【お知らせ】カテゴリの見直しについて

カテ違いかもしれませんが、宜しくお願いします。

昔話題になった「バミューダトライアングル」の原因は、結局何だったのですか?
今では、さっぱり聞きませんが、同じような事件は今も起きているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

バミューダトライアングルの名を広めたローレンツ・D・クシュの「魔の三角海域 その伝説の謎を解く」には、明らかに他の場所で発生した事件等の関係ない事件や残骸などが発見されている一般的な遭難事件をバミューダでの事象とした捏造が多く、これらをスクリーニングすると、特に事故の多い海域ではないと言うことが明らかになっています。



そういう意味では、取っかかりが捏造だったことが判明してしまっているわけで、バミューダで起こっていない事故の原因を探ってもそれこそ謎になってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紹介して下さった本は初めて聞きました。
ノストラダムスのように、その時代時代の「旬」があるようですね。
謎は謎のままに…。でしょうか。
有難うございます。

お礼日時:2012/11/02 11:08

 いくつかの仮説は出ている。

メタンハイドレードもその一つだったかな?

 特命リサーチとかの番組で結構追求していたけどね。

 同じような航空機の行方不明などが起きている地域はあります。日本にもあったと思いますが。

 こういった情報の専門誌ムーでは最近そういった情報出ていなかったように記憶しておりますが。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ムー」という雑誌は名前しか知りませんが、久々に聞きました。
その「ムー」でも取り上げられないとは、それこそミステリーですね。
有難うございます。

お礼日時:2012/11/02 11:04

別名 ザルガッソー海



海中には藻が茂ってるらしいです
船が沈むのはそれが原因

航空機の場合は磁場によって計器が故障するそうです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

藻と磁場…。
科学で立証できても、ミステリー扱いするのが人間というものなのでしょうね。でも、それも楽し、かもしれませんね。
有難うございます。

お礼日時:2012/11/02 11:01

結局、結論が出ないんでしょうね。



地理的条件や気象学的条件から遭難事故が発生しやすい地域であると想像できますよね。
これは調べたらわかることですが。。

魔の海域 バミューダトライアングルは
伝説や物語として、事実に関係なく、ひとりあるきしている言葉のように思います。

強力なメキシコ湾流やハリケーンの多い場所ですよね。

わたしも、この魅惑的な言葉の響きにつられて、ここにやってきました。
人間は、現実を膨らまして、人に話すのがすきなものですから、きっと、その効果によって
話が膨らんじゃったかんじじゃないでしょうか。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一種の都市伝説のようなものかもしれませんね。
おっしゃる通り、人間は想像の産物を作り続けてきたわけですし。

有難うございます。

お礼日時:2012/11/02 10:58

ひとつひとつを個別に調べていけば、ほとんどはありふれた遭難事件です。



>「バミューダトライアングル」の原因は、結局何だったのですか?
そもそも、全てに共通する原因を突き止めようとすることが、見当違いなのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング