特別土地保有税の申告書が来ました。それには、取得分と保有分があり、同じ地番に対して取得、保有の両方を課税するとのことでした。同じ地番に対して取得、保有の両方を課税できるのでしょうか?その地番は、雑種地で5000m2以上です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

特別土地保有税はつぎのように課税されます。



取得分は7月1日又は1月1日前1年以内に取得した土地
に課税。
取得分は、取得時にのみ課税されます。

保有分は。1月1日現在所有する土地に課税。
保有分は、保有している期間中は課税されます。
土地の保有期間が10年を超えると課税されません。

従って、取得した初年度は、取得分と保有分の両方が課税されます。

課税される対象の土地の免税点は、次の通りです。
(1)指定都市の区の区域及び東京都の特別区の場合・2,000m2
(2)都市計画法第5条に規定する都市計画区域を有する市町村の区域の場合・5,000m2
(3)その他の市町村の区域の場合・10,000m2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/13 19:32

補足すると、納税義務猶予免除は、駐車場、資材置き場でも砂利敷きと柵囲い、5割以上の利用など、要件が細かいようです。

やりますだけではなく、それなりの整備と費用負担が必要です。それと税金のどちらが安いかよく考えるたほうがいいです。
取得分は1回きりで不動産取得税、保有分(税額は、取得分の約半分)は毎年かかるので固定資産税ににています。
また取得価格は修正するのですが、これより固定資産税の価格がやすければ、申告はいるが、税額は0です。 これが3年続けば4年目以降は、申告もいりません。(逆転3年超)高い場合は、10年たてば申告不要です。
また、農林業をする場合は、非課税となることもあります。あと、最初の1月1日を迎える前にうると、取得分はかかるが、保有分はかからないはずです。 でも、微妙な部分もありますから、役所に必ず、確認してくださいね。
    • good
    • 0

特別土地保有税の場合、初年度は、取得分と保有分、両方課税されますが、


納税義務免除の制度もあるので、該当するかどうか確認された方が良いと思います。

その土地の上に恒久性のある事務所や店舗、工場施設、競技施設、駐車場等を建築する予定がある場合は、所定の書類(特別土地保有税免除認定申請書、建物等の建築確認書や図面等)を提出し、認定された場合は、特別土地保有税を払わなくてすみます。

わたしの会社も、この免除認定申請書を提出し、払わずにすみました。
特別土地保有税は、金額もかなり大きくなるので確認された方がよいと思います。
特別保有税の申告書といっしょに、申告の手引きなるものが入っていますので、
そこに詳しく書いてあると思います。
わかりにくい場合は、担当部署に電話で聞くと、親切に教えてくれますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人税は収益的収支に対してだけ課税され、資本的収支には課税されないのか

実学が伴っていないので詳しい方教えてください。
資本的収支と収益的収支がありますが、いわゆる法人税は収益的収支に対してのみ課税されるのでしょうか、資本的収支は課税されないのでしょうか。

それとも全然見当違いの質問なのでしょうか?

Aベストアンサー

>>それとも全然見当違いの質問なのでしょうか?
はい、見当違いの質問です。
法人税は利益に対して課税されるのもであり、
利益は損益計算書から算出されます。
損益計算書の基が収益的収支です。

資本的収支とは投資にかかる支出とその財源を示すものであり、
差引利益が発生することはありません。

Q課税・非課税・不課税について

課税・非課税・不課税について分からず困っております。

商品は課税になることは分かりますが、
送料・代引手数料はどうなるか分かりません。
また、不課税という言葉もあり、通販の処理に
どういう項目を使えば良いか悩んでいます。

消費税は課税される商品の税という意味でしょうか?
基本的に小数点以下の処理(四捨五入?)など
決まりがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

消費税の課税要件は、

(1) 国内の取引。
(2) 事業者が事業として行う取引。
(3) 対価を得て行う。
(4) 資産の譲渡、役務の提供等。

です。これら4つがすべて満たされれば課税されます。

>送料・代引手数料はどうなるか…

すべて課税されます。一般にこれらは消費税を含んだ価格が設定されています。

>不課税という言葉もあり、通販の処理に…

「不課税」とは、上記の4つのうちどれか1項目でも欠ける取引です。例えば、
・輸出入取引
・個人が家庭の不要品を売買
・見舞金や香典
などです。
通販を職業としている限り、原則としてすべて課税対象になります。
ほかに「非課税」という言葉もあります。詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をご覧ください。

>消費税は課税される商品の税という意味…

消費行動に対する税です。

>小数点以下の処理(四捨五入?)など…

四捨五入、切り捨て、切り上げのいずれでもかまいません。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/shou301.htm

消費税の課税要件は、

(1) 国内の取引。
(2) 事業者が事業として行う取引。
(3) 対価を得て行う。
(4) 資産の譲渡、役務の提供等。

です。これら4つがすべて満たされれば課税されます。

>送料・代引手数料はどうなるか…

すべて課税されます。一般にこれらは消費税を含んだ価格が設定されています。

>不課税という言葉もあり、通販の処理に…

「不課税」とは、上記の4つのうちどれか1項目でも欠ける取引です。例えば、
・輸出入取引
・個人が家庭の不要品を売買
・見舞金や香典
など...続きを読む

Q5000円以下の課税されない飲食費について

いつもお世話になっております。

5000円以下の課税されない飲食費についてなのですが、
仕事はしたことがないのですが、同業者の方の家で
仕事の話し(契約できるかはわかりません)を
するのですが、その場に少し高めのお肉等、食材を
持っていきたいのですが、食材のレシートに
参加した人の名前と会社名を書いておけば、
1人5000円までの課税されない飲食費にできるのでしょうか?

また、仮に家族も参加する場合は、それは人数として
含めてはいけませんよね?

以上、宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

食材そのものは飲食費ではなく贈答品の類に該当すると思われますので、交際費から除くことはできないと思われます。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/5065.pdf

Q大量保有要因と大量保有報告は別物ですか?

そんなにすぐに困っているわけではないのですが、違いがよくわからないのでどなたか教えてください。
先日、会計士の友人から、アメリカの会社では、株式を大量に持っている時は、開示の際に大量保有要因のことを考えなくちゃいけなくなるとか言っていました。「大量保有要因」って何でしょうか。「大量保有報告」の間違いではないのでしょうか?

Aベストアンサー

回答が遅くなりました。
大量保有要因と大量保有報告は別物だと思われます。
大量保有要因という言葉は、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、その元の英語であるblockage factorなら、アメリカの会計基準などで目にしたことがあるかもしれません(それでも、かなりマイナーな会計用語ですが)。
blockage factorとは、有価証券を非常に多く持っている場合の相場に与える影響のことを言います。アメリカでは、有価証券をfaie valueで測定する際に、報告企業がその有価証券を相場に影響を与えるほど沢山持っている場合に、その相場の影響を考慮しながら評価するという会計処理が、証券会社など一部の業種で認められています。しかし、これを一部の業種だけに認めてよいのか、全面的に禁止すべきではないかという意見が出されたため、アメリカの会計基準を作っているFASBが公正価値測定の議論の中で検討したというものです。今のところ、blockage factorを全面的に禁止することでほぼ結論が固まっていますが、公正価値測定の基準公表自体が当初の予定よりも遅れてしまったため、正式には決まっていません。
アメリカでは、結構議論になっていますが、日本ではこのことを扱ったものはほとんどありません。ご参考まで、このことを扱った数少ない日本語文献とアメリカのFASBのページ(英文)を紹介しておきます。
http://www.imes.boj.or.jp/japanese/jdps/2005/05-J-24.pdf
http://www.fasb.org/project/fv_measurement.shtml

回答が遅くなりました。
大量保有要因と大量保有報告は別物だと思われます。
大量保有要因という言葉は、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、その元の英語であるblockage factorなら、アメリカの会計基準などで目にしたことがあるかもしれません(それでも、かなりマイナーな会計用語ですが)。
blockage factorとは、有価証券を非常に多く持っている場合の相場に与える影響のことを言います。アメリカでは、有価証券をfaie valueで測定する際に、報告企業がその有価証券を相場に影響を与えるほど沢...続きを読む

Q簿価分の課税について

簿価<時価の株式を簿価にて低廉譲渡した場合、
差額分には譲渡側に寄付とみなし課税がかかるかと思うのですが
譲渡側が受け取った現金(簿価)には課税されるのでしょうか?

Aベストアンサー

譲渡側が法人(そのような前提と見えます)として考えます。
ご自分で回答を出してるじゃないですか!

ケースによっていろいろなパターンがありますが、この質問の限りでは法人であれば寄付金課税は止むを得ないでしょう。

なるべく寄付金となることを避けたいと考えるなら、時価が低くなるようなファクターを探すことをオススメします。

ほかにも回避の方法はありますが、それは私のノウハウです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報