出産前後の痔にはご注意!

今年3月末 会社退職
6月中旬~7月末 短期アルバイト
12月~ 就職予定

このような場合、自分で確定申告や年末調整が必要なのでしょうか?
12月から契約社員での就職が決まっていて、各種保険も完備されているのですが、その場合はその会社で今まで通り手続きをしてもらえるのでしょうか。

最近、保険会社や国民年金の控除証明書が自宅に届いたのですが、就職までまだ少し日があるので先にこちらでお尋ねしてみようと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

長いですがよろしければご覧ください。


※不明な点はお知らせください。

>このような場合、自分で確定申告や年末調整が必要なのでしょうか?

ケース・バイ・ケースです。

なお、

・「年末調整」は「勤務先が行なう」【給与所得の源泉所得税】の精算手続き
・「確定申告」は「納税者自身が行う」所得税の精算手続き

です。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

---------
・今年3月末 会社退職
・6月中旬~7月末 短期アルバイト

上記2社から「給与所得の源泉徴収票」は交付されていますでしょうか?

もし、「短期アルバイト」がいわゆる「請負仕事」だった場合は、「給与所得」ではないので交付されず、原則「確定申告」が必要になります。(不明な場合は勤務先に確認して下さい。)

『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『No.1300 所得の区分のあらまし』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
『確定申告を要しない場合の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm
>>…年の中途で退職した者の場合は、退職の日以後1か月以内にすべての受給者に交付しなければなりません。

もし、「給与所得」であるにも関わらず交付を拒否された場合は「税務署」に相談してください。

『[手続名]源泉徴収票不交付の届出手続』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …

いずれにしましても、きちんと税務処理を行う会社であれば、入社前の従業員の収入状況を確認して、「合算して年末調整ができるかどうか?」を確認してくれるはずです。

一般的には「すべて給与所得」、かつ、「掛け持ち勤務ではない」場合は「合算して年末調整」してもらうことができます。

ただし、例外もありますし、会社によっては「(可能なのに)合算してくれない」ようなところもあります。入社後、勤務先によくご確認下さい。

『年末調整』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/gensen33.htm

なお、「合算して年末調整」ができなくても「確定申告」さえすれば、きちんと「源泉所得税の過不足の清算」ができます。

---------
(備考)

「確定申告」した場合は、「住民税の申告」は不要になります。
また、勤務先から(市町村へ)「給与支払報告書(給与所得の源泉徴収票)」が提出される場合も「住民税の申告」は不要です。

それ以外の場合は、別途「住民税の申告が必要かどうか?」を自分で確認する必要があります。

(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003 …

(参考)

『報酬?給与?所得の区分がグダグダだと?(2/2)』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14559/2/

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://www.zeikin5.com/calc/
※あくまで目安です。

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_souda …
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/noz …

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※なお、間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】各窓口に確認のうえお願いいたします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とても詳しく、またURLも多数あり参考になりそうです。またじっくり確認させて頂きます。

お礼日時:2012/11/07 07:01

>このような場合、自分で確定申告や年末調整が必要なのでしょうか?


12月の就職予定の会社で12月に給料が支払われるのなら、年末調整してもらえるでしょう。
ただし、就職したらすぐに、3月退職した会社の源泉徴収票、バイトの源泉徴収票を提出しないとダメです。

なお、12月就職の会社で年末調整されなかった場合、今年の年収が150万円以下なら確定申告の必要ありません。
ただ、確定申告すれば、引かれた所得税の一部が還付されるでしょう。
来年になったら、源泉徴収票(3社分)、控除証明書、印鑑、通帳を持って税務署に行けばいいです。
なお、還付の申告なのでいつでも申告できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
入社後確認してみます。

お礼日時:2012/11/07 06:59

>12月~ 就職予定…



その会社で 12月中に給与が支払われるのなら、前職すべての源泉徴収票をその会社に提出して、まとめて年末調整をしてもらうのが原則。

年末調整をしてもらえなければ、自分での確定申告が必定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
12月に給料が入るかどうかで違ってくるのですね。
入社後確認してみます。

お礼日時:2012/11/07 06:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨年3月に会社を退職、確定申告は必要ですか?

昨年3月に会社を退職し、その後専業主婦をしていますが、確定申告はひつようでしょうか?いくらか税金が返ってくると言われましたが、ほんとうでしょうか?

Aベストアンサー

前職の3月までの源泉徴収票を添付して確定申告をすれば、税金は戻ってきますよ。源泉所得税が引かれていれば幾らか戻るはずです。
3月までの収入(支払金額)が103万円を超える場合は、保険の控除証明書などを添付すればさらに戻ります。また、103万円以下なら、旦那さんの扶養に入れますが、年末調整で入れましたか?入っていないなら旦那さんも確定申告すればさらに税金戻りますよ。

Q退職後、バイトした場合の確定申告

初めて確定申告をしますが、わからないことがあるので、教えて
ください。

平成18年5月末日で退職しました。
(正社員として働いていました)
その分の源泉徴収票はあります。
その後、定職には就いていませんが9月と10月にアルバイトをして
計21,000円ほどの収入がありました。
バイト先には「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を書いてく
れといわれたので、書いて提出しています。

ここで疑問なのですが、アルバイトしたぶんの収入も含めて
確定申告をしなければならないのでしょうか?
そうなるとバイト先からも源泉徴収票をもらわないといけないの
ですよね?

この点、自分で調べたりもしたのですが、よくわからないので
どうかご助言をお願いします。

Aベストアンサー

ご質問者様の場合は、年末調整されていませんので、確定申告すべき事となりますが、確定申告の際には、その年中の全ての所得について申告すべき事となりますので、アルバイトの分も源泉徴収票を取り寄せて、申告すべき事となります。

源泉徴収票は、たとえアルバイトであっても、会社には発行する義務がありますので、当然もらえるべきものですから、まだもらわれていなければ、請求されたら良いと思います。

Q1~3月分源泉徴収票 4月から新しい勤務先

源泉徴収票についてです。

4月からの勤務先に、1月から3月まで前の職場で働いた分の源泉徴収票を提出してほしいと言われました。

それを、3月の半ばには提出するように言われたのですが、3月の半ば以降4月になるまでの間も前の職場で働くつもりですし、源泉徴収は毎年年度末に行われていると思うのですが、この時期に3か月分だけ発行などできるものなのでしょうか。

仕組みがよくわからず困っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>源泉徴収は毎年年度末に行われていると…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>この時期に3か月分だけ発行などできる…

年の途中で退職すれば、その時点で発行されます。
退職しないうちから出せというのは無理難題です。

年末 (年度末ではない) に発行されるものとの違いは、「給与所得控除後の金額」欄と「所得控除の額の合計額」欄とが無記入になることです。

Q退職しました。1月から3月までの源泉徴収票について

4月に退職した元公務員です。
退職金に付いての源泉徴収票は退職後に郵送されてきたのですが、1月から3月まで働いていたときの分はもらっていません。
いつ郵送されてくるのでしょうか。
こちらから申告してもらった方がいいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職日から1ヶ月以内に交付することになっています。
期限が過ぎていたら催促してみたら?

Q社員を年の途中でやめた後の扶養について

平成17年3月末日付で退職します。
今までは会社で社会保険に入っていました。

よく年に130万円以上稼ぐと、旦那の扶養に入れなくなるという話がありますが
年の途中で社会保険を抜けて扶養に入った後
4月~12月の期間で130万円未満なら大丈夫というわけではないですよね?

月108000円までなら扶養範囲内ということなので
社会保険を払っていた月の分を抜いて
108000円×9ケ月=972000円までならOKということでしょうか?

それとも年130万円未満というのは、社会保険を払っていた月の分も含めるのでしょうか?

具体的に4月~12月の期間で稼いでもOKな金額を教えていただけると助かります…

色々なサイトや質問を見ていれば見ているほど混乱してくるジャンルです…(>_<)
もし既出でしたらURLを教えてください。

Aベストアンサー

税金の「配偶者控除」は、年間(1-12月)の通算ですが、社会保険の「扶養」は違います。
130万円は1年間の場合の目安でしかないです。
収入がなくなれば、すぐ扶養に入れます。

逆に、130万円いかなくても、「130万円を超えるような収入」(月給108,333円以上・日給3,562円以上)が見込める場合は、扶養から抜けなければなりません。
例えば、11月に月給20万のところに就職すると、11,12月で40万にしかなりませんが、「130万を超えるような収入」なので、扶養から抜けます。
(税金関係では、所得税もかからず、配偶者控除も適用(いわゆる扶養)です)

私の嫁さんは去年10月で退職しました。200万円を超える稼ぎがありましたが、11月から私の扶養に入れました。
(実際の判断は#1さんの言われるように会社がします。前の会社はいろいろ書類を出したり大変でしたが、今の会社は口頭説明ですんなりOKでした)
しかし税金関係では、配偶者控除の対象外(いわゆる扶養ではない)です。

Q退職してからの住民税と所得税について

会社を退職して無職になると住民税と所得税の請求書が家に届きますが、これらの税金はどういう計算で毎月の額が決められるのでしょうか?
あと所得税に関してなんですが、例えば一月の所得がゼロの場合は所得税は請求されないのでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

>会社を退職して無職になると住民税と所得税の請求書が家に届きますが…

本当に所得税の請求書も来ましたか。
来たのならどこから来ましたか。

----------------------------------------------

住民税は、前年の所得に対して課税されるものなので、退職して給与から天引きできなくなると、自宅に納付通知が送られてきます。

一方、所得税は 1年間の所得額が確定してからの後払いです。
サラリーマンの場合に限って、源泉徴収という名の下に、分割前払いさせられているだけです。
このため、サラリーマンは年末調整という形で、1年間の所得税を確定させます。

サラリーマン以外の所得税は、1年間が終わってから、自分で所得額を計算し、納税額も自分で計算し、払いに行くのも自分でやらなければなりません。
これを「確定申告」と言い、翌年の 2/16~3/15 に申告と納税をすませます。

----------------------------------------------

退職前の会社で、所得税の源泉徴収に取り損ないでもあったのなら、会社から請求書が来ることはあるかも知れません。
しかし、税務署から、1年が終わらないうちに納付通知が来ることは絶対にないのです。
1月に何百万もうけようと、5月に何千万もうけようと、その年の内に所得税を納めることはないのです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

>会社を退職して無職になると住民税と所得税の請求書が家に届きますが…

本当に所得税の請求書も来ましたか。
来たのならどこから来ましたか。

----------------------------------------------

住民税は、前年の所得に対して課税されるものなので、退職して給与から天引きできなくなると、自宅に納付通知が送られてきます。

一方、所得税は 1年間の所得額が確定してからの後払いです。
サラリーマンの場合に限って、源泉徴収という名の下に、分割前払いさせられているだけです。
このため、サラリ...続きを読む

Q夫の扶養に入っているが、確定申告と年末調整、どちらをすればいい?

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の健康保険に切り替え、扶養に入りました。

もうすぐ年末調整の時期ということで、派遣会社から源泉徴収票を取り寄せ確認したところ、1月~退職日までの収入金額が約113万円でした。

ここでお聞きしたいのが、
1)夫の扶養家族として、夫の会社から渡される年末調整の申請書に必要事項を記載すればきちんと処理されるのか?
それとも私の分だけ来年になってから確定申告をするのか?
どちらがよろしい(正しい)のでしょうか?
(無知すぎて質問自体がおかしいかも知れません‥)
2)また、もし私が確定申告をするのであれば、夫の会社から渡される年末調整の用紙には、扶養であっても私の事は一切、何もかかずに提出していいのか?

よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

本当に無知すぎてお恥ずかしいのですが、毎年、年末調整やら確定申告のことになると頭を悩ませています‥。
それに今年は途中で仕事をやめたり、夫の会社の健康保険に入ったりと色々あり、どうしたらいいのかと色々調べている次第です。
詳しい方がいましたら、どうか教えていただければ‥と思います。

よろしくお願い致します。

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず給与所得の収入金額等の欄に1130000と書きます、その横に650000とすでに印刷されていますね、1130000からその650000を引いた金額480000をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄がありますね、そこにその480000を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表がありますね、左側のA欄の金額で先ほどの480000は「450000円から499999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が310000円となっています、この31万の31をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。
これが一応の手順です、これで夫は31万の配偶者特別控除が受けられます。

>(2)

繰り返しになりますが質問者の方の確定申告は妻側の税金の処理、夫の会社から渡される年末調整の用紙は妻の収入は書きますがあくまでも年末調整という夫側の税金の処理ですから混同しないように。
それぞれ別々の処理ですから、どちらか一方をやればもう一方はやらなくてもよいということはありません、どちらも処理もそれぞれ必要です。

>よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

103万を超えているいないにかかわらず所得税が天引きされていれば、確定申告をすることによって例えわずかでも還付がありますのでやったほうがいいと思いますが。

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず...続きを読む

Q今年の2月に中途退職 確定申告による還付

どなたか教えてください。
今年2月に15年勤務した会社を中途退職しました。

1)会社からの退職金明細によると、市民税(約10万円)は
 引かれていましたが、所得税は0(ゼロ)という記載でした。

2)そして、先月6月に市民税として新たに約15万円の納付書が
 市役所から届きました。 (すでに納付済みです)

質問は以下の通りです。

a) 次回の確定申告により還付されるお金はあるのでしょうか。
 タックスアンサーによると所得税は還付されるが、
 市民税は前年分を後払いしているので戻らないと
 書かれていましたが、そのとおり解釈すると今回のケース
 では確定申告しても何も還付金がないということに
 なるのでしょうか。

b) 上記1)、2)の市民税はいずれも昨年分に対する税金ですが、
 なぜ会社側で控除されて、またまた市役所からも納付書が来たのでしょうか。

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。

>確定申告は2月16日からとはどこかで聞いたことがあるのですが、それ以前に申告できるのですか
できます。
通常の確定申告は2月16日からですが、貴方のように「還付申告」の場合は可能です。

>たとえば、今日明日とかでも大丈夫なのでしょうか
いいえ。
それはできません。
来年になったら、いつでもできるということです。
通常の確定申告の期間(3月15日まで)以降でもできます。
確定申告の時期をはずせば、税務署すいてますから並んで待つようなことありません。
なお、税務署によっては、電話であらかじめ予約をとる必要があります。

Q国民健康保険料を1万円以下にするにはどれぐらいの年収になりますか?

今年から国民健康保険に加入になりました。(大阪市内在住)

前年度収入が280万円ぐらい(税込)で今年度の国民健康保険料は1か月28260円です。
(住民税は12500円です。)

手取りにしたら1か月15万円ぐらいしかなかったのに国民健康保険と住民税と足したら4万円超えるって高すぎませんか?

来年はもう少し安くなるべく1万円以下にしたいのですが、どれぐらいの年収だったら1万円以下になりますか?(住民税も年収によって変わるのですか?)

私は両親と同居しています。

父78歳(年金1か月17万円ぐらい)母75歳(年金1か月5万円ぐらい)です。

これらの両親との同居の環境によって国民健康保険も住民税も変わってくるのですか?

Aベストアンサー

まず回答を。

国民健康保険料を1万円以下にするんですよね。
あなただけなら、年収134万円です。
因みに年間11.9万円を逆算した金額です。
10ヶ月按分されると、月約1.2万円です。
10ヶ月按分で月1万円にしたいのなら、
年収126万円になります。

因みに現状払っている金額は1年分を
10ヶ月按分しています。
年間約28.3万円です。

住民税は年間10万円です。

合計38.3万円で12ヶ月に按分すると、
約3.2万円です。

月4万円ではありません。

ご両親は年齢から言うと、国保ではなく
後期高齢者医療制度なので、
あなたの国保には影響はありません。
住民税もです。

保険料の算定や軽減措置など
私も含め、皆さんが何度も回答しています。A^^;)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8971716.html

以下にEXCELなどの計算表も提供されています。
http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000007853.html#1

独立されるのかされたのか分かりませんが、
まず、ご自分で内容をきちんと理解されること
これまでの質問回答の文章をよく読んで
内容をよく理解されることを
強くお薦めします。

まず回答を。

国民健康保険料を1万円以下にするんですよね。
あなただけなら、年収134万円です。
因みに年間11.9万円を逆算した金額です。
10ヶ月按分されると、月約1.2万円です。
10ヶ月按分で月1万円にしたいのなら、
年収126万円になります。

因みに現状払っている金額は1年分を
10ヶ月按分しています。
年間約28.3万円です。

住民税は年間10万円です。

合計38.3万円で12ヶ月に按分すると、
約3.2万円です。

月4万円ではありません。

ご両親は年齢から言うと、国保ではなく
後期高齢者医療制度なので、
...続きを読む


人気Q&Aランキング