どう違うのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは



一般的に楓がこうよう(紅葉)したものを紅葉(もみじ)と

いいます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A8% …

http://www.hana300.com/kaede0.html

如何でしょうか?  参考になれば良いのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/11/10 14:01

紅葉はかえでの葉のことで、


楓は木そのものの種類を指し示していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/11/11 12:18

木の名前としては全てかえでです。


通称いろはもみじと言う物も京都の植樹スペースなどにはいろはかえでと書いてある場所と、いろはもみじと書いてある場所があります。
もみじは、愛好家の方や育種業者が付けた通称です。品種名、ブランドではありません。
なので、全てカエデでも、全てもみじでも大体通用します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/11/11 12:18

まあそうなんだけど・・・・・



カエデ属の中の樹種には、「いろはもみじ」というのもあるからヤヤコシイ。
http://www.sutekinaoniwa.com/Static/Special/2009 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/11/10 14:02

 落葉樹が気温の差により、色替えするのが「紅葉」



 楓は樹の種類。

 ちなみに

 もみじ・・・・と呼ばれる種類にもいろいろあります。
 桂紅葉
 椛
 などなど。

 紅葉と書いても
 こうよう と読むのか
 もみじ  と読むのか

 は、ケースバイケースでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/11/10 14:01

楓が色づいたものが紅葉 色づく前の紅葉が楓



この違いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/11/10 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違う物なのでしょうけどどう違うのでしょう?

似ているけど違う、でもどう違うのかわからないものが2つあるのです。
1つは・・・ウィルスとバクテリア どちらもばい菌?
もう1つは・・・ヌートリアとカピバラ どちらもでかいネズミ?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ウイルス:
核酸としてDNAかRNAのいずれかを持ち、タンパク質の外殻で包まれている微生物の一種。
動物・植物・細菌に寄生し、宿主の生合成経路を利用して増殖する。

バクテリア:
細菌全般のこと。

形態や生理的にも違いがありますが、一番の違いは
バクテリアは単体で生きられますが、ウイルスは宿主が無いと生きていけないことです。
感染した場合の治療方法にも違いがあり、ウイルスにはワクチンを使いますが、
バクテリアには抗菌剤を使います。


ヌートリア:
齧歯類・ヌーテリア科の生物で南米の河川に分布しています。
http://homepage1.nifty.com/countrylife/nutoria.htm

カピパラ:
齧歯類最大のネズミで、デカイものは体長1m、体重50kgにもなるそうです。
http://www.aoba.sakura.ne.jp/~momoncyo/zoo/animal_capybara.htm

これと言った違いは「大きさ」ですかね。。(^^ゞ

Q薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?

薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?
意味合いの違いがわからなくて困っています。
どなたかわかる方教えていただけないでしょうか?
具体的な例などあげていただけるとさらに有り難いです。

Aベストアンサー

薬学部出身ではありませんが、おそらく生物系全般に共通する言葉だと思いますので。

>~拮抗作用
対象となる菌と同じ環境に生育し、相手の生育を抑える(ように見える)菌の働きを、拮抗作用と呼びます。
簡単な例だと、腸内の悪玉菌の生育を抑えるビフィズス菌が挙げられます。
ビフィズス菌は悪玉菌を直接殺しているわけではありませんが、活動を抑え、生育場所を奪って生育を抑えます。

>抗~作用
抗酸化作用が有名で、毒素(や毒になる物質)を無効化する働きを指します。

Q同じタンパク質なのに抗体が違うとバンドの大きさが違うのですか??

SANTA CRUZ社の抗体を2種類持っています。
2種類ともANTというタンパク質に対する抗体です。
以下のURLでデータシートが見れるのですが・・・

http://www.scbt.com/Datasheets_list/sc-9299.pdf
http://www.scbt.com/Datasheets_list/sc-11433.pdf

DATAのところに、SDS-PAGEでimunoblotした結果を示していますよね。
示されている泳動ではサンプルは同じ rat skeletal muscle extract なので、ANTのアイソフォームも同じのを検出するはず(と思っていた)なのに、バンドの大きさが違いますよね。
SANRA CRUZがなにか間違ってるんでしょうか?
それとも、私が今まで思い違ってたんでしょうか?
同じタンパク質でも抗体の認識部位が異なる抗体では検出される大きさが違くなるものなのですか?
それとも、免疫動物が違う(2次抗体が違う)からでしょうか?
2次抗体は1つはanti goat IgGでもう1つはanti rabbit IgGです。

ちょっと混乱してきました。
どなたかご教授お願いします。

SANTA CRUZ社の抗体を2種類持っています。
2種類ともANTというタンパク質に対する抗体です。
以下のURLでデータシートが見れるのですが・・・

http://www.scbt.com/Datasheets_list/sc-9299.pdf
http://www.scbt.com/Datasheets_list/sc-11433.pdf

DATAのところに、SDS-PAGEでimunoblotした結果を示していますよね。
示されている泳動ではサンプルは同じ rat skeletal muscle extract なので、ANTのアイソフォームも同じのを検出するはず(と思っていた)なのに、バンドの大きさが違いますよね。
SAN...続きを読む

Aベストアンサー

だいたい、5Kくらいの違いですね。これは誤差範囲で、しかも流しかた、どれだけ流したかでもちがってきます。

また、マーカーが違うようで、これによっても対象の分子量の見かけの大きさが違ってきます。

Q原因菌の検出と推定原因菌の検出はどう違うの?

抗菌薬の論文で見かけた言葉なんですが、
そもそも推定原因菌とはどのレベルの話なんでしょうか?

「検出された原因菌(推定原因菌を含む)」とあれば、どういうことをいっていますか?
「原因菌」の方は、「サンプルから分離培養して原因菌はXXと判明(同定)」されたことかなと理解していたんですが、あってますでしょうか?
だとすると、「推定原因菌」は菌種が特定できなかったということなんでしょうか?
それはどういう場合に起きますか?

たくさんありますが、詳しくご教授いただけると大変助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

文脈がわからないので推定ですが、

特殊な培養法(嫌気培養など)を採用しないと検出できない細菌があります。
それらの細菌の関与が疑われるときにははじめからそれを推定して
特殊な培養法で検出を試みるわけです。
それが推定原因菌ということではないかと思います。
ですから推定原因菌の見込みが当たって特殊な培養で検出されれば同定できます。

QサプレッサーT細胞とTregはどう違うんでしょうか?

サプレッサーT細胞とTregはどう違うんでしょうか?

サプレッサーT細胞の存在が疑わしいとされているのは知っているのですが、
ネットで「サプレッサーT細胞とTregは名前が違うだけ」という主旨のものをいくつか見ました。
でも名前が違うだけなら、Treg自体も存在が疑わしいし、わざわざ名称を変更する意味もないと思うのです。

「ココが違う!」という分かりやすい回答があればお願いします。
(「名前が違う」はやめてくださいね・・・)

Aベストアンサー

サプレッサーTという表現は殆ど使われていません。
昔はそのような機能をするCD8+?のT細胞がいたと論文などで言われていましたが、現在では間違ったもの(適切な表現ではないかもしれません)として扱われています。

TregはCD4+の細胞で、免疫応答の抑制を行います。

ですので、ココが違うというよりはサプレッサーT細胞は無いものとして忘れたほうがいいのかなとおもいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報