『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

二谷友里恵さんと平田修さんの関係について教えてください。
二谷友里恵さんは元女優の方で、ファッション関係のブランドを立ち上げていた記憶があります。
一方で平田修さんは家庭教師のトライの方で経営者としてご活躍されてると思います。

最近見た記事で二谷友里恵さんと平田修さんが一緒に特集されていました。
お二人はどのような関係なのでしょうか?

※記事をしっかり読み込んでおけばよかったのですが、
時間の都合上できませんでした。

まったく接点がないように思える二谷友里恵さんと平田修さんが同じ記事に特集されていたことが、
とても疑問です。

ご回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

二谷友里恵さんと平田修さんは結婚されています。


また、二谷友里恵さんはトライグループ代表取締役社長、平田さんは会長です。
http://www.trygroup.co.jp/company/
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/n …

トライのCMに「特捜最前線」の映像が使われたとき、「二谷英明さんが二谷友里恵さんのお父さんだからかなあ」などと思いましたよ。
    • good
    • 11

>まったく接点がないように思える二谷友里恵さんと平田修さんが



って、この2人は夫婦なんですが....笑
二谷友里恵は郷ひろみと離婚した後、平田氏と再婚したんですよ。

そして、現在の家庭教師のトライの社長は二谷友里恵、会長が平田修です。
    • good
    • 17

元女優の二谷友里恵さんは、郷ひろみさんと離婚された後に、「家庭教師のトライ」の運営企業である株式会社トライグループの創業者である平田氏と結婚しました。

その後、ご主人に変わって株式会社トライグループ(家庭教師のトライ)の代表取締役社長になられたそうです。

http://ameblo.jp/nitaniyuriesan/
http://ameblo.jp/ppwngud1/
    • good
    • 17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q* 二谷友里恵さん *

みなさん、こんにちは。
先日あるものを読んでいて、
「’リー’こと二谷友里恵さんが・・」という文章があったので、なんで二谷友里恵さんのことが
通称「リー」なのか疑問に思いました(w
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら
教えていただけると嬉しいです♪
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ゆり
英語で「リリー」
学生時代にそう呼ばれていて、友達がそう読んでいるのを聞いた郷ひろみもそう呼ぶようになった……
と聞いたことがありますが。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

QIUD(避妊リング)を装着されている方に質問です

やはり、IUDを入れていても
コンドームで避妊していますか?
現在、IUD装着を考えていて
装着が不安定な最初2ヶ月ほどはコンドームを併用して
確実に装着できたことが確認できた後は
コンドーム無しでもよいかなぁと考えています。
出産経験ありですので、IUD装着は可能ですし
副作用なども理解しているつもりですが
理解しそこねている部分や問題などはあるでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

IUD装着4年になる主婦です。
他の避妊方法は併用してません。
どの避妊方法についても100%はないのを理解した上です。

2年に一度入れ替えをするだけで、間で特に検査などは行ってません。
副作用は、本当に生理が10日ほどに延び、量も驚くほど増えましたが。。。

我が家では「明るい家族計画」の為であるのと、ピルをキチンと飲む自信がないのと、私がコンドームが苦手だからです。
今の所は避妊に成功していると言えますね。

Q「胃」まわりの脂肪、ぜい肉のとり方について

質問させていただきます。

一般的に、「おなかが出ている」というと、「したっぱら(おへそより下の辺り)」が
出っ張っていることが多いと思うのですが、自分は、タイトルのとおり、胃部のまわり、
胃の部分あたりが出っ張っており、ぜい肉がついています。

「したっぱら」の肉の取り方は、よく腹筋とかいいますが、胃の前、周り部分についている
ぜい肉を効果的に取りさる、少なくするためのよい運動方法はどんなのがありますでしょうか。

今まで、ハードなトレーニングなどはやったことがないので、
自宅でできるような方法や、トレーニングジムで初心者でも比較的容易に長く続けられるような
運動方法がありましたら教えてください。
実体験など教えていただけると参考になると思います。

ちなみに、姿勢自体はそれほど悪いと言われたことはないので、単純に脂肪がついている
とおもわれます。自分で触ってもわかります(汗

よろしくお願いします。
絵が下手すぎるのはお許しください。

Aベストアンサー

はじめまして、40代のダイエット経験者です。

部分痩せは基本的には出来ないので、身体全体の脂肪を燃焼させることを目的にするには、ウォーキングのような有酸素運動か筋力の限界までやるウェートトレーニングが有効です。

ウェートトレーニングは、指導者がいないと怪我をするので、一般的にはウォーキングなどの有酸素運動が良いと思います。時間は無理のないところから始めて、慣れたら長くした方が効果が大きいです。速度は軽く息が上がるくらい(心拍数110~150程度)が有効とされています。それと普段から、なるべく楽をせず動くことを心がければ、自然と消費カロリーも増えます。

食事に関しては、ローカロリーな野菜、キノコ、海草とタンパク質を積極的に摂取することを心がけるのと、逆に脂質や炭水化物、糖質は抑えることが基本だと思います。

摂取カロリーを消費カロリーが上回れば徐々に体重も落ちてきますから、気長に続けられる緩い目標が良いですよ。

Q医師の夫との結婚に疲れています

主人とは8年の交際後、結婚し現在4年目になります。

研修医が終わったのち、しばらくして大学院に入ったのですが
いきなり無収入になった時より大変主人との生活に疲れています。
もともと一番忙しい、そして厳しい職場と言われているところにすすんだのですが
忙しさのあまり5日間帰ってこないこともあったり、その間お風呂なども入らずぼろぼろになって
帰宅するのでよっぽど忙しいのだと思っていますが…
そのストイックさと収入がなくてもやりたいことをやってる主人に対して私を踏み台にしているとしか思えない、家庭生活をおろそかにしすぎしてる、など不満が大きくなりました。
現在は外病院に出してもらえたので、生活していけるだけのお金は稼いできますがバイトは一度も出たことがなく、(科の方針でバイト禁止)学費を払い、出張費(海外含め)学会費、すべて自分もちで年間100万以上を捻出するのが厳しいです。
さらに大学院が終わったら留学する、と言っており、お金のことは一切考えていないようです。
無収入になった時親に仕送りをもらい、そのことでだいぶ義母に嫌味を言われました。
私も働いていますが、主人の学費などをねん出するようなことまでは考えておらず・・・
私にような薄給と結婚したから、など言われました。
子どもは不妊治療をしないと授からない(夫が原因)ため、年齢的にもあせりがあるのに
外野からは子どもはまだ?と言われ主人は自分のことしか考えておらず、義両親は理解がなく
自分の存在っていったい何なんだろうと思ってしまいます。

また主人は仕事外のことは何も出来ず、ゴミを出したり時々洗濯をたたんだりはしてくれますが
私がお願いしてやっと、という感じ。休みがないので一緒に出かけたりすることもほとんどありません。
定期券を買ったり、主人の仕事関係の振り込みや電話なども私がしたりします。
家は書物で散らかされていて、片づけて欲しいと言っても今度やる今度やる、と言ってやるのに1年くらいかかります。。。気分転換に友人と出かけるとものすごい勢いで嫉妬され、どこにいるのか何をしていたのかなどの追求がすさまじいです。。。

医師との結婚ってこんなものですか?
義母は自分の旦那(医師)の出世と自分の子どもたちが医師になることに、すがって生きてきたような人です。私には理解出来ません。
忙しいご主人をお持ちの方は、どのように割り切って過ごされていますか?

主人とは8年の交際後、結婚し現在4年目になります。

研修医が終わったのち、しばらくして大学院に入ったのですが
いきなり無収入になった時より大変主人との生活に疲れています。
もともと一番忙しい、そして厳しい職場と言われているところにすすんだのですが
忙しさのあまり5日間帰ってこないこともあったり、その間お風呂なども入らずぼろぼろになって
帰宅するのでよっぽど忙しいのだと思っていますが…
そのストイックさと収入がなくてもやりたいことをやってる主人に対して私を踏み台にしていると...続きを読む

Aベストアンサー

>医師との結婚ってこんなものですか?
ハイ。そんなものです。

大病院の医局で3年間秘書を勤めました。
旧制度の時代ですから入局者を得るために
あの手この手の勧誘合戦がスゴかったです。
入局説明会と称して医学科最終学年生をご招待しフランス料理のフルコースやすっぽん料理など
贅をつくした会食で何度ももてなすワケです。
入局の意志も関心も無いのに毎週食べ歩くだけの食い逃げも居ました。
20代前半で医学生は他学部学生とはすでに人生が違っているという感じでしたネ。

何ゆえ?と初めは思いましたがすぐに理解できましたよ。
科の所帯が大きいと業務をみんなで分担することができるため
バイトに出たり勉強をする機会が得やすいのです。
余裕は次の余裕を生み雰囲気が良くなります。
逆に世帯が小さいと何もかもを背負う。
薄給のまま病棟(の患者を診たり)や外来診療又は手術までこなす。
あれこれ受け持つからバイトで稼ぐヒマが無い。
外科とか産婦人科とか小児科は容体急変で夜中も安眠できない。
疲れや不満も出ます。あそこの科はヤバイぞとなったら余計に新入りが来ない。
科にアンバラが生じ始めたため、これではイカンと今の制度に移行したのでしょうが、
忙しいは今も同じのはずです。
5日間帰らない。有です。

若いうちは医師といっても贅沢は出来ません。
なのに医師だから出費は世間の3倍です。
40までは医師らしい華やかな生活を期待しないことです。
あと勉強は若いうちにですよ。
あとで取り返すには厳しい世界です。出世からは遠ざかりますからね。
今は借金してでも勉学(留学)の機会を優先させた方がいいと思いますよ。

3年間近くで医者を眺めた私。
医者の奥さんって世間が思うほどには幸せではないのでは
と思いましたが、でもまぁ魅力的な人がいっぱいだったな。
大体が良い環境で育ち、お勉強をこなし、部活を頑張り、素直にす~っと育った感じの好青年ばかりで
質の良いジョークを飛ばし普通に英語で会話を交わす。
医師ではなくとも十分に女性を惹きつける人種なのです。
ですから結婚相手としては文句のつけようが無いのは当たり前。
もちろんそうではない男性もいますが。。

でもねえ。家庭生活者、人生のパートナーとしてはどうかなあ。
なんせ忙しすぎ。
子育ては独りで行い、家事などアテにせず、ひたすら忍の生活が続くと思った方がいいですネ。
では、妻としては?私の人生は?ですよね。
どうした方がいいのかな。
ひたすら立役者になる?
亭主が忙しいのをいいことにテキトーに楽しみを持つとか。
でもねえ。質問者さまが30代初めなら
どんな場所にいても今は人生で最も忙しくて誰も独身時代のような楽しみを持てない年齢ですよ。
そのあたりは押さえておかなきゃね。

私がいた医局の医師は皆奥さんに感謝してて、いかに自分の奥さんが出来た嫁か自慢しあってましたよ。
分かってくれてますよ。ダンナ様。

がんばって。

>医師との結婚ってこんなものですか?
ハイ。そんなものです。

大病院の医局で3年間秘書を勤めました。
旧制度の時代ですから入局者を得るために
あの手この手の勧誘合戦がスゴかったです。
入局説明会と称して医学科最終学年生をご招待しフランス料理のフルコースやすっぽん料理など
贅をつくした会食で何度ももてなすワケです。
入局の意志も関心も無いのに毎週食べ歩くだけの食い逃げも居ました。
20代前半で医学生は他学部学生とはすでに人生が違っているという感じでしたネ。

何ゆえ?と初めは思いまし...続きを読む


人気Q&Aランキング