これからの季節に親子でハイキング! >>

長年、「ボツリヌストキシンの致死量は0.00005mg」と覚えていました。

が、最近「パリトキシンが最強」という内容を見るようになり、疑問を抱くようになりました。
ググってみても判で押したように「致死量は0.0005mg」としか書かれておらず、Wikipediaでは逆にその数値は書かれていません。

0.00005mgというのは、最小・推定・半数のどの致死量なのでしょうか。
Webで検索するとどれも出てくるので、明確な出典がありましたら併せて記載して頂けるとありがたいです。
また、LD50だった場合、対象の生物も教えて下さい。

昔見た本では、確か推定致死量だったと思うのですが…。

A 回答 (3件)

パリトキシンについて訂正です。


本筋ではないですが、一応^-^;

誤:78 ng/kgらしいので、最強の座は奪われているかもです。
正:78 ng/kgらしいので、70kgのヒトに換算すると5.4マイクログラム静注ですから、ボツリヌストキシンの方が強そうです。
    • good
    • 0

通常は実験で数値化しやすい半数致死量(LD50)で示されます。


また、ヒトで試すことはできないので、ほとんどがマウスやサルの実験結果からの推定になります。

ボツリヌストキシンの致死量は諸説あるようですね(最大1000倍の差?)。
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B4%E6%AD%BB% …
実験や毒の標品によってぶれやすいということでしょうか。

また、LD50は毒の投与方法(皮下、静注、腹腔、吸引など)で変わってきます。情報の一例を挙げておきます。
「ボツリヌス菌毒素の致死量はよくわかっていません。ただし、サルの研究から、体重70kgのヒトの純粋なA型毒素の致死量は、静脈注射あるいは筋肉注射で0.09 -0.15マイクログラム、吸入で0.70-0.90マイクログラム、経口摂取で70マイクログラムと推測されています。」
参考:http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/ …

質問者さんの記憶の0.0005mg=0.5マイクログラムもあながちおかしな値ではないと思います。


おまけ:ボツリヌストキシンは古くから知られた生物毒ですが、パリトキシンが発見されたのは比較的最近です。
サルの静脈注射でのLD50が78 ng/kgらしいので、最強の座は奪われているかもです。
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA% …
    • good
    • 0

最小・推定・半数のどの致死量でもないのでしょう。


致死量を確認する方法がないのではないでしょうか。
生物の種によって毒性の効き方も違うはずです。動物実験では、人間の致死量は確認出来ないでしょう。たまたま過去に人間に関するデータがあったにしても、もともと衰弱している/元気であるなどの条件を一定には出来ないし、数例のデータで半数致死量を推定することそのものが確実性/信頼性に問題があるでしょう。
 
「ボツリヌストキシンの致死量は0.00005mg/kg」がどのようにして推定されたのか、おそらく根拠に出来るようなものはないのでしょう。
 
http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/venom …
LD50: 半致死量(マウス)
ボツリヌス菌毒素D 0.00000032 ボツリヌス菌
ボツリヌス菌毒素A 0.0000011 ボツリヌス菌
[ボツリヌス毒素]
毒素Aは分子量150,000のタンパク質で,10万の重鎖と5万の軽鎖からなる。
他に毒素B, C1, C2, D, E, F, Gがある。
神経筋接合部位のアセチルコリンの遊離を阻害。LD50は3.2×10-7 (mg/kg)
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B4%E6%AD%BB% …
ボツリヌストキシン(A) 0.0000011~0.001 ボツリヌス菌
[1]などより。資料により非常に幅が大きい。
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%84% …
 
アルカリ環境にあれば影響が変わってしまうし、摂取した状況によっても、個人の持っている生理的状況でも異なるのではないですか。
確認したければ、自分で、(人体実験は無理ですし、動物実験も公に認められる条件を整えるのが難しいでしょうが)正確に条件を整えて確認するしかないでしょう。たぶん、調べれば調べるほど、単純に半数致死量を確定することは難しくなるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qcis-ノルボルネン-5,6-endo-ジカルボン酸のラクトン化

cis-ノルボルネン-5,6-endo-ジカルボン酸に濃硫酸を加えラクトン化を行ったのですが、これにより出来るラクトンの命名が分からず困っています。教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

無水物じゃなく、ラクトンですか?
無水物ならただ「無水」を付ければ良いだけだけど、ラクトンですと二つのカルボキシル基の間に挟まるジオールの長さによります。
脱炭酸が起きて四員環になるのは知らないなー。
それとも、こんなの、↓ですか?
http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~matuzaka/cluster/class/experiment/text.pdf

Qフェノールと水

水にフェノールを加えて激しくかき混ぜると、白濁するのですが、この白濁する理由を教えてください。最初はミセル・コロイド関係かと思ったのですが、脂肪とかフェノールは関係ないし・・と思いました。化学式なんかも添えて教えていただけると、うれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

いわゆる乳化、エマルジョンですね。

2つの互いに溶け合わない液体の一方が、他方の中に微粒状に分散している状態。

安定的なエマルジョンは乳です。
この場合、長時間放置で均一2層に分離するはずです。

分散粒子に光が当たると、散乱光が生じます。このため乳化して見えます。

詳しくは乳化、エマルジョンで検索するといろいろ出てくると思います。

Qヨウ素による薄層クロマトグラフィーの呈色原理

薄層クロマトグラフィーの呈色に
ヨウ素蒸気をよく使いますが、
これはどのような原理で色がつくのでしょうか?
特定の官能基と反応する他の呈色試薬と違い、
Wikipediaによると
「ほぼ全ての官能基の呈色に有効」だそうですが、
有機化合物全般にヨウ素分子が直接結合する…
わけではないですよね?
教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#6の回答について

>Most organic compounds will absorb iodine or react with it.

ほとんどの有機化合物はヨウ素を吸収するとはどのような意味なのでしょうか?
absorb(吸収)ではなくadsorb(吸着)の誤りということはありませんか。

質問者が勘違いされるといけないので補足説明しますが、ヨウ素が有機化合物と反応した場合(例えば二重結合や活性水素との反応)は、有機ヨウ素化合物となりますので当然ヨウ素の色は無くなってしまいますので、そのことによって発色はしません。
ヨウ素によって酸化された場合も、ヨウ化物イオンとなりヨウ素の色はなくなります。
また、アミン類とは、一定以上の温度では強いコンプレックスを作成する可能性がありますが、実際は相互作用(結合ではない)で有機化合物の周りにヨウ素が補足されているような状態だと思います。
いずれにしろ、ヨウ素発色は有機化合物とヨウ素の相互作用によるもので、反応や結合では説明できないと思います(もちろん還元性物質との反応や活性な多重結合への付加反応は起こりますが)。

#6の回答について

>Most organic compounds will absorb iodine or react with it.

ほとんどの有機化合物はヨウ素を吸収するとはどのような意味なのでしょうか?
absorb(吸収)ではなくadsorb(吸着)の誤りということはありませんか。

質問者が勘違いされるといけないので補足説明しますが、ヨウ素が有機化合物と反応した場合(例えば二重結合や活性水素との反応)は、有機ヨウ素化合物となりますので当然ヨウ素の色は無くなってしまいますので、そのことによって発色はしません。
ヨウ素によって酸...続きを読む

Qwilliamsonエーテル合成で・・・

塩基性条件化で行うのはなぜなのでしょうか?分かる方ご教授願います。m(_ _;m)三(m;_ _)m

Aベストアンサー

塩基性でなければ、アルコール(R-OH)がアルコキシド(R-ONaなど)になりません。アルコールの求核性はアルコキシドに比べてはるかに劣りますので、反応が進まないか、進んだとしても反応速度が極めて遅くなります。

ただし、反応相手が第三級ハロゲン化アルキルであれば、反応は加溶媒分解条件(SN1の条件)で行った方が、脱離反応(E2)が起こらず好結果が得られます。でも、これは、Williamson合成とは呼びませんね。

Qリンモリブデン酸溶液

TLCの呈色でリンモリブデン酸溶液を使いました。
酸化還元により呈色する、ということまではわかりましたが具体的な呈色機構(反応機構)、どういったものと反応するのか(そのときの色は何か←青緑色と赤色に呈色したものがあったので)ということが調べてみてもわかりませんでした。
上記のことがわかる方は教えていただけないでしょうか。もしくはそういったことが書いてあるサイト・本などを教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずリンモリブデン酸の構造をご覧下さい。日本新金属株式会社様のサイトから:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
右下の正8面体が12個集まった構造がいわゆるヘテロポリ酸の基本骨格です。12個のモリブデンが正8面体の中央に酸素が頂点にあり、リン原子はこの立体のど真ん中に嵌り込んでいます。
非常に「対称性」が高く、分子軌道が「縮重」しているため、還元されると電子が分子全体に分布してしまうため、特別な酸化剤として用いられます。
さて、埼玉大学のTLCの検出法のページ:
http://md.fms.saitama-u.ac.jp/study/tlc.html
焦げちゃうみたい。
兵庫大学のリン酸分析のページ:
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_9.htm
リンモリブデン酸は還元されるとモリブデンブルーというきれいな発色をします。これが初めに述べた電子が入った状態の色です。
私、個人的にはTLCで発色させる事はないんです。ほとんどの場合、掻き取ってまた分析するのが目的で、小さなTLCは条件選びのためなもんですから。幸い私の扱う物質はほとんどUV吸収があるので蛍光検出しちゃいます。
生物関係だとそうはいかないので大変ですね。

まずリンモリブデン酸の構造をご覧下さい。日本新金属株式会社様のサイトから:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
右下の正8面体が12個集まった構造がいわゆるヘテロポリ酸の基本骨格です。12個のモリブデンが正8面体の中央に酸素が頂点にあり、リン原子はこの立体のど真ん中に嵌り込んでいます。
非常に「対称性」が高く、分子軌道が「縮重」しているため、還元されると電子が分子全体に分布してしまうため、特別な酸化剤として用いられます。
さて、埼玉大学のTLCの検出法のページ:
http://md.fms.sa...続きを読む

Q銀鏡反応

銀鏡反応の実験で、1%スクロース溶液を試料としたものが反応を示し、銀鏡ができることがあります。
糖の性質から考えると普通はできないはずですよね。
他の糖が反応したらすぐに引き上げる(湯浴加熱を短くする)と反応は起こりませんが、しばらく加熱をしていると反応が起こります。

なぜなのでしょうか?
また反応が起こらないようにする方法はありますか?

Aベストアンサー

アセタール結合・ケタール結合は酸触媒/アルカリ触媒存在下での加熱により、加水分解を受けて解離します。
その上、スクロース内の2つの単糖を結ぶアセタール結合(C-O-C)は、その双方の炭素がそれぞれ2つの酸素原子に挟まれているため、通常のアセタールに比べても、加水分解しやすいはずです。
(両方の炭素が求核攻撃を受けるため、通常のアセタールに比べると、確率での単純計算で分解しやすさ2倍:但し、間に挟まれた酸素の電子吸引性の変化は無視)

このため、銀鏡反応でのアルカリ性・加熱という条件下で、加水分解を起こしてグルコースとフルクトースが生成し、これらの単糖によって銀鏡反応が起きたと考えられます。

Q相互溶解度曲線についての問題ですが・・・

今、60℃において30gのAと70gのBを混合し、その後30℃に下げた
ところ、二液相に相分離した。共存する二液相のうち、Bの含有量が多い方の液相の質量はいくらか?
(液体AとBの相互溶解度曲線がありまして、縦軸に温度、横軸にBの質量分率があります。曲線は釣鐘状の曲線をしています。
30℃で二液相に当てはまる範囲がBの質量分率0.4~0.9となっていて
約45℃で曲線の頂点→Bの質量分率0.7 となっています)

この問題なのですが、【ラウールの法則】を使うのでしょうか。
ラウールの法則だと混合液体の蒸気圧でA,Bの気体が液相と平衡に
なったときに使うようなのであり、飽和蒸気圧、A,Bの分圧も必要と
なってくるので使えないみたいです。
単純に横軸の質量分率が高い0.9を用いて、Bの質量 70×0.9=63g
とすればよいのでしょうか?
誰か分かる方いましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【ラウールの法則】ではなく、【てこの原理】を使います。

QNo.1901883「てこの原理について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1901883.html
のANo.1で紹介されているテキストの「液体の相互溶解度」の【原理】と、ANo.2にある解説を読んでみてください。

それでも分からなかったら、納得がいかないところを補足欄でお知らせください。

Qトリプトファン、チロシンのニンヒドリン反応

学校の授業でニンヒドリン反応の実験を行いました。
試料はアルブミン、トリプトファン、チロシン、アラニン、β-アラニンの5種類の溶液です。

アルブミンとアラニンでは青紫色を呈したのですが、
トリプトファンとチロシンでは茶褐色や薄い橙色など黄色系の色を呈しました。
トリプトファンもチロシンもα-アミノ酸なので青紫色になるはずだと思うのですが、何度やっても黄色系の色になってしまいます。

私たちの班だけではなくクラス全体で同様の結果が出ているので、操作ミスなどはあまり考えられないのですが、どうしても理由が考え付きません。
(ちなみに操作は試験管に試料溶液を入れてニンヒドリン溶液を加え、湯せんで加熱するというものです。)

こうなってしまう理由を思いつく方や、もしもこれが正しい反応だとするなら、黄色系になる原理をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

キリヤ化学様のページ、↓
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q53.html
トリプトファンもチロシンも芳香環を持っていますね、その辺りを発色物質の構造も含めて考察してみて下さい。

論文もありますが、↓質問前に検索されましたか?
http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/6145/1/AN00040862_1968_009.pdf

QCH3CNとHClの反応

画像の化合物と、CH3CNとHClの反応において、始めに

CH3C≡N + H-Cl → CH3C+=NH

になり、化合物のOHがカチオンに付加します。


しかし、そういう反応機構ではなく、下記のように反応する事はあるのでしょうか?

化合物のOHにH+が付き、+OH2になり外れ、化合物が二級カルボカチオンであるCH3CH2CH+-CH3になり、そこに-CNが付加するというSn1反応。

これは起こりえるでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆるRitter reactionとは違いますね。
しかし類似点はあります。
この系ではアルコールが2級なのでカルボカチオンは生じにくいです。そのためにRitter reactionではカルボカチオンがNを求電子攻撃するところで、かわりにH+がくっついています。
また、Ritter reactionではその付加体に対して水が求核攻撃するところですが、この反応では水がないので、かわりにアルコールが求核攻撃しています。
それで、その付加体のCH3C(=NH+)O-の置換基が脱離基として優れているために、Cl-による求核置換SN2が起ったという理解でしょう。
基質が2級なので、SN1型の反応は起りにくいということでしょうね。
また、カルボカチオンが生じるのであればRitter reactionが起りそうにも思えます。

ただ、これは掲載された機構を説明しただけであり、その反応が実際に起るかどうかは知りません。


人気Q&Aランキング