位置情報で子どもの居場所をお知らせ

56歳男性(同僚)が、原発不明癌との診断を受け、来週入院し抗がん剤治療を受けることになりました。
原発不明癌と診断されるまでの経緯ですが、
今年の夏、数か月の間に体重が10Kg位減少(その後3Kg程増える)
耳の下、首の付け根、脇の下にしこりを見つける
近くの耳鼻咽喉科へ行くと、総合病院の血液内科を紹介される
血液検査の結果、数値に異常が見つからず、脇の下のしこりを生検し癌と判定
CT・PET・胃カメラ・大腸スコープ・頭部MRIと検査したが、病巣が見つからず原発不明癌との診断
診断までの間、本人の自覚症状としては体重減少以外に、のど(気管)が詰まった感じで声が出にくく、時々咳が出る位で、2日ほど熱が出た日と検査の日に休んだ以外、今日まで仕事に出ていました。

入院準備もあり、明日からお休みですが、入院は最初の2週間だけで後は通院での治療になると聞きました。
病巣が判らないので、原発不明癌用?の抗がん剤治療になるとの事なのですが、今まで元気?だっただけに、抗がん剤の副作用で逆に弱ってしまわないかと心配です。

病巣が見つからなければ、癌のステージは判らないと聞きますが、病巣が小さすぎて見つからないのであれば、初期と考えても良いのでしょうか?

元気になれば、通院しながらの職場復帰も可能かと思うのですが、運転手という職種では厳しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(Q)病巣が見つからなければ、癌のステージは判らないと聞きますが、病巣が小さすぎて見つからないのであれば、初期と考えても良いのでしょうか?


(A)いいえ。
原発巣が小さくても、転移があると言うことは、
状態は厳しいということです。

(Q)病巣が判らないので、原発不明癌用?の抗がん剤治療になる
(A)「原発不明癌用の抗がん剤治療」なんてありません。
検査のために切除した癌を調べて、どのような種類なのか
類推して、最も効きそうな抗がん剤を試す……
という、ある意味、非常にアバウトな治療をすることになります。

(Q)元気になれば、通院しながらの職場復帰も可能かと思うのですが、運転手という職種では厳しいでしょうか?
(A)元気になれば大丈夫ですが、
現状は、そんなに甘くないです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答有難う御座いました。

同僚本人や担当医から説明を受けた娘さん3人(皆さん医療従事者)もケロッとした様子だったので、
大丈夫なのかな?と思った自分の考えが甘く(しこりが転移だということにも気づいてなかった)、
現状は厳しいと思い知らされました。

明日から約2週間入院が決まり、回答頂いた通り抗がん剤でのアバウトな治療が始まるようです。
しこりや原発巣に効いて縮小・消滅してくれるか、逆に原発巣が大きくなって摘出できる様になれば…
と期待されている様です。

「頑張ってくるからね」と本日電話がありましたが、「待ってるからね」と言う事しかできませんでした。

大好きな同僚の一人なので、戻って来てくれるように希望は無くさずに待ちたいと思います。

お礼日時:2012/10/31 20:51

残念ながら、原発巣不明ででも、リンパ節転移が明らかにあり、悪性所見とのこと。

初期がんとは考えられません。原発巣が小さいか、形がはっきりせず、雲みたいな状態で存在しているのかもしれません。 転移した所を切除すると化学療法等になるでしょう。ただ化学療法では、がんは一旦小さくなる可能性はありますが、副作用が人によっては酷い場合があります。
化学療法も多剤併用療法になると思いますが、延命効果はそれほどでもありません。
原発巣と転移した大きながん、手術できれば摘出するのが一番効果的です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答頂き有難う御座います。
やはり現状は厳しいようですね…
明日から約2週間の入院で、抗がん剤の効き目を確認する事が目的みたいで、
効いてくれれば『しこり』が小さくなり原発巣も消えるか、逆に原発巣が大きくなって摘出出来る様になるかを期待されてるみたいです。
本日、本人から「頑張って来るね」と電話がありました、私は「待ってるからね」としか言えませんでしたが、皆から好かれている同僚だけに、少しでも良い方向に向かってくれればと希望は無くさずに待ちたいと思います。

お礼日時:2012/10/31 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q腺癌といわれましたが・・

60歳の母が腺癌といわれました。まだ検査の途中で全て分かっているわけではないのですが母が医師に途中でもいいからと説明を求めた結果、こういわれました。原発部位ははっきりしませんが、膵臓か卵巣の疑いが強いということです。医師は消化器専門の医師でCT,MRIなどをみても全ての臓器に関して異常はないといいます。ただ卵巣だけはMRIにも全く写ってないのでそんなに大きくないのだろうといいます。しかし膵臓を疑ってみても、血液検査で膵臓がんの数値の値がそれほど高くない、なので僕は卵巣の方だと思ってる、と言っています。ひとつ、心臓近くにあるリンパ節が少し大きいのがあるということも言ってます。膵臓がんだと予後が悪いということも仰られました。母の症状は咳と10日ほど前から溜まりだした腹水でお腹がぱんぱんというだけですが、腹水があると末期だと言う声も聞いてとても落ち着かないのです。今後PETをとる予定ですがどちらの癌だとしても母の状態はよくないといえるのでしょうか?

Aベストアンサー

突然のことである上に、検査をたくさんした(胃カメラ・大腸カメラも当然済んでおられるはず)にもかかわらず、いまだ原発巣が特定されなければ、さぞかし不安は強いことと思います。残念ながら不安の解消にはあまり役立てませんが、事実の認識の手助けになればと思い投稿いたしました。
 まず・・・私も消化器癌を診ている一人として、この先生の診断と同じ印象を受けました。考えられるの原発は、肺・胃・大腸・胆嚢・胆道・膵・前立腺・卵巣・乳腺などです。腹水から細胞診で腺癌細胞が検出されたことは、原発がどこであれその腺癌が腹腔内に飛び散る状態にまで進行したことを示しており、癌性腹水は高度進行癌を意味します。よって原発巣はそれなりに大きいはずですが、各種検査で原発がつかめないことがたまにあるのは、胆嚢・胆道・膵・前立腺or卵巣など(原発も腹腔内にあると思うのが当然でしょう)です。胆・膵系は、血液検査でおそらく腫瘍マーカー(臓器ごとに多少違います)を測っておられ、否定的なのでしょう。保険診療上、マーカーは月に2種類ぐらいしか測れませんが、卵巣癌の腫瘍マーカーはどうだったでしょうか?現状で残さた頼れる検査はPETと婦人科受診でしょう。産婦人科は、経膣的に超音波エコーをして卵巣・子宮を見ると思います。PETで疑われれば婦人科へ担当が変わるのでPETが先がいいでしょう。一般的には、原発が決まらなければ治療方法・薬剤投与メニューなどが決められません。とても大変で不安でしょうが是非がんばってください!
 臓器ごとに癌には取り扱い規約があり、進行度をstage(ステージ)で表します。多くの癌で癌性腹水のある方は最も進行したstageIVに属します。しかしstageIV=末期ではありません!私はそう考えています。末期=終末期という言葉のイメージがありますが、終末期とはほとんど癌の治療には意味がなく緩和医療を主体にしていく時期のことです。癌性腹水のみで治療に意味のない末期とは言えません!
 最後に参考までに記します。原発不明のまま治療中の方を受け持っています。腹部膨満感を主訴で来られたお母様と近い年齢の女性で、血性腹水を認め、腺癌でした。さんざん調べましたが胆・膵・卵巣を含めてどこにも異常がなく、他の数人の専門医と相談して、抗癌剤の腹腔内投与を数回しました。入退院を繰り返しながら3ヶ月後には腹水がたまらなくなり、本人希望で投与中止。8ヶ月経過して元気で変化も症状もありません。一般的に抗癌剤で完治したことはありません。再発は必須ですが、いつ再発するかと心配しながら外来で経過を見ています。 参考になったでしょうか? 一部のご家族やあなた一人だけでがんばらず、担当医・親戚・病院のスタッフなどみんなで協力していかれますよう、そして治療がうまくいきますように・・

突然のことである上に、検査をたくさんした(胃カメラ・大腸カメラも当然済んでおられるはず)にもかかわらず、いまだ原発巣が特定されなければ、さぞかし不安は強いことと思います。残念ながら不安の解消にはあまり役立てませんが、事実の認識の手助けになればと思い投稿いたしました。
 まず・・・私も消化器癌を診ている一人として、この先生の診断と同じ印象を受けました。考えられるの原発は、肺・胃・大腸・胆嚢・胆道・膵・前立腺・卵巣・乳腺などです。腹水から細胞診で腺癌細胞が検出されたことは、原...続きを読む

Q原発不明ガン

60歳の実母がガンと診断されました。
ふとしたことがきっかけで腹水が見つかり腹水穿刺をし検査したところ腺癌といわれました。CT・MRI・PET・胃カメラ・検便・他血液検査など数々の検査をしましたが全く異常もなく、最終的に卵巣癌ではないかということで婦人科に転科し、試験開腹術を受け、両卵巣、大網(全部ではないかも)を切除しました。結果、大網にはびっしりとがん細胞がつき大きな塊となってついている癌もありました。それを術中に迅速病理解剖にだしたところ未分化ガンといわれました。しかし、卵巣の表面にがんはついていたものの、明らかに原発ではなく腹膜も原発ではないだろうという結果になりました。子宮も綺麗だったので切除していません。腹水は6リットルも溜まっていました。
 最初いろんな検査をした時担当だった消化器専門の医師は、膵臓かもしれないがマーカーが出ていないので違う、多臓器もマーカーや他でも異常はないので婦人科だという結果でした。しかし、今回婦人科ではないかも、ということになりどういうこと?と思ってます。消化器の医師は、まれに原発不明で不幸にして亡くなられて解剖した時膵臓だったということがある、と言いました。しかし、血液検査ではシロ、膵炎の危険性までおかして膵臓がんの検査をするまでの所見がないといわれてました。聞きたいのは(1)こんな場合でも膵臓がんの可能性はあるのでしょうか?大腸も全く問題はなくマーカーはゼロだということでした。
 (2)大網が原発というガンはないのでしょうか。
診断は今のとこ、癌性腹膜炎です。心臓近くに腫大したリンパがあり、4期の可能性もあるということです。
 膵臓、もしくは他の消化器官からの転移だとすると余命は半年ぐらいともいわれてしまいました。でも最初の先生の「消化器官や膵臓ではない」という言葉を信じたいのです。でも確立は低いのでしょうか。
 

60歳の実母がガンと診断されました。
ふとしたことがきっかけで腹水が見つかり腹水穿刺をし検査したところ腺癌といわれました。CT・MRI・PET・胃カメラ・検便・他血液検査など数々の検査をしましたが全く異常もなく、最終的に卵巣癌ではないかということで婦人科に転科し、試験開腹術を受け、両卵巣、大網(全部ではないかも)を切除しました。結果、大網にはびっしりとがん細胞がつき大きな塊となってついている癌もありました。それを術中に迅速病理解剖にだしたところ未分化ガンといわれました。し...続きを読む

Aベストアンサー

こちらで相談されたらいいと思います。
http://2nd-opinion.eee.ne.jp/

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q腹水の溜まった癌?転院で迷っています(関東)。助けて下さい。

親友のお母さまのことです。
11月からお腹が張り食欲が無く、12月中旬になっていよいよおかしいということで
地域の病院(200床ほど)で検査したそうです。
結果が年末にさしかかるので年明けでないとでないといわれ、今週頭に検査結果を聞きに行ったそうです。
結果は「90%が癌。残りの10%はそうでない可能性。なぜなら腹水の出所がハッキリしないから」という事です。
今、そのまま入院しています。
癌性の腹水であれば、癌が散らばっているので末期で手術も出来ないし、73歳という高齢であるために抗ガン剤治療も不可能と言われたそうです。
いずれにしろ、その病院では高度な検査機器がそろっていないため、精密検査と治療のために他病院へ転院するように言われているそうです。
そこで候補に挙がっているのが
武蔵野日本赤十字病院、癌センター(築地または有明)東大和病院ということです。
自分たちなりに調べてはいますが、なにぶん素人なのでとても迷っています。
どんな些細なことでもかまいませんので、アドバイスを頂けたら助かります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

親友のお母さまのことです。
11月からお腹が張り食欲が無く、12月中旬になっていよいよおかしいということで
地域の病院(200床ほど)で検査したそうです。
結果が年末にさしかかるので年明けでないとでないといわれ、今週頭に検査結果を聞きに行ったそうです。
結果は「90%が癌。残りの10%はそうでない可能性。なぜなら腹水の出所がハッキリしないから」という事です。
今、そのまま入院しています。
癌性の腹水であれば、癌が散らばっているので末期で手術も出来ないし、73歳という高齢であるために抗ガ...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜ10%の“そうでない可能性”と言われると思われますか

以下のような理由が推測できます。
(1)患者さんに微かな希望を持たすために言った。
(2)癌性腹水は出現しているが、原発腫瘍が自然消退している可能性として言った。
(3)原発不明で癌性腹水は出現しているが、原発腫瘍の組織型も分化度も鑑別不能=どの程度の悪性度の原発腫瘍か不明なので、敢えて一番低悪性度の原発腫瘍の可能性として言った。

>そんなのんびりしていても大丈夫なのでしょうか…

以下のような理由が推測できます。
(1)原発腫瘍が検索できた場合、癌性腹膜炎=癌性腹水を来した病態ですと、どちらにしても完治を目指す治療は適用外(延命を目的とした緩和治療がメインになる)となるためと思われます。
(2)病院の検査体制(病理医など人員も検査機器も)が単に整わない=病院側の都合のためとも思われます。

尚、癌性腹水に関しては以下のサイトをご参照下さい。

参考URL:http://www.cancertherapy.jp/stomach/2005_spring/cnt05s_08.html

>なぜ10%の“そうでない可能性”と言われると思われますか

以下のような理由が推測できます。
(1)患者さんに微かな希望を持たすために言った。
(2)癌性腹水は出現しているが、原発腫瘍が自然消退している可能性として言った。
(3)原発不明で癌性腹水は出現しているが、原発腫瘍の組織型も分化度も鑑別不能=どの程度の悪性度の原発腫瘍か不明なので、敢えて一番低悪性度の原発腫瘍の可能性として言った。

>そんなのんびりしていても大丈夫なのでしょうか…

以下のような理由が推測できます。
(1)原発...続きを読む

Q兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っており

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまうので今の状態が一番良いと言っています。ですが少し以前は少量ですが食事を摂っていましたしそれが許されていたのに栄養分のある点滴がうてないとゆうのはどうも矛盾している様な気がしてなりません。ちなみに病院側からは兄に残された時間は残り少ないと何度も言われており最後まで望みを捨てていない私達からするともっと出来る事がある筈なのにそれをしていないのではないかと感じられる事があり点滴の件はその一つなのですが末期の癌患者にあえて栄養分を与えないとゆうのは癌の進行を抑える為に妥当な方法なのでしょか?またそれはもしかしたら回復するかもしれないとゆう事も視野に入れても有効な手段と言えるでしょうか?専門分野の方、もしくは同じ様な経験をお持ちの方からのアドバイス又は御意見を伺えると大変に助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを消費して体で利用できるように組み立てられます。ここまではエネルギーになりません。しかし、その後利用できなければ、再びエネルギーを消費して肝臓で分解され、腎臓から排出しなければなりません。

つまり、体が利用できないのに栄養を口から又は点滴で投与しても、かえって体のエネルギーを浪費するだけに終わります。また、肝臓や腎臓の機能が落ちていることが多く、余った栄養を処理できずに肝性脳症や尿毒症になり、栄養点滴が原因で昏睡になることもあります。そこまで行かなくても、栄養点滴はむくみの原因となり、肺浮腫などで呼吸状態が悪化したり、腹水の増加につながるなど、いいことが全く亡いために、現在では行われなくなっているのです。

「癌が成長してしまう」は、上記のようなことを患者さんやご家族が理解しにくいために昔から使われているロジックですが、実際には栄養点滴が百害あって延命の効果は全く見られないことが研究でおおよそ分かっています。

私は過去に、1日200mlの電解質の点滴だけで2ヶ月間頑張られた方を担当したことがあります。

残念ながら、現在の医学ではいったん減った進行癌の体重や体力を元に戻す方法は見つかっておらず、そのような時期には無駄に体力を減らさない(含む抗がん剤)がとても重要となります。

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを...続きを読む

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む

Qガンのリンパへの転移とは

身内で胃がんが見つかり、胃を全部摘出した後、リンパへの転移が見られると言われました。詳しい話は来週あるのですが、どうしても心配でなりません。
リンパへの転移とは一体どういった状態でしょう。
リンパは全身にめぐっているもの。
全身に転移している訳ではないですよね?心配でなりません。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います.
リンパ節への転移は楽観視できるものではありませんが,血行性転移などよりは危険は少ないと聞きます.
私の母親はステージIVの子宮癌でしたが,全摘手術とリンパ節廓清を受けてもうすぐ6年が経ちます.癌ではよく5年生存率というのを聞かれると思いますが,5年再発が無ければほぼ完治したと言える状態だそうです.
癌の種類は違いますが,ステージIVでリンパ節廓清を行って完治している人も居るというのは事実ですから,今は治ることを信じてくださいね.
ご本人も心細い思いをしていることと思いますので,どうか励ましてあげてください.

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います...続きを読む

Q抗がん剤を断ることは悪いことですか?

母が抗がん剤治療を受けたくないことを、病院側に伝えられません。
いつも付き添ってくれる友人も、抗がん剤治療は絶対するべきだ、といい、
2回目は友人に連れていかれるようです。

私と父は母の気持ちをよく聞いて、もうしなくていいのではないか?と思っています。

しかし、抗がん剤をしないことに賛成した私にいわれることは、
しなかった結果がよくなかったときに、あなたに負担がかかる、といわれます。
病気の治療というより、周りの心理戦のような気がして、本人の意思は関係なくなってしまってます。

今は、抗がん剤を受けたくないという母に賛成してる私と父が悪者になっています。

実際、知り合いの父親が、元気に4クール目にいどんだ結果、
あっというまに亡くなりました。
家族は絶句だったようです。

病院に断りの電話をすることを母に頼まれていますが、
怒られるか、冷たくあしらわれるか、また考え直すように説得されるか、
話すのも億劫になっています。
断ることは、非常識というか、悪いことなんでしょうか?

Aベストアンサー

No.10です

私の主人は 特に挑戦するタイプではありません
命がかかった病気だから前向きになるしかなかったのです

ガンという病気を普段からよく勉強してて ゆっくり考える間はあったのです
何もしなければ 死ぬ・・・わかっているからこそ 前向きに頑張ったのです

手術をした主治医は 抗がん剤の効果をあまり期待してはいません
なので どこか抗がん剤を引き受けてくれるところ探さないと・・・と病院を紹介してくれました
最初の病院は断られました
主人は かなり落ち込んで・・・・
次に紹介してもらった病院は 抗がん剤の専門チームです
主人は喜びました

命がつながった。。と思ったのでしょう

結局 抗がん剤の効き目を見るまもなく 機能が落ちていって・・
しかし主人は 亡くなるほんの少し前まで
治る!と言う希望を持つことが出来ました

お母さんの場合ですが
元気だから治ったと思ってというか 元気だから抗がん剤が必要ないと思われているのならちょっと話は違うかな。。。と思いますが 必ずしも抗がん剤をすることが延命になるとは限らないと・・・

その副作用はかなりのものだと・・・。

>断ることは、非常識というか、悪いことなんでしょうか?
 そんな事はないと思います
 断る勇気も必要です

No.10です

私の主人は 特に挑戦するタイプではありません
命がかかった病気だから前向きになるしかなかったのです

ガンという病気を普段からよく勉強してて ゆっくり考える間はあったのです
何もしなければ 死ぬ・・・わかっているからこそ 前向きに頑張ったのです

手術をした主治医は 抗がん剤の効果をあまり期待してはいません
なので どこか抗がん剤を引き受けてくれるところ探さないと・・・と病院を紹介してくれました
最初の病院は断られました
主人は かなり落ち込んで・・・・
次に紹介してもら...続きを読む


人気Q&Aランキング