現在、IBMのVisual Age3.5(プロフェッショナル)を使い開発をしています。
ある時、異常終了をしてしまい通常通りの終了が出来ませんでした。
すると次回の起動からVisual Ageが立ち上がらなくなりました。
パソコンの再起動もしたのですが、Visual Ageが起動する事はありませんでした。
Visual Ageを起動ができる方法を教えて下さい。

最悪、再インストールを考えています。
しかし、今まで作成したソースがどこに保存されているか、分かりません。
再起動の方法がない場合はソースの保存先を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Visual Ageを起動する方法は分からないです。


特に3.5には泣かされっぱなしです。

起動ができないという事なので自信はないのですが
わたしは
ide.icx
ide.ini
ivj.dat
の3ファイルをソースのバックアップとして
作業するごとにコピーしていました。

これらのファイルを元に戻すとバックアップ作成時まで
作業を戻ることができました。

ただし、ソースのみでプロジェクトの復元はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、Visual Ageを元に戻す事は出来なかったのですが、ソースのバックアップは取る事が出来ました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/27 23:13

残念ながら私はVisual Ageを使用したことがありませんが・・・


開発ツール自体が起動しなくなったのであれば再インストールしたほうが
よいような気がします・・・(^^;
ちなみにOSはwin98ですか?もしそうであれば開発にはwinNT系(NT or 2k)
をお勧めします。

またこれまで作成したソースですが、ファイル名を記憶しているのであれば
ファイル名で検索をかけるとか、もしくは*.javaで検索をかけるとか日付で
検索をかけるとか・・・が考えられると思います。
(回答が遅くて意味なしだったらすみません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざの回答をありがとうございます。
Visual Ageはソースファイルなどが隠れていてjavaやclassといった拡張子で検索をかけてもヒットしませんでした。
アドバイスのOSはNT系に変更を検討します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/27 23:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDiscourse and meaning

またまた、質問させていただきます。来週にプレゼンを控え用意をしている所なんです。私のトピックはコミュニケーションでフーコーのdiscourseにフォーカスを当てていくつもりです。そこでまず、コミュニケーションについてG. Kressが言うにはコミュニケーションは単なる情報の交換ではなくそれじたいmeaning(日本語のうまい語が見つからないので英語のままにします--- 意味)だと言うのです。そこでです、フーコーのdisourseとmeaningの関係について考察したいと思っているのです。まずフーコーの言うdisourseの定義についてS, Hallがこのように述べています。(英語ですみません)

discourse とは歴史的瞬間における特定のトピックについての知識を表す特定の方法、または話すための言葉を規定する命題の集まりと述べてた後

... Discourse is about the production of knowledge through language. But... since all social practices entail meaning, and meanings shap and influence what we do --- our conduct --- all practices have a discursive aspect. (Hall, 1992 p.291).

discourse は言葉を通した知識の生産(物)。....社会の全ての慣行/習慣はmeaning(意味を)含意し(持ち)、また私たちの行動はmeaningsによって影響を受け形どられる。それは全ての慣行/習慣がdiscourseのs側面を持っているからにほかならない。

discourseとmeaningの関係について、discourseとは言葉を生成する知識の集まりであり、その知識で定義された言葉の意味によって私たち従う慣習/慣行は成り立っている.... という解釈で合っているでしょうか?またdiscourseとmeaningについてわかる事があればお教え下さい。それとdiscursive formationについて教えていただけませんか? 長い文章で申し訳ありません。

またまた、質問させていただきます。来週にプレゼンを控え用意をしている所なんです。私のトピックはコミュニケーションでフーコーのdiscourseにフォーカスを当てていくつもりです。そこでまず、コミュニケーションについてG. Kressが言うにはコミュニケーションは単なる情報の交換ではなくそれじたいmeaning(日本語のうまい語が見つからないので英語のままにします--- 意味)だと言うのです。そこでです、フーコーのdisourseとmeaningの関係について考察したいと思っているのです。まずフーコーの言うdisourseの...続きを読む

Aベストアンサー

そうです、シニフィアンっていうのは signifier、シニフィエっていうのは signified です。英語の方が「意味するもの」「意味されるもの」という係り具合が鮮明かもしれない。日本語だと「能記」「所記」ですもんねぇ…。
少し角度を変えましょう。

確かにこれを言い出したのはソシュールなんですが、 signifier と signified というのは記号論でもあるけれど、現代思想全般で頻出します。『言葉と物』でもすごく重要な概念です。

ごく簡単なおさらいをしておくと、ソシュールは記号をふたつに分割した。
単語、フレーズ、イメージ、音、姿としてのシニフィアン(signifier)と、その意味シニフィエ(signified)。このふたつが合わさって「記号」になっているわけです。

さらに、記号には二種類ある。
オーストラリアの道路標識にカンガルーの絵が描いてあるのがありますよね。
これは「カンガルーの飛び出しに注意」ということだ。
ここではカンガルーの絵がシニフィアン、「カンガルーの飛び出し注意」がシニフィエ。この標識は見ただけでわかる。つまり、ここでのシニフィアンとシニフィエは必然的に結びついています。

一方、言語というのは記号のなかでも特殊なものとソシュールは指摘します。
「犬」というシニフィエが一緒でも、「イヌ」「dog」「chien」「Hund」などのようにシニフィアンはまるでちがう。「あの生き物」を「イヌ」と呼ぶのは、単に約束事に過ぎないのです。だから、言語にあってはシニフィアンとシニフィエの関係は恣意的である。

さらに「意味」とは何か。
意味というのは世界を指し示すものでも、ある思考、思い描かれたものを指し示すものでもない。事物や概念が言語の外側にあらかじめ存在していて、それに言葉が名前をつけているわけではないのです。「上」という意味は、どこかにある絶対的に揺らぎのない「上」という真理を指すのではなく、下ではない、右でも左でもない、という差異にもとづいている。

ソシュールの指摘が重要なのは、シニフィアンとシニフィエというのは確定的な結びつきではないし、さらにその向こうに、たったひとつの真の意味があるわけではない、ということです。
だから、ソシュールによって現代思想が始まった、ともいえる。

さて、『言葉と物』での「記号」は、表象と同義です。表象は記号ばかりではないけれど、記号は表象の一種です。

ルネッサンス期において記号は物といまだ結びついていた。
ところが古典主義時代において、〈表〉が登場します。これは物の世界とまったく結びつきを持たない、完全に自律的な表象空間です。

昨日はこの〈表〉についてもっと詳しく書こうと思ってたんですが、あまり必要ではないようなので、サクッといきましょう。

ポイントは
・すべての物の意味が、現実の事物との関係のうちにではなく、「記号の完全な表のうちに与えられる」ということ(言葉を換えれば、意味が現実と一切の関わりをもたず、それ自体として成立すること)

そうしてもう一点。
・人間の位置
人間は〈表〉を作成します。世界の中に秩序を見出すことができるのは、人間が表象し、語るからです。ところが〈表〉のなかには人間はいない。

『言葉と物』の第一章で、フーコーはベラスケスの「侍女たち」を分析しますね。そこで王の姿は見えない。だからこの絵を「古典主義時代における表象関係の表象」とするのです。

やがてこの〈表〉は崩れ始めます。表象も自律性を失います。
それはなぜか。近代に入って新しく〈人間〉という概念が登場したからです。この〈人間〉は「語る主体」「労働する主体」「生きる主体」として現れる。ベラスケスの見えない王の位置に実際の人間が入ってくるのです。

まあそこらへんはまた読んでもらうとして、古典主義時代のディスクールというのは〈表〉をつくることにあった。だからこの時代のディスクールというのは、「無色の網目を形成する」ということです。

> 表象なんですけど、これは幾つかの表(リスト)であり、上記の通り”他の物(質)との関係の系統/体系”を成立させる役割があるのだと思います。

だから、これは古典主義時代の〈表〉ということになる。
表象そのものに

> ”他の物(質)との関係の系統/体系”を成立させる役割

があるわけではありません。
この時代の表象とは「物を名ざし、裁断し、組みあわせ、結びつけてはほどく、言語の力」だった。このときの言語とは、透明なものです。こういうディスクールは、古典主義時代の終焉とともに消えてしまう。

そういうものとして理解しておいてください。

さて、"Representation: Cultural Representations and Signifying Practices" は読んでみようかなあ、とも思うのですが、ペーパーバックで43ドルは高いなあ。
とりあえずはホールの概説書の翻訳が出てるみたいなので、そこから読んでみます。

確かにオーストラリアの歴史には、両義性がありますよね。
イギリスに対しては植民地であった反面、先住民や非イギリス系植民者に対しては、支配と統治の対象として見なしていたわけでしょ。
そういう歴史を持ったオーストラリアがポスト・コロニアリズムをどう考えていくかというのは、切実な問題であるように思います。
日本にはオーストラリアの学問的成果みたいなものはあまり入ってこないんですが、頑張ってゆくゆくは日豪の架け橋となっていってください。

そうです、シニフィアンっていうのは signifier、シニフィエっていうのは signified です。英語の方が「意味するもの」「意味されるもの」という係り具合が鮮明かもしれない。日本語だと「能記」「所記」ですもんねぇ…。
少し角度を変えましょう。

確かにこれを言い出したのはソシュールなんですが、 signifier と signified というのは記号論でもあるけれど、現代思想全般で頻出します。『言葉と物』でもすごく重要な概念です。

ごく簡単なおさらいをしておくと、ソシュールは記号をふたつに分割した。
...続きを読む

Q外部ソースへのリンクを含むソースのbuild.xmlの書き方は?

現在、Eclipseで2つのプロジェクト(Lib、Toolとします)を作成しており、ToolはLibに定義された内容を用いています。
Toolは私の担当ですがLibは別の人が担当しており、まだ内容変更の可能性があるため、ソースのコピーはせず、Toolのプロジェクトの設定にて、Libのソースへのリンクを設定しました。
これでToolの(Eclipseのメニューによる)ビルドはできるようになったのですが、これをantでビルドしたいとき、build.xmlをどのように書けばよいのかわからず困っています。

Toolのビルドに先立ってLibをビルドしたいですが、Tool側にソースがないのでbuild.xmlにどう書けばよいのやら・・・という状態です。
(できるだけ「自分の環境でしか動かない」という書き方はしたくないですし。)

どなたか、何かご存知ないでしょうか?
皆様の知識やお知恵を貸していただければと思います。


以下にbuild.xmlの一部を抜粋します。

-----------------------------------
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<project name="tool" basedir=".">

<!-- ====================================================== -->
<!-- set properties for this build -->
<!-- ====================================================== -->
<property name="bin" value="bin"/>
<property name="dist" value="dist"/>
<property name="src" value="WEB-INF/src" />
<property name="lib" value="WEB-INF/lib" />

<!-- ====================================================== -->
<!-- make WAR -->
<!-- ====================================================== -->
<target name="compile" depends="init">
<!-- compile -->
<javac srcdir="${src}"
destdir="${bin}"
includes="hoge/tool/*.java, hoge/util/*.java">

<classpath>
<fileset dir="${lib}">
<include name="*.jar"/>
</fileset>
</classpath>

</javac>

<!-- make jar -->
<jar destfile="${dist}/tool.jar"
basedir="${bin}"
update="true">
</jar>

<!-- make war -->
<war destfile="${dist}/tool.war" webxml="WEB-INF/web.xml">
<fileset dir="." includes="index.jsp, error.jsp"/>
<lib dir="${lib}" includes="*.jar"/>
<lib dir="${dist}" includes="tool.jar"/>
<classes dir="${src}" includes="log4j.xml"/>
</war>

</target>
-----------------------------------

このままantを実行すると、Libの内容を参照している箇所でパッケージが見つからないとかシンボルが解決できないといったエラーが出ます。
以下にエラーを抜粋します。

-----------------------------------
Buildfile: C:\eclipse_workspace\Tool\build.xml
init:
compile:
[javac] Compiling 9 source files to C:\eclipse_workspace\Tool\bin
[javac] C:\eclipse_workspace\Tool\WEB-INF\src\hoge\tool\Decoder.java:3: パッケージ hoge.lib は存在しません。
[javac] import hoge.lib.HogeException;
[javac] ^
(以下省略)
-----------------------------------

現在、Eclipseで2つのプロジェクト(Lib、Toolとします)を作成しており、ToolはLibに定義された内容を用いています。
Toolは私の担当ですがLibは別の人が担当しており、まだ内容変更の可能性があるため、ソースのコピーはせず、Toolのプロジェクトの設定にて、Libのソースへのリンクを設定しました。
これでToolの(Eclipseのメニューによる)ビルドはできるようになったのですが、これをantでビルドしたいとき、build.xmlをどのように書けばよいのかわからず困っています。

Toolのビルドに先立ってLibをビ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。
先にlibをコンパイルすればいいように思います。
ただ、どの環境でも動くというのは難しいと思います。
libとtoolの両ソースが存在しないと駄目ですし、、、。

それより、折角プロジェクトが分かれてるのだから、libの人にjarとしてライブラリをリリースしてもらい、それを使ってtoolのコンパイルをするとか。。。
でないとlibの人がいじってる途中のソースをコンパイルしてしまうかもしれませんよね。

Q「mean」と「meaning」の使い分け

自分で辞書なりネット等で調べたのですが、
「mean」と「meaning」のどちらの方がナチュラルなのかが分かりません。

例えば、「君の涙の理由(意味)がわからない」という文では、
I have no idea what your tear means.
なのか
I have no idea what your tears meaning.
(序文の方は単純にI don't knowでもいいのだと思いますが。。。

Aベストアンサー

>基本的にはtear には s を入れなければならない。という事は
"your tears mean"ですね?
その通りです。tears が単数扱いとは辞書にはかいてありません。
しかし、その事とは別にtear を単数で使うケースは辞書にも載っています。
例えば、
1. She shed a tear. 彼女はほろりと涙を流した。
2. A tear rolled down her cheek.
上の二つの文でも分かるように、単数にする場合は「一粒の涙」という事が前提にあります。そして、その事を強調して単数にする場合は定冠詞 a を付けなければなりません。
2 の文のcheekが単数になっている事からも、たった一粒の涙である事が分かります。
しかし、実際にはこのように片目だけから一粒の涙が出る事が可能かどうかは、私たちの感知するところではなく,英語の文法がそのようになっているという事であり、またこのような言い方はある意味その状況を誇張した比喩的言い方なのかも知れません。
実際にネイティブではない我々が使う英語ではそのような微妙な情感が入る事は少ないと思いますので、「普通はtearには s をつける」と申し上げました。
また、そのように添削させていただきました。

>基本的にはtear には s を入れなければならない。という事は
"your tears mean"ですね?
その通りです。tears が単数扱いとは辞書にはかいてありません。
しかし、その事とは別にtear を単数で使うケースは辞書にも載っています。
例えば、
1. She shed a tear. 彼女はほろりと涙を流した。
2. A tear rolled down her cheek.
上の二つの文でも分かるように、単数にする場合は「一粒の涙」という事が前提にあります。そして、その事を強調して単数にする場合は定冠詞 a を付けなければなりません。
2 ...続きを読む

Qソース添付に Thread.class のソースが含まれていません。と

ソース添付に Thread.class のソースが含まれていません。と出ます。

eclipsでデバッグしていると、

ーーー
クラス・ファイル・エディター
ソースが見つかりませんでした
----
ソース添付に Thread.class のソースが含まれていません。
下の「添付ソースの変更」ボタンをクリックすると、ソース添付を変更できます。
ーーーー
と、出てきます。
eclipsは、pleiades-e3.5-phpを使っています。
ヘルプは、jdk-6u10-docs-ja.zipをダウンロードして参照しています。
ヘルプのマージとか必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

ソースコードとJavaDocの設定は別になります。
JDKが入れてあるのなら、その中の src.zip というファイルがJREシステム・ライブラリのソースコードです。そうでなければ Oracle のサイトから JDK ソースコードをダウンロードして下さい。
rt.jar などのプロパティーの[Java ソースの添付]でそのパスを設定すればシステム・ライブラリのソースが参照できるようになります。

コメントを日本語化したい場合は下記のサイトが参考になるかと。
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/javatips/180eclipse032.html

Q和訳お願い致します(social meaning...のところ)

 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane's recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned In a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn't actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn't remember the details accurately, even though he thought he did, but he did remember what had happened. It was the meaning of the events which he actually remembered, and his knowledge of what it all meant influenced his recall of the details.
 (Nicky Hayes, Psychologyより)
上記の英文中の"social meaning"の訳を高校生でも分かるように教えていただけますか?(実は、以前、別のサイトでもうかがったのですが、残念ながら自分の理解力のなさで、諦めました。)ある人に聞いたら、「実質的意味合い」だとおっしゃっていました。前後関係で、この文の言いたいこと(細かいことは間違っていたけれど、本質的なところはあっていた)は分かるのですが、social meaning→「実質的意味合い」というふうになるのが、高校生にどう説明していいか分かりません。それとも別のいい訳がありますか。

 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane's recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned In a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn't actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn't remember the details accurately, even though he thought he did, but he di...続きを読む

Aベストアンサー

すんません、これ、「社会的意味」以上でも以下でもないです。ここで問題になっているのは、「出来事の詳細」と「出来事の本質」の対比ではありません。

被験者が記憶の錯誤を起こした理由を考えてみましょう。引用文によると、その事件がもたらす社会への影響があまりにも大きく、事件の詳細に関する記憶が影響を受けてしまうほどでした。『事件そのものに関する記憶ではなく、もっぱら事件の持つ社会的意味合いの方に被験者の注意が向いて、記憶が歪められてしまったよ』『だから彼の言う事件の詳細は間違ってたんだよ。その事件の社会的意味についての彼の考えは正確かも知れないけどね』_こういうことです。

QUDPで受信終了の合図を出して受信終了させる

UDPの帯域測定プログラムを作成しています。
100個のパケットを受信した後、受信処理を終了させるのに、
endの文字を挿入したパケットを受信することで受信を終わらせようと考えています。

パケットを送信する側は100個のパケットを送信し終えたら、endのパケットを送信します。
受信側はendのパケットを受信したら受信を終了します。

受信側がendを受信したら送信側がendのパケットを送信するのを止めさせたいのです。
UDPではパケットが消失するため、送信側は受信側がendを受け取ったことを確認したあとに送信をやめなければなりません。
endを受け取ったら、合図を返信すればよいと思いますが、その合図が消失することもあるので、「endを受信したら合図を返信する」という処理を終わらせるタイミングも分かりません。

どのようにしてendを受け取ったことを確認すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

> 送信側は受信側がendを受け取ったことを確認したあとに送信をやめなければなりません。

そういう要望が出ている時点で「UDPを使うのは間違い」というか、
そういう用途にはTCPを使うべき、ということになりますが

どうしてもUDPを使いたかったら、
TCP的なハンドシェイクが必要になるでしょう。

それと、最終目的が

> 100個のパケットを受信した後、受信処理を終了させるのに、

なのでしたら、

> パケットを送信する側は100個のパケットを送信し終えたら、endのパケットを送信します。

ではダメでしょう。パケット消失が発生したら、送信側が100個送っても、受信側は100個になりません。

受信側で、100個のパケットを受信し終えたところで、送信側に「受信完了」のパケットを送る必要があります。
たとえば、
・送信側は、受信側から「受信完了」パケットが届くまでは普通のパケットを送信し続ける
・受信側は、100個のパケットを受信し終えたら、以降、パケットを受信するたびに「受信完了」パケットを送信側に送りつける
という処理にすれば、パケット消失が発生しても、いつか消失せずにパケットが届けば最終的には処理が完了します。

> 送信側は受信側がendを受け取ったことを確認したあとに送信をやめなければなりません。

そういう要望が出ている時点で「UDPを使うのは間違い」というか、
そういう用途にはTCPを使うべき、ということになりますが

どうしてもUDPを使いたかったら、
TCP的なハンドシェイクが必要になるでしょう。

それと、最終目的が

> 100個のパケットを受信した後、受信処理を終了させるのに、

なのでしたら、

> パケットを送信する側は100個のパケットを送信し終えたら、endのパケットを送信します。

...続きを読む

Q215 meaningとyouがつながってるのにどうやってやくすのですか?主格ですか?

215 meaningとyouがつながってるのにどうやってやくすのですか?
主格ですか?

Aベストアンサー

所有格 whose は
... friend whose father is a doctor / whose name is Ken
こういうパターンしか最初に習わないから
まるで whose 名詞で主語、その後に動詞と決まっているようで、そうではありません。

所有格というのは後との名詞の関係が所有というだけで
所有格+名詞自体は主語にも目的語にもなります。

terms + You don't understand their meanings ...
であれば their meanings → whose meanings となって
位置としてはそのまま前に出て
... terms whose meanings you don't understand となります。

この前に出る発想を目的格パターンと錯覚するのです。

疑問詞 whose で
Whose father did you meet yesterday?
こういうのをやらないからわからなくなるのです。

QJSPの改行コード、再起動

会社で使用しているサーバが、どうも、SUN OSのようなのですが、ローカルのTomcat環境では問題なく動くJSPのプログラムが、サーバにアップすると、500エラーが発生し、デバッグに必要な手がかりが全く表示されないので、困惑しています。

サーバへは全てバイナリモードでアップするように言われていて、テキストファイル等はリモートでも改行コードがCR+LF(windows)であることに気がつきました。

そこで質問なのですが、JSPでは、改行コードがLF(UNIX)だとエラーが発生する設定もあり得るものでしょうか。

さらに、JSPは、jspファイルに変更を加えたら、サーバも再起動しなければならないのでしょうか。サーブレットとは異なり、再起動は必要ないと思っていましたが、先輩に頼んで、再起動してもらわなければなりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> そこで質問なのですが、JSPでは、改行コードがLF(UNIX)だと
> エラーが発生する設定もあり得るものでしょうか。
少なくとも私がJavaを始めてからこの現象にぶち当たったことはありません。
無いとは言い切れませんが、あまり考えなくてもいいかも。
改行コードよりも文字コードの方が厄介…orz

> <%@ page import="java.util.regex.*" %>
> や、
> String.split("正規表現");

当てずっぽうですが、サーバのJavaバージョンが
1.3以下ってことはないですか。
どっちもJDK1.4からのAPIなので…。

ともあれ現象や500エラーとだけ言われてもつらいので、
例外エラーを吐いてるログ残ってませんか?


>さらに、JSPは、jspファイルに変更を加えたら、サーバも再起動しなければならないのでしょうか。
多分必要なし。
JSPは初回アクセス時にJSP→Java→classという変換&コンパイルする機構を持っているから。
でも、一旦止めた方が気休め程度ですが安心かもしれない。
アクセス中の人がいたら面倒な事になるかもしれないし…。

> ページを編集するなどしてエラーになるような更新を行うと~
エラーページの場合、JSP→Java→classの過程でコンパイルエラーが
発生するでしょうからそのせいで、classの上書きが起こらず
前のJSPが動くという現象なのではないでしょうか。


この辺は最初から書いてあると嬉しい情報です。
解決しないようなら補完願います。
・サーバのJDKバージョンとアプリケーションサーバの種類とバージョン
 (InterstageServer特有の問題だったら分かんないなぁ…)
・ローカル(開発機?)のTOMCATとJDKのバージョン
・500エラーの他に出力される例外エラー等のログ

> そこで質問なのですが、JSPでは、改行コードがLF(UNIX)だと
> エラーが発生する設定もあり得るものでしょうか。
少なくとも私がJavaを始めてからこの現象にぶち当たったことはありません。
無いとは言い切れませんが、あまり考えなくてもいいかも。
改行コードよりも文字コードの方が厄介…orz

> <%@ page import="java.util.regex.*" %>
> や、
> String.split("正規表現");

当てずっぽうですが、サーバのJavaバージョンが
1.3以下ってことはないですか。
どっちもJDK1.4からのAPIなので…。

...続きを読む

Qthe social meaning of what had gone on was perfectly correct.とは何か?

Memory is an active mental process rather than a simple tape-recording of what has happened. In many ways, this is quite a hard concept to grasp, because we always feel as though we are remembering exactly what happened. But it’s true, nonetheless.
(中略)
One of the important witnesses in these trials was John Deane, a man who was considered by many to have an astoundingly accurate memory. During the trials, he related a number of very specific conversations which had taken place between the President and other people in the White House. Deane was convinced that he had recounted them accurately. However, later on in the trials, a number of tape-recordings of the same conversations were discovered.
 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane’s recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned in a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn’t actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn’t remember the details accurately, even though he thought he did, but he did remember what had happened. It was the meaning of the events which he actually remembered, and his knowledge of what it all meant influenced his recall of the details.
 

Nicky Hayes氏の Psychologyという本からの引用ですが、the social meaning of what had gone on was perfectly correct.という部分がよく分かりません。具体的に説明していただけますでしょうか?

Memory is an active mental process rather than a simple tape-recording of what has happened. In many ways, this is quite a hard concept to grasp, because we always feel as though we are remembering exactly what happened. But it’s true, nonetheless.
(中略)
One of the important witnesses in these trials was John Deane, a man who was considered by many to have an astoundingly accurate memory. During the trials, he related a number of very specific conversations which ha...続きを読む

Aベストアンサー

#2にも書きましたが,
“social meaning”を「実質的意味あい」と訳したのは私なりの意訳です。
“social”自体に「実質的」という意味があるわけではなく,
むしろ“meaning”の持つ「趣旨」とか「底意」といった含意を汲んだつもりです。

英語話者の感覚はわかりませんが,
“social”を他の単語で置き換えた場合ニュアンスは変わってくるでしょう。
“social context”が記憶に及ぼす効果がこの文章の主旨だとすれば,
やはり“social”の一語が必要だったのかもしれません。

質問者さんが英語で勉強なさっているのなら
訳語にこだわる必要はないと思います。
もし翻訳が目的であるのなら
正確さを優先して直訳調にするもよし,
日本語としての自然さを重視して意訳するもよし。
より適切な訳語を工夫してみてください。

QTomcatを再起動するとエラーとなります

現在Eclipce2.1.3と、Tomcat5.0.19を利用しjspベースのデータベースによる情報の管理を行う環境を作成しています。
元々、同様の環境で動作していたものと同じソースを新しいプロジェクトに移行させ別の管理ページを作成しようとしていたのですが、いじっている間にビルドをするとホット・コード置換エラーと言う画面が出ました。
何度ビルドしても同じエラーが出たのですが、Eclipceを再起動させるとエラーが表示されなくなりました。
ところが、Tomcatを再起動させると下記エラーがでてしまい「org.gjt.mm.mysql.Driver」が必要なページが表示されなくなってしまいました。

サーバを再起動したところ正常に表示されるのですが、Tomcatを再起動するとまた同じようにエラーが出てしまいます。
今のところサーバ再起動で動作は行っていますが、Tomcatの挙動が不安定と言うのが心配です。
どこを修正or確認すればよいか、教えていただけませんでしょうか。
宜しくお願いします。


stdout.logから
2006/07/21 11:19:29 org.apache.catalina.startup.ContextConfig applicationConfig
情報: アプリケーションのweb.xmlが見つかりません、デフォルトだけを使用します
2006/07/21 11:19:30 org.apache.catalina.startup.ContextConfig applicationConfig
情報: アプリケーションのweb.xmlが見つかりません、デフォルトだけを使用します
2006/07/21 11:19:30 org.apache.catalina.startup.ContextConfig applicationConfig
情報: アプリケーションのweb.xmlが見つかりません、デフォルトだけを使用します
2006/07/21 11:19:31 org.apache.catalina.startup.ContextConfig applicationConfig
情報: アプリケーションのweb.xmlが見つかりません、デフォルトだけを使用します

文字数の関係でこの部分だけ載せています。
他に必要なところがあれば仰ってくださいませ。

現在Eclipce2.1.3と、Tomcat5.0.19を利用しjspベースのデータベースによる情報の管理を行う環境を作成しています。
元々、同様の環境で動作していたものと同じソースを新しいプロジェクトに移行させ別の管理ページを作成しようとしていたのですが、いじっている間にビルドをするとホット・コード置換エラーと言う画面が出ました。
何度ビルドしても同じエラーが出たのですが、Eclipceを再起動させるとエラーが表示されなくなりました。
ところが、Tomcatを再起動させると下記エラーがでてしまい「org.gjt.mm.my...続きを読む

Aベストアンサー

自分もEclipceを使っているのですがどうやらweb.xmlが正しい所に置かれていないか記述が間違ってるようですね?
自分の環境のbuild.xmlにはこう記述されています。

<!-- xml,tld -->
<mkdir dir="${dist}/WEB-INF"/>
<copy todir="${dist}/WEB-INF/">
<fileset dir="${project.dir}/WEB-INF/">
<include name="**/index.html"/>
<include name="**/*.xml"/>
<include name="**/*.tld"/>
<exclude name="**/build.xml"/>
<exclude name="**/build.properties"/>
</fileset>
</copy>
参考になればよいのですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報