教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

会計専門職大学院で租税法の論文を書いても税法免除になりませんか。


明治大学会計専門職大学院
青山学院専門職大学院
でも無理でしょうか?

A 回答 (2件)

アカウンティングスクールでも論文を書いて学位を得れば免除を受けられます



参考URLの国税庁のHPに詳しく書いてありますのでご覧ください

参考URL:http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishi …
    • good
    • 0

論文を書いただけでは免除にならない。


少なくともそれで学位を取ることが条件のはず。

論文を書くだけなら森口氏でも書いている。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会計大学院に行く利点とはなんですか?

現在私は大学3年です。
万が一試験が不合格になった場合、その後の選択肢として会計大学院に行くというのがあると思います。
しかし普通に専門学校の講座をとって次年度の試験に挑戦した方が金額的には断然安いと思います。

そこで質問なのですが、専門学校でみっちり勉強して落ちてしまった人が、なぜ高額な学費を払って再び会計大学院でスタートするのでしょうか?高額な学費を払ってまでも通った方がよい利点でもあるのでしょうか?

ぜひ教えてもらいたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご指摘の点は確かに難しい問題ですね。
現状では試験制度とアカウンティングスクールが連動していないため、試験合格という点からは、、明確なメリットを見出せないのではないかと思います。

それでも敢えてアカウンティングスクールへ通うメリットとしては、違う視点から、あるいはより幅広い視点から、会計領域に取り組んでみる、という点にあるような気がします。「試験合格」という点からみると、ご指摘の通り、アカウンティングスクールに通うメリットというのは、費用対効果の点で必ずしも得策ではないかもしれません。

しかし、長期的に見て、幅広い視点から会計領域に取り組み、かつ、バランスの取れた会計人を育成するというアカウンティングスクールの趣旨に賛同できれば、通う価値があるような気がします。

いずれにしても、かなりの投資が必要となるので、ご自身が得られるメリットとコストとを勘案して、アカウンティングスクール選び(通う通わない、学校選び)を行う必要があると思います。

Q税理士試験の合格者の出身大学

税理士試験合格者の出身大学はどこが多いなどの資料はありますか?

Aベストアンサー

大学進学の予備校データや司法試験のような信頼できるものはないと思います。
例えば私は合格者ですが、出身校に合格を連絡したこともないし、その他の機関に届けたこともありません。したがって少なくとも私のデータは大学別合格者の中にはないはずです。
それ以前に出身校の差よりも個人の差のほうが大きいと感じます。
私は経理学校にも行っていましたが、そこで出身校が話題になることはなったですね。最も受講者は高卒者もいれば学生も社会人もいて、学歴は誰も問題にしないという感じでしたが。
私の印象では、普通に大学を卒業できる人ならば、努力次第で受かる試験である、出身校よりもその努力の差のほうが大きいと言う気はしています。

ちなみに専門学校別の合格者ですが多分1科目でも受けた者が合格すれば自校の合格者数に入れるのでしょうね。各校別の合格者を合計すればあれほど合格者がいるはずがないと思うのですが。

Q研究計画書

大学院進学の試験に『研究計画書』と言うものを書かなければいけないと聞いたのですが、自分は税理士試験免除が目的の進学で、実務に役立つ事を中心に学びたいと思っています、なので大学院に進学してから研究したい事を書く。と言う研究計画書というのが何を書いたらイイのかわかりません。実際に研究目的以外での研究計画書の書き方を教えてください。ちなみに自分は法学の院で税法を専攻したいと思ってます。

Aベストアンサー

sunasearchさんも書いておられますが、大学院は「研究」をするところです。その意味で、あなたの場合、失礼ながら研究をする準備ができておられないようですので、大学院進学はお勧めしません。

そもそも試験免除という制度が悪いのかも知れませんが、「大学院で研究し、修士論文を書いたほどの人間ならば、その実力を問うまでもないだろう」というのが、本来の「免除」の意味だと思います。ですので、免除を目当てに進学するということ自体が、本来あるべき姿ではないと私は思います。
今のままで進学されたとして、おそらく、研究計画書作成(研究テーマ探し)には大変苦労されることになると思いますし、また必要に迫られて「創った」問題意識であれば、どうしても軽いものになりがちですし、最終的な修士論文の質が低いものに終わりかねません。指導教員の先生によっては、門前払い扱いされる危険性もあります。

その上で大学院進学を目指されるのであれば、まずはamazonなり何なりで「研究計画書」とか「大学院」というキーワードでヒットする文献を読んでみられては如何でしょうか。
参考までに挙げると、『研究計画書の考え方(妹尾堅一郎著)』などが良いでしょう。

sunasearchさんも書いておられますが、大学院は「研究」をするところです。その意味で、あなたの場合、失礼ながら研究をする準備ができておられないようですので、大学院進学はお勧めしません。

そもそも試験免除という制度が悪いのかも知れませんが、「大学院で研究し、修士論文を書いたほどの人間ならば、その実力を問うまでもないだろう」というのが、本来の「免除」の意味だと思います。ですので、免除を目当てに進学するということ自体が、本来あるべき姿ではないと私は思います。
今のままで進学された...続きを読む

Q会計専門職大学院

当方大学4年です。
青学か早稲田の会計専門職大学院に行きたいんですが、受験予備校行かずに、受かることはむずかしいでしょうか。

日商三級しかないですけど、ゼミが監査なので、会計の下地はあります。今、日商2級も今勉強してます。
いろいろHP調べんたんですが、入学者数は載ってても、倍率は載ってなくて…
どなたか、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

早稲田は具体的な程度などが記載されてなかったと思いますが、青学の(2005年度の)試験科目と程度は次のように記載されています。(2006年は未定)
<1>会計学(大学卒業程度) 試験時間 60分(4問中3問選択)
<2>簿記(日本商工会議所検定簿記2級程度) 試験時間60分
<3>会計英語(大学卒業程度) 試験時間30分

簿記や原価計算などは明治などでも日商2級程度と記載れています。会計学の程度は日商1級程度だと思います。
具体的には簿記や原価計算などは日商2級までしっかりと勉強し、日商1級用のテキストなどで会計学を学びながら財務会計論や管理会計論の基本書などでより深い知識をつけていったらいいのではないでしょうか。余裕があるようでしたら日商1級の他の科目についてもやっておくに越したことはないと思いますが。
過去問がアップされているところもあるので見てみるのもいいのではないでしょうか。
明治大学
http://www.meiji.ac.jp/macs/exam/yoko.html
法政大学
http://www.im.i.hosei.ac.jp/ac/request/index.html

※青学もアップされていましたがリンク切れでした。

昨年受験者とかではないので参考程度にお願いします。

早稲田は具体的な程度などが記載されてなかったと思いますが、青学の(2005年度の)試験科目と程度は次のように記載されています。(2006年は未定)
<1>会計学(大学卒業程度) 試験時間 60分(4問中3問選択)
<2>簿記(日本商工会議所検定簿記2級程度) 試験時間60分
<3>会計英語(大学卒業程度) 試験時間30分

簿記や原価計算などは明治などでも日商2級程度と記載れています。会計学の程度は日商1級程度だと思います。
具体的には簿記や原価計算などは日商2級までしっかりと勉強し、日商1級用の...続きを読む

Q税理士簿財って企業の経理事務に重宝されますか?

最近日商1級取得した28歳専業主婦ですが、このまま税理士の簿財の2科目を挑戦しようか悩んでいます。
税理士になりたいわけではなく、一生どこかの企業の経理事務の仕事がしたいんですが、税理士の2科目だけの取得って意味ありますか?
独学は無理だし、お金もないので資料会員でも1科目8万もするので、やるなら合格したいのですが、大手予備校のパンフを見てるといくつか科目取得しただけでも履歴書に書けるし有利なようなことが書いてありましたが、実際どうですか?
教えてください。

Aベストアンサー

いろいろ意見が分かれている様なので、経験からお話しますね。
中途採用で必要なのは、資格よりも実務経験です。
何ができるかということと、即戦力を求められているということ。
では、資格は必要ないのかというと、「できる根拠」のひとつとして
参考にされたり、場合によっては応募条件であったりします。
どの程度の収入でどういう仕事をしたいのか、ですね。
一手に任せられる、もしくは管理職にも・・・と思うなら
財と税法(法人がいいかな)がわかるといいでしょう。
実務をこなすだけなら、1級あれば充分就職はできます。
ちなみに私は税理士もっています(現在)
就職活動中は4科目、あと社会保険労務士、日商1級
在職中に建設業経理事務士の1級も請われて取得しました。
現在は転職を半年前にしたばかりで、派遣なのですが正社員にと
声がかかっています。
新入社員に資格をとるまで育てるより、資格と実務を持った人を
中途採用することを考える企業だったからです。
どういう企業でどういう仕事をしたいかが取得した方がいいかどうかの
決め手になるでしょう。
取得して損にはならないと思いますが、費用や時間も確かにかかりますしね。
がんばってください。

いろいろ意見が分かれている様なので、経験からお話しますね。
中途採用で必要なのは、資格よりも実務経験です。
何ができるかということと、即戦力を求められているということ。
では、資格は必要ないのかというと、「できる根拠」のひとつとして
参考にされたり、場合によっては応募条件であったりします。
どの程度の収入でどういう仕事をしたいのか、ですね。
一手に任せられる、もしくは管理職にも・・・と思うなら
財と税法(法人がいいかな)がわかるといいでしょう。
実務をこなすだけなら、1級...続きを読む

Q東亜通信制大学院の難易度

私、税理士免除をうけるため、東亜通信制大学院の法学研究科の
受験を考えている社会人24歳です。
大学の専攻は社会心理学専攻です。
東亜通信制大学院の難易度について教えていただきたいのですが、
某雑誌によると去年度の受験者は 受験者/合格者=約180/約60
とこの手の大学院ではかなりの難易度となっており、本年度受験を
考えている法律学初学者の私からすれば、非常に不安に思います。
そこで、ここの大学院試験のことに詳しい方がいらっしゃれば、
試験に受かるコツや試験内容のことについて教えていただきたいのです。
ちなみに、同大学院よりパンフレットおよび、過去問題は取り寄せ済みです。さらに詳しいご意見をお待ちしております。
不明な点に関しては、補足説明させていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いま、東亜大学ってどこにあるんだろうかと思って、HPを見てみたら、租税法の指導教授に金子宏先生が選べるんですね。

この先生は、東京大の名誉教授で、租税法の権威ですよ。彼の本が租税法のスタンダードらしいですから。この人が指導教授で書いた論文の免除が通らないことはありえないのと、有名人に指導してもらいたい人が殺到しているんじゃないでしょうか。

はっきり言って、大学自体は大した事無いですけど、この教授に学びたい人が多くて、倍率が上がっていると思われます。なので、難易度は高いかと思います。

なお、私が租税法専攻ではないので、他の先生の知名度は知りません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90%E5%AE%8F

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

Q大学院にいって税理士になる方法

私の友人で税理士志望の人がいるのですが、表題の件で
相談を受けました。
その人は、税理士試験の科目合格者で、5科目中3科目
(うち、1科目は財務諸表論)を取得しています。
ところが、残り2科目がなかなか合格できず、大学院に行こうか、
悩んでいるとのこと。
ご存知でしたら教えてほしいのですが、関西方面で税理士科目
免除(?)が可能な大学(院)ってどこがありますか?
また、おすすめの大学院ってあるのでしょうか?

宜しくお願いいします。

Aベストアンサー

免除制度について、ご存知なのでしょうか?

会計科目の免除と税法科目の免除では、大学院の学部も修士論文も違います。
ですので、残り2科目の免除を受けるのであれば、2回も大学院を終える必要があります。そのように考えると、最低でも4年も大学院へ行かなければならず、大学院ごとに審査するのではなく、論文の内容で審査するため、免除が約束されているわけではありません。

大学院へ行ってまで取得する意欲があるのであれば、専門学校を変えての受験などを考える方が良いかもしれません。もちろん、一方を免除を目指し、もう一方を受験でと考えることもできますが、大学院で研究論文を作るだけの講義を受けるわけですし、税理士受験に夢中になっていたわけですので、講義についていくことも大変なことでしょう。そのうえで、もう一方を受験することは、今まで受験千年で出来なかったことを大学院に通いながらは厳しいでしょうね。

どうせ大学院を目指すのであれば、会計専門職大学院で公認会計士を目指すのも方法の一つでしょう。
公認会計士試験合格のほか、監査業務の経験がつめれば、公認会計士登録が出来ることでしょう。そのようになれば、無試験で税理士登録も可能です。

関西大学に会計専門職大学院があるでしょう。それに、専門学校へ行っているのであれば、専門学校にも情報があると思います。相談されることも悪くないでしょう。

免除制度について、ご存知なのでしょうか?

会計科目の免除と税法科目の免除では、大学院の学部も修士論文も違います。
ですので、残り2科目の免除を受けるのであれば、2回も大学院を終える必要があります。そのように考えると、最低でも4年も大学院へ行かなければならず、大学院ごとに審査するのではなく、論文の内容で審査するため、免除が約束されているわけではありません。

大学院へ行ってまで取得する意欲があるのであれば、専門学校を変えての受験などを考える方が良いかもしれません。もちろん、一方...続きを読む


人気Q&Aランキング