申告分離課税では年間20万以上の利益がなければ申告不要ということに
なっていると思います。
#これが間違っているならご指摘ください。

たとえば2つの株を売買したとします。
(a)100万で購入->200万で売却(源泉分離課税を選択)
(b)100万で購入->110万で売却(申告分離課税を選択)

(a)は源泉分離課税を選択しているので売った時点で税金の話は
終わりますよね。
(b)は申告分離課税なので、申告が必要となります。

ただし(b)の利益は10万です。
(a)の売買に関する課税は終わっていると考えると、
(b)の利益に対する確定申告は不要のような気がするのですが、
違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>申告分離課税では年間20万以上の利益がなければ申告


>不要ということになっていると思います。
ここで、ニュアンスが違いますので、すこし訂正があります。
給与所得者で、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告が不要ということです。
ですから、申告分離課税の利益だけで判断するのではないということをご承知おきください。

ご質問の場合、給与所得者で給与と株式の売買以外に所得がないとしたら、申告分離課税の対象は、おっしゃるとおり10万円ですから、申告の必要は有りません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

例では200万円分も買ってますが、実際はそんなには
買いません。年間利益が20万円を越えることはたぶんないでしょう。

それでは、年間利益20万円までは申告分離課税を選択し、
20万円を超えそうになったら源泉分離課税を選択すれば
お得ってことでしょうか?
これは株をやっている方々にとっては当然の常識ですか?

補足日時:2001/05/22 11:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
だいぶ、奥のほうの質問となってしまいましたので、
閉めたいと思います。

だいぶ株が下がってしまいましたのでしばらく売る心配は
しなくてよさそうです。。。

お礼日時:2001/06/12 10:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q申告分離課税の利益20万円超えの税金について

申告分離課税は20万円まで、申告不要との事ですが、
20万円を超えた場合
例えば、申告分離を選択した年間利益が50万円の場合
50万円-20万円=30万円なので
30万円の26%が税金として課せられるのでしょうか?
それとも50万円の26%なのでしょうか?
宜しくお願いします。

それから、年間の給与所得等が0円で、株の利益で100万円未満の場合
税金は、払う必要があるのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

>申告分離課税は20万円まで、申告不要との事ですが

これは株式の利益だけの話ではなく、給与・退職金以外の
所得の合計に関するもので、給与所得者に適用されます。

20万円を超えた場合は全額(質問文の例では50万円)
申告する必要があります。なお、20万円以下でも住民税
の申告は行わなくてはいけません。していない人が多い
ような気もしますが。


>それから、年間の給与所得等が0円で、株の利益で100万円未満の場合

この場合は「給与所得者」ではないので、自分で税額を
計算して(各種控除も計算し)ゼロにならなければ申告、
納税する必要があります。

なお、この10月から長期所有株式の100万円特別控除
が始まりますが、これは確定申告の手続きを行った上での
話です。

Q株式を申告分離課税で売却した時の、日付の解釈は約定日ベース?それとも受け渡し日ベース?

株式を申告分離課税で売却した時の、日付の解釈は約定日ベース?それとも受け渡し日ベース?どちらでしょうか?年末に約定して翌年受け渡しになる場合どちらの年に売却したことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

税務上は原則は、受渡日の属する年度に申告することとなっていますが、約定日の属する年度に申告しても良いこととなっていますから、都合のよい方を選択して問題ありません。

これは、昨年度から始まった、新株式税制の「1年以上保有していた株などを売却した場合、利益が年間100万円までなら税金がかからない」と云う制度でも同様の扱いとなります。

Q分離申告課税

いつもお世話になっております。

先日保有している株式を損切りしました。
オンライン証券会社を使っているのですが、その際に「分離申告課税」を選択しました。
数日後、知人から「損を出した分は確定申告の必要はない」と言われたのですが、本当に一切必要が無いのでしょうか?
私は税率が変わるだけで、確定申告するのだと思っていました。

検索もしてみたのですが、うまく探すことができませんでした。
お詳しい方、どうか助けてください。
よろしければ、個人投資家向けの確定申告を説明したようなサイトなどご存知でしたらそちらも教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

損切りの場合は以前なら分離課税を選択すれば証券会社で無税処理してくれます。手数料はそのままですが。
問題は申告するかどうかですが、大きな金額でなければ特に申告は不要だったと思います、税務署は証券会社から売買状況を把握してますから大きな利益でも出てない限りは何も言って来ないと思います。実際申告したこともあるけどほとんど何もみないまま返されました。それからは損したら分離課税にして儲かったら源泉にしてそのまま放置してます。税務署の立場としては脱税して不当に儲けてる人をチェックしてるわけで、一般庶民からわずかな税金を取り立てるほど暇じゃないと思います。

そのかわり申告して帰ってくる金は、しっかり申告しないと貰い損になります。配当金の20%課税もほとんど戻ってくるようなので今回から申告しようと思います。
確定申告は混雑してたりして面倒に思えますが、説明してくれる人が大勢いてほとんどが簡易的に処理されるので複雑な問答は余りないと思います。不安だと思ったら雰囲気を知るためにも一度行った方がいいと思います。住宅控除とかは書類が揃わないとだめですが、株式はほとんど把握されてるので簡単な質疑応答だけで済むでしょう。

損切りの場合は以前なら分離課税を選択すれば証券会社で無税処理してくれます。手数料はそのままですが。
問題は申告するかどうかですが、大きな金額でなければ特に申告は不要だったと思います、税務署は証券会社から売買状況を把握してますから大きな利益でも出てない限りは何も言って来ないと思います。実際申告したこともあるけどほとんど何もみないまま返されました。それからは損したら分離課税にして儲かったら源泉にしてそのまま放置してます。税務署の立場としては脱税して不当に儲けてる人をチェックし...続きを読む

Q株式売却時の申告分離課税

株式売却時の申告分離課税の申告のことなのですが
1 購入時における手数料は購入代金に参入して取得原価を出すのか?
2 売却時における手数料は売却代金から差引き損益額を出すのか?
3 申告で売却したものの、取得原価が全くわからなくなっている(購入時の証券会社から他の証券会社に何度も保振をしている場合
この3つについて教えてください。

Aベストアンサー

1.2.手数料は原価に含めます。
3.証券会社は10年間の売買記録を保管する義務があるので、まず、買った証券会社へ聞いてください。
 どうしてもわからない場合は、売却額の5%を原価とみなすことが認められています。但し、5%しか引けませんので、税金は高くなります。

Q申告分離課税について・・・

近々、源泉分離課税が廃止すると言う事ですが、投資経験のある皆様にお聞きいたします。所得税や住民税などで26%も課税される(利益が出ていればと言う話)という事ですが政府の決定に至った経過やこれからは違う分野に(信託などに)お金を廻そうと思っていらっしゃる方もいると思います。個人投資家は離れていくということですがそれでも皆様は続けますか?

Aベストアンサー

当然続けますよ。株式投資は売却益のみではありません。配当収入もありますよ。たとえば電力株は利回りが3パーセント以上のものが7銘柄ありますね。この低金利時代になかなかないですよ。長期投資にはうってつけだと思います。利が乗って、たとえ売却時に3割ほど税金で引かれても、総合利回り3パーセント以上にはなるわけでしょ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報