人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

By 2080, global warming could result in one-fifth of the world’s lizard species becoming extinct, a global study has found.

Even under the most optimistic scenarios for curbing carbon dioxide emissions, the analysis by an international team shows that one-fifth of the globe’s lizard populations, corresponding to 6% of all lizard species, may go extinct by 2050.

“We’ve committed ourselves to that,” says Barry Sinervo, an evolutionary biologist at the University of California, Santa Cruz, who led the study.

He and his colleagues found that climate change has already driven 12% of the populations of Mexico’s colourful Sceloporus lizards extinct since 1975.

If emissions continue at current levels, he predicts that by 2080, 39% of the world’s lizard populations will have vanished, corresponding to a 20% loss in species.

The study is published in Science this week.

It’s a stunning finding, says Raymond Huey, an evolutionary physiologist at the University of Washington, Seattle, who wasn’t part of the study team.

“Lizards are animals that should be very tolerant of climate warming,” he says.

よろしくお願いします^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2080年までに、地球温暖化は世界中のトカゲ種の5分の1を絶滅させることになると、ある世界的研究は発見しました。



二酸化炭素排出を抑える為の最も楽観的シナリオの元でさえ、とある国際的チームの分析は、すべてのトカゲ種の6%に相当する、地球のトカゲの個体数の5分の1が2050年までに絶滅するであろうと示しています。

「我々はそれに全力を尽くしてきたのです。」とその研究を指揮したカリフォルニア大学サンタ・クルーズ校の進化生物学者のバリー・シネルヴォは言います。

彼と同僚は気候変動が1975年以降すでにメキシコに生息する色鮮やかなマラカイトハリトカゲ種(※1)の個体数の12%を絶滅させたことを発見しました。

もし(二酸化炭素の)排出が現在のレベルで続くならばトカゲ種の20%を失うことにあたる、世界中のトカゲ総数の39%が2080年までに無くなっているであろうと彼は予測しています。

この研究は今週、サイエンス誌に掲載されました。

それは驚くべき発見です。と、この研究チームに参加しなかったシアトルにあるワシントン大学の進化生理学者、レイモンド・ヒュイは言います。

「トカゲは気候温暖化に対してとても耐性のある動物であるはずなのですが」と。

※1:イグアナ科トカゲの総称。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎回情報付きでありがとうございます^^

お礼日時:2012/11/17 22:30

2080年までに、地球温暖化が原因で、トカゲの5分の1の種類が絶滅するだろう、と地球を研究するひと(?)が言った



二酸化炭素の排出が抑制される、という最も楽観的なシナリオのもとでさえ、国際的な研究チームの評論家は個体数で言うと5分の1のトカゲが、 種類で言うと6パーセントのトカゲが2050年までに絶滅スルだろう

「間違いなくそうだ」とカリフォルニア大学の進化生物学者で、この結論に至ったBarry Sinervoは言う。


彼と彼の仲間たち(彼のチーム、と訳しても良いでしょう)は、1975年に比べ、メキシコの、カラフルなSceloporus というトカゲの個体数が12パーセント減少した、と言うことを発見した
*extinct を絶滅、と訳さず、12パーなんで、減少、と訳しました

もし現在のまま排出が続くと、2080年までには個体数で言うと39パーセントのトカゲが、種類で言うと20パーセントのトカゲが絶滅するだろう

この論文は今週のサイエンス誌で紹介された



こいつはびっくりな発見だあ、とシアトルのワシントン大学の進化生物学者であるRaymond Hueyは言った
「トカゲってのは、気候の温暖化には強えはずなんじゃがのう」と言った




もし間違ってても責任は取りません
へてくそな訳ですんません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすかったです
ありがとうございます^^

お礼日時:2012/11/17 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q翻訳です

A 17-year investigation into a fossilized early human skeleton from Ethiopia culminated last week with 11 papers published in Science.

Detailed descriptions of the skeleton, of a fairly complete 4.4-million-year-old female, show that humans did not evolve from ancient knuckle-walking chimpanzees, as has long been believed.

The new fossils of Ardipithecus ramidus ― known as “Ardi” ― often the first substantial view of the biology of a species close to the time of the last common ancestor shared by humans and apes.

Like modern humans, Ardi could walk upright and didn’t use her arms for walking, as chimps do.

Still, she retains a primitive big toe that could grasp a tree like an ape.

Previously, the oldest near-complete skeleton of an early human was the 3.2-million-year-old Australopithecus afarensis skeleton known as Lucy, also from Ethiopia.

Because Lucy had many traits in common with modern humans, she didn’t provide much of a picture of the earlier lineage between apes and humans, says Alan walker, a biological anthropologist at Pennsylvania State University in University Park.

The new A. ramidus “is so much more important ― and strange”, he says.

The earliest Ardipithecus, A. kadabba, lived around 5.8 million years ago in Ethiopia.

The other oldest known hominids are Orrorin tugenensis, from about 6 million years ago in Kenya, and Sahelanthropus tchadensis, from at least 6million years ago in Chad (see graphic).

In addition to describing the fossils, the Science papers provide details about the geology and palaeoenvironment of the discovery site, in the Afar desert 230 kilometres northeast of Addis Ababa.

The research team, known as the Middle Awash Project, involves 70 investigators, 47 of whom are authors on the papers.

長くてすみませんがお願いします^^;

A 17-year investigation into a fossilized early human skeleton from Ethiopia culminated last week with 11 papers published in Science.

Detailed descriptions of the skeleton, of a fairly complete 4.4-million-year-old female, show that humans did not evolve from ancient knuckle-walking chimpanzees, as has long been believed.

The new fossils of Ardipithecus ramidus ― known as “Ardi” ― often the first substantial view of the biology of a species close to the time of the last...続きを読む

Aベストアンサー

    17年間にわたるエチオピアの初期化石人骨の研究に端を発する十一編の論文が先週の『サイエンス』誌に発表された。

    4百4十万年前の人骨の詳細な記述は、これまで信じられてきたような、拳で歩く古代チンパンジーから進化したものではない事を示している。

    “Ardi” と呼ばれる Ardipithecus ramidus の新しい化石で、ヒトと、無尾猿の最後の共同祖先の時代に近い種族の生態が、初めて詳らかにされた。

    現代人と同じように、アルディは、直立で歩く事が出来、チンパンジーのように腕を使わなかった。しかし、彼女(アルディ)は、無尾猿のように木を掴む事の出来る原始的な足の親指を持っている。

    これまでで一番古かった完全に近い人骨は、やはりエチオピアの3百2十万年前の、ルーシー(Lucy)と呼ばれる Australopithecus afarensis であった。

    ペンシルバニア州立大ユニバーシティー•パーク校の生物人類学者、アラン•ウォーカーは、ルーシーは、現代人と共通な点が多かったので、無尾猿とヒトの間の初期系統を明らかにすることは出来なかった、と言う。

   「(しかし)この新しい A. ramidus は、(ルーシー)より、遥かに重要であり、不思議である」と(ウォーカー)は言う。
 
    最古の Ardipithecus である A. kadabba は、5百8十万年前にエチオピアに住んでいた。

    他の最古の物にはケニアの6百万年前の Orrorin tugenensis、や、チャドの少なくとも6百万年前 の Sahelanthropus tchadensis がある。(図参照)

    さらに化石の記述に加えて『サイエンス』誌の論文は、アディス•アババの北東230キロメートルのアファー砂漠にある発見地点の地質ならびに古生態環境の詳細を述べている。

    Middle Awash Projectと呼ばれるこの調査団は、調査員総数70名、うち47名が(同誌掲載)論文の著者である。

    17年間にわたるエチオピアの初期化石人骨の研究に端を発する十一編の論文が先週の『サイエンス』誌に発表された。

    4百4十万年前の人骨の詳細な記述は、これまで信じられてきたような、拳で歩く古代チンパンジーから進化したものではない事を示している。

    “Ardi” と呼ばれる Ardipithecus ramidus の新しい化石で、ヒトと、無尾猿の最後の共同祖先の時代に近い種族の生態が、初めて詳らかにされた。

    現代人と同じように、アルディは、直立で歩く事が出来、チンパンジーの...続きを読む


人気Q&Aランキング