食品メーカーに務めております。勤務先の商品で
コピーに「消化吸収にすぐれた、云々」という表現を
使用したいとの、上司からの要望があるのですが、
薬事法に触れないでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2001年3月末に公表された無承認無許可医薬品監視指導マニュアル(健康食品取締マニュアル)では、違反表現例として、ご質問の表現は例示されていませんネ。


健康維持、健康増強なども表示はOKなほどです。
消化吸収に優れた‥というのは事実であれば問題ありません。この場合、薬事法ではなく、公取法の範疇になり、不当表示であるかどうかが問題となります。
消化吸収に優れたという表現は極めて主観的なものであるため、何に比べて優れているのかを示すことが必要となってくるでしょうネ。問い合わせがあった場合に十分な根拠を回答できるのであれば、表示に問題はないでしょう。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

私は専門家ではないのですが、仕事でハーブ関係のものを扱っているので、同じような疑問によくぶちあたります。

bababaryさんのケースですが、食品の中には消化のよい物もわるい物もあるわけで、「消化吸収にすぐれた」という表現は、単にその食品の特性を述べているだけで、効能効果をうたっているとは思えないので、特別問題ないのではないかと私は思います。「消化吸収をたすける」とかだと、効能効果にあたる可能性もありそうなので、ちょっと考えてしまいますが。
    • good
    • 0

ナカナカ難しい所ですよね!


法に触れるからすぐさま、捕まるという訳では有りませんので、勧告された時に修正するって言うのも結構多いのではないでしょうか?すれすれの表現をしたり、あるいはやばいなーて言う表現でも強引に表示する場合も多いのでは?経営に近いトップは必至ですからね!それくらいしろよって上司は言うかもしれませんね。
    • good
    • 0

私は専門家ではありませんが、医学的に証明されない表示・記述は薬事法に触れると思います。



以下のホームページで効果・用法の表示規定をご覧下さい。

参考URL:http://www.tokyo-eiken.go.jp/yakumu/cm/top.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q玄米の消化吸収について

白米に比べ玄米は栄養素が高いと聞きます。
しかし、消化吸収が良くないそうですね。

具体的に白米と比べどのくらい吸収率が下がるのかご存知の方がいらっしゃれば教えてください。
(もちろん個人差があるとは思いますが。)
最近、圧力鍋を購入し玄米を炊くことが増えました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

GI値で比較した場合
白米:81 玄米:55
糠成分の含有量など成分的な差異もありますが
それを考慮しても約30%ダウンと考えて良いのではないかと思います。

GI値:食品100gあたり、ブドウ糖を100とした場合の血糖上昇率

Qレトルト食品とアセプティック食品について

昔からなじみのある、レトルト食品。
最近はアセプティック食品なるものを見かけます。しかし、同じように包装されています。
何処がどのように異なるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

根本的な概念が違います。

レトルト:製造プロセスや包材
=加熱殺菌と保存に耐える容器の組み合わせ
=長期保存に耐える

アセプティック:充填プロセスや包材
=充填時に菌が無い雰囲気で菌がない容器に詰める
=内容物により、必ずしも長期保存出来るとは限らない


レトルト食品
http://www.jca-can.or.jp/qanda/qa_01.htm#qano02
製造プロセスの過程で、有害な菌は死滅します。

アセプティック
http://www.toyo-seikan.co.jp/product/c_acept.html
↑参照サイトで適当なのがないのですよ。
要するに、有害な菌がない状態で有害な菌がない容器に詰めるのがアセプです。
極論を言えば、充填される内容物には菌があるかも知れません。


食品に限定して言えば、
レトルト=長持ち
アセプ=鮮度をより保持=無菌なので安全=(内容物により)必ずしも長持ちしない
という捉え方でいいと思います。

牛乳なんかは、殆ど準アセプで充填されています。

参考URL:http://www.jca-can.or.jp/qanda/qa_01.htm#qano02,http://www.toyo-seikan.co.jp/product/c_acept.html

根本的な概念が違います。

レトルト:製造プロセスや包材
=加熱殺菌と保存に耐える容器の組み合わせ
=長期保存に耐える

アセプティック:充填プロセスや包材
=充填時に菌が無い雰囲気で菌がない容器に詰める
=内容物により、必ずしも長期保存出来るとは限らない


レトルト食品
http://www.jca-can.or.jp/qanda/qa_01.htm#qano02
製造プロセスの過程で、有害な菌は死滅します。

アセプティック
http://www.toyo-seikan.co.jp/product/c_acept.html
↑参照サイトで適当なのがないのですよ。...続きを読む

Q国内産食品と外国産食品

さすがに、中国産の野菜や加工食品は抵抗がありますが、
外国産でもヨーロッパからの食品(英国やイタリア)はときどき買ったりします。
みなさんは国産派ですか?
ヨーロッパの食品は中国産のように避けたりしますか?

Aベストアンサー

  実際に食品流通関係の仕事をしています。どちらかというと国産派ですが、自給率の面と気に食わない国(中〇とか韓〇とか)があるからですね。安全性云々が理由ではありません。

 ご存知だとは思いますが、外国産の食品には曲りなりにも(当然全量ではないが)検疫というチェックシステムがあります。残留農薬や化学物質のチェックが主なものですが、この実績で見る限り、意外や中国産の違反率はかなり低く、大体0.5%前後で推移(違反率の順位は10~20位前後)しています。常に1%超のアメリカとかオランダのほうが断然高いですね。この背景には、日本に輸入される中国産食品や原料は、きちんと日本人が関与していることが多い、という事実があると思います。それだけ信用できないって裏返しでもあるんですが。
 餃子事件を引き金に、不衛生・不正直のイメージが強い中国ですが、こと実際に日本に輸入される食品の安全性については、マスコミのミスリードによる誤解が大きいのではないかと思います。

 で、国内産に話を移しますと、そもそもそうした仕組みがありません。確かに日本の業者は技術も高いですし真面目なところも多いのですが、どんな国だって一定に悪いやつはいて、結構ダークな側面があります。とくに安全性はともかく、産地の偽装という分野では下手をすると日本のほうが悪質な場合はままあります。結構な皆さんが国産神話を信じていらっしゃるんではないでしょうか。

 ということで、「国」というくくりで食品のよしあしを見分けるのは簡単なことではない、と私は思っています。

  実際に食品流通関係の仕事をしています。どちらかというと国産派ですが、自給率の面と気に食わない国(中〇とか韓〇とか)があるからですね。安全性云々が理由ではありません。

 ご存知だとは思いますが、外国産の食品には曲りなりにも(当然全量ではないが)検疫というチェックシステムがあります。残留農薬や化学物質のチェックが主なものですが、この実績で見る限り、意外や中国産の違反率はかなり低く、大体0.5%前後で推移(違反率の順位は10~20位前後)しています。常に1%超のアメリカとかオランダ...続きを読む

Qレトルト食品と冷凍食品も体に悪い?

レトルト食品と冷凍食品は、基本的に添加剤・防腐剤等は使用していませんよね。
ということは、調理したものをそのまま再現しているわけで、カップラーメンのような害悪は少ないといえますよね?どうでしょうか?
味を保つための何かをやはり添加しているのでしょうか?
それとも、レストランのような味を出すため、偏っている(塩分・油等)ため、結局体にあまりよくないのでしょうか?

Aベストアンサー

国内で売られてる商品はほとんど海外の工場での加工です。原料も現地調達がほとんど。原料の質も問題では。

以前ほうれん草の冷凍食品から、農薬が検出されたことがありましたよね。大手メーカーで。安心できないですよ。表示してあるメーカーは販売してるだけです。生産、加工地ではありません。ミ○○ードーナツの違法添加物の件もです。日本では最後にちょいと手を加えるだけです。

とうふのような鮮度優先ものならわかりませんが、多少賞味期限が長いものは、地方都市の会社のものであっても怪しいです。どこもコスト削減ですから。おでんの具セットも袋詰から。

生協が扱っているものなら、大丈夫かもしれません。オリジナルブランドは検査もしているはずですし。

安全でお手ごろというのはかなり難しいです。

Q調理済み食品、半調理ずみ食品の違い

調理済み食品、半調理ずみ食品の違いを具体的に教えてください。

Aベストアンサー

調理済み食品:元の食材を加工調理した食品(半調理ずみ食品を含む)
半調理ずみ食品:加熱等の処理が必要な加工食品(焼く、揚げる、煮るといった後調理が必要な食品)

英語だと半調理ずみ食品はLeady to cookというみたいです。
ちなみにそのまま食べられる加工食品はReady to eatとなってます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報