Word、ブラウザ(IE?Firefox?Chrome?)はそれぞれ特徴があります。

Wordは文書が多くなり、画像や図形というオブジェクトが大量にあると、それを読み込んだりするときにメモリを結構食います。

ブラウザは見てるページ自体が重かったり、タブをめちゃくちゃ多く開いていると、その分メモリを食います。


あったとしても、せいぜいそういうこまいことの積み重ねによってメモリが圧迫されていると考えます。

Windows7のメモリ容量
32bit版
 ・システム要件 1GB
 ・最大メモリ量 3GB
64bit版
 ・システム要件 2GB
 ・最大メモリ量 エディションに応じて8GB以上可能

つまり、OSやメモリをどうのこうのする必要はありません。

まずなんとかしなければならないのは全体的な使い方です。
絶対的に必要なことをしてもメモリが足りないという環境ならば、メモリを増やす(OS換える)や
コンピュータそのものを買い替えるという必要があります。
Word、ネットしかしない環境でそんなことにはまずならないでしょう。

Windows起動時に余計などうでもいいアプリとかが起動して常駐して、メモリを食い潰してるんじゃないですかね?
画面右下に色々アイコンがあるようなら整理した方がいいでしょう。

また、Word、ブラウザ(IE?Firefox?Chrome?)はそれぞれ特徴があります。

Wordは文書が多くなり、画像や図形というオブジェクトが大量にあると、それを読み込んだりするときにメモリを結構食います。

ブラウザは見てるページ自体が重かったり、タブをめちゃくちゃ多く開いていると、その分メモリを食います。


あったとしても、...続きを読む

Q仮想メモリを外付けHDDに設定したのに・・・

今まで使っていた、120GBのUltra-ATAの内蔵HDDはもう7、8年使っているので、今回はじめてUSB接続の外付けHDDをバックアップ用に購入したのですが、仮想メモリの領域用に外付けHDDの方に2GBほどパーティションを切って、そちらに仮想メモリ(ページングファイル)を全て移して、それからCドライブのデフラグをしたのですが、その直後からCドライブ(内蔵)HDDのアクセスランプが頻繁につくようになってしまったようです。
タスクマネージャで見ると、物理メモリの合計よりコミットチャージの最大値はずっと低いままなのに、です。ただ、【物理メモリ】の枠内にあるシステムキャッシュの値が、先日までは少なめ(利用可能と合わせても物理メモリの合計よりずっと少なかった)のに対し、今は”利用可能”と合わせると”合計”に近いか、場合によっては合計を若干上回るぐらいシステムキャッシュの値が増えているようです。これって何か関係あるんでしょうか?

仮想メモリが必要になった時にだけ外付けHDDへのアクセスがあり、それ以外の通常時は物理メモリ内だけで処理されるので内蔵HDDへのアクセスを減らせると思ったのですが、逆にアクセスが増えてしまったようです。何故こんな事になったのでしょうか?WindowsXP・Home-edition(sp3)です。

(目的としては、なるべく内蔵HDDも長生きさせたい・また外付けHDDの方が容量が大きいので、バックアップやそれ以外にも活用したいという事です。うろ覚えの知識で実行しただけですので、なるべく分かりやすく説明して頂けるとありがたいです)

今まで使っていた、120GBのUltra-ATAの内蔵HDDはもう7、8年使っているので、今回はじめてUSB接続の外付けHDDをバックアップ用に購入したのですが、仮想メモリの領域用に外付けHDDの方に2GBほどパーティションを切って、そちらに仮想メモリ(ページングファイル)を全て移して、それからCドライブのデフラグをしたのですが、その直後からCドライブ(内蔵)HDDのアクセスランプが頻繁につくようになってしまったようです。
タスクマネージャで見ると、物理メモリの合計よりコミットチャージの最大値はずっと低い...続きを読む

Aベストアンサー

一言で言えば、あまり好ましくない割り当て方だと思います。

仮想メモリは、原則としてはシステムドライブまたはアクセス速度がより安定し高速なデバイスに作成するのがベストです。USBストレージデバイスは、Ready Boostなどで使うなら別ですが、仮想メモリとして使うにはリスクが高くシステムクラッシュの原因となる場合がありますので、ご注意下さい。

まず、アクセス速度が増えた理由ですが、それはUSBハードディスクの転送速度が遅いためです。
メインのディスクより速度が遅く、不安定でしかもUSB2.0はDMA転送に対応していないためCPUを消費します。そのため、主記憶装置とのデータの同期が不安定となりアクセスの増加に繋がるのです。
また、ページファイル(仮想メモリ)管理には最小限のリソースがシステムドライブに作成されます。
そのシステムドライブの管理メモリとのデータ転送において、頻繁なアクセスが生じている可能性もあるでしょう。

次に、クラッシュの可能性についてです。USBはハードディスク専用のインターフェースではありません。内蔵のATAやATAPI、SATA、外付けのeSATAなどのインターフェースの場合は、マスストレージデバイス専用のインターフェースとなりますが、USBでは複数の周辺機器の一つとしてマスストレージクラスがあるに過ぎないのです。
そのため、何らかの不具合や他の機器との競合によって速度が大幅に低下したり、認識不良が発生することが希にあります。もしも、そのディスクがシステム管理領域を備えていると、システムは管理領域へのアクセスを失いクラッシュします。場合によっては、システムドライブも不整合が発生し、論理領域が壊れてしまう恐れもあります。
そのため、USBデバイスはカーネルが管理する領域に使うには不向きです。データの保存や常時起動しないアプリケーションの利用には良いでしょうが、常駐ソフトやシステム管理ファイルは置かないようにしましょう。

よって、まずは仮想メモリはシステムパーティションに戻すか、システムドライブの別パーティションに置くことをお奨めします。即ち、ATAで接続されたディスクに仮想メモリを置くことが相応しいのです。

ちなみに、仮想メモリは物理メモリが十分にあれば、最小限の管理サイズのみに設定しても問題はありません。メモリが十分にあれば、必要ないという考え方も出来るのです。(ただし、管理サイズにするとシステムがクラッシュした際にメモリ上の原因情報収集を行うカーネルダンプが作成できなくなることがあります。一般のユーザーは使いませんけどね。)

尚、次の点についても回答しておきます。
Q/目的としては、なるべく内蔵HDDも長生きさせたい・また外付けHDDの方が容量が大きいので、バックアップやそれ以外にも活用したいという事です。

A/内蔵のハードディスクを長く使いたいから、利用頻度を減らすというのはあながち間違いではありませんが、仮想メモリを外せば長生きするとは言えません。

その理由は、ハードディスク故障の多くが、モーターや軸受けの破損、半導体回路の熱損傷やショートによるものだからです。即ち、電源を切ってモータや回路の通電を止めないと故障原因の多くは解決しません。尚、ディスクプラッターの劣化による破損は、不良品でない限り10年単位で見ないと発生しないとされます。(ちなみに、ディスクそのものの記録保持寿命は20年以上です)
即ち、仮想メモリを別の場所に置くとすれば、寿命のためよりもアクセス性能の向上など別の目的でなければその意義は少ないと言えます。

どちらかといえば、あまり複雑に寿命を延ばそうと考えず、ディスクが壊れたときに困る情報をUSBハードディスクに保存することを最優先することだけに重きを置いた方が良いと思いますよ。

一言で言えば、あまり好ましくない割り当て方だと思います。

仮想メモリは、原則としてはシステムドライブまたはアクセス速度がより安定し高速なデバイスに作成するのがベストです。USBストレージデバイスは、Ready Boostなどで使うなら別ですが、仮想メモリとして使うにはリスクが高くシステムクラッシュの原因となる場合がありますので、ご注意下さい。

まず、アクセス速度が増えた理由ですが、それはUSBハードディスクの転送速度が遅いためです。
メインのディスクより速度が遅く、不安定でしかもUSB2.0はDMA...続きを読む

QPC動作速度とHDD空き容量の関係

PC初心者です。よろしくお願いします。

Cドライブの容量が少なくなると動きは遅くなりますか?
Dドライブの空きが多いだけでは問題でしょうか?
スワップと関係があるのでしょうか?

教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

No3です。
読み書きの問題とは、物理メモリとHDDでは、読み出し、書き込みの速度が、
HDDの方が遅いということです。

意味は、通じますが、記述は正確に書きましょう。
「Cドライブの容量が少なくなると」は、
「Cドライブの空き容量が少なくなると」ですよね。
それとも、動作中にCドライブの容量が変化して、
少なくなるのですか。

仮想メモリの管理で、ページング方式を、よく理解していない回答が多いようですが、
物理メモリが32ビットの最大の量(3.5GB)でも、ページングファイル(仮想メモリ)は、
使用されます。
仮想メモリ空間と物理メモリ空間の対応付は、システムが管理します。

物理メモリが不足すると、スワップが発生します。
アプリソフトのメモリ使用量が多いと、スワップが発生するということです。
3.5GBでも、アプリソフトが利用できるのは、2GBまでですから、アプリソフトが、
それ以上のメモリを使用すれば、スワップが発生します。

「高速化-05 [ Dドライブ利用 ] 編 」の、「パソコンの中に搭載されているメモリのことを [物理メモリ] といいますが、作業中その [物理メモリ] の容量が不足すると一時的にデータをハードディスク上に待避させ、搭載容量以上のメモリ領域が利用出来るようになります。」では、

「搭載容量以上のメモリ領域が利用出来るようになります」は、スワップの発生とは関係ありません。
スワップが発生しなくても、利用しています。
データをハードディスク上に待避させるのは、その空いた、物理メモリ上に、動作中の、
ソフトをロードするためです。

また、1つのHDDをパーティションを切ってDドライブとしている場合は、
Cドライブの外周側に、Dドライブを作成しないと、かえって遅くなりますし、
意味が有りませんので、別のHDDに移動させましょう。

初心者とのことなので、なかなか理解は無理でしょうが、
仮想メモリは、スワップが発生しなくても、利用しています。
HDDの空き容量とスワップの発生は、関係ありません、物理メモリの搭載容量で決まります。
仮想メモリを確保できない場合は、システムが警告します。

仮想メモリの最小と最大を同じに設定すれば、起動時に確保されます。

質問が、あいまいなので、回答は難しいのですが、
ページファイルを含めて、システムが使用する容量以下のHDDの空き容量の場合は、
動作しませんし、それ以上の空き容量の場合は、動作の速度は変わりません。
また、停止するような空き容量になる前に、システムは警告します。

ある程度の空き容量が有る場合は、PC全体の処理速度は、物理メモリの搭載容量で決まります。
また、ある程度の搭載容量(2GB)の場合は、その物理メモリを占領する、余分なソフトが原因です。
余分な、常駐ソフトは有りませんか、使用しないサービスを起動していませんか、
32ビットの場合は、アプリソフトが利用できるのは、2GBです、その容量を有効に、
利用しましょう。
メモリ上にロードしてないと、CPUは動作できません。

メモリとHDDでは、アクセスの速度が大きく異なります。
その遅いHDDにアクセスする必要を少なくするようにすることです。

そのうえで、HDDの読み書きが遅くなる原因をなくしましょう。
断片化の解消とか、HDDを増設して、ページファイルを移動するとかです。
HDDをSSDに換えるのも、効果はあります。

No3です。
読み書きの問題とは、物理メモリとHDDでは、読み出し、書き込みの速度が、
HDDの方が遅いということです。

意味は、通じますが、記述は正確に書きましょう。
「Cドライブの容量が少なくなると」は、
「Cドライブの空き容量が少なくなると」ですよね。
それとも、動作中にCドライブの容量が変化して、
少なくなるのですか。

仮想メモリの管理で、ページング方式を、よく理解していない回答が多いようですが、
物理メモリが32ビットの最大の量(3.5GB)でも、ページングファイル(仮想メモリ)は、
使用さ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング