高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足します。



このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂
    • good
    • 0

 塩素酸は、HClO4ですよね。

二十数年前の記憶ですが、「ハロゲンが+7価の物が基本形で、酸素が1個増えたら多すぎるので過○○酸になり、少ない方は亜○○酸,次亜○○酸という風に呼ぶ」と習った気がするのですが…。
    • good
    • 0

これらの言葉は全て日本語ですよね。

では、これらの物質が全て日本で発見されたと思いますか?
残念ながら違います。全て日本語圏以外(たぶん英語圏かドイツ語圏)です。
それぞれの英語表記は
過塩素酸  perchloric acid
塩素酸   chloric acid
亜塩素酸  chlorous acid
次亜塩素酸 hypochlorous acid
です。
これらの物質に、日本語名をつける頃にはある程度これらの性質(主に酸化状態)が
既に解明されていたため、こんな名前になったのでしょう。

英語名では、??icという語尾が基準で、それより酸化数の低いものを
??ousという語尾を使って表すことが多いようです。

英語でなぜそうなったか?までは残念ながらわかりません。
    • good
    • 0

 ハロゲンは、ご存じのように周期律表第(7)族のフッ素、塩素、臭素、ヨウ素、アスタチンの5元素を指します。

このうち、塩素は広く多量に存在しますが、フッ素、臭素、ヨウ素の順で少なくなって、アスタチンは放射性元素として極微量しか存在しません。従って、一番多く存在して、実際に触れる機会のある塩素が基準(別に基準というわけではないでしょうが)見たいな扱いと思えるのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩素酸などのオキソ酸について

酸性が
HClO<HClO2<HClO3<HClO4
の順に強いのは、
中心原子に直接結合するO原子の数が多いほど、
中心原子の陰性を強くするので
O-H間の極性が強くなり、オキソ酸の酸性が強くなるため
と書いてありますが、
なぜ中心原子の陰性が強くなるのかわかりません
どなたか教えてください

Aベストアンサー

酸素の方が電気陰性度が大きいために、負電荷を持った場合の安定性が高いと考えてください。H+がとれれば陰イオンが生じますが、その負電荷を多くの酸素原子で少しずつ引き受けることができれば大きな負電荷が1点に集中することなく(すなわち、電荷の非局在化が起こって)安定になるということです。

中心原子の陰性という観点であれば、電気陰性度の大きい酸素に引っ張られて塩素上の電子密度が低下し、その分だけ別のところから電子を引き寄せる能力(すなわち『原子の陰性』)が高くなるということでしょう。

ちなみん、本件で『対称性』等という概念は無関係だと思います。共鳴構造に関する議論であれば理解できますが、それを抜きにした対称性というのは本質がずれていると思います。

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Q塩素のオキソ酸について

塩素のオキソ酸について
次亜塩素酸(+I)、亜塩素酸(+III)、塩素酸(+V)、過塩素酸(+VII)の4種類がありますが、
「次亜」「亜」「過」などの接頭語は、最も安定な物質(HClO3)を基準にしてつけると習いました。
習った当時の私は、
『塩化水素HClにはCl原子に非共有電子対が3対あって、そこに3つのO原子が配位結合するから安定なんだな』
と勝手に納得していました。
でもある時、塩素酸HClO3の構造式を見て、驚きました。
H原子がCl原子ではなくO原子に直結していたからです。
他のオキソ酸(硝酸や硫酸)も同様でした。
これがどうしてなのかも気になるところなのですが、もっと気になったのは、
じゃあ過塩素酸HClO4の方が安定じゃないの?ということです。
『』内の私の解釈の仕方は間違っているのでしょうか?
塩素酸HClO3が最も安定なのは何故ですか?

Aベストアンサー

ん~, 「安定」をどのような意味で使ったのかわからないのでなんとも....
例えば, 過塩素酸だけは (塩としてではなく) 単独の酸として取り出すことができ, 「単独の酸としての安定性」という観点からは過塩素酸が最も安定であるということはできます.

Q次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウム

私の会社に2社のパンフがあり、
一方は「次亜塩素酸水溶液」系、他方は「次亜塩素酸ナトリウム」系の
殺菌効果をうたっている商品です。
ハイターに代表されるように後者が有名だと思いますが、
前者の効き目(殺菌)は後者と比べてどうなのでしょう?
値段だけなら前者なのですが・・・

カテゴリー違いかもしれませんが、化学の知識がある方からの
意見が聞きたいのでお願いします。

Aベストアンサー

次亜塩素酸は不安定で酸性にすると塩素ガスが発生して危険ですから通常は次亜塩素酸ナトリウムとして(さらに水酸化ナトリウムを添加して)使われます。
また、効き目をもたらすのは次亜塩素酸イオンClO^-ですので、どちらにも含まれています。

私がもし薬品になれてない人間なら安全性から後者を取りたいですが。

Q塩素酸Kは過酸化水素で過塩素酸Kになるって本当?

海外のサイトで見ました。
塩素酸カリウムは過酸化水素水で酸化されて、過塩素酸カリウムになるっていうのは本当ですか?

あんな強力な酸化剤が過酸化水素で酸化されるなんてとても信じられません。
  KClO3 + H2O2 →KClO4 + H2O

Aベストアンサー

H2O2 + 2H^+ + 2e^- ⇔ 2H2O ;E゜=1.77V
ClO4^- + 2H^+ + 2e^- ⇔ ClO3^- + H2O ;E゜=1.19V

1.77>1.19 だから、理論的には H2O2 は ClO3^- を酸化し得る筈です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報