5月18日の日系新聞の記事に「労務コスト」についての記事がありました。
が、労務コストとは一体なんなのか理解できませんでしたので皆様の御教授を頂きたく質問いたしました。

新聞記事の中では「労務コストに」について、「管理部門を含む工場全従業員の賃金と、電気、ガス等の光熱費、通信費などの経費を合算し従業員数で割った数」と書かれていました。

労務コストと、時間単金とは算出方法が違うのでしょうか?
たま、労務コストと時間単金とは全く別の管理数字なのでしょうか?

不仕付けな質問かと思いますが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

普通コストといえば、ものを生産するのに要する費用です。

別ないい方で原価。
企業等で労務コストといえば、生産するのに要する人件費を指します。
大体、人件費/生産量で表します。
企業内では、その費用が全体のどのくらいに相当するかを判断するために、単位
生産量当りの金額に直します。
たとえば、物を1個作るのに必要な費用として、円/個のような形に直します。
物1個を作るには、材料費、加工費、労務費、運送費など色々な費用がかかりま
すが、それぞれを円/個の形にすると、それぞれの費用の割合がわかりやすくな
ります。
質問の内容では新聞記事ということですので色々な企業の比較をしていたのでは
ないかと思います。質問の労務コストであれば、単純に従業員1人当りに企業が
かけている費用となります。したがって、たとえば賃金の占める割合が企業間で
対した差がなければ、「労務コスト」が高い企業は、他の企業より給料が高いこ
とになります。しかし内訳の割合が分からなければそうはいえません。
時間単金は、労務費を生産した時間あるいは労働時間で割った値となるので、生
産時間当りの費用、あるいは労働時間当りの費用のようになって意味合いが違っ
てきます。
従って、労務コストと時間単金では、まったく別の管理数字です。
あまり説明がうまく出来ませんが、大体の意味合いはおわかりいただけるかと・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速月曜日会社に行って算出してみたいと思います。

お礼日時:2001/05/19 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社で労務をやっています。今月で退職するのですが、タイムカードを一年分紛失してしまいました。 離職票

会社で労務をやっています。今月で退職するのですが、タイムカードを一年分紛失してしまいました。
離職票を書くためにまとめて取っておいてあったのですが、どこを探しても見当たりません。
勤怠表は別に付けてありましたので、労働時間は分かるのですが、経理部長はタイムカードがないと問題だと大騒ぎです。このままでは給料の支払いもないかもしれません。タイムカードがない為に給料の支払いをしなくていい等法的に何かありますか?
タイムカードの紛失について何か対処法はありますでしょうか、、、。
詳しい方ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

タイムカードは、税務ではなく労務で保管を求められている帳票なので、それほど問題は大きくないかと。

すなわちタイムカードとは、「労働時間に対し、正しく賃金が支払われているか?」の証憑書類であって。
労使間での賃金問題が発生した場合とか、労基署の調査などがあった場合に必要となる証憑であって、その証憑は必ずしもタイムカードである必要もありません。

更に、大勢の社員のタイムカードを紛失したとなれば、確かに大問題ですが、質問者さんが自分の分だけを無くしたなら、特に問題は無いと言うか、処置可能でしょう。

詳しくは社労士とか労基署に相談すれば良いと思いますが、会社と質問者さんの間で、未払い賃金(労働債権)が無いことを確認し、それを書類化しておけば済むと思いますよ。

たとえば始末書でもを提出し、
・自分の過失で、自分の1年分のタイムカードを紛失した。
・その期間の受取済み給与に関しては、異議や不服はない。
・未収受の給与に関しては、勤怠表をベースとして給与計算して欲しい。
・給与受取後〇日以内に書面で不服を申し立てない場合、会社との間に労働債権が存在しないことに合意する。
くらいを書いておけば、まずOKかと。
今月で退職するなら、始末書の一通や二通を書いたって平気でしょ?

なお、タイムカードが無いことを理由に、給与支払いが遅れたり無かったりすれば、ソッチの方が問題です。

タイムカードは、税務ではなく労務で保管を求められている帳票なので、それほど問題は大きくないかと。

すなわちタイムカードとは、「労働時間に対し、正しく賃金が支払われているか?」の証憑書類であって。
労使間での賃金問題が発生した場合とか、労基署の調査などがあった場合に必要となる証憑であって、その証憑は必ずしもタイムカードである必要もありません。

更に、大勢の社員のタイムカードを紛失したとなれば、確かに大問題ですが、質問者さんが自分の分だけを無くしたなら、特に問題は無いと言うか、...続きを読む

Q労務比率と労務費率

賃金に関連した言葉のようなのですが、次のような言葉があるでしょうか。ある場合、その意味は何でしょうか。

(1)労務比率
(2)労務費率

Aベストアンサー

労災保険料の算定における「労務費率」と「労務比率」はほとんど同義です。

しかし、統計、財務分析などにおいては別です。

統計の種類により定義が異なりますが、例えば、経済産業省所管の「鉱業統計表」における「労務比率」とは、(現金給与総額/製造品出荷額等)×100で表される比率で、主に「労働分配率」:(現金給与総額/付加価値額)×100との対比で用いられます。

一方「労務費率」とは、主に財務分析で用いられる比率で、製造原価における「材料費」、「労務費」、「経費」(建設業の場合は更に「外注費」)のうちの「労務費」が、原価(又は売上高)の何%を占めるかを示すもので、原価分析などに用いられます。

参考URL:http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/hoken/hp-c.htm

Q【労務】あなたの会社はどのような勤怠管理を行っていますか?

【労務】あなたの会社はどのような勤怠管理を行っていますか?
会社で勤怠管理のシステムの見直しを行っています。現在、Notesというソフトの中に入っている(?)勤務表に始業時刻と、終業時刻を記入し、翌月に前月の勤務表を申請して、各サイトの総務部が勤務表から手動計算して、手当計算しています。手動計算がかなり手間で、問題になっているのですが、それを見直すため、下記の2点質問させてください。

(1)みなさんの会社はどのような勤怠管理を行っていますでしょうか?
(こんなものを使って勤務時間を管理していて、こういうふうに集計している等)
(2)勤務表として労基法で求められる最低限のことは?

勤怠管理システム見直しにあたり、広く情報を集めようと思い、投稿しました。
ご返事お待ちしています。

Aベストアンサー

#1です。
>集計は各部署毎に行っているのですね(チェックも?)。
そうです、各部署の一番偉い人(課長クラス)がチェックして、総務に渡します。
総務がチェックして、不備があると、突き返して修正させ又提出。

ちなみにタイムカード上に、残業時間、有給、欠勤などを記入します、それがカードの打刻とあっているかの確認だけ、
有給の管理も部署ごとなので、結構齟齬があるようです、取得日数の集計間違いは日常茶飯事です。

>400人分を一人でこなすなんてすごいですね!
全然すごくないです、それしか仕事していないようなものなので、
総務課とは名ばかりで、給与並びに採用担当係です、
タイムカードが決められた日に全て出てくれば3日とかからず出来ます。
それが嫌で、勤怠管理システムの導入を検討したのですが、
そんなことに300万は高いと言うことで断念でした。

一般的な会社の総務とは違いますね、庶務はなぜか財務課担当者がやっていることが多いです。

Q労務費と外注労務費の違い

建設業会計を行っています。(建築設備業です。)

労務費を特に弊社では使っていません。
会社の人間は、一般管理費で給与計上して、工事における下請業者さん分は、外注費と処理していますが、例えば、材料はうちの会社で一括で購入した方が安いので、材料(機器や継ぎ手類)は弊社が、現場での配管作業等は業者さんに下請け契約しています。

この場合、業者さんに支払う代金は、労務費となるのでしょうか?
調べてみると外注労務費とも思えます。

弊社の場合の計上方法と労務費と外注労務費の一般的な違いを通常の業務に照らし合わせて、どうかお教え願います。

また、外注労務費を決算時に労務費で計上するっと、参考書等にありますが、そうする事で、どんな利点っというか、意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

労務費・労務外注費・外注費の区分が問われるのは
税務関係でなく、経営事項審査の時でしょう。
公共工事の入札参加資格を得るためには様々な角度から審査され、
決算が済むと、まず建設業許可の変更届けへの流れになります。
建設業の許可を有しない、入札参加も希望しないであれば
それほど厳密な区分が必要とは思いませんが・・・、

所謂、外注比率が高いと言うことは
自社にこなす能力が無いと見られるので
なるべく外注費を労務外注費として計上したいものです。
労務外注費はおっしゃるように、原価報告書において
労務費に( )書きされる訳ですので、
丸投げしていない、健全な会社イメージとなり、
反対に外注費が目立って多いとチェックが入ります。

そう言ったことを視野に入れると
貴社のやり方はまれであり、
外注費はなるべく支配権が無い場合とか、
工種の異なる労務を外注した場合に留めた方が得策です。
従って、
下請業者さん分は労務外注費とされた方が良いということになります。

Q労務士の資格について

労務士の資格というのはかなりのハイレベルなのでしょうか?
仮に労務士の資格を取れたとして、すぐに資格を生かした
仕事につけるのでしょうか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険労務士の資格のことでよろしいでしょうか?
弁護士や公認会計士ほど難関では無いです。
ですが、しっかりと勉強し、受験対策もしないととるのは難しいくらいの難易度はあります。

会計事務所などは最近労務の問題も扱うために社会保険労務士の有資格者をパートナーにしているところも多いです。

Qランニングコスト イニシャルコスト

この二つのビジネス用語?の意味おしえてください。

Aベストアンサー

ぶっちゃけ、ランニングコストは維持費。
イニシャルコストは、初期費用です。

クルマで言うなら、購入費用がイニシャルコスト。
ガソリン代や点検費用、消耗品のタイヤ交換費用などがランニングコストです。

Q社会保険労務士の資格で人事などに異動できますか?

前から人事の仕事に興味がありましたが、営業に配属されて4年が経ちます。

しかしながら、やはり労務管理などの仕事に興味があり
社会保険労務士の資格を考えてます。

資格を取れば、人事などへの異動できる可能性はどうでしょうか?
また、実際に異動した人がいたら体験など教えてください。

Aベストアンサー

私は社労士の勉強をしているとき(合格前)に人事部に欠員ができた
ため、人事部に異動になりました。

社長をはじめとする役員の方々も私が社労士の勉強をしていたことを
知っていたことや、自分でいろいろとアピールしたことがよかったの
だと思います。
異動後無事合格できたので、面目も保てました。

私の友人にも合格後、人事部を希望し異動できた方が数名いますし、
人事総務の仕事で転職に成功した方も数名います。

何か質問があれば、お答えできる範囲でお返事させていただきますよ。

Q損益分岐点の算出方法(固定費・変動費の算出)をご教授いただけますでしょうか?

競合企業や取引先企業の損益分岐点を算出したいのですが、
企業全般でなく、特定の事業セグメントについて行いたいです。
それにあたり、
○固定費と変動費の特定(推察)が必要になるかと思いますが、どのような方法を取ればよろしいでしょうか?

有価証券報告書では、セグメント情報としてその事業の「売上高」、「営業費用」、「資本的支出」、「営業利益」あたりまでは開示されていることを見受けます。
・資本的支出は固定費と考えて良いものなのでしょうか?
・営業費用の中には、売上原価や販管費が含まれると思われますが、
これらの中で「変動費」と「固定費」を算出する方法はございますでしょうか?
・もしくは、全社の財務諸表を見て、それらから特定の事業セグメントの固定費や変動費を案分するといった方法はありますでしょうか?
・案分する場合は、売上をベースにしたらよいのでしょうか?それとも
営業利益をベースに考えたら良いのでしょうか?

質問項目が多そうですが、一番上の「特定事業セグメントにおける変動費と固定費の特定」のやり方をご教授いただきたいです。

お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、よろしくお願いいたします。仕事で考えなければならず、少々急ぎで困っています。。。。

競合企業や取引先企業の損益分岐点を算出したいのですが、
企業全般でなく、特定の事業セグメントについて行いたいです。
それにあたり、
○固定費と変動費の特定(推察)が必要になるかと思いますが、どのような方法を取ればよろしいでしょうか?

有価証券報告書では、セグメント情報としてその事業の「売上高」、「営業費用」、「資本的支出」、「営業利益」あたりまでは開示されていることを見受けます。
・資本的支出は固定費と考えて良いものなのでしょうか?
・営業費用の中には、売上原価や販管費が含...続きを読む

Aベストアンサー

個別の費用を変動費と固定費に分解するには企業内部の詳しい情報が必要です。

例えば、従業員の給与は、基本給は固定費ですが、残業をしてたくさん売った場合の残業手当は変動費になります。また、パートを雇って販売をするとこれも変動費になります。競合企業のこういった情報は入手不可能です。

そこで、個別の費用を分解することは断念して、2年分の損益計算書を使って、費用全体を変動費と固定費に分けます。

Yを総費用
Xを売上高
aを変動費率
bを固定費

とすると、変動費は aX となりますから、総費用Yは

Y=aX+b

となります。

Y=総費用=売上高ー営業利益

ですから、開示されている情報からXとYが得られます。
2年分の数値を使って連立方程式を作りこれを解くことで、変動費率 a と固定費 b を求めることができます。

Qドメイン環境の構築(実務書を推薦してください)

Active Directoryを使用したドメイン環境構築について参考になる本を探しています。(試験なのではなく、実務で役立つ本を探しています。)

Amazon.comで評判の高い「Windows Server 2003構築ガイド(技術評論社)」を読みましたが、複数ドメインの構築方法はあまり詳しくなかったので、別の本を探しています。

<例えば、東京本社、大阪支社、福岡支社、従業員1000人程度の会社>
本社、支社別でドメイン構築する方法や信頼関係を構築する方法、子ドメインの作成方法などです。

特にADの構築、管理を解説した本を、推薦していただけないでしょうか。
(出来ればキャプチャーなどが多く、見ただけで直感的に分かるような本を希望します。)

技術者の方は、どういった本を参考にして日々の実務をこなしているのでしょうか?

Aベストアンサー

> (出来ればキャプチャーなどが多く、見ただけで直感的に分かるような本を希望します。)

ということですが、サブドメイン構成を取るのであれば、それなりにADに精通している必要があります。マイクロソフトも、できるだけシングルドメインで構成することを推奨しているくらいです。
なので、上記のような条件を満たしつつ
> 本社、支社別でドメイン構築する方法や信頼関係を構築する方法、子ドメインの作成方法などです。
となると、ちょっと難しいんじゃないかと……
# わたしならまずシングルドメインで、サイトを分けて構築する方法でまず考えます

短期間で知識を仕入れたいのであれば、(ちょっと高価ですが)有償のセミナーを利用する手もあります。
http://www.microsoft.com/japan/learning/training/msulist.mspx

ADに関するコースもありますし、ハンズオントレーニングもある(あった)ので、短期間で一通りの知識を仕入れるのであればこれに勝るものは難しいかと思います。

Q本日(12年9月11日)の日経新聞の記事で

よろしくお願いします。

本日の日経新聞の記事で下記のようなものがありました。
会計的な意味を教えてください。

【日航時価総額6900億円】

”高い評価の背景にあるのは収益力の強さだ。2012年3月期の連結営業利益は過去最高の2049億円。法的整理後に航空機などの資産価格を切下げ、会計上の利益が押し上げられた面があるとはいえ・・・”


とありました。なぜ、資産価格を切下げると会計上の利益が押し上げられるのでしょうか?

B/Sの資産の切下げとP/Lの会計上の利益の向上のつながりがわかりません。

資産価格を切下げて、減価償却費を少なくしたからでしょうか?でも、資産の時価評価で特別損失がでるのではないでしょうか?

どのようなつながりで利益が押し上げられるのでしょうか?
そしてこれは真に日本航空の収益力といえるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

減価償却費などが減った ということでしょうかね。

また、総資産に対する利益率も上がりますから、これも財務諸表の評価が上がることにつながりますね。


ただ、そのこと自体はキャッシュフローを改善するわけではないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報