出産前後の痔にはご注意!

近未来の軍事小説を探しています。
出来れば設定がきちんとした物を探しています。
兵器の使用がきちんと描かれてい小説が希望です。

よく読んでいるのは
大石英司、森詠、トムクランシー
です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

既に読まれていたらごめんなさい。



(1)「レッド・ドラゴン侵攻!」シリーズ。(2010年・二見文庫)
著者はトム・クランシーとの共著もあるラリー・ボンドで現在、第三部まで刊行中。
中国のアジア侵略を題材にした作品です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83 …

ちなみに、かなり古いですが、ラリー・ボンドの作品で・・・
1990年に出された第二次朝鮮戦争を題材にした「侵攻作戦レッド・フェニックス」は良作だと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E4%BE%B5%E6%94%BB%E4%BD …

さらにラリー・ボンドの作品で1992年に出された南アフリカでの戦争を題材にした「核弾頭ヴォーテックス」も良作だと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E6%A0%B8%E5%BC%BE%E9%A0 …


(2)「米中衝突」(1999年・新潮文庫)
著者はリチャード・ハーマン・ジュニアで、これも中国のアジア侵略を題材にした作品です。
http://www.amazon.co.jp/%E7%B1%B3%E4%B8%AD%E8%A1 …

なお、リチャード・ハーマン・ジュニアはこの作品の前に、アメリカ空軍第45航空団の活躍を描いた中東三部作(第45航空団、ウォーロード作戦、最終作戦トリニティ)と呼ばれる作品を書いてまして、この中で名作であり傑作なのが・・・
「第45航空団」(1992年・新潮文庫)
イランの侵略に立ち向かう米第45航空団の活躍を描いた作品です。
あまりに古いのでアマゾンで画像が無いようですが、当時の帯には・・・
「イスラム人民軍との絶望的な死闘に挑むファントムの猛者たち。大型空戦小説登場」とあります。
これは良作でした。今となってはファントムが活躍するというのは古い話ですけど。
http://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC45%E8%88%AA%E7% …


(3)「隠密部隊ファントム・フォース」(2006年・文春文庫)
著者はジェイムズ・H・コッブで、アメリカ海軍士官のアマンダ・リー・ギャレットの活躍を描いたシリーズの一作です。
この作品ではインドネシアで発生した反乱で主人公が活躍します。
http://www.amazon.co.jp/%E9%9A%A0%E5%AF%86%E9%83 …

なおアマンダ・リー・ギャレットのシリーズは・・・
「ステルス艦カンニンガム出撃」(1999年・文春文庫)・・・アルゼンチン軍が南極のイギリス基地を占領、ステルス駆逐艦カンニンガムがアルゼンチン軍に立ち向かいます。
「ステルス艦カニンガムIIストームドラゴン作戦」(2000年・文春文庫)・・・台中戦争が勃発。中国は原子力潜水艦による核攻撃を計画、これをステルス艦カニンガムが阻もうとします。
「ステルス艦III攻撃目標を殲滅せよ」(2002年・文春文庫)・・・南太平洋で回収中の人工衛星がハイテク機器を狙う海賊に奪われ、この奪還にアメリカは特殊部隊を派遣します。
「シーファイター全艦発進」(2001年・文春文庫)・・・西アフリカ連邦がギニアを侵略、国連はこれを阻止すべく部隊を派遣します。
というような作品でして、どちらかというとあまりメジャーでない地域や国での紛争にアメリカ軍小部隊が活躍するという話が多いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

(1)「レッド・ドラゴン侵攻!」についてはこの間、本屋で見つけて読もうかどうか
  迷っていたところです。早速購入して読んでみます。

他の書籍も参考にして興味がありますので読んでみます。

お礼日時:2012/11/12 11:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお薦めの軍事小説を教えてください。

 過去の質問を検索してみても、見つかりませんでした。タイトルのとおりお願いします。

 軍事小説は書店でも古本屋でも結構な種類が出回っていますが、これは面白いとか、内容が緻密であるとか、はらはらドキドキするとか、文章の構成がうまいとか、なんでも結構です。
 お薦めの軍事小説があったら教えてください。個人的には太平洋戦争あたりの話が好きですが、空想ものでも宇宙にぶっ飛んでいってもいいし、なんでも構わないので、貴方の進める一冊を教えてください。よろしくお願いします。
 
 余談ですが、私が知っている軍事小説家は荒巻義雄さんだけです。軍事小説をかいていますが、なかなか知識もないのにかけたものではないなぁと思っています。できれば、内容に真実味と、文章の構成がうまいといいたくなる一冊を見つけたいと思っています。

Aベストアンサー

まず、坂の上の雲(司馬遼太郎)を読むことを勧めます。
日露戦争がわかれば、太平洋戦争の指揮官の愚鈍さもわかります。
フィクションよりノンフィクションの方が面白いですよ。
ただ、佐藤大輔の逆転太平洋戦争(続もあり)はなかなかしっかりしてて面白いです。
他の作家は、いまいち時代考証と調査がいい加減で、ありもしない船が登場したり、砲のサイズが違っていたり、速度が違っていたりします。
その中で、檜山良明の逆転シリーズは、かなりしっかりしています。

Qおすすめの軍事小説

オススメの軍事小説はありますか?

Aベストアンサー

軍事小説も、史実モノと仮想戦記もの、さらに妄想戦記もの(いわゆる、おファンタジアな戦争モノ)と各種取り揃えられておりますが。どれがお好みでしょう。

あとは、陸・海・空、とかね。
まぁ、いいや。ともかく書いてみよう。まずは仮想戦記モノ。

まぁ、なんだ。「佐藤大輔」という名前を覚えておくといい。中でも完結しているこいつから入るのが一番いいだろう。

「征途」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198919380/
二次大戦~現代までを描いた作品。この作品の中では日本は南北に分裂する事になる。そこから先はまぁ、読んでのお楽しみというものだ。戦艦好きには耐えられない。

近未来モノ…「現在進行形モノ」というべきか。
これも佐藤大輔でもう一つ紹介しておく。
「平壌クーデター作戦 静かなる朝のために」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198506000/
まぁ、タイトルを見るだけでなんとなく想像が付くだろう。
正直、この「平壌クーデター作戦」というのは編集がつけた蛇足なサブタイトルなんだろう。佐藤大輔ならば、「静かなる朝のために」これだけをタイトルにしたがったはずだ。おそらくでしかないけれど。

ついでに、佐藤大輔は「皇国の守護者」という、ファンタジーな世界での戦争モノも描いている。これもお勧めだ。

一つ注意しておこう。佐藤大輔にハマった人間は、間違いなく煉獄の苦しみを味わう事になる。彼が始めた作品で完結したのは、長編では「征途」だけ。他は一応形として終わりなのか続くのか良く判らない作品が一つ。そして永遠の突撃を続けている作品やらパナマで戦艦の咆哮が何時轟くんだ、という作品やら…つまりはだ。遅筆で、シリーズの途中で投げ出されてる作品ばっかだって事だ。

それでも読む価値はある、と思う。もちろん好き嫌いはあるだろうけれど。
そしてもし貴方がハマったなら…

我等がクラブへようこそ。共に煉獄を味わおうではないか。戦友。

軍事小説も、史実モノと仮想戦記もの、さらに妄想戦記もの(いわゆる、おファンタジアな戦争モノ)と各種取り揃えられておりますが。どれがお好みでしょう。

あとは、陸・海・空、とかね。
まぁ、いいや。ともかく書いてみよう。まずは仮想戦記モノ。

まぁ、なんだ。「佐藤大輔」という名前を覚えておくといい。中でも完結しているこいつから入るのが一番いいだろう。

「征途」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198919380/
二次大戦~現代までを描いた作品。この作品の中では日本は南北に...続きを読む


人気Q&Aランキング