閲覧ありがとうございます。
数週間前にバイオ系の研究室に配属されました、大学3回生の者です。
 

癌細胞(浮遊、接着)を細胞培養専用のフラスコを使って培養しています。
細胞が増えたらチューブに移して遠心にかけ、上清を吸って培養液を入れ数個のフラスコに分けるのですが、
その分けた後のフラスコを見ても細胞が全くない、あるいは非常に少なくそれからは育たずに消えて(死んで?)しまいます。


遠心後の時点でチューブの底にペレットはあるので、おそらくその後の操作が悪いのだと思います。
オートピペッターを使ったピペッティングが上手く出来ていないからと思いましたが、移した後でチューブを見てもペレットは残っていないようです。ピペッティングの際は、培養液をチューブに入れるときに少し入れた後、数回液を吸ったり出したりしてから全て出しています。

それなら上清を吸うときにペレットも吸ったのかなとも思いましたが、もちろんパスツールをチューブの底まで突っ込むような事はしていません。チューブを傾けて、パスツールを壁に当てるようにして吸っています。


おそらくこのどちらかが原因だと思うのですが・・・
自分なりに慎重に操作しているつもりですが、どこが悪いのかわかりません。


熟練した方に見て頂けたら一番良いのですが、先輩や先生は自分の研究で忙しそうなので頼みにくいです…
細胞を使わずクリーンベンチ内で練習した時は見て下さいましたが、特に悪かった訳ではなさそうでした。


研究室での課題が進められず、本当に困っています。
全くの初心者なので、用語が間違っていたり言葉足らずでしたらごめんなさい。


細胞を使った研究などをされている方から何かアドバイスを頂ければと思い、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1です。

やっぱり吸っちゃってましたか(汗

・遠心終了後、時間が経つとペレットが緩んでしまいます。遠心後はできるだけ速やかに上清を除去すると良いですよ。

・遠心管を遠心機から取り出す際や運ぶ際など、ペレットが乱れないように優しく扱ってみて下さい。

・先輩に聞かずに失敗するよりは、聞いた方が絶対良いです!変に遠慮するとお互い損です。
 また聞くだけでなく、操作を見せてもらうのもいいと思いますよ^-^

頑張って下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めに的確なアドバイスをしてくださったw6o6nさんをベストアンサーに選ばせて頂きます。
あれから自分のどこが悪かったかを見直し、ようやく成功しました。
まだまだ不慣れですが、これからも与えられた課題を頑張ってこなそうと思います。


お時間を割いて回答して下さった皆様、本当にありがとうございました。
今後の参考にさせて頂こうと思います。

お礼日時:2012/11/03 17:02

トリプシンの処理が長すぎたりピペットで激しく若しくは長時間混ぜすぎて細胞が死んでしまっているのかもしれませんね。



「あるいは非常に少なくそれからは育たずに消えて(死んで?)しまいます。」
よく分かりませんが、接着系だったら少しでも細胞があるようでしたら諦めずにずっと飼ってみたらどうですか?多分増えてくると思うのですが。

「熟練した方に見て頂けたら一番良いのですが、先輩や先生は自分の研究で忙しそうなので頼みにくいです…」
気持ちは分かりますが、一度くらいは観てもらいましょう。

単に、細胞を維持していきたいだけなのですよね?
だったら、例えば接着系の細胞の場合、10cmディシュだったらトリプシン-EDTA液を1mL入れてインキュベーターに1,2分入れておいてから培養液を5-10mL加えてピペットで懸濁して、10mLの新しい培養液を加えた新しい培地にその細胞の液を1,2mL加えれば問題ないし(トリプシンは希釈されるし培地には高蛋白質のFBSが入っているはずなのでトリプシンは不活化されます)、浮遊系の細胞なら増えた細胞の培地から1mL取って10-20mLの新しい培地に加えて培養すれば問題ないです。

ただ、先輩や先生はこういったやり方を嫌がるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
処理にトリプシンは使っていませんが、ピペッティングのし過ぎは考えられるかもしれません。

培養液の一部をとって新しい培地に移すやり方は、私の研究室では誰もしていないそうです…

お礼日時:2012/11/03 17:06

ペレットを吸うというのは考えにくいですね。


心配なら適当なビーカーにデカンタで上清を捨ててみたらいかがでしょうか。
ただの継代なら上清をギリギリまで吸う必要はないですよ。

あと考えられるのは
接着細胞であればトリプシン処理のし過ぎで細胞が死滅
遠心分離の回転数が高すぎて細胞が死滅
くらいでしょうか。

なんにせよ、慣れないうちは継代後もサンプリングをして
トリパンブルー処理後、細胞数を測定した方が良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遠心分離の回転数や、接着細胞の処理(EDTAのみです)は同じ細胞なら全員共通なのでおそらく問題ないと思います。
今まで上清をかなりギリギリまで吸っていましたが、少し余裕を持っても大丈夫なのですね。
細胞数のカウントは、課題に含まれているのでいずれやります。

回答ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2012/10/29 22:26

細胞の濃度(密度)が低いと、生育に支障がでることがあるので、まず、あまり薄めないようにします。



培地、まちがっていませんよね。また遠心で死ぬ可能性があるので、遠心しないで、単に、1枚のシャーレから2枚に分けるとか。古い培養じょうせいをわざと、持ち込むようにします。私はフラスコより10cmなどのシャーレが好きですね。私は、増やすとき遠心しませんけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ操作に不慣れの為、細胞濃度は少し濃くなるようにしています。
培地は全員共通です。(名前ははっきり覚えていません、すみません。)
遠心はしないに越したことは無い気がします・・・

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/29 22:35

上清を吸うときにペレットも吸っている可能性が非常に高いです。



吸引力が強いと、多少ペレットから離れていてもズルっと吸ってしまいます。
ペレットの近くまで上清を吸ったら、パスツールピペットを上清に差し込んで吸わず、液表面から少しずつ吸うのがコツです。
吸引時にペレットを凝視し、最後までペレットが吸い込まれていないことを確認して下さい。

念のため、遠心機の設定を確認してみて下さい(低速遠心で落ちるのでまず大丈夫と思いますが)。

この回答への補足

回答ありがとうございました。

どうやら、ペレットも吸っていた事が一番考えられる原因の様です。
今日パスする際に、接着細胞と浮遊細胞を同時に遠心しましたが、遠心後クリーンベンチに戻す際に底のペレットが浮いてしまいました。
接着の方はペレットがはっきりと確認できたため、(今のところ)成功しましたが
浮遊の方はおそらく吸ってしまったようで失敗しました。

遠心後ペレットを浮かないようにするには、やはり慎重に動かすしかありませんか?
浮いてしまっても、もう一度遠心するわけにはいかないので・・・

補足日時:2012/10/29 22:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細胞培養がうまくいきません。

接着性の細胞を液体培地で培養していますが、コンタミして困っています。
培養液には、抗生物質、抗真菌剤を加え、実験で使う器具はUV照射して使用しています。
培養容器は、フラスコです。インキュベーター内では、キャップを緩めて細胞が呼吸できるようにしています。
インキュベーターの湿度を保つために滅菌蒸留水を入れ、SDSを加えています。
ここで、ふと疑問なんですが、インキュベーター内でキャップを緩めなくてはならない場合は、アルコール消毒してからインキュベーターに入れたらよいのでしょうか?しなくてもよいのでしょうか?
現在は、インキュベーター内にフラスコを入れる際に、70%エタノールを吹き付けて入れているんですが、これだと、カビが生えてしまいます。(フラスコの外側に)

Aベストアンサー

まず下でfujishiroさんがおっしゃっている通り、培養液がコンタミしていないかを調べてみるべきだと思われます。冷蔵庫に入れてあると菌が繁殖しづらく、確認しづらいので、一日、室温に置いておきます。翌日、ビンを振ってみて白いものがユラユラとしていたらコンタミってことになります。

僕は使用する器具・試薬はすべて乾熱滅菌・オートクレーブ・ろ過滅菌を行っています。そして、たとえエタノール消毒していたとしても「手が触ったところは菌が付いている」と思ってそれらを使用しています。
あと以外と気が付かないところが原因だったりします。例えば誰かがピペット操作のときにニップルまで培養液を吸い上げてしまったのに、それに気づかず放置。後の人がそれを使ってコンタミだらけ・・・なんてこともあると聞きます。

あと、インキュベートについてですが、基本的に外側を消毒しなくても中身は平気です。70%エタノールを吹きつけてカビが生えるということはインキュベーター内の環境がよくないのではないでしょうか?一度、チェックしてみて、必要があれば掃除・滅菌をした方がいいでしょう。他の実験者の方(操作に慣れている方)のディッシュにも同じことが起こっているのでしょうか?

ちなみに失礼ですがkumanokophooさんは培養を始めて間もなかったリするでしょうか?始めのうちは気をつけているつもりでも、どうしてもコンタミの洗礼を受けてしまいます。でもしばらくすると慣れてきて失敗しなくなりますよ。

まず下でfujishiroさんがおっしゃっている通り、培養液がコンタミしていないかを調べてみるべきだと思われます。冷蔵庫に入れてあると菌が繁殖しづらく、確認しづらいので、一日、室温に置いておきます。翌日、ビンを振ってみて白いものがユラユラとしていたらコンタミってことになります。

僕は使用する器具・試薬はすべて乾熱滅菌・オートクレーブ・ろ過滅菌を行っています。そして、たとえエタノール消毒していたとしても「手が触ったところは菌が付いている」と思ってそれらを使用しています。
あと以外と...続きを読む

Q細胞の増殖率が急に弱くなりました。

SIRC細胞の増殖をしているのですが
急に増殖率が半分以下くらいになってしまいました。
夏に細胞が全滅してしまい
よそ様から株わけしてもらってから全然細胞の増殖が悪い感じです。
培地の変化はありません。
培地はDMEMに10%FBS添加したものを使っています。
どうしたらいいのか
細胞学に詳しくないので基本的なこともわかりません。
どうかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

NO.3です。
non-essential amino acidsはGIBCOなど主要な培養液を販売しているメーカーで購入できます。100倍「希釈」でだいたい使用します。
ロットチェックですが、出入りの業者のヒトに血清のロットチェックがしたいと持ちかけてみてください。血清は高価なものですので、喜んで10-30ml程度の小分けにしたロットサンプルをもってきてくれます。頼むときにデリケートな細胞でFBSでも何種類か試さないとだめかも。といっておくと2-3種類はもってきてくれると思います。出入り業者数社に声をかければ合計でかなりの数を試せますが、数日後「で、血清どうでした??」攻撃にあいますので覚悟はしておいてください。
どれも違いが無くて、購入に踏み切れない場合には、あいにくどれもいまいちでしたといって、文句を言われることはありませんので思い切って頼んでみてください。試し方は簡単でそれらの小分けの血清を同じように別々のDMEMにいれて、元の培養液と比較すればいいのです。時には数週間培養を続けないと差が見られない場合もありますが、今の場合がんがん増えるのが目的であれば、増殖曲線を書くなどして比較知ればいいでしょう。ちなみに全部増殖がいい場合などは血清量を1%などにしたりして比較しますが、あなたの場合には最初は10%からはじめるべきですね。

ひとつだけ疑問があります。あなたの今の細胞の増殖は本来の増殖に比べて著しく遅いのですね。本来というのは文献なり、ATCCの資料と比べてということです。繊維が細胞というのは時に形質を転換することがあります。CSで培養しないと行けない細胞をFBSで培養した為に癌化してしまったということもあります。この例などはCSよりもFBSの方がよく育つからと言う理由で勝手にFBSに変えてしまった為に、普通に培養していても形態の違う細胞が出てきてしまうというものです。
貰ったものが普通で、あなたの培養していたのが異常を起こしていたということはないですか?以上な増殖でゲノムが不安定になり結局死んでしまったなんて逆説的なことも考えるのは研究者の悪い癖ですね。
失礼。

NO.3です。
non-essential amino acidsはGIBCOなど主要な培養液を販売しているメーカーで購入できます。100倍「希釈」でだいたい使用します。
ロットチェックですが、出入りの業者のヒトに血清のロットチェックがしたいと持ちかけてみてください。血清は高価なものですので、喜んで10-30ml程度の小分けにしたロットサンプルをもってきてくれます。頼むときにデリケートな細胞でFBSでも何種類か試さないとだめかも。といっておくと2-3種類はもってきてくれると思います。出入り業者数社に声をかければ合計でか...続きを読む

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む

Q細胞培養中の継代でのトリプシン処理について、改善方法を教えてください。

現在、接着系ヒト癌細胞を使っております。

継代の際に、容器中培養液の1/5量のトリプシン/EDTAを添加して、3分インキュベートしてから、同量の培養液を入れて、ピペッティングして細胞を剥がしております。
しかし、なかなかプレートから細胞が剥がれず、インキュベート時間を長くしたり、セルスクレーパーを用いたりして無理やり剥がしてみたのですが、細胞塊が増えるだけで、細胞がバラバラになってくれません。

遠心をして、トリプシン溶液を除いて培養液中でピペッティングしても細胞塊状態で、細胞がバラバラになってくれません。

現在、他に教えていただく方がおりませんので、ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
PBSにCaははいってはいませんか?

細胞が古い状態だとトリプシン処理をしてもはがれにくくなることがあります。
継代数はどうですか?
継代数が進んでいるようであればストックをおこしてみるのも手です。

それと、トリプシンを使わずにPBS(-)を加えて4℃で15分から30分おいてピペッティングではがすという方法があるようです。
(私はやったことはありませんが、以下の掲示板でみかけました)

参考URLですが日本組織培養学会の細胞培養に関する質問掲示板です。
過去スレを検索するとなにかみつかるかも・・

参考URL:http://jtca.dokkyomed.ac.jp/JTCA/QA/index-SS.html

QDMEM培地について。

DMEM培地に含まれる

・グルコース
・L-グルタミン
・フェノールレッド
・HEPES

それぞれの効果というか意味を教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

L-グルタミンについては、
http://www.summitpharma.co.jp/japanese/service/s_ATCC_faq_cell_biology.html#q8
「培地にL-glutaminの添加は必要ですか?どの程度のL-glutaminを添加したらよいですか?なぜ information sheetにL-glutaminの記載がないのですか?」
を見て頂けると良いと思います。
最終的にはどの培地にも添加されます。

参考URL:http://www.summitpharma.co.jp/japanese/service/s_ATCC_faq_cell_biology.html#q8

Q細胞塊をバラバラにしたい

ある動物細胞を培養したのですが、細胞塊を形成しています。
なんとかバラバラにしたいのですが、うまくいきません。
ボルテックスとピペッティングは試しました。

特殊な溶液などをつかって細胞塊をバラバラにする方法はあるでしょうか???

Aベストアンサー

結論から言うと、ケースバイケースで、万能の細胞分散法はありません。細胞塊が何の物質によって繋がっているか、によって対策が異なります。

とはいえ私の経験では、細胞塊を作りやすい培養細胞は、デスモゾームを作る上皮系細胞である場合がほとんどです。No.1の方が書かれているトリプシンは、デスモゾームを切るという点ではあまり有効ではありません。またトリプシンは二価金属イオンがあると活性が落ちるため普通PBS(-)に溶かします。そのため、トリプシン処理を長時間続けると生存率が著しく低下します。

以前私が扱っていた乳腺上皮癌由来細胞が、やはり非常に凝集塊を作りやすく、難儀をしたことがあります。フローサイトメーターにかける必要からシングルセルにしなければならなかったのですが、トリプシンではどうしても不可能でした。

このときは、無血清の増殖培地にプロナーゼを溶かし、この酵素液で40分処理して単細胞に分散させることができました。

ただこのような細胞でも、大抵コンフルエントに達する前にトリプシン処理すれば、比較的簡単に単細胞に分散させることができます。実験上許されるなら、それがベストの方法です。

結論から言うと、ケースバイケースで、万能の細胞分散法はありません。細胞塊が何の物質によって繋がっているか、によって対策が異なります。

とはいえ私の経験では、細胞塊を作りやすい培養細胞は、デスモゾームを作る上皮系細胞である場合がほとんどです。No.1の方が書かれているトリプシンは、デスモゾームを切るという点ではあまり有効ではありません。またトリプシンは二価金属イオンがあると活性が落ちるため普通PBS(-)に溶かします。そのため、トリプシン処理を長時間続けると生存率が著しく低下します...続きを読む

QBSA溶液の作り方。

(1)1%のBSA溶液を作る場合、100mlの純水に1gのBSAを加えればいいのでしょうか?
(2)スライドグラスにBSAをコートすると精子がくっつきにくくなると聞いたのですが、なぜでしょうか?BSAにはどのような作用があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)だけですが、
1%という言い方をした場合、通常はw/w(重量/重量)を指すので、99mlの純水に1gのBSAですね。全部で100gとなり、そのうち1%がBSAです。
また、溶液を作るときはかき混ぜるとダマになったり泡だったりするので、水の上にBSA粉末を乗せて静置して溶けるのを待ちます。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

QRAW264.7マクロファージについて

RAW264.7マクロファージについての質問です。

免疫学関係の実験論文を読んでいてどう検索していいものか分からず、ここで質問させていただくに至りました。
マウス由来のRAW264.7マクロファージは、マウスのどの部分から抽出された細胞なのでしょうか。
どうして、炎症性のサイトカインに関するような免疫応答の実験では、この細胞を用いるのでしょうか。
なぜ、この細胞を使うことで免疫機能をみることができるのですか?

Aベストアンサー

これからいろいろな実験をする、または関連する論文を読むのかと思いますが、実験ではよく“細胞株”というものを使います。
細胞株についてはこちらをご覧ください。
また、その中の細胞株の樹立についてもご覧になるとよくわかると思います。
http://cellbank.nibio.go.jp/visitercenter/whatsculture/cellculture01.html

さて、RAW264.7はマウスの単球性白血病由来の細胞株です。

上記のHPの内容を理解していただければわかると思いますが、
実験を行うとき、ある細胞のある物質に対する反応や、ある細胞の動きをみたい場合、
その細胞を生体から取ってこなければならないということをするのは大変です。
その細胞の生体内での数が少なかったり、取ってくる作業によって性質がちょっとずつ違ったりなど。
その時に、不死化して同じような性質の細胞がたくさん得られるということで細胞株は大変有用なのです。

RAW264.7は単球の一部の分化能を持っています。それでサイトカインやLPSに対して反応します。
「得やすい」「一部の分化能をもっている」ということで実験に使いやすいのです。

しかしながら、がん由来の細胞株ですので、どの細胞株でも言えることですが、
正常な生体内にある細胞とは由来が同じであるというだけで完全に同じであるわけではないので、
きちんとした実験では、正常な生体内の細胞で実験を行う必要はあります。
生体内の細胞をprimary cellとか初代培養細胞とか言います。

これからいろいろな実験をする、または関連する論文を読むのかと思いますが、実験ではよく“細胞株”というものを使います。
細胞株についてはこちらをご覧ください。
また、その中の細胞株の樹立についてもご覧になるとよくわかると思います。
http://cellbank.nibio.go.jp/visitercenter/whatsculture/cellculture01.html

さて、RAW264.7はマウスの単球性白血病由来の細胞株です。

上記のHPの内容を理解していただければわかると思いますが、
実験を行うとき、ある細胞のある物質に対する反応や、ある...続きを読む

Q非動化の目的を教えて下さい。

非動化の目的を教えて下さい。

あまりしっかり把握できていないので詳しく教えて下さい。
血清などを”非動化する目的”は何でしょうか。

もうひとつ、非動化と言わず”不活化”という場合もありますが
この2つは同じ意味でしょうか。


初歩的な質問ですみません。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

非「働」化ですね。inactivationの訳語ですので、不活化、不活性化でもいいはずですが、なぜか特定の場面に限り不働化という用語があります。

血清に含まれる補体群を、他の成分(成長因子、免疫グロブリンなど)を失活させないように56℃程度の温和な熱処理によって、不活性化することです。補体は細胞障害性などの生理活性があるので、それを排除したいときに行います(たとえば細胞培養に使うときなど。それでも最近は、可能であれば(とくに影響がないかぎり)非働化処理はしないほうがいいという記述も多い)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報