出産前後の痔にはご注意!

(すみませんが長文&パニック状態で、読み難い乱文です事をお許しください)
※ペットカテゴリでも質問していますが、こちらのカテの方が良いとのアドバイスを頂きましたので、同じ質問をさせて頂いております。ご了承下さい。

12歳になるチワワを飼っており、ここ最近体調を崩しており、日帰り入院を続けていました。
もしかしたら先があまり長くないのでは、と感じ、この先どうしたらワンコが幸せに暮らせるのか、ワンコの気持ちを知りたいと思い、TVで最近見かけるアニマルコミュニケーターというのに興味を感じ、自宅まで来て貰い、セッションしてもらうことにしたのです。

開始後、色々とワンコと話しをしてもらい、その中で、コミュニケーターに攻撃的になった為、
「小さい頃から人に攻撃的になる事があるので、それは何故なのでしょうか?」と聞いて貰いました。
最初は口頭でワンコと話しをしていたのですが、「医者はどういうか分かりませんが、私なら、攻撃的になったら、首元を押えて、胸を撫でてみます」との事でした。

しかし、うちのワンコはあまり心臓が強くない為、そのような行為を以前自分もしてみようとしたが、興奮してチアノーゼを起こし掛ったので、それ以上はやらないのです、とお答えしました。

しかし、その後またワンコがコミュニケーターに攻撃的になった際、コミュニケーターがソファーとクッションの間でワンコの首元を押えこみ、「落ち着きなさい!!」と大声を出し、押さえ付けました。
ワンコは苦しみなのか恐怖なのか分かりませんが、キャンキャンと今まで聞いたことの無い大きな声で泣きまくり、そのうち声が出なくなってしまいました。私はその間、不安と恐怖でコミュニケーターに何度も「大丈夫ですか?」と聞きましたが、「大丈夫です」の一点張りで…

大人しくなったので、コミュニケーターも、ようやく言う事を聞いたのかという表情でワンコを覗き込むと、もうワンコはグッタリして動きませんでした。

私はもうパニックになってしまい、ただただ大声でワンコの名前を呼ぶ事しか出来ませんでした。
コミュニケーターも焦り、人工呼吸や心臓マッサージをしていましたが、もう元には戻りませんでした。
主人も当日同席していたので、すぐに車を出して病院へ行きましたが、もう手遅れでした。
私と主人からしてみると、首を強く抑えられた窒息の様にも見えましたが、コミュニケーターは、ワンコが心臓が痛かったと言ってます、首を押えられた事ではありません、と伝えて来ました。
これ以上ワンコに辛い思いをして欲しく無かったので、解剖もしていません。

私はただ、ワンコがこれから幸せに暮らす為に、どうしたいのか、ワンコの気持ちを聞きたかっただけなのに…
確かに攻撃的で困ってしまうんです、という話はしましたが、しつけをして欲しいなんて一言もお願いしていません。

その後病院で、コミュニケーターになぜそこまでしたのかと聞くと、口で言っても分からないから、と言われてしまいました。そして、犬の神様が、もしこんな事が無くてもあと長くて3日の命だったと、言われました。又、ワンコが、プライドから、コミュニケーターに殺されたとは言わないで欲しい、との事なんです。
口で言って分からなくて、力任せでは、何の為のアニマルコミュニケーターなのか、そして、こんな事になって、残り3日の命だったのだと言われ、さらに自分の意思?で死んだという形にして欲しい…私はとても疑問を感じました。

しかし、行き過ぎました、とその場で土下座をして謝罪されたので、私ももうこれ以上責められないと思い、悔しい思いをしながらも、自分もショックを受け過ぎて、どうしたら良いか分からない状況だった為、当日はそのままお引き取り頂きました。

翌日、花と、振り込み済みのセッション代を持って再度訪問して来ました。
しかし、この一晩で何かが大きく変わりました。
コミュニケーターもその道のプロとして生計を立てているのです。きっと、先輩業者などに相談されたのでしょう。立場が逆転した様に感じました。

その時、改めて、なぜそこまでやる必要があったのかと聞いた所、「お客様が噛まない様にして欲しと仰ったからです」との事。その日は、もう私達に謝る事は殆どありませんでした。
むしろ、その時1時間程度居たか居ないかで、次のお客様が待っているので、と言って帰って行きました。
その際、お金を払うようなお詫びは出来ないが、自分に出来るお詫びは何か考えています、とだけ伝えられました。なので、お金の要求などはしないが、これからもワンコの声を伝え続けて欲しい、それだけは約束して欲しいとお願いしたのです。(疑わしい気持ちもありましたが、急にワンコを失った私達には、それが一番の望みでしたので…)

葬式にも、セミナーがあるとかで顔を出さず、初七日については、「ワンコとセッションした所、来ると同じ様な事ばかり聞かれて、ワンコがもう嫌だと言っていますので、行きません」と、メール一通送って来て、文面はもう少し丁寧ではありましたが、ワンコがそう言ってますのでご了承くださいとの事。お詫びの一言もありませんでした。

ワンコが急死してから私はショックのあまりもう何も出来なくなってしまい、目を閉じるとフラッシュバックの様にワンコが苦しんでいる姿が目に浮かぶ状況が続いており、心療内科に通院している状況で、その文面を見て感情的になってしまい、「私のワンコの言葉として伝えているだけで、本当はあなたの言葉で、もう私達に会いたくないのではないですか?私は、あなたに会うとあの時の事を思い出すので会いたくありません」といった文面を送ってしまいました。

そうした所、「言葉は全てワンコの声」「もうお会いしたくないなら会いません」「メールももうしませんのでご安心下さい」「「早く平安な日々が訪れますように」と締めくくられ、もうこれで終わりにしましょう、と私には受け取れる内容でした。

しかし、私も言い過ぎてしまったと反省し、言い過ぎてしまった事を謝罪し、ワンコが亡くなった時に約束したワンコの気持ちや言葉を伝えて欲しいという望みだけは続けて欲しいとメールをしました。
しかし、その後何日経っても返事はありませんでした。

返事が来ず、私の気持ちもどんどんまた混乱し、なぜ私が謝罪しなくてはならなかったのか、本当はただコミュニケーターが逃げたかっただけじゃないのか、あの時の約束はどうなるのかと考えしまい、見兼ねた主人がコミュニケーターにメールをした所、「奥様がもう連絡してほしくないとの事でしたので、していません」との事。私は会いたくないとは入れましたが、連絡を取りたくないなど一言も書いていないのです。なので、主人は又、「コミュニケーターさんの勘違いではないですか?」と送りましたが、「もう一度しっかり奥様が送ったメールを読んで下さい。この後のメールの返事はしばらく出来ない事をお伝えしておきます」との一方的なメール。

もう、堪忍袋の緒が切れました。
こちらは被害者なのに、なるべく穏便にすまそうとやってきたのです。
でも、なぜ立場が逆転するのでしょう。きっと当初から私が甘かったのだと思います。

子供の居ない私達夫婦にとって、息子の様に育て、愛しみ、精一杯の愛情を注いできたワンコを、コミュニケーターの手によって命を奪われたのです。その悲しみは言葉になど表わせない位です。

そもそもアニマルコミュニケーターに依頼なんてしなければ良かった、という後悔は毎日一日中ずっとしています。私が依頼しなければ、まだ今頃一緒にいられたのではないかと…。

アニマルコミュニケーターは動物のプロではなかったのでしょうか…?
人を癒す仕事なのではないのでしょうか?
もう、私の心はボロボロです。ワンコの仏壇の前で毎日泣いて過ごす日々で、きっとワンコも心配して成仏出来ずにいるのでは、と心配しています。

このまま何事も無かったかの様に終わらせようとしているコミュニケーターを許せません。
私達は被害者なのに、なんだか立場が逆転している気がしてなりません。
私達を馬鹿にしているとしか思えないのです。
でも、どうしたらいいか分かりません。

あまりこういった経験をされた方は少ないかと思いますが、どうするのが一番良いか、何か法的な方法があったりするのか、教えて頂けると幸いです。

長く、乱文を最後までお読み頂きありがとうございました。
アニマルコミュニケーターを信じて依頼し、このような結果となった事、重々反省と後悔をしています。
ですので、どうぞそういった批判のコメントだけはご容赦頂きたく、お願い致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

火に油を注ぐような回答ですが


闘われた方がいいと私は思います。
それは愛犬のためというより貴方のお気持ちのためにです。
法律に詳しい者ではありませんが
ペットロスには少々詳しいです。

貴方自身の中では「愛犬のため」との想いを強く持つことが大切ですよ。
多くの飼い主にとって亡くなった子に「もう何もしてやれない」ことが
最も辛く哀しいことです。
人は愚かで間違いやすいですが
どんな間違いからも哀しみからも
貪欲に様々なものを手に入れながら立ち上がってください。
私の言う「様々なもの」とは金品ではなく感情です。
それを得ることによって今後の貴方の人生、
生き方が大きく変わってきます。
負けたままではいけません。
落ちたままではいけません。
必ず血の涙を流してまでも愛犬のために立ち上がってください。

まずは
○ペット動物法務支援事務所
○動物法務協議会

上記に相談しながら 
貴方自身が法律について様々な知識を身に付けていきましょう。
これはね、動物病院にかかる際と同じで
自身に知識がないと相手の「言いなり」になるしかないからです。
ちゃんと相手の言っていることが理解できれば
貴方の中に「選択」という誰にでも手に入れられる権利が生まれます。

もう泣いている時間はありませんよ。
時間を惜しんで多くの本や判例を読みあさり
ちゃんと相手に『謝罪』してもらってください。
それを終えたら ゆっくり泣きましょう。

頑張れ!!!!!
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

教えて頂いたペット動物法務支援事務所に早速電話で相談してみました。
そしたら、私が泣き寝入りするのはおかしい、謝罪させるべきとのアドバイスを頂きました。
今後どうすべきかも含め、アドバイス頂きました。
もうワンコはこの事について触れられて欲しくないのでは…もうこの事を考えるのは辞めようか…と色々な葛藤がありましたが、気が付くと、あの時の事、コミュニケーターの冷たいメールの事を思い出し、パニックになってしまいます。

自分の気持ちの整理の為にも、闘うべきか考えたいと思います。

具体的な相談先まで教えて頂き、1歩進めた様な気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/19 19:09

>コミュニケーターは、ワンコが心臓が痛かったと言ってます、首を押えられた事ではありません、と伝えて来ま


>した。
正直、辛いとは思いますが闘う方が相談者さんのためでもあると感じます。
上記内容は、裁判所が認める内容ではなく、事実関係だけで争われます。
まずは、大切な愛犬ですが事件としては器物損壊罪ということになりますから、弁護士を選任して相手へ損害賠償請求をすることを薦めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お回答ありがとうございました。

他の回答者様からのアドバイスでも同様に、私の為に闘うべきとご意見を頂き、実際先程専門家の方で電話で簡単に相談をさせて頂きました。
私が泣き寝入りする事では無いと教えて貰いました。

どんな形にするのが一番良いか、よく考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/19 19:20

全文拝読しました。


それで「法的な方法があったりするのか」と言いますので、これについてお答えしますと、
刑法261条に基づいて警察に告訴できます。
同条では「器物破損罪」で3年以下の懲役か30万円以下の罰金です。
ペットも家畜等と同じ扱いで、同条の適用かありますから、
告訴状を弁護士に作成してもらい、提出してください。
ただ、その前に、警察に行き、その告訴したいことを相談してからにして下さい。
私が考えるに、チワワの12才は、人で言えば高齢者です。
そのうえ「うちのワンコはあまり心臓が強くない」と言っておられます。
それらから、立件は、甚だ難しい気がします。

他に、民事事件として「損害賠償請求」ができます。
これは「〇〇万円支払え」との裁判を求めるのです。
実際問題として、この訴訟も、死亡理由に過失があったことの立証が難しい気がします。
当然と弁護士に依頼することになるでしようが、弁護士としても難しい部類になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長い文章を最後までお読み頂きありがとうございました。
弁護士の方にとっても難しいのですね。
何も証拠もありませんから、実際に進めるとなると難しい部分がかなり出てくるのでしょう。
その部分も含め、今後どうすべきか考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/19 19:00

お気持ち、お察しします。



>どうするのが一番良いか、

一番良いのは「早く忘れる事」です。

ペットロスは飼い主にとって衝撃であり、元に戻るのにかなりの時間を要します。

ある程度は、時間が解決してくれるでしょう。

そして、飼い主さんには「失った子の事を忘れる事なく、次の子を迎え入れる事が出来るだけの強さ」が求められます。

「今、次の子の事なんか考えられない」と思うでしょうが、天に召された子は、今の飼い主さんの姿を見て悲しんでいる筈です。「もっと前を向いて。上を向いて。前に踏み出してよ」と思っている筈です。

>何か法的な方法があったりするのか

怒らないで冷静になって聞いて下さい。

法的には、ペットは「器物」として扱われます。

質問者さんは「あの子は物なんかじゃない。家族の一員だ」と思っていますよね。私もそう思います。

でも、法的には「器物」なのです。過失で殺してしまっても、罪に問えるのは「器物損壊罪」だけです。

「ペットを殺されて精神的苦痛を受けた」と言う事で、傷害罪に問う事や、精神的苦痛への損害賠償を請求する事も可能ですが、難しいです。「精神的苦痛」は、客観的に測る事ができず、裁判をしても事実として認定されにくいのです。

民事、刑事の両方の観点から見ても「うっかり、花瓶を落として割ってしまった」のと同じなのです。なので、残念ですが「法的なこと」については、アドバイス出来る事はありません。

もし、死んでしまった子が、各種グランプリのチャンピオン犬で、殺された事によって賞金獲得の機会を失った、とか、種付けすれば高額の種付け料が取れた筈なのにその機会を失った、とか、そういう「第三者が見ても、特別な犬だと判る状況」であれば、高額の賠償金を請求できる可能性もあるのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

仰る通り、ワンコはもう忘れて欲しいと思っている事でしょう…
又、ワンコは物扱いである事、私も事前にネットで調べて理解していました。
お気使い頂きありがとうございます。
ただ、物扱いだからこそ、生き物を大事に扱わない人が沢山居るのでしょうね。
せめて、動物を扱う事を商売とされている方には、ペット=物という考え方は絶対に持って欲しくないです。

他にもご回答頂いた方のご意見も参考にさせて頂き、どうすべきか考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/19 18:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニマルコミュニケーターに愛犬を殺されました

(すみませんが長文&パニック状態で、読み難い乱文です事をお許しください)

12歳になるチワワを飼っており、ここ最近体調を崩しており、日帰り入院を続けていました。
もしかしたら先があまり長くないのでは、と感じ、この先どうしたらワンコが幸せに暮らせるのか、ワンコの気持ちを知りたいと思い、TVで最近見かけるアニマルコミュニケーターというのに興味を感じ、自宅まで来て貰い、セッションしてもらうことにしたのです。

開始後、色々とワンコと話しをしてもらい、その中で、コミュニケーターに攻撃的になった為、
「小さい頃から人に攻撃的になる事があるので、それは何故なのでしょうか?」と聞いて貰いました。
最初は口頭でワンコと話しをしていたのですが、「医者はどういうか分かりませんが、私なら、攻撃的になったら、首元を押えて、胸を撫でてみます」との事でした。

しかし、うちのワンコはあまり心臓が強くない為、そのような行為を以前自分もしてみようとしたが、興奮してチアノーゼを起こし掛ったので、それ以上はやらないのです、とお答えしました。

しかし、その後またワンコがコミュニケーターに攻撃的になった際、コミュニケーターがソファーとクッションの間でワンコの首元を押えこみ、「落ち着きなさい!!」と大声を出し、押さえ付けました。
ワンコは苦しみなのか恐怖なのか分かりませんが、キャンキャンと今まで聞いたことの無い大きな声で泣きまくり、そのうち声が出なくなってしまいました。私はその間、不安と恐怖でコミュニケーターに何度も「大丈夫ですか?」と聞きましたが、「大丈夫です」の一点張りで…

大人しくなったので、コミュニケーターも、ようやく言う事を聞いたのかという表情でワンコを覗き込むと、もうワンコはグッタリして動きませんでした。

私はもうパニックになってしまい、ただただ大声でワンコの名前を呼ぶ事しか出来ませんでした。
コミュニケーターも焦り、人工呼吸や心臓マッサージをしていましたが、もう元には戻りませんでした。
主人も当日同席していたので、すぐに車を出して病院へ行きましたが、もう手遅れでした。
私と主人からしてみると、首を強く抑えられた窒息の様にも見えましたが、コミュニケーターは、ワンコが心臓が痛かったと言ってます、首を押えられた事ではありません、と伝えて来ました。
これ以上ワンコに辛い思いをして欲しく無かったので、解剖もしていません。

私はただ、ワンコがこれから幸せに暮らす為に、どうしたいのか、ワンコの気持ちを聞きたかっただけなのに…
確かに攻撃的で困ってしまうんです、という話はしましたが、しつけをして欲しいなんて一言もお願いしていません。

その後病院で、コミュニケーターになぜそこまでしたのかと聞くと、口で言っても分からないから、と言われてしまいました。そして、犬の神様が、もしこんな事が無くてもあと長くて3日の命だったと、言われました。又、ワンコが、プライドから、コミュニケーターに殺されたとは言わないで欲しい、との事なんです。
口で言って分からなくて、力任せでは、何の為のアニマルコミュニケーターなのか、そして、こんな事になって、残り3日の命だったのだと言われ、さらに自分の意思?で死んだという形にして欲しい…私はとても疑問を感じました。

しかし、行き過ぎました、とその場で土下座をして謝罪されたので、私ももうこれ以上責められないと思い、悔しい思いをしながらも、自分もショックを受け過ぎて、どうしたら良いか分からない状況だった為、当日はそのままお引き取り頂きました。

翌日、花と、振り込み済みのセッション代を持って再度訪問して来ました。
しかし、この一晩で何かが大きく変わりました。
コミュニケーターもその道のプロとして生計を立てているのです。きっと、先輩業者などに相談されたのでしょう。立場が逆転した様に感じました。

その時、改めて、なぜそこまでやる必要があったのかと聞いた所、「お客様が噛まない様にして欲しと仰ったからです」との事。その日は、もう私達に謝る事は殆どありませんでした。
むしろ、その時1時間程度居たか居ないかで、次のお客様が待っているので、と言って帰って行きました。
その際、お金を払うようなお詫びは出来ないが、自分に出来るお詫びは何か考えています、とだけ伝えられました。なので、お金の要求などはしないが、これからもワンコの声を伝え続けて欲しい、それだけは約束して欲しいとお願いしたのです。(疑わしい気持ちもありましたが、急にワンコを失った私達には、それが一番の望みでしたので…)

葬式にも、セミナーがあるとかで顔を出さず、初七日については、「ワンコとセッションした所、来ると同じ様な事ばかり聞かれて、ワンコがもう嫌だと言っていますので、行きません」と、メール一通送って来て、文面はもう少し丁寧ではありましたが、ワンコがそう言ってますのでご了承くださいとの事。お詫びの一言もありませんでした。

ワンコが急死してから私はショックのあまりもう何も出来なくなってしまい、目を閉じるとフラッシュバックの様にワンコが苦しんでいる姿が目に浮かぶ状況が続いており、心療内科に通院している状況で、その文面を見て感情的になってしまい、「私のワンコの言葉として伝えているだけで、本当はあなたの言葉で、もう私達に会いたくないのではないですか?私は、あなたに会うとあの時の事を思い出すので会いたくありません」といった文面を送ってしまいました。

そうした所、「言葉は全てワンコの声」「もうお会いしたくないなら会いません」「メールももうしませんのでご安心下さい」「「早く平安な日々が訪れますように」と締めくくられ、もうこれで終わりにしましょう、と私には受け取れる内容でした。

しかし、私も言い過ぎてしまったと反省し、言い過ぎてしまった事を謝罪し、ワンコが亡くなった時に約束したワンコの気持ちや言葉を伝えて欲しいという望みだけは続けて欲しいとメールをしました。
しかし、その後何日経っても返事はありませんでした。

返事が来ず、私の気持ちもどんどんまた混乱し、なぜ私が謝罪しなくてはならなかったのか、本当はただコミュニケーターが逃げたかっただけじゃないのか、あの時の約束はどうなるのかと考えしまい、見兼ねた主人がコミュニケーターにメールをした所、「奥様がもう連絡してほしくないとの事でしたので、していません」との事。私は会いたくないとは入れましたが、連絡を取りたくないなど一言も書いていないのです。なので、主人は又、「コミュニケーターさんの勘違いではないですか?」と送りましたが、「もう一度しっかり奥様が送ったメールを読んで下さい。この後のメールの返事はしばらく出来ない事をお伝えしておきます」との一方的なメール。

もう、堪忍袋の緒が切れました。
こちらは被害者なのに、なるべく穏便にすまそうとやってきたのです。
でも、なぜ立場が逆転するのでしょう。きっと当初から私が甘かったのだと思います。

子供の居ない私達夫婦にとって、息子の様に育て、愛しみ、精一杯の愛情を注いできたワンコを、コミュニケーターの手によって命を奪われたのです。その悲しみは言葉になど表わせない位です。

そもそもアニマルコミュニケーターに依頼なんてしなければ良かった、という後悔は毎日一日中ずっとしています。私が依頼しなければ、まだ今頃一緒にいられたのではないかと…。

アニマルコミュニケーターは動物のプロではなかったのでしょうか…?
人を癒す仕事なのではないのでしょうか?
もう、私の心はボロボロです。ワンコの仏壇の前で毎日泣いて過ごす日々で、きっとワンコも心配して成仏出来ずにいるのでは、と心配しています。

このまま何事も無かったかの様に終わらせようとしているコミュニケーターを許せません。
私達は被害者なのに、なんだか立場が逆転している気がしてなりません。
私達を馬鹿にしているとしか思えないのです。
でも、どうしたらいいか分かりません。

あまりこういった経験をされた方は少ないかと思いますが、どうするのが一番良いか、何か法的な方法があったりするのか、教えて頂けると幸いです。

長く、乱文を最後までお読み頂きありがとうございました。
アニマルコミュニケーターを信じて依頼し、このような結果となった事、重々反省と後悔をしています。
ですので、どうぞそういった批判のコメントだけはご容赦頂きたく、お願い致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

(すみませんが長文&パニック状態で、読み難い乱文です事をお許しください)

12歳になるチワワを飼っており、ここ最近体調を崩しており、日帰り入院を続けていました。
もしかしたら先があまり長くないのでは、と感じ、この先どうしたらワンコが幸せに暮らせるのか、ワンコの気持ちを知りたいと思い、TVで最近見かけるアニマルコミュニケーターというのに興味を感じ、自宅まで来て貰い、セッションしてもらうことにしたのです。

開始後、色々とワンコと話しをしてもらい、その中で、コミュニケーターに...続きを読む

Aベストアンサー

・・はじめまして

あまりの悲劇に・・・言葉が出ませんが。。。

見ている方のほとんどが、たぶんそうでしょうね

ワタシは法律に。とくに詳しいわけではありませんが・・・お伺いした状況では、法的に弁護士などを雇っても
納得のいく結論にみちびくのは、難しいと思います
ともかく悪魔のようなヒトたちを雇って、自らお宅へ招き入れてしまったという点で・・・責任の所在は。。。ということです

施術の様子をビデオなどで一部始終を撮影していたわけではありませんし・・・それに、そばで立ち会って見ていたわけですからね ただちに止めさせることもできたハズだと言われるかもしれません
悔しいですが・・・
残念ながら
たいていの場合
法律は正義の味方ではありません
また・・・その手の方達は、そもそも法の目をくぐることで商売が成り立っているので
対処にたけていると思われます

闘病しているワンコを愛しすぎて、ワンコの気持ちを知りたいと欲を出してしまった・・・痛いほど、わかりますが

ココのところですよね

ワタシは6年まえに腎臓病で闘病の愛犬を数年間、介護したあとみおくりましたが。。。
いろいろ辛いときもある、日々でしたが
彼女と誰よりも魂をよせあった時間だと確信しています

それでも、犬にかぎらず人間同士でも、所詮は別べつの魂です。分かり合えない部分があって当たり前なのです
mahalo-tamiha さんは愛が深すぎて・・・犬の心を全部、知りたいと欲が出てしまったんですね

(詐欺に引っかかるとき、人間はかならず欲が出ているときです)

でも・・・こうして、この場に「辛い出来事」を書いてくださって、ありがとうございます
とっても深い意味があると思います

二度と、こういう悲劇がくりかえされぬように、これを読んだ愛犬家は、みな心に刻みます

毎日、ご飯をあげて・・毎日、声を聞いて、毎日、その目を見つめて・・・
この世に、飼い主ほど愛犬の心の変化を
わかってあげる存在など、どこにもないのだということを
どんな名医だろうが、名トレーナーだろうが
飼い主にかなう存在など、どこにもいない・・・ということ

それでも理解ができぬ部分は・・・神のみぞ知る部分で良いのです
ワタシたちは、それを受け入れましょう

http://www5.ocn.ne.jp/~select/Ten-Commandments.html

http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html


犬を愛して、一緒に暮らすということは
・・・どんな辛さにも勇気を持って
自ら 立ち向かわなければならないし

重い十字架を負わされることも、ときにはあると
それも、覚悟しなければならないのですが

そんなことを、考えて  
犬を 向かい入れるヒトは・・・少ないでしょうね

いつか・・・虹の橋でワンコの魂に再会できたときに、心からワンコにあやまりましょうね
ワタシも歴代の見送ったワンコ達に、そうするつもりでいるんです
(ワタシにも重い十字架があります)

・・はじめまして

あまりの悲劇に・・・言葉が出ませんが。。。

見ている方のほとんどが、たぶんそうでしょうね

ワタシは法律に。とくに詳しいわけではありませんが・・・お伺いした状況では、法的に弁護士などを雇っても
納得のいく結論にみちびくのは、難しいと思います
ともかく悪魔のようなヒトたちを雇って、自らお宅へ招き入れてしまったという点で・・・責任の所在は。。。ということです

施術の様子をビデオなどで一部始終を撮影していたわけではありませんし・・・それに、そばで立ち会っ...続きを読む

Qアニマルコミュニケーター

アニマルコミュニケーターという方がいらっしゃるようですが、
本当に動物とコミュニケーションができるのでしょうか。
もし体験した方がいらっしゃったら教えていただけませんか。
また、こちら北海道なのですが北海道にもそういう方がいらっしゃるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も体験しました
メールで写真とペットの名前。自分の事は、犬には何と言っているか(ママ。お母さん。みいちゃん等)←これは、ペットに質問する時に例えばママといつも何処にお散歩に行くの?とかって聞く時の為

コミュニケーターの方は、送られてきた写真を見ながらコミュニケートをします
ので遠隔でOKです
電話でやられている所もありますが私は、メールのみでやりました
その方は、ワンコの言っている事は勿論ですが話し方(明るいとか内気とか)まで感じるみたいで楽しかったです
飼い主さんしか知らない事実(食器の色や一緒にいる動物等)も確認の為質問に入れて回答を頂きました

何を聞きたいのか解りませんが一つだけ
ワンコに答えを求める筆問だけは避けましょう^^
こんな時どうしたい? と聞き  こうしたい! と言われてその通りに出来ない場合嘘を付く事になるので(#^.^#)

Q仔犬に負ける先住犬

はじめまして。
宜しくお願いします。

トイプードルメス4歳とトイプードルメス4か月を飼っています。
仔犬が来てから1か月が経ちます。

最初は先住犬が子犬に怯えて逃げまくって吠えてました。
2週間くらいで慣れたようで、吠える事はなくなりました。

仔犬は、先住犬と遊びたいのか追いかけ噛みに行きます。
先住犬は、他の犬と遊んだことがないので、それが遊びと分からないのか、吠えて逃げます。
怒って仔犬を噛みますが、凄く優しく噛んでるのか子犬のテンションは下がらず、最後は子犬に噛まれて「キャン」と鳴いて負けてしまい、ソファーに逃げて終わりです。

これって、先住犬が子犬に負けてるんですよね?
犬同士の争いには人間は介入しないほうがいいと言いますが、放っておいても大丈夫でしょか。
おもちゃも、全て子犬に取られてしまいます。
エサは、先住犬は食い意地は張ってる為は、子犬に取られる事はありません。

Aベストアンサー

犬って親兄弟と過ごすなかで犬語を習得し、遊び、噛む加減、噛んではいけないこと 他犬との距離感 人との距離感 等々を学習するんですね、4ヶ月で噛む加減がわからないのは親兄弟とまともに過ごしていないからです。
犬同士の「争い」や「喧嘩」ではないですね。チビが一方的に遊びたくて遊んでほしくてパワーが有り余ってるんですね、そして礼儀を学ぶ機械がなかったから。
やめてっていう先住犬のシグナルが通じていないか発していないか。

どちらにしてもお互いにストレスが蓄積(特に先住犬)していくと人の鬱のようになったりもしますので、、ここは私からの提案。犬同士が仲良くなるには
・楽しいことを一緒にする
・美味しいものを一緒に食べる
です。これは人間でも同じことですね。
犬の場合の楽しい事とは散歩です。
うちの場合の経験談で言います、、
毎日の散歩はまず先住犬と(ゆったりゆっくりのんびり散歩)チビ犬のロング散歩草地の安全な場所で歩いたり走ったり一緒に座り込んだりと毎日1,5時間~2時間ほど散歩というより“外で楽しく過ごす”をしました。それで週に1~2回はもうひとり家族と一緒に合計2人と2匹の“楽しい散歩”をしました。これ5才になるまでしました。

なぜ毎日の散歩が1匹ずつなのかというと、散歩の目的は息抜きであったりストレス発散なわけですから、飼い主を独占できて楽しく過ごす唯一の時間ですね、ここ先住犬にとってものすごく大事。それと散歩量も質も犬のライフステージに合ったものでないとね。

それと、皆でいく散歩はなぜ複数人かというとここも大事、犬自信も家族としての“所属感”を感じることができるからです。

そして散歩ですっかりストレスもはけて先住犬にばかり執着しないようになれば人もストレスはなくなります。

犬って親兄弟と過ごすなかで犬語を習得し、遊び、噛む加減、噛んではいけないこと 他犬との距離感 人との距離感 等々を学習するんですね、4ヶ月で噛む加減がわからないのは親兄弟とまともに過ごしていないからです。
犬同士の「争い」や「喧嘩」ではないですね。チビが一方的に遊びたくて遊んでほしくてパワーが有り余ってるんですね、そして礼儀を学ぶ機械がなかったから。
やめてっていう先住犬のシグナルが通じていないか発していないか。

どちらにしてもお互いにストレスが蓄積(特に先住犬)していくと人...続きを読む

Q愛犬の死後の不思議な体験

数日前に、16年9ヶ月生きてくれたゴールデンレトリバー(女の子)が他界しました。実家で飼っていたのですが、過去に特に大きな病気も無く、大往生だったと思います。

ただ、我が家は昔にとても悲しい出来事があり一家離散寸前でしたが、ひょんなことからこの子を飼うことになり、一家離散を回避してくれたのはなにより、彼女の存在のおかげでした。
私にとっては両親以上に大切でならない存在で大親友でした。
最後を看取れたのは私だけでした。

最後の2ヶ月位は介護状態で、心配でならず最後の方は睡眠などそっちのけで側にいました。ここまで密に彼女と過ごせた数日間は本当に幸せの連続でした。おばあちゃんになった彼女の穏やかな表情に私の方が癒されていました。

彼女(愛犬)を看取ってから、精神状態が異常な事は私自身も家族もわかっていて、確実に「ペットロス症候群にむかうだろうな私」、と思っていました。

ですが他界してから3日目の夜中、私は極度の疲労と寝不足で心身共におかしかったのか、寝ているか起きているかの狭間の様な状態の時に、一瞬ですが視界がピカッと真っ白になり、その後なんとも言えないとても心穏やかな気持ち、感覚になり、体中が安心に包まれるといいますか(言葉ではうまく表現できずごめんなさい)そんな感覚に陥りその後寝てしまったと思います。

そして翌朝目覚めたときに彼女の姿は当然あるわけもないのですが、なにか(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)につつまれていて、わたしはそれからひたすら落ち込み、泣き続けることがピタリと止まったのです。もちろんほろりとくることはありますがそれでも、(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)によって「またお散歩行こうね」とか「少しは身体、楽になった?」と私は話しかけます。

これはいったい何なんだろうと・・・。
このような質問をさせていただいても(正解)はないのかもしてませんが、
愛犬が旅立っていく経験は初めてでしたので、同じような経験をされた方が
いらっしゃるのかなと思い質問させていただきました。

あまりのショックに脳が自己防衛本能で何かを遮断しているのかもとも
思っています。
ほんの数日まえの親友の死で悲しくて仕方ないはずなのに
この短期間で事実を受け止め前向きにいけるほど強じんな精神力をもっていない私が、なぜかケロっとしてるのが不思議でしかたないのです。
若しくは、まだ現実を直視できずにいるままなのか。

なんなんでしょうね・・・^^;
不思議でたまりません。

まとまりのない文章でもうしわけありませんが
似たようなご経験をされたことがあったり、なくてもなにかお言葉いただけたらなと
おもいます。
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。

数日前に、16年9ヶ月生きてくれたゴールデンレトリバー(女の子)が他界しました。実家で飼っていたのですが、過去に特に大きな病気も無く、大往生だったと思います。

ただ、我が家は昔にとても悲しい出来事があり一家離散寸前でしたが、ひょんなことからこの子を飼うことになり、一家離散を回避してくれたのはなにより、彼女の存在のおかげでした。
私にとっては両親以上に大切でならない存在で大親友でした。
最後を看取れたのは私だけでした。

最後の2ヶ月位は介護状態で、心配でならず最後の方は睡眠などそ...続きを読む

Aベストアンサー

いや~、私なんかほとんど泣いてない。
息が止まった時は、笑顔だったよ。
楽になった顔を見て、良かった良かったって。
その頃、新しい職場に変わったばかりでねえ。
仕事を終え、帰りの電車の中で、携帯のワンちゃんを見てはニッコリ、ホッとする・・・当分はそんな毎日でした。

死んだ犬に、ああすればよかった、こうすればよかったと、後で悩むばかりの人もいるけどねえ。
でも、どんなに可愛がっても、犬は一人で逝ってしまう。
飼い主なんか、置き去りにして。
振り向きもしないでさあ。
それ程犬は、精神的に自立している。
だから、人間が犬のためにしてやれることなんて、たかが知れてる。
所詮は、ただ飼って看取るだけ。

あなたはちゃんと、それがわかってる。
そして、ワンちゃんがくれたものを、今味わってるんだよ。
「ごめんなさい」じゃなくて、「ありがとう」と思いながら。
まだ、ワンちゃんの気配がそのまま残っている生活の中で。
まだ部屋は、当分は片づける気にはならないよね?

それにしても、16歳9か月とは、すごく長生きしてくれたねえ。
あなたは、本当に良い犬と出会い、良い別れ方をしたのねえ。
そんな人は、ペットロスになんかならないよ。
絶対に。

いや~、私なんかほとんど泣いてない。
息が止まった時は、笑顔だったよ。
楽になった顔を見て、良かった良かったって。
その頃、新しい職場に変わったばかりでねえ。
仕事を終え、帰りの電車の中で、携帯のワンちゃんを見てはニッコリ、ホッとする・・・当分はそんな毎日でした。

死んだ犬に、ああすればよかった、こうすればよかったと、後で悩むばかりの人もいるけどねえ。
でも、どんなに可愛がっても、犬は一人で逝ってしまう。
飼い主なんか、置き去りにして。
振り向きもしないでさあ。
それ程犬は、精神...続きを読む

Q大暴れの犬を病院に連れて行くには・・・

柴犬(オス)を動物病院に連れて行って色んな検査をしたいのですが、ものすごい暴れるので危険でとても出来ません!
押さえつけておくとか口輪をするのも無理だし、もしやって口は噛まなくても体で暴れまくるので検査は出来ません。
小さい時に病院で歯を抜かれてから暴れるようになって、病院を変えて、最初の頃はまだ何とか注射とか出来ていました。
今は病院に行ったらひどい目に遭うと思って、診察室に入れると帰ろうとしてドアを引っかくし、体調が悪いのか人間が怖いのかすごい警戒しています。
固定したり触ろうとすると歯を剥いて本気で噛み付いてきます。
前にも血液検査をしようと思って、足で挟んで首輪を掴んでやらせようとしました。
でも死に物狂いに暴れ、すごい声を出し、院長先生に止められました。
人間も命がけだし、犬も死の恐怖のような感じです。
もし無理矢理なんとかやらせたとしても、怖いイメージになって次から連れて行けなくもなる、人間に攻撃的になるかも・・・
こういう犬はどうやって検査や注射をさせればいいんでしょうか?
真剣に困っています。。
犬の苦労をし過ぎて疲れています。しつけが悪いのは分かっています(でも普段は反抗的な性格ではありません)。御手柔らかにアドバイスを御願いします。

柴犬(オス)を動物病院に連れて行って色んな検査をしたいのですが、ものすごい暴れるので危険でとても出来ません!
押さえつけておくとか口輪をするのも無理だし、もしやって口は噛まなくても体で暴れまくるので検査は出来ません。
小さい時に病院で歯を抜かれてから暴れるようになって、病院を変えて、最初の頃はまだ何とか注射とか出来ていました。
今は病院に行ったらひどい目に遭うと思って、診察室に入れると帰ろうとしてドアを引っかくし、体調が悪いのか人間が怖いのかすごい警戒しています。
固定し...続きを読む

Aベストアンサー

体重35キロのオスの犬。
飼い主から散歩の度に木の棒で殴られ続けました。
で、2歳になったある日、ついに木の棒に噛み付いて飼い主を田んぼの中に。
で、逃走したオス犬は通りかかったご婦人の自転車にぶつかりました。
さらに部落中を必死の逃走。
ついにパトカーが出動して御用に。
で、その翌日から飼い主宅から離れた空き地の檻に幽閉。
私が、檻に幽閉されているシベリアンハスキー犬の噂を聞いたのは5年後。
近づくと物凄い形相で牙を剥いて威嚇することしきり。
「そうかい!それほどに人間が憎いかい!まあ、噛むなら噛むが良い!」と檻の中に。
で、用意した首輪をはめてリードをカチャリとやりました。
す、すると脱兎のごとく檻を飛び出しました。
5年ぶりの待ちに待った散歩。
で、次から私の車の音を聞くと気が狂ったように喜んで飛び跳ねました。

さて、このシベリアンハスキー犬の耳に悪性腫瘍が出来ていました。
で、車に乗せて動物病院へと連れていきました。
が、獣医師は、牙を剥いてガウーッ!ガウーッ!と威嚇するハスキー犬に2m以上近づきません。
「この犬は噛みますよ!な、なんで、こんな犬に関わるのですか?」と相手にしません。
「シベリアンハスキー犬が人を噛むことはない。大丈夫です」と言っても通用しませんでした。

困った私は、県内の動物病院に片っ端から電話しました。
「虐待されていたハスキー犬。それなら内に連れてきなさい」とA動物病院。
で、少々の疑いを持って診察室に入りました。
ウーッ!ウガーッ!と牙を剥いて威嚇する犬に婦長さんがスタスタと歩みよりました。
「ウヌ!」と思った瞬間、ハスキー犬の口は隠しもった包帯でグルグルのグルグル。
で、診察をさっさと済ますと、暴れているのも構わずに包帯を解いてしまいました。
で、次の瞬間、ハスキー犬は、私の足の間に顔を突っ込んでいました。

「アラー!大人しいハスキー犬だねー!」
「7年もの虐待生活だから、これ位の警戒心は当然!」

で、看護婦さんは、「さー、いい子だね!今日から入院だよー!」と平気な顔して連れていきました。

つまり、ビビリでない獣医師を探せば良いだけですよ。
片っ端から電話をされたらいいです。
きっと、苦もなく貴柴を扱う獣医師がいますよ。

体重35キロのオスの犬。
飼い主から散歩の度に木の棒で殴られ続けました。
で、2歳になったある日、ついに木の棒に噛み付いて飼い主を田んぼの中に。
で、逃走したオス犬は通りかかったご婦人の自転車にぶつかりました。
さらに部落中を必死の逃走。
ついにパトカーが出動して御用に。
で、その翌日から飼い主宅から離れた空き地の檻に幽閉。
私が、檻に幽閉されているシベリアンハスキー犬の噂を聞いたのは5年後。
近づくと物凄い形相で牙を剥いて威嚇することしきり。
「そうかい!それほどに人間...続きを読む

Q犬にアロマ大丈夫?

アロマが好きで、オイルポットに精油を入れて
香らせておくことが多いのですが、室内でダックスを飼っています。
犬は人間の何万倍も鼻が効くといいますよね。
犬にとって精油の匂いが常にしているという状態、
逆にストレスになりませんか?

使用している精油は「生活の木」のもので合成の香りではないし、
今はペット用のアロマグッズもあるくらいなので
犬にとっても良いような気もするのですが、
気になって質問してみました。

よく使う精油はレモン、オレンジ、ティートゥリー、
ローズマリー、ペパーミント、ベルガモットです。

Aベストアンサー

オイルポットに精油を入れて香らせておく

くらいでは、なんら問題はありません。確かにイヌは人間の何千倍~何万倍もの(個体によって違う)嗅覚がありますが、そもそもいろいろな化学物質や料理のにおいや靴のにおいの漂う屋内で暮らすという、イヌにとって不自然な環境に慣れて生きているわけですし、それくらいの適応力は十分あります(あるから今まで生きている)。汚い話ですみませんが、人間でも排便して1分も経たないうちににおいが気にならなくなります。あるいは、よその家を訪ねたときの玄関の有機的なにおいを思い出してください。家ごとのにおいがありますが、住人は帰宅したときもまったく気づきません。大丈夫です。まったくOKです。ぜんぜんかまいません(しつこい?)

ところで、イヌは一日履いて脱いだ靴下のにおいが何より好きだと、あるサイトで見ましたが、ヒトの好きなにおいとイヌの好きなにおいとでは違うのかもしれません。

なお、「合成の香りではない」ものでも、抽出には揮発油を使っていることがあるので、信頼できるところからお買い求めになるのが良いでしょう(これについては私は知りません)。

オイルポットに精油を入れて香らせておく

くらいでは、なんら問題はありません。確かにイヌは人間の何千倍~何万倍もの(個体によって違う)嗅覚がありますが、そもそもいろいろな化学物質や料理のにおいや靴のにおいの漂う屋内で暮らすという、イヌにとって不自然な環境に慣れて生きているわけですし、それくらいの適応力は十分あります(あるから今まで生きている)。汚い話ですみませんが、人間でも排便して1分も経たないうちににおいが気にならなくなります。あるいは、よその家を訪ねたときの玄関の有機...続きを読む

Q経験談聞かせてください!行方不明になった猫は何日で戻ってきましたか?

去勢した1歳のオス猫が行方不明になりました。元野良だったので完全室内飼いが出来ていなく、出入り自由で飼っていました。いつもは朝2時間くらい外にいて、昼になると帰ってきて、夕方まで家で寝て、夜に2時間くらい外に出てるって生活でした。今までも丸1日行方不明になった事は何回かあったのですが、2日経っても帰ってこないのが初めてなので心配しています。いつも居る場所や近所を捜しているのですが…。
家の周りは車一台がやっと通れるくらいで交通量はないので事故って事はあまり考えられません。
考えられるとしたら、野良猫が多いのでイジメられて逃げてる間に迷子になった。
性格は家の中ではとても甘えん坊なんですが、一度外に出ると飼い主でも近寄るとダーっと逃げて捕まえれません。

《質問》
・行方不明になった猫ちゃんは何日後に帰ってきましたか?
・どうやって捜しましたか?
・去勢したオス猫の行動範囲はどれくらいでしょう?
・猫には家に戻ってくる本能ってありますか?
全部答えて頂かなくて大丈夫です。経験談お待ちしています。

Aベストアンサー

 完全室内飼いの脱走癖のある猫を飼っています。猫ちゃんが行方不明になった時に気持ち大変よく分かります。本当に辛くていてもたってもいられない気持ちですよね。我が猫は何度も脱走していますので(避妊済みの雌猫。ただし性格は雄っぽい)、経験談です。

>行方不明になった猫ちゃんは何日後に帰ってきましたか?
 最短1日。最長で10日です。とにかく遊んで遊んで!喧嘩するする!そしてグッタリするまで遊んで帰ってきます。最短の1日は極寒の日でさすがに寒かったようです。

>どうやって捜しましたか?
 探しません。元野良で、外飼いの経験もありますので、まず捕まりません。自分が完全燃焼して帰って来るまでひたすら待ちます。ただし猫ちゃんによっては捕まえられるコもいると思いますが、うちは駄目です。

>去勢したオス猫の行動範囲はどれくらいでしょう?
 大体1半径1キロぐらいだそうです。去勢したらこれよりはもう少し狭いと思います。

>猫には家に戻ってくる本能ってありますか?
 猫によってですが、充分あります。うちの猫は引越しした後も元の場所に帰って両方でエサを貰ってました(1キロ以上離れてます)。また市外に引越しした友人がうっかり猫を離してしまい、元の場所に帰ってしまったという事もありました。完全箱入り猫なら無理ですが、元野良で外飼いなら外も慣れていますし、ある程度大丈夫だと思います。

 うちの猫が一度1週間ぐらい帰ってこなかった時は、喧嘩して負けて帰れなくなってずっと潜んでたみたいです。隙をみて帰ってきたらしく声が切羽詰ってました(^_^;)。足に怪我してとんだ出費でしたが、すごく嬉しかったです。今は婆さんになって脱走しなくなりました。質問者様の猫ちゃんも絶対見つかりますよ。一日も早い帰還を祈ってます。

 完全室内飼いの脱走癖のある猫を飼っています。猫ちゃんが行方不明になった時に気持ち大変よく分かります。本当に辛くていてもたってもいられない気持ちですよね。我が猫は何度も脱走していますので(避妊済みの雌猫。ただし性格は雄っぽい)、経験談です。

>行方不明になった猫ちゃんは何日後に帰ってきましたか?
 最短1日。最長で10日です。とにかく遊んで遊んで!喧嘩するする!そしてグッタリするまで遊んで帰ってきます。最短の1日は極寒の日でさすがに寒かったようです。

>どうやって捜し...続きを読む

Q腎不全末期の猫

4歳のヒマラヤン雌です。一年ほど前より、腎機能が悪くなり近医の信頼できる先生の元で診察治療してもらってきました。介助による食事療法と合わせ、保険を使いながら今できる限りの治療(点滴、内服を含め)を行ってきました。透析や腎移植までは猫の負担考えて最初から選択していません。カリウムが6.2となり最近では死を意識しつつ夫婦二人で覚悟もできてきました。そこで猫の最後ってどういう亡くなり方をするのかが心配になってきました。室内で飼っていて、今はできるだけ側にいるようにはしています。亡くなる前にはけいれんをするらしいのですが、そのときはもうそっと見守るだけでいいのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

末期それも息を引き取る直線の状態を記述します。

亡くなる24時間前から数時間前
すでに自力は歩行は困難です。
猫は寝る時はおおむね体を丸めますが不自然に体を伸ばして横たわっている場合があります。
水も自力では飲みませんのでコットンなどを湿らせて口と鼻の周囲を濡らす程度構いません。
当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。
呼吸はあまり苦しそうではありませんが、時折ゼイゼイします。
目を見開いて居る場合があり、通常の睡眠はもうできません。
時間の感覚はありません。
撫ぜるとまだゴロゴロと鳴きます。
かろうして動く事はありますが、すぐに横になります。

亡くなる数時間前
反応が鈍くなります。
撫ぜると反応があったりなかったりです。
呼吸は浅いです。
失禁は何とも言えません。


亡くなる直前
軽い痙攣があります。
良く見ていないと気がつかないときもあります。
少し咳き込む感じです。
大きな痙攣が出来るほどの体力も残っていないのです。
数分から10分程度で死を迎えます。


死亡後
体毛に覆われているのであまり冷たくなる感覚はありませんが、目は開いた状態です。
口もやや開き気味で舌が見えます。
若干失禁の後があるでしょう。
次第に死後硬直がはじまります。
1時間から2時間もすれば、死んだ直後はだらんとした体がパンパンに張ってくるのが分かります。
この時点で本当に死んだのだと思います。

さらに数時間で死後硬直は解けますがこの時には確実に体の中では腐敗が始まっています。
夏場ならかなり早いとお考えください。


>そのときはもうそっと見守るだけでいいのでしょうか。
「もうがんばらなくて良いから、ゆっくり寝るんだよ」と声をかけて撫ぜてください。
それで安心して旅立ちます。

末期それも息を引き取る直線の状態を記述します。

亡くなる24時間前から数時間前
すでに自力は歩行は困難です。
猫は寝る時はおおむね体を丸めますが不自然に体を伸ばして横たわっている場合があります。
水も自力では飲みませんのでコットンなどを湿らせて口と鼻の周囲を濡らす程度構いません。
当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。
呼吸はあまり苦しそうではありませんが、時折ゼイゼイします。
目を見開いて居る場合があり、通常の睡眠はもうできません。
時...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤等を処方されました。
食欲は普段と変わらず、ぐったりしている感じもなかったのですが、数日様子を見ていても呼吸の速さが落ち着かないので、7月10日再度病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっているとの事でした。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにはしていたものの、食欲、元気の喪失は見られなかったので、「年令も年令だから治るのに時間がかかるのかな」くらいに思い、様子見の日が続きました。
けれど7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れないような状態になり翌朝また病院へ。先生に入院を相談してみたのですが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるので、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみてはとアドバイスされ、早速その日からレンタルしました。ほぼ丸1日ハウスに入っている状態ではあったものの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いてはいました。
ですが、7月22日頃からそれまで旺盛だった食欲、元気が徐々に減り始め、ついには何も口にしなくなってしまったので、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行きませんでした)。
今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、少しずつですがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしくなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向かっていくのだと希望を持ちました。
なのに、その3日後、あの子の心臓は止まってしまいました。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔で私や家族の事を見つめていて、特におかしな様子は見られなかったのに、その次に愛犬を見た時には苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きく吸い込んだ後、そのまま眠りについてしまいました。わずか3分くらいの出来事でした。
きっとよくなると信じていたので、容体の急変にどうしていいか全く分からず、最期泣きながらただ名前を呼び叫ぶだけしかできなかった自分が心底憎いです。例えばあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせていたら、人工呼吸や心臓マッサージをしていたら、もしかして今もあの子は私の隣にいたかもしれない……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしまった気持ちにさえなります。
またタイミングの悪い事に、6月頃から私自身の体調があまりよくなく、病気の愛犬の世話を思うようにしてあげられなかった事も、とても申し訳なく思っています。私の看護は落ち度や手抜きだらけだったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされています。もっとああしてあげればよかった、こんな飼い主であの子は本当に幸せだったのだろうか、助けてあげられなかった罪をどうやって償っていけばよいのだろうかと。
ステロイドで回復の兆しは見えましたが、結果亡くなってしまったという事は、体もきっと相当辛かったのだと思います。その辛さも私はあまり理解してあげていませんでした。
最後の方、私は嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしまったりしたので、
「お姉ちゃん、何でこんな意地悪をするの。お姉ちゃんなんか嫌いだ」
もしかしたら、そんな風に思わせたまま旅立たせてしまったのかなとも考えます。
体や精神がばらばらになりそうな程悲しくて、あの子のいない世界で生きていくのが本当に辛いです。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかありません。
長い長い文を書いてしまってすみません。読んでもらえただけでとても嬉しいですが、何かアドバイス等頂けたら幸いです。

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、...続きを読む

Aベストアンサー

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せだったと思いますか?もしかしたら後遺症で体の自由が全く利かなくなってしまったかもしれないし、いずれ、苦しみを和らげるためにmuuneeさんが悲しい決断をしてあげなくてはいけなかったかもしれません。お話だと、ワンちゃんはそう長く苦しむことなく、ご家族の顔をきょとん、と見つめた後痙攣をし、なくなったとのこと。muuneeさんのお気持ちもわかりますが、ワンちゃんはもう限界だったのです。もう、がんばらなくて良いんだよ、安らかに眠ってね、本当に今までありがとう。とワンちゃんに心の中で語りかけてあげてください。8歳で異常が見つかってから14歳まで生きた。十分ですよね。本当にお二人とも一生懸命がんばったんです。

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せ...続きを読む


人気Q&Aランキング