コーヒープレスで作るコーヒーと、ドリッパーで作るコーヒーとではどちらがおいしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

プレスとドリップにはそれぞれメリットとデメリットがあり、合わせる豆や求めるコーヒーのクオリティなどによっても変わってきます。

どちらが美味しいかは好みだと思います。

まず、プレスコーヒーは日本では比較的最近になってスペシャルティコーヒーという新しいコーヒーの考え方とともに広まってきた方法です。スペシャルティコーヒーというのは、これまでブルーマウンテンやキリマンジャロなど、実際の味の美味さよりも銘柄にこだわってきたコーヒー業界を見直し、コーヒーの目利きがカッピングという方法を通してコーヒーの味や風味や香りなどを評価し、その点数の高いものに良い値段を支払うというコーヒーの流れです。いわばワインのようにコーヒーを味わおうとする考え方です。(ただスペシャルティコーヒーというのは新しい考え方なので、一概にこう、ということはできません)
なぜスペシャルティコーヒーにはプレスがよいかというと、プレスはそれぞれのコーヒー豆が持つプロフィールをそのまま味合うことができると考えられているからです。
メリットは:
コーヒー豆のもつ風味や香りなどのプロフィールがそのまま味わえること
コーヒーオイルが残るので、コーヒーオイル特有のコクや甘みが味わえること
抽出が手軽で誰でも均一な味にいれられること
冷めてきても酸味がまろやかであること
良質なコーヒーの味を損なわずに味わえること などです
デメリットは:
コーヒーのもつ風味がそのまま出る分、アクや不純物、エグミなどもそのまま出ること
スペシャルティコーヒーのような良質なコーヒーでないとアクや不純物などの泥臭さが際立つこと
コーヒーが全体に粉っぽくなること
日本人にはコーヒーオイルや粉っぽさを重く感じる人が多いこと などです

逆にドリップコーヒーは、日本ではよく使われている方法ですね。スペシャルティコーヒーの流れにいる人からは、不味いコーヒーの味をごまかすためのものなどというひどい言われ方もしますが、技術があれば結構美味しく淹れることもできます。
メリット:
淹れる人のテクニックで味が調整でき、技術があれば強調したい味を強調できこと
バランスのとれたコーヒーが抽出できること
ペーパーを通すことでコーヒーオイルやアク、不純物が取り除かれ、日本人好みのクリアな味にしあがること
(ドリップでも金属フィルターにすればコーヒーオイルを抽出できます)
ドリップの技術を訓練することもまたコーヒーの醍醐味であること
デメリット:
コーヒーの味が技術によって左右されること
ペーパーだと、紙の匂いがコーヒーにつき、逆にコーヒーの匂いは紙に吸われること
良質なコーヒーの場合、技術がなければコーヒーの風味を損なうだけになってしまうこと
コーヒーオイルは抽出されずクリアすぎる、またプレスに比べて平面的で均質な味になるようにも思います(これは私の主観です)
冷めてきたときに酸味が際立つこと などです

私はシングルオリジンのスペシャルティコーヒーを楽しみたいので普段はプレスですが、実家に帰った時などにゆっくり淹れるドリップもまた好きです。結局は、特徴的で複雑な風味が好きか、クリアでバランスのとれたコーヒーが好きか、といった違いのように思います。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 26

コーヒープレスもドリッパーもきちんと淹れ方をマスターすればどちらもおいしいコーヒーを楽しむことができます。

プレスの場合は、誰でも失敗なくコーヒーを淹れられるので初めてコーヒーを入れる方におすすめです。プレス式の特徴としては、他の抽出方法と比べて豆が熱湯に触れている時間が長く、豆の油分の中にあるコーヒーのうま味や香りがダイレクトに出るためコクのあるコーヒーになります。
一方、ドリッパーの場合は、ドリッパーにセットしたペーパーフィルターにコーヒー粉を入れて、お湯を注いでろ過しながら入れる方法です。粉の量や湯温、湯量を調整することで自分に合ったコーヒーを淹れることができます。
    • good
    • 0

専門家紹介

前田由加

職業:料理講師

食べることや作ることが大好きな管理栄養士です。
おいしく楽しく食べて健康にをモットーに、これまで食品メーカーや特定保健指導業務、栄養ツールの開発などに携わってまいりました。
現在はフリーで活動しております。食事分析やレシピ開発、執筆などを中心にお仕事をしております。

詳しくはこちら

専門家

どちらも個人の好み次第じゃないでしょうか。



私はどちらも好きですけど、
一人分だけなら手軽なフレンチプレスで、数杯分淹れるならペーパードリップです。
豆もどちら向きかで分けて選んだり、どちらにも使えるのにしたりで
味わいが変るのを楽しんでいます。
    • good
    • 2

どちらが好きかは好みですね。

以下は個人的な見解です。

プレスは紙などでこさない為、豆の油が残りますのでこってり濃厚な味わいです。
(一般的な)ドリップは紙などを通すぶん、油分や雑味が濾されすっきした味わいになります。
金属フィルターはその中間の味わいです。

個人的には金属フィルターの味が好きで、毎日愛用しています。
    • good
    • 1

何杯分を点てるかで、美味しさが違います。

コーヒープレスは、1杯づつが美味しく、ドリップは、10杯前後が美味しいです。
点てられるコーヒーの豆が全く同じとして、この器具のほかに、水質・湯沸かし器具・熱源種類などで、微妙に味は変わります。
総合的に見て、美味しいコーヒーは、旧態依然とした、ドリップコーヒーです。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベトナムコーヒーを作るドリッパーで普通のコーヒーを作ったらだめですか?

ベトナムコーヒーを作るドリッパーで普通のコーヒーを作ったらだめですか?

ベトナムコーヒーを作るステンレスやアルミ製のドリッパーがありますよね。
とても可愛いく、繰り返し使えるので経済的ですのでほしいと思うのですが
コーヒー豆もベトナムコーヒー用のものでないとだめでしょうか?
普通のコーヒーを入れるときの注意点などありますか?

Aベストアンサー

勿論大丈夫ですよ!!ただ一杯づつ淹れていく物なので豆をなるべく細かく挽いて貰いましょう。荒く挽いてしまうとあっという間に湯が通過して薄いコーヒーが出来上がってしまいます。

Qコーヒードリッパーの受け皿

メリタの陶器製フィルター(SF-T・1×1)とカリタの陶器製ドリッパー(ロト101)を使い分けつつ、ペーパードリップでコーヒーを淹れているのですが、コーヒーを淹れた後のドリッパーの置き所に困っています。
調べたところ、メリタ、カリタのどちらも陶器製のドリッパーというのは販売していないようです。
使っているドリッパーに合う置き皿があれば、他のメーカーの物でも購入したいと考えています。
良いものをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに、カリタ、メリタ、ではドリッパー受けと言う物は
扱ってないですね。

雑貨屋などに置いてある物でドリッパーと受けがセットに
なっている物などがあります。
http://www.t-home.net/k-unecafe-d.html
http://www.very-good.net/katarogu/kitchen/kgkt0171.html
参考にしてください。

Qコーヒードリッパーが濃縮しない方法

コーヒードリッパーのコーヒーが時間が経つと濃縮して濃く苦くなります。
先日ホテルのバイキングパーティで長い時間ドリッパーのコーヒーが新鮮なのでスタッフに聞いたら
カフラの下にアルミホイルが敷いてありました。
ドリッパーのコーヒーの濃縮を遅らせる方法をお教え下さい。
こまめにスイッチをオフ・オンを繰り返す、カフラの下に布を入れておく、時々水を足して沸騰させるなど試したのですが上手くいきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

保温(加熱)していたらどうやっても煮詰まりますよ。
香りが飛んでしまい、渋くてまずい黒い液体になるだけです。
下手に保温するよりも冷めた方が数段マシです。


気の効いたホテルのバイキング等のは定期的に入れ替えています。
いつまでも保温しているわけではありません。
ファミレスレベルのだと無くなるギリギリまで放っておいて煮詰まっています。

飲む度に淹れるのがもっとも最適ですが、それが無理なら加熱保温はしないで、冷めたら温め直したほうがいいです。煮立たせないようにゆっくりと。

もしくは魔法瓶型のコーヒーポットを使うか。
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kdnreview/20110111_418253.html
とりあえず間に合わせるなら、手持ちの魔法瓶に淹れたコーヒーを移すだけでも。
一旦魔法瓶にお湯を注いで温めてからのほうがより保温が効きます。
魔法瓶に匂いが付くので注意を。

Qカリタのドリッパーを使ったコーヒーの入れ方

カリタとメリタでは入れ方が違うと認識しております。
メリタのやり方は載っていましたが、カリタのは探せずにいます。
私の認識ではメリタは粉を膨らましてカップ分の湯を入れて放っておく、カリタは湯を継ぎ足すらしいのですがこの継ぎ足しがよくわかりません。
ご存知の方ご教授お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、
珈琲器具メーカーはそれぞれが
独自のコンセプトを元にそれぞれ推奨する入れ方が有ります。

メリタは1×1のフィルター(ドリッパー)の場合
蒸らしの後、一杯の時は一度の湯注し、2杯の時は二度の湯注しで
摘出を終えるように言っています。

カリタは杯数に関わらず4~5回の湯注しを推奨しています。
ですが、経験上、101、102のドリッパーで4~5回の湯注しは
そうとうこまめにしないと無理があります。

因みに僕はメリタ、カリタ共に2~3回の湯注しで終えるようにしています。

ご質問のカリタの湯の注し方ですが、
カリタサーバーの目標カップメモリに合うように湯量を調節しながら
4~5回になるようドリッパー内のお湯が落ちきる前に次を足す・・・
で、いかがでしょう。

珈琲の入れ方に正解は無いと思っています。
各メーカーの入れ方を実践した上で
ご自身が一番納得した入れ方を見つけてください。

メリタは一般的にドリッパーと言われている物を『フィルター』
コーヒーを漉すフィルターは『フィルターペーパー』と言い分けています。

こんばんは、
珈琲器具メーカーはそれぞれが
独自のコンセプトを元にそれぞれ推奨する入れ方が有ります。

メリタは1×1のフィルター(ドリッパー)の場合
蒸らしの後、一杯の時は一度の湯注し、2杯の時は二度の湯注しで
摘出を終えるように言っています。

カリタは杯数に関わらず4~5回の湯注しを推奨しています。
ですが、経験上、101、102のドリッパーで4~5回の湯注しは
そうとうこまめにしないと無理があります。

因みに僕はメリタ、カリタ共に2~3回の湯注しで終えるようにして...続きを読む

Qやっぱりコーヒーメーカーで作るとおいしい?

自宅でおいしいコーヒーが飲みたいと思い、コーヒーメーカーの購入を考えています。
近頃の缶コーヒーやインスタントでも十分おいしいと思いますが、やはり、これらと比べてコーヒーメーカーで作ったものはよりいっそうおいしく、買うだけの価値があるものでしょうか?

Aベストアンサー

 やはり豆から入れると味が違います。ただ、豆から入れるにしても入れ方はいろいろあります。それぞれの入れ方のメリット、デメリットを書いておきますので、読んで判断してください。

・ペーパーフィルター(ペーパードリッパー)
簡単。フィルターが使い捨てなので、意外にお金がかかる。安い。人数調節が面倒(小さいサイズの物でたくさん入れると、時間がかかる。大きいサイズで少ししか入れないと、フィルター代がもったいない)。

・ネルドリップ
安い。難しい(かなり練習がいる)。用具の手入れが面倒。

・コーヒープレス
簡単。安い。味に少しクセがあり、好みが別れる(コク苦みが強く出る。えぐみがでるという人もいる)。人数調節が面倒(小さいサイズの物でたくさん入れると、時間がかかる。大きいサイズの物は高いのでたまにしか使わないのであれば、もったいない)。

・サイフォン
簡単。高い。用具の手入れが面倒。

・水出し(ウォータードリッパー)
簡単。昔は高かったが今は安い物もある。時間がかかる(8時間程度)。

・コーヒーメーカー
簡単。高い。昔は、使い捨てフィルターが多かったが、現在は、洗って再利用できるフィルターが多く、長期的に見れば安い(現在も使い捨てフィルターの物もあるので、購入時は注意)。

 ざっとこんなところでしょうか。お勧めとしては、たまにしか飲まないのであれば、ペーパーフィルター、頻繁に飲むというのであればコーヒーメーカーでしょうか。少々手間がかかっても、おいしい物をというのであれば、サイフォンか水出しですね。将来喫茶店をやろうなんて野望があるのなら、ネルドリップに挑戦してみても良いかもしれません。

 やはり豆から入れると味が違います。ただ、豆から入れるにしても入れ方はいろいろあります。それぞれの入れ方のメリット、デメリットを書いておきますので、読んで判断してください。

・ペーパーフィルター(ペーパードリッパー)
簡単。フィルターが使い捨てなので、意外にお金がかかる。安い。人数調節が面倒(小さいサイズの物でたくさん入れると、時間がかかる。大きいサイズで少ししか入れないと、フィルター代がもったいない)。

・ネルドリップ
安い。難しい(かなり練習がいる)。用具の手入れ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報