ヘモグロビンについて調べていたんですが、ヘムについては詳しく書かれているのですがグロビンについてはあまり書かれていません。
そこでグロビンの構造や機能について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Hbに関しては化学系の雑誌等で取り上げられてます(20-30年前)。


化学増刊号のバックナンバーを調べられては如何でしょうか?
「金属錯体」・「有機金属錯体」・「生体高分子(錯体)」等をキーワードに。

さらに以下の成書は参考になりますでしょうか?
===================================
ヘモグロビン/N.マックリーン[他]/朝倉書店/1981.3 
鉄と血色素/松原高賢/南江堂/1963 
血色素の生理と臨床/上代晧三,中尾喜久/医学書院/1958 
Hemoglobins/Academic Press/1994 
Mechanisms of cooperativity and allost…/Perutz, Max F./Cambridge Universi…/1990 
Hemoglobin : molecular, genetic and cl…/Bunn,H. Franklin/W.B. Saunders Co./1986 
Hemoglobin :/Dickerson, Richard Earl./Benjamin/Cummings …/1983 
Allosteric effects in haemoglobin/Imai, Kiyohiro/Cambridge Universi…/1982
==========================================
さらに
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/pub_lec/98fu …
(ヘモグロビンのからくり)

さらにネットで探すのであれば「ヘモグロビン」「構造解析」等のキーワードで検索されては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今から図書館に直行です

お礼日時:2001/05/21 14:52

 手元で調べられた範囲で…



 グロビン(globin)アポヘモグロビンともいう。ヘモグロビンを酸性pHにして、プロトヘムを除いたアポタンパク質。人のグロビンには、141アミノ酸残基のα鎖群(α,ζ)と146アミノ酸残基の非α鎖群(β、γ、δ、ε)がある。
 α鎖群と非α鎖群のグロビンがヘムを結合して、四量体のヘモグロビンを形成する。これらのタンパク質をコードとする遺伝子は、発生段階に依存した転写制御を受けて発現する。
 胚組織では、ζとε、胎児期にはαとγが発現するが、乳児期にγとβが入れ替わって、成人ではαとβの組成になる。

 だとか…
 まぁ、難解な説明なので、ほかの方の説明を参考にしてくださいませ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。

お礼日時:2001/05/21 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人感センサーの仕組み構造を教えてください。

人感センサーの仕組み構造を教えてください。

Aベストアンサー

以下の2つの方式があります。
・焦電センサー
  人などが発する遠赤外線を検出する
   なので、全身黒尽くめにすると、反応しない場合がある。
  現在、主流の方式
・ドップラーセンサー
  電波を発射し、反射して帰ってくる電波は、
  反射した物体が動いている時は、周波数がずれるので、
  ズレによって、何か(主に人)が居ると検出する。
 大昔の自動ドアは、この方式が多かった。
 自動ドアに向かって歩いてくる(動いている)人を検出する。
  だから、一旦開いてもドアの前で、立ち止まって身動きしないとドアは閉まったままになる。
 同じ原理を使ったものが、警察のレーダー速度取締り装置。
 先の、周波数のズレは、動いているものの速度に比例するので速度がわかる。
 レーダー探知機は、コンビニなどの自動ドアにも反応してしまった。

Q反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べた

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。

2NO2→2NO+O2 の反応について

(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。

(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。


(1)はどのように全圧や圧平衡定数を結びつけたら良いのか解りません。
(2)はおそらく(1)の解を利用するのでしょうが、反応器の体積や圧力がどう利用できるのでしょうか??

Aベストアンサー

補足です。
P(NO2)=(-1/2)P(O2)= -P(NO)
は誤りです。積分するときに積分定数忘れていませんか?

最初の圧力をP_0(=600mmHg)とするなら、NO2の分圧は時間tを用いて
P(NO2) = P_0/[P_0*kt +1]となると思いますが、反応したNO2の分圧ΔPは
ΔP = P_0 - P(NO2) = P_0^2*kt/[P_0*kt+1]
が60%進んでいることより、ΔP=60/100*P_0
の方程式を解けばt=3分、とか入れるとkが求められると思います。
体積と温度は、おそらくkの単位系を濃度に変えるためのものではないでしょうか?(設問がkの単位がmmHgではなくmol/lとかになっていませんか?)
本来、反応速度は分圧でなく濃度に依存するものです。たまたま、今回の問題の設定が容積一定なので、分圧と濃度が比例しており、そのまま分圧で計算できるわけです。

Q耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したい

東京、又はその近辺で、耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したいのですが、どこか良いところはありますか。

Aベストアンサー

イベントならいかがでしょう?

メーカーさんのブースに行って撮影を許可してもらえれば大丈夫かと。

近いスケジュールなら「住まいの耐震博覧会2012」が東京ビッグサイトで2012年3月31日(土)・4月1日(日)東1~3ホールで開催されます。入場は無料。

ただ震災後で注目が集まっている時期ですから混雑はある程度覚悟がいるかも。撮影するにも手早く済ませないといけないかもしれませんね。実施されるかわかりませんが、メーカーによっては実演コーナーもあるようです。

参考URL:http://www.nicefair.com/index.html

Q反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べた

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。2NO2→2NO+O2 の反応について(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。

自分なりに続きを解いた結果、dP(O2)/dt = -1/2*dP(NO2)/dt, dP(NO)/dt = -dP(NO2)/dt より

P(NO2)=(-1/2)P(O2)=-P(NO) 

P=P(NO2)+P(O)+P(NO)より P=(-2)P(NO2)よりP(NO2)=(-1/2)P

-dP(NO2)/dt = k*P(NO2)^2をtで積分すると(1/P(NO2))-(1/P(NO2)0)=kt

よって1/((-1/2)P)-1/((-1/2)P)0=kt となりました。

あっていますか??また、(2)はこの式で解けそうですが2dm^3と 600℃の条件にはどのような意味があるのでしょうか??

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。2NO2→2NO+O2 の反応について(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。

自分なりに続きを解いた結果、dP(O2)/dt = -1/2*dP(NO2)/dt, dP(NO)/dt = -dP(N...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
> 全圧PはP(0)となぜ異なるのでしょうか??

化学式が2NO2→2NO+O2で2分子のNO2が消えると2分子のNOと1分子のO2ができます。反応が終点までいけば総分子数は1.5倍になります。

> 2NO2→2NO+O2において2NO2が2xモル減少すると、全圧をPとすると
> P(NO2)=(2(1-x)/2+x)P, P(NO)=(2x/2+x)P P(O2)=(x/2+x)Pとなり
> P(NO2)+P(NO)+P(O2)=(2+x/2+x)P=Pで一定となるという考えはまちがいでしょうか??

普通は初期NO2圧=初期全圧をPoとしてNO2が2x反応すると圧変化は
P(NO2); Po-2xPo=(1-2x)Po
P(NO); 2xPo
P(O2); xPo
となり、x反応後の全圧Pは
P=(1-2x+2x+x)Po=(1+x)Po
となるように考えるでしょう。

質問者さんの式でPは変数です。P(NO2)=(2(1-x)/(2+x))Pなどとありますが、分母に2+xがあるのは2(1-x)+2x+x=2+xに由来しています。つまりその時々に変化している全圧で割っているのです。この2+xこそ全圧の変化にあたります。初めの量に2を割り付けたので全圧も2+xになります。むしろ1をわりつけて、全圧は(1+x)Poとするのが自然です。

No.2です。
> 全圧PはP(0)となぜ異なるのでしょうか??

化学式が2NO2→2NO+O2で2分子のNO2が消えると2分子のNOと1分子のO2ができます。反応が終点までいけば総分子数は1.5倍になります。

> 2NO2→2NO+O2において2NO2が2xモル減少すると、全圧をPとすると
> P(NO2)=(2(1-x)/2+x)P, P(NO)=(2x/2+x)P P(O2)=(x/2+x)Pとなり
> P(NO2)+P(NO)+P(O2)=(2+x/2+x)P=Pで一定となるという考えはまちがいでしょうか??

普通は初期NO2圧=初期全圧をPoとしてNO2が2x反応すると圧変化は
P(NO2); Po-2xPo=(1-2x)Po
P(NO); ...続きを読む

QJR電車のエアサスペンションの構造と仕組み

JR電車のエアサスペンションの構造と仕組みを教えて下さい
JR新幹線や特急を除く電車のエアサスペンションはどの様な構造でどの様に動くのでしょうか
1.エアサスペンションはボディを水平に保つ様に動くのでしょうか
2.カーブでの横Gが発生した時の動作はどの様になるのでしょうか
3.横Gには効果は無いのでしょうか

Aベストアンサー

新幹線が主ですが通勤電車型も紹介しています。
高さ調整はありますが水平に保つのではないようです。
横Gについては分かりません。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aaa81350/kaisetu/truck/truck.htm

Q構造異性化或いは、可逆的に構造を変えられる物質

光異性化可能な物質としてアゾベンゼンが有名ですが、
他に光、電気化学的に構造異性化可能な物質或いは、可逆的に構造を変えられる物質ってないのでしょうか?
私が知る中では後、ロタキサンくらいなのですが、他に何かありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

スピロピラン化合物はどうでしょうか?

Qプリンターの仕組みや構造を解説してるサイトを教えて

会社で使用してるプリンターがときどき紙詰まりなどを起こします。周りの人がいつも直そうとするんですけど、私から見ると、よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような気がします。できれば仕組みを理解してきちんと直せるようになりたいので、プリンター(会社で使うような大きいやつにも通用するような)の仕組みや構造を解説しているサイトを教えてください。(探したのですがなかなかよいサイトが見つからなかったので質問しました。)

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、取説を良く見ることです。
ユーザーレベルで対応できることは全て書かれているはずで、そこに書かれていないことは、してはいけないことなのです。
また、機種によって原理は一緒でも構造が異なり、安直に構造を説明できないという事情もあります。

「会社で使用してるプリンター・・・」「よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような・・・」ということで大きな複合機を想像しましたが、こういった機械の場合は保守契約に入っているケースもありますので、サービスマンが来たときにレクチャーしてもらうのもいいでしょう。


普通のインクジェットプリンタとか、デスクトップに乗る程度のレーザープリンタでは、質問のような悩みも少ないとは思います。

いずれにしても、取説を読み直すのは重要です。

Q六方最密充填構造と、立方最密充填構造(面心立方格子構造)は、単位格子の切り出し方が違うだけで、全く同

六方最密充填構造と、立方最密充填構造(面心立方格子構造)は、単位格子の切り出し方が違うだけで、全く同じものというならば、
何故、六方最密充填構造の元素と、
立方最密充填構造(面心立方格子構造)の元素があるのでしょうか?

その二つに該当する元素は、どれも二つの構造であると言えるはずです。

Aベストアンサー

1)原子と元素を混同しています。
2)格子は単体だけのものではありません、化合物もあります。
3)切り出し方は単に数学的に等価だと云うだけで、化学と直に結び付ける事は出来ません。
まあ、もっと詳しい方が殺到するでしょうから、お楽しみに。

Q映写機の構造と仕組みを教えて

簡単なようで簡単ではないような構造ですね。フイルムが止まっている瞬間だけシャッターを開き、フイルムが移動中に閉じる仕組みが良く理解できません。説明図面付きのサイトを教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これでわかりますかね。
カムの部分が分かりにくいですが。
ピンがフイルムの穴に対して楕円(長方形)に近い運動をしてフイルムを引き下げます。
ピンの描く面とフイルムは直角です。
昔映写機を扱っていた頃の淡い記憶ですが。

参考URL:http://www.narishi.com/~nari-hrt/syumi/teresine/kam-kaiten.html

Q立方最密充填構造(面心立方格子構造)をとる原子と、 六方最密充填構造をとる原子があるようですが、、

立方最密充填構造(面心立方格子構造)をとる原子と、
六方最密充填構造をとる原子があるようですが、、

二つの構造は、「見る角度が違うだけで同じ配列」といったことを書かれているページが多いです。

しかし、配列が同じなら、どうして

立方最密充填構造(面心立方格子構造)をとる原子
* ネオン(Ne)
* アルミニウム(Al)
* アルゴン(Ar)
* カルシウム(Ca)
* ニッケル(Ni)
* 銅(Cu)など

と、
六方最密充填構造をとる原子
ベリリウム(Be)
マグネシウム(Mg)
スカンジウム(Sc)
チタン(Ti)
コバルト(Co)
亜鉛(Zn)など

が存在しているのでしょうか?


「見る角度が違うだけで同じ配列」であるなら、
上記の原子は、どちらの最密充填構造もとることになると思うのですが。

Aベストアンサー

大学の専門書でも、面心立方格子と六方最密充填格子は明確に最密充填構造ではあるけれど、面の配列仕方が異なると書かれています。
積層する面の配列仕方は、材料の強度特性に大きく影響してくるので、面心立方と六方最密が「同じ配列」とは絶対に教えないですね。

面心立方格子を持つ金属は、身近なものでは、Al、Cu、Au、Pb、Ag等がありますが、
これらは塑性加工がし易くよく伸びる性質を持っています。

六方最密充填格子を持つ金属で身近にあるのは、Mg、Ti、Zn、辺りですが、
Tiは比較的、六方晶系金属の中でも塑性加工がしやすいですが、
MgやZnでは結晶構造からくる性質で加工性が難しくなっていきます。

結晶構造の話は古典的な学問なのですが本当は難しいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報